◇提言被害に関する応急手当法◇


急告
2004年3月20日から、同一人物からと思われるウイルスメールが何度も届いてます。
昨今多くのウイルスが出回っておりますので、お心当たりの方は一度ウイルスチェックをお願いします。


まず最初に。
不快だとは思いますが、全てのやりとりは捨てずに保存しておいてください。
 相手からのメール(全てのヘッダごと)、自分の送ったメール、掲示板への書き込み(ホストなどがログに記録されていればそれも含めた完全なもの)、リンク先などに伝播した時はそちらのログなども含めて全ていただけるように頼んでみてください。
 決して怒りにまかせて消去したり破り捨てたりしないでください。
後々情報を整理する時、相手方と話し合いを持つ場合にログや記録が消失しているとかなり苦労します。


 いずれの場合にも言えることですが、相手とはまず話の噛み合わないところからはじめなければなりません。
 メールを送ってくる相手は偶然でもネタが被った場合後発は降ろさなければならないと思い込んでいます。
 冷静に考えれば誰でも絶対おかしいとわかるようなことを信じてしまっている方なので、ものすごくピュアな方か、思い込みが激しく聞きたい言葉しか耳に入らないタイプの方であることは必然です。
 この場合被害者である私達がまずすべき事は、「私は盗作なんかやってない!」と噛みつくことではなく相手の誤った思い込みを解き、指摘が的はずれであることを理解させることになります。
 「被りは下ろせ!」「盗作なんかしてない!」では永遠に話が平行線になることを念頭に置き、盗作云々の話は(相手が自分の作品を盗作していた場合以外は)必要最小限しか触れないのが良いでしょう。

パクったパクらない、被った被らないという論争は、このトラブルの解決には何の貢献もしません。
あなたのケースに近いリンクに飛んでください

著作権に関するリンク
提言の著作権侵害を問題点として指摘する必要がある時、これらのページを参考にしてください。


参考リンク
提言の著作権侵害を問題点として指摘する必要がある時、これらのページを参考にしてください。



このページは、ピコが緊急避難的に作成したものです。内容に関してはおぼつかないところも多々あると思います。
もっと良い対処法をお持ちの方は是非お知らせ下さい。
*現在picoは恒常的に提言問題の経過を追っているわけではない状態なので、お返事にお時間を頂く可能性があります*
連絡用掲示板

  
素敵なバナーをいただきました。お好きなものをお使い下さい

更新履歴