うさももと学ぶHPマナー講座

小学生を対象としたHPのマナーです。うさももといっしょにお勉強してくださいね。
漢字がわからない人はお母さんやお父さんにいっしょに見てもらってくださいね。

 ここに書いてあるお約束を守らなくてはいけないサイトさん 

このページで使っているうさぎの「うさももちゃん」はぜったいにお持ち帰りしないでくださいね。
こじんでさくせいしたキャラクターなので、もしむだんで使っている人がいたらおこりますよ〜!

HPに遊びに行ってはじめにしなくてはいけないことはなんですか?
☆「おやくそく」をよみましょう☆
たいていのサイト(HPのことを「サイト」とも言います)には「おやくそく」がかならずあります。
まずは「おやくそく」をきちんとさいごまで読みましょう。
おやくそくには「してはいけないこと・守らなくてはいけないこと」など、たいせつなことが書かれています。
☆かんりにんさんのお名前をおぼえましょう☆
サイトを作っているかんりにんさんのお名前をおぼえましょう。
名前と同じページにかんりにんさんのじこしょうかいなどが書いてあります。
「ここのサイトのかんりにんさんはこんな人なんだな」ということをおぼえましょう。
☆「はじめまして」のあいさつをしましょう☆
けいじばんでかんりにんさんにきちんとあいさつしましょう。
あいさつをしないでゲームやイベントなどにさんかすることはいいことではないので、きちんとあいさつしましょう。
けいじばんにどんなことを書いていいのかわからないですよね?
そんなときは「はじめまして。(自分の名前)といいます。これからよろしくおねがいします」などかいてください。
「はじめまして」と「よろしくおねがいします」が書いてあればだいじょうぶです。

してはいけないことはなんですか?

☆かんりにんさんはお友達ではありません☆
かんりにんさんとはお友達ではありません。かんりにんさんのお名前をよびすてにしたり
「ちゃん」などでよんだりしてはいけません。かならず「さん」をつけてよびましょう。
サイトの中には仲の良いお友達のみ仲良しなよびかたをしているサイトさんもあります。
これはかんりにんさんのきょかをもらってよんでいるのでまねをしてはいけません。
☆HN(ハンドルネーム)をたくさん使うのはいけません☆
HN(ネット上のあだ名のことです。ハンドルネームりゃくしてHNと言います)をいくつも使うのはぜったいにいけません。
HNを変えてもかんりにんさんにはバレてしまいます。かんりにんさんがイヤな思いをするのでぜったいにやめましょう。
☆素材などのむだんで使うのはやまめしょう☆
素材をかりてくるときはかならずけいじばんなどに「おかりします」とカキコしましょう。
むだんでかりてきて使ってはいけません。
素材を使うときはリンクをしましょう。素材屋さんにかならず書かれています。
「この素材はここからかりています」とわかるようにリンクするのです。
「これは使ってはいけません」と書かれている素材はぜったいに持ってきてはいけません。
☆人が作ったプレートなどのかこうはしてはいけません☆
自分のためにいっしょうけんめい作ってくれたプレート、素材屋さんではいふしている素材を加工(かこう)してはいけません。
加工とは、プレートに文字を入れたり、自分の好きなようにかってに変えてしまうことです。
はいふしているかんりにんさんは、時間をかけていっしょうけんめいさくせいしています。
作ったものには「著作権(ちょさくけん)」といって、その人の作品だというけんりがあります。
もちろん、かってにお友達にプレゼントしてもいけません。かんりにんさんにきょかをもらいましょう。
☆HPのせんでんをするのはいけません☆
HPを作ったらだれかに見てほしいですよね?その気持ちはわかります。
何度も遊びに行っているサイトさんに「HP作りました。よかったら遊びに来てください」と書くのはもちろんいいことです。
しかし、はじめて遊びに行ったサイトさんで「HPに遊びにきてください」というカキコはやめましょう。
まったく知らない人に「HP遊びに来てね」と書かれてもいい気持ちはしません。
もしどうしてもHPに遊びに来てもらいたいなら何度かそのサイトさんにかよいましょう。
かんりにんさんと少しでもなかよしになれたときに「HPがあるので遊びに来てください」と書いてみてください。
きっとよろこんで遊びに来てくれると思います。
☆たくさんプレートの申し込みをしてはいけません☆
たくさんほしいプレートがありました。あなたならどうしますか?全部申し込みしますか?
それはダメです。「おやくそく」などに「申し込みできるプレートの枚数」が書かれていませんか?
申し込みできる枚数をきちんと守りましょう。
「じょうしきのはんいで申し込みしてください」と書いてあるサイトさんもあります。
じょうしきは人それぞれですが、多くて5.6枚です。それ以上の申し込みはしないようにしましょう。
受け取ってから申し込みすればかんりにんさんもたくさんプレートを作ってくれます。
☆けじばんなどのこうきょうの場を私用にしたり、人がいやがることを書かないでください☆
けいじばんは、かんりにんさんあてに送るメッセージのようなものです。お友達同士で会話に使ってはいけません。
お友達と会話したいのならメールなどでやりとりをしてください。
それから、けいじばんはみんなが見たり書いたりするこうきょうの場です。
他人の悪口、かんりにんさんやサイトの悪口などはぜったいに書かないでください。
みんなイヤな気持ちになります。
いやがらせなどすることを「荒らし(あらし)」と言います。けいじばん荒らしをしないでくださいね。
☆まちがえなどは誰にでもあります☆
かんりにんさんだって自分たちと同じ人間です。誰でもまちがえることはあります。
「ここがちょっとヘンじゃないかな?」と思ったページなど見つけた場合は
「ここ、おかしいですよ!」「まちがってますよ!」などと書くのではなく、
「ここがちょっと気になるのですが見てもらえますか?」とていねいな書き方をしましょう。
もしあなたがまちがったことを誰かに「ここヘンだよ!おかしいよ!」と言われるのと「ここが気になるので見てくださいね」
と言われるのとどちらがいいですか?かんりにんさんの立場を自分に置きかえて書くようにしましょう。
☆ゲームなどの不正(ふせい)はやめましょう☆
ゲームなどで自由にひけるくじびきなどがあります。自由にひけるのだからひいてもかまいません。
でも、「お一人様1回だけ」とかかれているものを何度もひいてはいけません。
こういったゲームはかんりにんさんが『誰が何回ひいたか』というのがわかるようになっています。
できるだけ多くの人にひいてもらいたいとかんりにんさんは思っています。ズルはしないようにしましょう。
☆カウンタの不正(ふせい)はやめましょう☆
どこのサイトさんにも「カウンタ」が置いてあります。
これは「どのくらいの人が遊びに来てくれたかな?」と確認するためのものです。
カウンタには「キリ番」と言って、かんりにんさんがせっていした番号があります。
この番号のカウンタをふむと、プレートをもらえたりします。
しかし、プレートがほしいからといって、何度もこうしんしてカウンタの数字をふやしたりしてはいけません。
「わからないからいいや」と思ってもかんりにんさんにはバレてしまいます。
かんりにんさんが困ってしまうことはしないでくださいね。
☆メールなどでたくさんしつもんするのはやめましょう☆
「かわいいプレートを作ってみたい」「かわいいHPを作ってみたい」と誰でも思います。
かんりにんさんにHPの作り方をきくことは悪いことではありませんが
いっしょうけんめいさがせばHPの作り方・プレートの作り方などが出てきます。
まずはそういったところでHPの作り方やプレートの作り方をおべんきょうしましょう。
かんりにんさんは仕事でHPさくせいをしているわけではないので、しつもんなどたくさんメールがきてもこたえられません。
どうしてもきいてみたいことがあるときはきちんとおねがいをしましょう。
でも、はじめて遊びに行ったHPのかんりにんさんにきいてはいけません。
誰だってはじめての人からのメールはいい気持ちはしません。
まずはサイトのかんりにんさんに名前をおぼえてもらいましょう。
大きなサイトさんには「常連(じょうれん)さん」という方たちがたくさんいます。
何度もサイトに遊びに行っている人たちのことです。
常連さんにならなくても、4,5回遊びに行けばかんりにんさんもきちんと名前をおぼえてくれます。
けいじばんなどでかんりにんさんと何度かお話をして、それからメールをするようにしましょう。
おしえられなかったり、しつれいなメールいがいならかんりにんさんもお返事をくれるとおもいます。

かならずすることはなんですか?

☆プレートなどのもうしこみで「おねがいします」を書きましょう☆
プレート・なふだなどのもうしこみをするときにかならず「おねがいします」を書きましょう。
かんりにんさんは仕事でプレートさくせいしているわけではありません。
いそがしい時間の中でいっしょうけんめいプレートのさくせいをしてくれています。
学校などでも人にたのむときは「おねがいします」と言いませんか?
顔が見えない相手でもたのむことは同じです。きちんとおねがいしましょう。
もうしこみするときに「おねがいします」以外にも何かメッセージを書きましょう。
自分の好きなことや学校でのお話、何でもいいです。でも、お返事が来なくても文句は言わないようにしましょうね^^;
☆プレートの受け取りほうこくをかならずしましょう☆
自分のためにいっしょうけんめいかんりにんさんがプレートさくせいしてくれました。さて、どうしたらいいでしょう?
プレートがおいてあるページに「受け取りほうこくをしてください」と書いてありませんか?
どうして受け取りほうこくしなくてはいけないのでしょう?
かんりにんさんが受け取ってくれたかどうかかくにんするためです。
そして受け取りほうこくのときにきちんと「ありがとうございました」を書きましょう。
お友達に何かかりたとき、お母さんが何か作ってくれたとき、「ありがとう」と言いますよね?
それと同じことです。かならずお礼を言いましょう。
ほうこくするのがめんどうだから、なんてことはぜったいにダメですよ!
ほうこくする場所がわからないときはかんりにんさんにきいてみてください。しんせつに教えてくれます。
☆「ごめんなさい」を言いましょう☆
もうしこみなどでまちがえてしまったとき、けいじばんなどに書いてはいけないことを書いてしまったとき
おやくそくに書いてあることを守れなかったときなど、わるいこと、いけないことをしたときはかならずメールで
「ごめんなさい」を言いましょう。
プレートのもうしこみのメッセージらんに「このまえはごめんなさい」なんてぜったいに書いてはいけませんよ!
きちんと「○○(かんりにんさんの名前)さんへ」というタイトルでメールを書きましょう。
☆申し込みしたプレートを忘れないようにしましょう☆
もうしこみしたプレートをかならずおぼえていましょう。
どこのサイトさんも「受け取り期間」があります。期間内にかならずうけとりをしましょう。
もし忘れてしまいそうだったら「出来たらメールで教えてくれるとうれしいです。おねがいします」とメッセージらんに
書いてみてはどうでしょう?きちんとおねがいすればかんりにんさんもれんらくしてくれるはずです。
☆きちんとしたごあいさつをしましょう☆
けいじばんなどにカキコするときは「こんにちは」「おはようございます」「よろしくおねがいします」など
きちんとした言葉でごあいさつしましょう。
「うれし→」「よろしくね〜〜〜〜」などといった、おともだちと使う言葉ではカキコしないでください。
かんりにんさんはあなたよりも年上です。年上の人にはきちんとした言葉でメッセージを伝えましょう。

つぎのページではかんりにんさんがじっさいに困っているお話をしています。
コチラも読んでいってくださいね。

 ここをクリックしてください