「ラスタンサーガ」

ROUND 6 SCENE 1

暗雲立ち込め雷鳴轟く最中、いよいよ最終面です。
先の面までと難易度はそう変わらないどころか
危険な場所もほとんどないので、
仕掛けや敵を憶えればすぐクリアできるのではないかと思います。

最初はタケノコの出てくる段差でザコと戦います。
ケンタウロスが強いのでこいつにだけ注意です。


やがて巨大な滝へ。
ここのケンタウロスはダッシュしてくるので危険です。
慎重に進みましょう。
滝の段差にアクスがあるのでジャンプして取り、
滝の右端で揺れるロープにつかまって岸へ進みます。
このとき、ハーピィがくるのですが何もしない方が無難です。
無視して岸にいるザコをジャンプ下突きで処理することに
注意を払いましょう。


右へ進むとタケノコの出てくる段差へきますが、
ここの段差には青い炎を吹き出す口がついています。
炎の射程がけっこうあるので段差の端ギリギリあたりで待ち、
段の上のザコがいなくなって炎が消えたら一気に駆け上がります。
上がったらザコがすぐに来ると思いますので
すぐに攻撃してザコを倒しましょう。

次は炎が吹き出す穴が羅列しているところへきます。
足場が狭いので慎重に進み、向こう岸のザコを処理してから移ります。
特に、キメラは速攻で倒しましょう。


やがて大きな崖を下へ降ります。
下は炎の池です。
崖のすぐ端で降りると足場の上へ来るので、
ここから浮石×4を渡っていきます。
浮石へは池から炎の玉が吹き上がって引っ込んだら
一気に渡っていくようにします。
途中でファイヤーソードも取りましょう。

岸へ上がったら右へ。
段差はブロックを壊して進みます。

次は階段状の段差。
ここはザコとタケノコと岩が襲いかかります。
いずれもこれまでに相手にしてきたので、
ここでの問題はないでしょう。
ここで回復薬も出ます。


崖から少しジャンプして足場へ降ります。
ここはちょっとしたルート分岐地点。
足場を右に進むこともできますし、
足場から地面まで降りて進むこともできます。
右へ進むとハンマーを入手できますので、
右へ進むのがいいかと思います。

右へ進むと炎の池に。
ここは足場を進んでいくのですが炎の玉には注意。
その後はドンドン進んでいきます。
岩がしつこく降ってくるので気をつけましょう。


前半最後の難所・下り坂へ。
ここでも岩が降ってきます。
坂の最後でジャンプしてアクスを取り、すぐにザコを処理します。
ここでゴールドシープが出ます。


最後は崖から降りて地面にいるザコを即処理します。
このあたりも問題はないでしょう。

ROUND 6 SCENE 2

いきなり大量のザコが出迎えてくれますので、
炎の穴を越える前にすべて倒します。
段差を進んで端の穴に落ちると、右の壁の穴から炎が!
ここはしゃがめば炎を避けられるので、
一度しゃがんで炎が消えてから左へ進むようにします。
左端の穴へ同じように落ち、
壁の途中にあるアクスを取ります。
取れればこの先がかなり楽になります。


下へ降りるとそこは浮石の上。
炎の池に沈みはじめますので、
すぐに右のツララ?にジャンプして掴まります。
岸にザコがいるので様子を見てジャンプ下突きで倒します。
その後右へと進んでいくのですが、
いきなりタケノコが二本地面から生えてきますので
大注意!!
地面の様子をよく見て進みましょう。


やがて天井が低い通路を抜けます。
ここでもタケノコとツララが容赦なく出てきます。
右端でツララ?につかまり、上へと昇っていきます。
壁から炎が吹き出すのですが、
手前で止まっていけば大丈夫でしょう。
あせらず、慎重に進みましょう。
右側の崖の上が見えたら左の崖の口は気にせず
ジャンプしてとっとと飛び移ります。


右へ進むと炎の池。
ジャンプで天井から下がっているツララに掴まります。
吹き上がる炎の玉に気を付けさえすれば大丈夫です。
ここから右へ段差を進んでいきます。


崖を下に降りてザコを二匹倒します。
この穴に入ればいよいよラスボスのドラゴンです。
ドラゴン戦ではアクスを持っていればかなり楽になりますので、
素早くここまで到達しましょう。

FINAL BOSS ドラゴン

金色の洞窟に潜む巨大な龍。
禍禍しい巨躯からは敵意が剥き出しで侵入者に襲ってきます。

ボス戦は意外なほど簡単です。
上から降りてきたら、すぐに地面まで降りて
ボスの前に突き出ている頭を狙って垂直ジャンプ斬りを繰り返せば
あっけなく倒せます。
炎を吐いてくるので注意ですが、
アクスを持っていればその前に倒すことも可能です。

ボスを倒せばエンディング。
長く厳しかった今回の旅も終わりです。

レビュー
世界観の描写が見事でゲームとしても面白く、
ファンタジーアクションゲームとして傑作だといえるのではないでしょうか。
とくに、モンスターのデザインやグラフィックは秀逸で、
キメラやケンタウロスなどの細かい動き・描き込みには
惚れ惚れしてしまいます。
また、背景もよく練り込まれていて、
滝や洞窟・城内の仕掛けなど他のゲームであまり見られない要素が盛り込まれており、
見ているだけでも充分面白いほどです。
進んでいくと色使いが変わって時間の経過を表現している
グラフィックも見事。
VGMも独特の雰囲気で、実に素晴らしい!
後半、展開や難易度がちょっと単調になってしまうところはありますが
クリア目的だけで見れば良質のバランスだと思われます。
ただ、一面があまりに難しいのが難点・・・。
本来ゲームシステムやトラップに慣れるべき面である一面が
最難易度というのは、初心者ゲーマーにとっては
かなりつらいところでしょう。
しかし一度攻略のコツを掴めば、どんどん先へ進んでいけるゲームです。
私にとってはその素晴らしい世界観だけでも、「好きなゲーム」のリストに
入れたくなってしまう魅力に満ちたゲームなのです。


攻略
一面 二面 三面 四面 五面 六面

攻略TOP