アウターワールド





 これをご覧の方でスーパーファミコン(以下SFC)をお持ちの方は何人いるでしょうか?

そして、SFCを持ってる方でこのアウターワールドを知ってる方は何人なんでしょう?

異常なまでのマイナー路線を突っ切るゲーム、それがこのアウターワールドです。

んでこのアウターワールド、パッケージの裏にも書いてあるのですが映画的手法をふんだんに使用しています。

例えば、OP画面で主人公

レスター・ナイト・チェイキン

がこちらに向かって歩く場面がありますが、

その際画面がレスターの腹の辺りで覆われたかと思うと次の瞬間、レスターの背中に視点が向けられて後ろ姿が映ったり、

デモ画面ではカメラアングルにこだわったりと、様々な部分で製作者のこだわりが感じられます。

またこのゲームはマリオタイプのいわゆる2Dアクションゲームですが、画面は全てポリゴンで描かれています。

おそらくスターフォックスよりも早く発売されたのではないでしょうか?

さすがにSFCのポリゴンなので画面は綺麗とは言いがたいですが、それを補って余りある魅力がつまっています。

OPのデモ画面について長々と語ってもいいんですが、それはストーリーを紹介すればいいことなんで まずはそっちを紹介します。




研究所は豪雨にさらされていた。車で研究所に乗りつけた

レスター・ナイト・チェイキン

天気のせいであまり機嫌が良くなかった。嵐のせいで彼の実験はずっと延期されているのだ。

分厚い雲がピカッと光り、彼を驚かせた。

そんなレスターを想像だにしない出来事が待ち構えていようとは・・・。



エレベーターに足を踏み入れると、その静けさに一時外の喧騒を忘れることが出来た。

ゆっくりと研究所に下りて行くにつれて、胸騒ぎが高まってゆく。

空気中の静電気までも感じ取ることができるようだ。

仕事から離れた何ヶ月かの間に、自分の仕事をじっくりと考え直し、ミスを発見することができたのだ。

これを直せば粒子加速実験は上手くいく、レスターはそう確信していた。



研究所の中に入る前に、いらいらする保安装置のチェックが待っていた。

すでに実験を始める準備は出来ているのに、こんな些細なことで時間を無駄にはしたくなった。

やっと分厚い扉を通り抜けて、オフィスと呼ぶ実験室に足を踏み入れる。

幾層にも重なったノートの束、ジュースの空き缶、ピザの空き箱等が散乱し、彼がこの研究室でずっと過ごしていたことを物語っていた。

スイッチを入れると、コンピューターがピッという音とともに生き返った。

彼の指はキーボードの上を素早くすべり始め、パスワードを打ち込み、新たな実験に必要な数値を打ち込んでいく。

後は実験が始まるのを待つだけだ。

もう何百回と繰り返している実験の準備をコンピューターがしている間に、レスターはコーラの缶を手に取り、プルリングを引き上げた。

何時間かの後に、コンピューターが結果をはじき出してくれる。その時、自分が正しかったのかどうかが分かるのだ。

だが、今夜の嵐はいつもと様相が違っていた。

実験の成果を見守っている間も、嵐はすさまじい勢いで吹き荒れている。



稲妻のうねりが冷たい夜気をナイフのように切り裂き、致命的な一撃が研究所を直撃した。

レスターは外で何が起こっているのか分からなかった。

コンピューターが加速器を作動させているちょうどその時、稲妻が一直線に加速器システム内部に入り込んでしまったのだ。

レスターが冷たい飲み物を手に座っている。まさにその時、光が彼をめがけて突き進んできた。

稲妻が加速器の端を直撃し、壁を突き破り、炎を巻き起こす。炎がレスターの周囲を蛇のように取り巻いた。

そして、電流が許容量に達すると、まばゆいばかりの爆発が起こった。



レスターがいた場所は、ぽっかりと空いていた・・・・。




いかがでしたでしょうか?このゲームの凄いところは、このストーリーを 文字による表現を一切使わずに映像のみで進めていくところにあります。

また、ここに限らずこのゲームは道中一切文字によるヒントは出現しません(OPの機械画面は除きます)。

すなわち、ここでプレイヤーの推理力と大いなる勘が問われるわけです。

しかしこのゲーム問題があって、攻略の道筋が完璧一通りしかありません。

つまり製作者が意図しない行動をすると即死になるのです。

ところが途中、この製作者が何を考えてそのような解法にしたのか理解に苦しむ部分も出てきます。

まあ、その不条理な解法を探すのがこのゲームの楽しさなのですが・・・。

えー、まず冒頭、異世界に飛ばされた主人公は泉の中に落とされます。

泉に落とされたら上に向かって進むのですが、ここですぐに上に行かないと、画面下から

コンブだかワカメのような得体の知れない触手が伸びてきて問答無用で足首を捕まれて水中に引きずり込まれます。

普通の人間はここで必ず一度は死亡します。時間にしてわずか五秒!

カールルイスを超えました!

その後進んでいくと黒いナマコみたいな生物が這ってきます。

毒ヒルらしいですが、ただの黒い物体にしか見えません。

こいつを無視して進むと、突然レスターの膝のアップになってヒルに3cmほどの傷をつけられ、

レスター、即死します!

レスター、弱すぎ!

とまあこんな感じでプレイヤーは虚弱体質のもやしっ子研究員レスターを操作して、身に危険が降りかからない安全な場所まで逃げることになります。

道中獣に襲われて助かったと思ったら牢屋にぶち込まれたり

排水溝を芋虫のように這っていったり謎の洞窟で水死したり落石に当たったり

脱出ポッドを奪ってスイッチを適当に押しまくった挙句、女子浴衣場に乱入


したりと、レスター君なかなか波乱万丈な異世界ライフを満喫します。

また、突然異世界に飛ばされたわけで、当然レスター君の言葉は通じません。

しかし同じ牢屋に閉じ込められていた囚人(通称ジャガイモ君)と言葉は通じなくても一致団結して牢屋脱出を試みます。

このジャガイモ君、なぜ牢屋に閉じ込められたか理由は不明なんですが、

自分の危険を顧みずにレスターを助けようとする凄いイイヤツなんですよ。

言葉は通じずともそこには確かに友情が存在し、コミュニケーションが成立する。

そんな当たり前のことを再認識させてくれる珠玉の一本です。

昨今の個人関係が摩擦しきってる日本の現状を打破するためには、国民全員がこれをプレイするのがいいんではないでしょうか?

いや結構本気だよ、俺。

最後になりますが、これは外国のゲームをビクター音楽産業(株) が移植したものです。ではここでオリジナル版の製作者を紹介しておきましょう。



Game Design:Eric Chahi

Programming:Eric Chahi

Art Work:Eric Chahi



そう、なんとこのゲームエリック一人で製作されたのです。

つまり理不尽な謎解きもかっちょ悪い宇宙船も

誰が萌えるのか一向に理解できない

ジャガイモ女の入浴シーン


も全てエリック個人が作ったものなのです。

エリック、あんたはすげえよ。

まとめておきますと、このゲームは謎解きが複雑でありますし操作も非常に微妙なものが要求され、

決してゲーム初心者にオススメできるものではないと思います。

多分生まれて初めてやるゲームがこれの場合、

トラウマを植え付けさせて二度とゲームをしたいとは思わなくなる

でしょう。

しかし、操作に関しては何度も繰り返しやっていくうちに少しずつ上手くなりますし、

謎解きに関してはこちらで出来る限りサポートいたします。

この世界観は文章で上手く伝えることが出来ないのでぜひとも一人でも多くの方が実際にプレイされるのを強く希望します。

いまでしたらだいたい中古で580〜980円くらいで購入できるのではないでしょうか?

食わず嫌いせず、一度黙ってやるべし!

オススメ度・・・★★★★★★★★★





アウターワールド攻略へ

レビューに戻る