Sorry this page is japanese only

Fate.map

このサイトはTYPE-MOON様より発売中のFate/StayNightに使われている
背景の元ネタを調査&紹介する(予定の)サイトです。
需要があるか微妙ですがよろしくお願いします。

(サイトのフォントサイズ変えてみました 見にくかったらご指摘Plz)
(文字サイズは最小のほうがいいかもしれません)

あけましておめでとうございます
気がつけば久しぶりの更新になってしまいました・・・

更新履歴

Counter


◇注意事項(必ずお読みください)◇

※当サイトでは美少女ゲームソフト「Fate/stay night」に登場する背景画像の
モデルと思われる場所を紹介しておりますが、「Fate/stay night」はあくまで
フィクションであり、物語の舞台となる地域は実在の地域とは一切関係ない事を
製作元であるTYPE-MOONに確認済みです。モデルとなった建物等の管理者への問い合わせは絶対にお止めください。

※実際に旅行される場合、マナーと一般常識、モラルを持って行動されることをお願いします。
また、現地でのトラブルに対し当サイトは一切関知しません。

※当サイトのコンテンツはなるべくゲーム本編におけるネタバレをしないようにしていますが、
それでもどうしてもネタバレになっているところがあります。
ですのでネタバレを嫌う方は本編をクリアされるまでご覧にならないほうがいいかもしれません。


コンテンツ(サイトマップ改装してみたんですが・・むしろ見にくくなったかも・・・)

このサイトの概要
元ネタ情報
深山町 新都 その他

・新都と深山町を結ぶ橋
・桜と金髪青年の会っていた坂
・遠坂邸
|-外観
|-居間
|-寝室
・深山町の分岐点
・主人公宅 
・通学路
・商店街
・学校  
|-弓道場
|-外観
|-校舎内部
公園(確認中?)  
・柳洞寺
|-内部
|-山門(確認中)
|-本堂  
・間桐家
|-地下室

・新都駅前の高層ビル
・新都のビル街
・教会
|-教会(外観)
|-中庭
|-綺礼の部屋
|-地下祭壇
・教会への坂道
・ファンシーショップ





イリヤの森の廃墟
・イリヤ城
|-イリヤ城外部
|-地下
|-メインホール 
|-廊下   
|-イリヤの部屋 








以下調査中・・・
・情報募集中の背景
・BBS/アップロードBBS
・Links(工事中)

☆このサイトはリンクフリーです
☆このサイトに掲載されている写真の転載、加工、直リンクはご遠慮ください。


管理人:エクセルシオ



このサイトの概要

このサイトはFate体験版をやった管理人がゲーム中で使用されていた一部の背景が地元なことに気づいたため、
勢いでほかの背景も調べてみようと思いついて始めたサイトです。
また、皆さんからも情報をお寄せいただいて、その情報をみんなで共有しようという目的でこのサイトをつくりました。
イラストや本などの背景の参考にも役立てていただければ幸いです。

わかった元ネタについてはできる限り現地にいって撮影をし、掲載しようと思います。
ただし管理人の暇を利用していける範囲には限界があるので全部を網羅するのは無理ですが・・
なお、こちらの都合で突然サイトごと閉鎖するかもしれませんw
(あとHPデザインがシンプル(しょぼい)なのは仕様です。←管理人にHTML作成技術がない)

戻る



元ネタ情報

今回は神戸、幕張などを中心に元ネタがある背景が多く使われているようです。


一覧マップ

・新都と深山町を結ぶ橋
神狼さんから写真を頂きました


元ネタ:神戸大橋

橋の下から 橋の上から
神狼さん撮影


写真について:
(左上)木がすこし視界を遮っていますがほぼ同じ構図で撮影ができました。
(右上)これもほぼ同じ構図です。ただ、歩道の舗装の色が違ったりします。(以上2点管理人撮影)
(左下)神狼さんから頂きました。作中では後ろの橋が削除されています。

解説:新都と深山町を結ぶ橋 として作中で紹介されている橋です。
神戸沖の人工島ポートアイランドと本土を結ぶ橋です。
作中では川をこえる橋となっていますが現実では間は海ですw
写真はポートアイランド側から撮影しました。
アクセスはポートライナー ポートターミナル駅から橋を渡ったほうがいいです。
(中公園駅からだとちょっと行き方がわかりにくい)
ちなみにポートライナーは料金¥240です
また、左の写真を撮った公園の横に有料パーキングがあります。

撮影地点

VOLCIA ANNEX
こちらにELMEさんが撮られた写真が掲載されています。
柵の角度やマンホールの位置など僕の写真より構図がしっかりしています
是非ご覧になってください

戻る

・桜と金髪青年の会っていた坂

元ネタ:北野 異人館近辺



写真について:北野のまちを探し回って見つけました。作中では道路がレンガ状でしたが、現実はいたって普通のアスファルトです。
また、左側の建物の壁や塀の色が違うみたいです。

解説:桜と謎の金髪青年が会っていた坂です。不動坂と北野通の交差点から山側に上ったところにあります。
詳しい場所は下の撮影地点を参照してください。

撮影地点

戻る

・遠坂邸(外観)

元ネタ:異人館 風見鶏の館

two-4さん撮影



写真について:UnofficalBBSにもかきましたがどんぴしゃの角度と言うのがありません。
どうも煙突の位置や、建物の一部削除などが行われているみたいです。また、作中では写真左側の風見鶏も消されているみたいです。

two-4さんからご指摘いただいたのですが、Two-4さんの写真を左右反転して風見鶏の部分を削除すると、
作中とほぼ同じ構図になるようです。写真では木が邪魔になっていますが石のバルコニーなども木の影にあります。
冬になったらもう一度撮影に行こうかと思います。

解説:神戸の観光名所の一つである異人館 風見鶏の館 です。
入場料は300円です。

撮影地点

戻る

・遠坂邸(居間)
UnOfficialBBSにて教えていただきました どうもありがとうございます

元ネタ:異人館 うろこの館



写真について:うろこの館2階居間で撮影しました。撮影時間の関係でやや逆光気味になってしまいました・・・

解説:上記の風見鶏の館の近くにある異人館 うろこの館です。
入場料は隣の美術館とセットで¥1000です。1軒1軒入場するたびにお金を払うともったいないので
ほかの異人館もまとめて訪れるときはセット券を購入するのもいいかもしれません。(9館まわれて¥3500など)

撮影地点

戻る

・遠坂家(寝室)
コロスケさんに教えていただきました

元ネタ:異人館「英国館」の2階の部屋 だったそうなのですが、
コロスケさんの調査によると数年前にバーに改装する際、この部屋も改装されてしまい、今ではほぼワインのビンを置く棚と化しており、ごく一部しか残っていないそうです。

写真について:当時の写真を現在捜索中です

位置(少しずれてしまっているかもしれません)

戻る


・深山街の分岐点
scorpioさんに教えていただきました
同じくScorpioさんに写真も送って頂きました
(2/5)へらぶなさんからも写真を頂きました

scorpioさん撮影 へらぶなさん撮影


元ネタ:メールによると聖蹟桜ヶ丘駅の近くにあるそうです。

メールによると、京王バスに乗り、大きな坂をのぼったあと桜ヶ丘2丁目という停留所で降り、そこから少し下ったところらしいです。
バスに乗っているとすぐに分かる とのことです。


(11/12追加)
VOLCIA ANNEXさんに紹介されています。
ほぼ作中とぴったりの構図です

戻る

・主人公宅
BLUEさんに教えていただきました
two-4さんから写真をいただきました

two-4さん撮影 管理人撮影
管理人撮影(道を挟んで)



元ネタ:織田家長屋門

写真について:two-4さんから頂きました。
石垣や、塀のデザインなどがピッタリ同じです

管理人が撮影にいったときは前の歩道の工事が終わっていました。

以下のサイトから兵庫県→船上城とリンクをたどると表示されるページの
2枚目の写真がそうです。
お城の旅日記

位置
駅の北口を出て、堀沿いに西へ向かうとホテルとバスの車庫があります。
それをこえるとすぐ左手に見えてきます。

戻る

・通学路
きのさんより写真を頂きました

きのさん撮影

元ネタ:聖蹟桜ヶ丘駅から桜ヶ丘方面に歩いて10分くらいの場所だそうです。
オーパの横を通って、ファミマの前を通って、ホテルの前を通って橋を渡った目の前 とのことです。(きのさんのカキコより転載)

・商店街
LTAKさんから情報&写真を頂きました

LTAKさん撮影

元ネタ:京浜急行の梅屋敷駅近くにある「ぷらもーる梅屋敷」という商店街

梅屋敷駅から西方向に行ったところのようです

位置(ややあいまいな可能性あり)

ぷらもーる梅屋敷のサイト の 商店街案内→1番街で表示される店舗一覧の
ちょうど真ん中あたりから左方向へ向いたのが撮影地点のようです。



全く余談ですが、商店街のサイトによると隣の2番街に中華料理屋があります。
(店の紹介写真内のメニューにマーボーがありました(笑))
(ちなみに全く普通のお店のようです)

戻る

・学校の弓道場
UnOfficialBBSにてうらさんに教えていただきました
two-4さんから写真をいただきました

two-4さん撮影 同じく two-4さん撮影
管理人撮影 同じく管理人撮影



元ネタ:兵庫県立 弓道場

写真について:2枚ともtwo-4さん撮影です
弓道場内部は教えていただいたとおり左右逆のようです。

解説:うらさんによると遠的用の道場が省略されており、道場内から見える景色が実際のものとは左右反転しているそうです。
また、明石城の公園内施設のうちのひとつだそうです。

また、弓道場の幕に書かれているマークが兵庫県のマークと似ているそうです。
(two-4さんから情報を教えていただきました)

位置
上記の地図を見ていただくとわかりますが公園の奥の奥にあります。
駅から向かうと結構傾斜があることもあり意外と時間がかかります。
管理人が訪問したときは風がきつく非常に寒かったです。

戻る

・学校(外観)
Sugieさんに教えていただきました thx!
きぶきぶさん撮影の写真を掲載させていただきました

きぶきぶさん撮影 同じくきぶきぶさん撮影


元ネタ:日本基督教短期大学 http://www.jcjc.ac.jp/

写真について:
ねこのしっぽ
(Sugiさんに教えていただきました)

上記サイトのロケ地写真館→高校教師 の2ページ目に校舎などの写真が掲載されています。

解説:
・実際は左右が逆
・体育館(上記URLに画像アリ)がランサーとの戦闘背景のそれに酷似している。
・その左側の校舎はオリジナルらしい。
・校舎の側面デザインが上記URLの上部の画像と似ている。

となっているようです。


戻る

・学校(内部)
コロスケさんに教えていただきました&写真を頂きました

廊下 階段(作中とは左右反転している模様)



元ネタ:都内の学校

解説:ある背景用素材の本にあったそうです。
(上の写真は出版社の転載許可を得てあります。)

コロスケさんによると現在候補は3つあり、
いずれも都内の高校とのことです。
5/31追記:練馬区立田柄中学校とのことです。(忍者ハッタリ君さんから教えていただきました)
月姫などの作品の背景にもなっているとのことです。

戻る

・深山町の公園     (*アルテミスさんから公園にブランコが無い、また街灯のデザインが違う気がする といった情報を頂きました。)
(1/1)トミーさんに情報を教えていただきました

元ネタ:千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目のマンション エステ・シティ海浜幕張の裏にある公園とのことです。
公園の隣にラーメン屋があるそうです。
(管理人が東京になかなかいけないため当分確認&撮影できそうにないです・・・)

地図 
リンク (細かい位置はちょっとわからないです・・)

戻る

・柳洞寺(内部)
(2/16)まっぴいさんに教えていただきました
(2/25)川崎 ゆうさんに写真をいただきました

川崎ゆう さん撮影 管理人撮影



元ネタ:福井県の永平寺   (永平寺の紹介HP(公式ではないらしいです))

解説:凛ルートにおける先生&キャスターとの対峙シーン、および桜ルートでの士郎対臓硯のシーンで使われていた
柳洞寺内部の背景は永平寺の山門内部を元にしているようです。
管理人がこちらに旅行する機会があったため撮影して来ました。ただ、構図の記憶があいまいだったため微妙にずれていたり。。。
なお、拝観料は大人500円でした。

(※入るときに注意としてお坊さんを撮影しないことなどを言われました。撮影に行かれる際は注意事項をよく確認してください)

参考:上記HPの山門の紹介ページの「修行僧が正式に入門する永平寺の玄関」のリンクをクリックすると表示される写真が
ゲーム中の背景とほぼ同じ構図です。

戻る

・柳洞寺(山門) (*その後の実際に行かれた方のレビューなどからどうもモデルとは違うとのことです・・*)
(3/14)ちゃーさんから情報をいただきました

鎌倉の円覚寺というお寺の山門に似ているそうです。
写真のあるURL→http://www.hokushin-media.com/museum1/engaku.html

ただ、写真と作中のCGを見比べると灯篭の有無など相違点がいくつか存在するため、まだここだとは断言できません。
現在調査中です。

戻る

・柳洞寺(本堂)
BLUEさんから情報を頂きました

元ネタ:神奈川県藤沢市の遊行寺本堂とのことです
本堂のデザインなどからほぼ元ネタであろうと思うのですが
作中で本堂両翼後方にある建物が無いため、確定はまだできません。


写真が掲載されているHP
その1 遊行寺
TOPに掲載されています

その2 偉人の言葉
TOPから ぶらーり散歩→[藤沢]遊行寺 で写真の掲載されているページにいけます

戻る

・間桐家(地下室)
ぼんくれさんと吉さんから情報をいただきました。

元ネタ:トムクルーズ主演の映画「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」で
主人公が劇場地下の吸血鬼の住処に案内されたときの地下室が元ネタになっているようです。
作中では映画のものを左右反転させているようです。
DVDでいうとチャプター21あたり(表示時間にして1:20:00あたり)でほぼ同じ構図のシーンがでてきます

余談ですが映画中ではあの壁の凹んだ四角い部分に蝋燭を入れてずらっと並べてありました

詳細を話すと映画のネタバレになってしまうので控えますがこの部屋はどうもセットのようです

戻る

・新都駅前の高層ビル
(2/5)コロスケさんから写真を送っていただきました

コロスケさん撮影


元ネタ:プレナ幕張(手前の低いビル)&World Business Garden(奥の高いビル)

写真について:東京か・・・遠いw

http://village.infoweb.ne.jp/~fwht0436/chiba/makuhari.htm
(BBSにてやまとさんより教えていただきました)

VOLCIA ANNEXさんのサイト内に同じ構図の写真が掲載されました(11/6)
写真が掲載されているページへはこちら

解説:写真をみると奥の高層ビルが削除されているみたいです。

位置

戻る

・新都のビル街
(2/5)コロスケさんから写真を送っていただきました

コロスケさん撮影



元ネタ:NTT幕張ビル

写真について:
もっとアーキテクチュア
(BBSにて鼻さんに教えていただきました)



上記HPの東京建物図鑑→NTT幕張ビル で写真が見れます 5枚目がほぼ同じ構図です

位置

戻る

・教会(外観)
LTAKさんに教えていただきました
川崎ゆうさんと神狼さんに写真をいただきました

川崎ゆうさん 撮影 神狼さん 撮影



元ネタ:長崎大浦天主堂

写真について:BLUEさんによると教会のシーンを拡大してみると
天主堂の文字が確認できるそうです
また、作中では教会の前に広いスペースがありますが、実際では階段となっているようです。

解説:長崎の観光名所グラバー邸の近くにあります。
入場料は大人300円だそうです

長崎市HP 天主堂紹介HPより

位置

戻る

・教会(中庭)
こよりん さんより情報をいただきました

コロスケさんより写真をいただきました

コロスケさん撮影



元ネタ:ホテルモントレ神戸 (ホテルのHP)

解説:神戸にあるホテルの中だそうです。
上記のHPにはいったところで表示されるFLASHに教会の中庭と思われる風景が
確認できます。

近くにホテルモントレ神戸 と ホテルモントレアマリーの2つがあるのですが
どちらが元ネタとなっているかは現在調査中です。
※ホテルモントレ 神戸のほうに背景の元ネタがあるそうですw

こよりんさんに写真も送っていただいたのですが
転載の問題などでとりあえず掲載は保留しています。申し訳ありません

戻る

・教会(綺礼の部屋)
コロスケさんに教えていただきました

コロスケさん撮影 別アングルより(同じくコロスケさん撮影)

後ろに像があり、これ以上は下がって撮影できなかったそうです。

元ネタ:中庭と同じホテルモントレ神戸内にある場所だそうです。
この左側の壁のむこうにフロントカウンターがあるそうです。

戻る

・教会(地下祭壇)
コロスケさんに教えていただきました。

コロスケさん撮影

元ネタ:同じくホテルモントレ神戸のフロントの地下にある場所だそうです。
こちらも偶然発見されたそうです。

左の階段はフロントへ続くものらしいですが、作中では削除されているようです。


戻る

・教会への坂
山六最上さん、てんぱいさん、川崎 ゆうさんに教えていただきました
コロスケさんから写真をいただきました

コロスケさん撮影


元ネタ:新神戸から異人館街へ登る坂道とのことです。
新神戸駅からオリエンタルホテルの横を通って異人館街に向かってすぐの地点です。

撮影地点(ややあいまいですが)

戻る

・ファンシーショップ
ぷらすちっくはぁとさんに教えていただきました
コロスケさんに写真をいただきました。

コロスケさん撮影



元ネタ:姫路リバーシティのトイザラスではないか、とのことです。
作中とは屋根の色が違いますが天井の照明などの配置や奥の陳列棚の配置からここの可能性が高いように思います。

戻る

・イリヤの森の廃墟
コロスケさんに教えていただきました

全体 窓近辺の床

共にコロスケさん撮影



元ネタ:兵庫県内のとある廃墟

写真について:コロスケさんから頂いたのですが場所が場所だけに詳細の公表は控えようと思います。

解説:セイバールートにてバーサーカーとの決戦前に3人で一夜を過ごした廃墟です。

戻る

・イリヤ城(外部)
壱百八拾弐式・嵐栖さんから情報&写真を頂きました

壱百八拾弐式・嵐栖さん 提供

元ネタ:フランス ブリサック城 とのことです。

・イリヤ城(地下室)
壱百八拾弐式・嵐栖さんから情報&写真を頂きました

壱百八拾弐式・嵐栖さん 提供

元ネタ:凛が監禁されていた部屋が アゼ・ル・リドー城の屋根裏部屋を元ネタにしているそうです。

・イリヤ城(メインホール)
峰生さんより情報をいただきました
大巳 たかむらさんより場所の情報をいただきました

元ネタ:図説 英国貴族の城館―カントリー・ハウスのすべてふくろうの本(Amazon)
の表紙がメインホールの画像とほぼ同じそうです。
上のアマゾンの商品紹介に表紙の画像が掲載されています。
イギリス「チャツワース・ハウス」内のPainted hallとのことです。

戻る

・イリヤ城(廊下)
3/14 冴木さんに教えていただきました

元ネタ:
イギリス中西部ダービーシャにあるハドンホール城内のロングギャラリーと呼ばれる場所とのことです。
上のメインホールの載っている本の15ページに紹介されていたそうです。

サイト内のロングギャラリーの写真が掲載されているページ
http://www.haddonhall.co.uk/html/longgallery.html

戻る

・イリヤ城(イリヤの部屋)
3/17 冴木さんに教えていただきました

元ネタ:イギリス  ノステル・プライマリ城のステイト・ドレッシング・ルームとのことです。
図説 英国貴族の城館―カントリー・ハウスのすべてふくろうの本のP58に写真が掲載されていたそうです。
なお、作中では実際とは左右反転して使用されているようです。



どこにあるのか調査してみたところナショナルトラストが管理する同名の施設が見つかりました。
http://www.nationaltrust.org.uk/nostellpriory/
(これが元ネタとなったノステル・プライマリ城かどうかはまだ確定できていません)

戻る



情報募集中の背景

いくらなんでも一人では全部を調べるのは物理的に不可能なので積極的に情報を募集しますw
もし背景に心当たりがある方がおられましたら、管理人に教えていただけるとうれしいです。m(__)m
また、建物などに一部現実とは違う点もありますので 似ているかも?と言った程度の情報でもOKです。

現在管理人が確認した中で背景で不明なのは以下のとおりです。
(写真確認がまだのものは除く)

・深山町公園
・新都の公園
・間桐家
・間桐家地下

・柳洞寺山門

製品版発売で一気に増えました(涙
管理人も調べているのでがかなりキツいです。。。
心当たりのある方、ぜひよろしくお願いします
公園とかもほぼ確実に元ネタがあると思うんですが
こればっかりは本当に地元じゃないと気づかないと思うので・・・(笑)


管理人にはメールか下の掲示板に書き込んで教えてください

※既に他の写真が掲載されているポイントの写真は、
送っていただいてもサイト容量などの関係で掲載できないことがあります。申し訳ありません

戻る



掲示板/アップロードBBS

まぁ使う人いるのかどうかどうかわかりませんがw
ごくごく普通の掲示板です。

掲示板利用規約

以下の書き込みを禁止します。
・特定の個人、団体を誹謗中傷する書き込み
・商用目的の書き込み
・その他管理人が不適切と判断した書き込み

それ以外はネチケットに沿ったものであれば大歓迎です。

規約に同意してBBSに入室する

アップロードBBSに入室する(諸事情により一旦リンク切ってます)
(ぷりずむさん提供です 多謝!)



Links

工事中・・・