文責:S

CSTオンラインセッション

「 神の右腕を持つ男 」


■ 目次 ■

オープニング1 :津野田 ハルカ『放課後はオレのモノ』
オープニング2 :出来沢 美杉『カミングアウト』
オープニング3 :野田 れもん『未来から来たネコ型ロボット』
 ミドル1   :出来沢 美杉『蒸着!』
 ミドル2   :津野田 ハルカ『体育倉庫でオレのモノ?』
 ミドル3   :野田 れもん『劇場版 ドラれもん 竜太と機械ねずみ』
 回想シーン   :津野田 ハルカ『お前は、オレのモノ?』
クライマックス1:津野田 ハルカ『お前は、オレのモノ』
エンディング1 :出来沢 美杉『カミング・イン』
エンディング2 :津野田 ハルカ『ずっとずっと、オレのモノ』
エンディング3 :野田 れもん『新しい未来(あした)』


■ ガイダンス ■

【謎の男/GM】「……皆さんお揃いのようですね。それでは早速始めましょう。こちらが、今回のターゲッ トです」

野田 竜太(のだ りゅうた)

年齢:13歳
身長:159cm
体重:49kg
容姿:線の細い眼鏡の少年
同級生いわく、神の指先を持つ男
特技はスリ、および瞬間的に女性のブラのホックを外すこと


    《関連》
  • ネコ型ロボットは飼っていません
  • 友達に女装趣味の秀才はいます

「以上がターゲットおよびその周辺の概要です。









「それでは御唱和を」

「「「地には平安を! 天には公正を! 我らには《因子》の英知を!」」」


■ 義妹PC一覧 ■

“秀才は女装趣味?”
出来沢 美杉(できさわ みすぎ)
PL:vasty卿
所属組織:サオトメ機関
クラス:法王/チャネリング・恋人/リリカル・戦車/ボーイッシュ


“未来から来た護衛メイド”
野田 れもん(のだ れもん)
PL:マコト卿
所属組織:エメラルドピース
クラス:運命の輪/来訪者・審判/ロボ・力/ケモノっ娘


“ガキ大将?”
津野田 ハルカ(つのだ はるか)
PL:ALC卿
所属組織:未確認組織(C型)『戦場ヶ原学園中等部』
クラス:正義/委員長・皇帝/高貴・戦車/ボーイッシュ


なお、各PCの詳細データに関しては、別途資料
セッション追加ルールに関しては、ガイダンスを参照のこと

このセッションは、CST:basic−style−SYS Ver1.40を使用して行われたものです。




【GM】コメント
【GM/竜太】
【美杉PL】
【れもんPL】
【ハルカPL】
【美杉】
【れもん】
【ハルカ】
【見学yuki】
【見学Sa-D】
【見学SIN】
【見学mista】
【見学god-dqn】
【見学youjo】
【見学makoto】

目次へ

■ 開幕前 ■


【GM】 捧げよ義妹! 求めよ因子! 今宵・・・真昼間だけど・・・も血の饗宴が始まる・・・
【GM】 と言うわけで、CSTセッション「神の右手を持つ男」開始いたします。
【ハルカPL】 聖痕が…!(違うゲームです
【美杉PL】 わ〜!ぱちぱち〜
【レモンPL】 ぱちぱちぱちぱち〜
【GM】 では、皆様ご唱和願います。ジェントル・プレイ!
【美杉PL】 ジェントール!プレイっ!
【ハルカPL】 ジェントル・プレェェェェェイっ!!!
【れもんPL】 じぇんとる☆ぷれい♪
【GM】 修正してる間にOPのオークションお願いします
【美杉PL】 では、きゅん1使用しておきましょう。
【ハルカPL】 きゅん1で。
【GM】 きゅんの使用宣言で揃いましたらダイスロールを
【れもんPL】 きゅんなし〜
【ハルカPL】 HARUKA: 14(3D6: 6 5 3) = 14
【れもんPL】 remon: 9(2D6: 3 6) = 9
【美杉PL】 misugi: 9(3D6: 2 1 6) = 9
【美杉PL】 む、もっかい振り合いですな。
【れもんPL】 ですね〜
【ハルカPL】 お二人どうぞ(w
【れもんPL】 remon: 5(2D6: 2 3) = 5
【美杉PL】 ・・・この場合私3d6でしょうか(汗
【れもんPL】 3d6でいいと思うですが・・・・どうなんでしょうか?
【美杉PL】 まあマスター判断で。ダメなら前二つ適応。
【美杉PL】 misugi: 9(3D6: 2 5 2) = 9
【美杉PL】 いずれにせよこっちですね(^^;
【れもんPL】 どっちにしろみすぎくんの勝ちですね
【ハルカPL】 一番槍頂きます(笑
【美杉PL】 ごーwでは私二番目で。
【GM】 ハルカ・美杉・ドラの順?
【ハルカPL】 野田ー(w
【美杉PL】 ・・・うん、確かにドラが3番目と言うのはわかりやすくていいw
【れもんPL】 どらw
【GM】 では、ハルカさんのOPシーンです。シーン定義セットをお願いします
【ハルカPL】 では、放課後。竜太の机にさくらと共に現れます。
【GM】 ふむふむ
【ハルカPL】 妹術は〈貧乳〉〈使用人〉。秘蹟は…無しで。
【ハルカPL】 タイトルは『放課後はオレのモノ』(笑

【美杉PL】 水着じゃないよ?(え
【れもんPL】 Rをぬいてよんじゃだめだよーw
【ハルカ】「タケシじゃ格好つかねぇからなぁ、あっはっは」
【美杉PL】 確認しときたいんすけど、秘蹟《甘い雰囲気》の効果は自分のみ?PC全員?
【ハルカPL】 自分と兄だけです。
【美杉PL】 らじゃっす。
【れもんPL】 でもやっぱり ジャイアンって呼ばれるのですか〜?>はるかさん
【美杉PL】 武美とかは〜?w
【ハルカPL】 呼ばれるかも…(w
【ハルカ】「うるせえな、いいんだよ!姉貴がミカなんだから!!」(笑
【ハルカPL】 と、ジャイアンっぷりを発揮してみたり(笑
【れもんPL】 ナイス ><b
【美杉PL】 いいですな(笑)
【れもんPL】 そういえば私も質問なんですが
【れもんPL】 「ガーディアンシスター」の効果って毎回なんですか? 1回のみ?
【GM】 毎回。凶悪です
【ハルカPL】 それでも旧バージョンよりは弱体化してますけどね(笑
【美杉PL】 一回きりじゃセイクリッドブレスの方が有利すぎですねw
【見学yuki】 エメピー最強説はあながち嘘じゃないw
【ハルカPL】 きゅん回復が追いつかなくなりますがね(w<毎回乱入
【れもんPL】 そうか〜墓穴と幕間しか回復しないんだった・・>きゅん
【見学yuki】 それがね…墓穴は後になるほどぽこぽこ発生するから結構回復するんだわ
【見学yuki】 じぇんとる☆ぷれ〜い?
【れもんPL】 実はですね〜野田れもんって アナグラムなんですよ〜Nが一個多いけどw
【ハルカPL】 やはり(笑
【れもんPL】 未来の世界の〜♪(来訪者)ネコ型(けもの)ロボット〜♪(ロボ) ですからw
【れもんPL】 みごとに能力値がかぶりましたがw
【ハルカPL】 全員技術が弱点という点では同じなのですな…(w
【美杉PL】 凄い事になってますよねw
【れもんPL】 竜太 技術たかそうなのにね〜 前のセッション(絵に描いた花)と同じ展開か・・・・?
目次へ

■ オープニング1:津野田 ハルカ『放課後はオレのモノ』 ■


【ハルカPL】 きーんこーんかーんこーん。
【ハルカPL】 退屈な昼間の終わりが告げられる。日は既に西。
【ハルカPL】 さっさと帰り支度をしていた竜太の元に、二人の女の子?がやってきた。
【ハルカ】「よう、竜太!今日もヒマな授業だったよな〜」
【さくら】「お、お疲れ様…」
【GM/竜太】「ああ、ジャイ・・・ハルカとさくらか。何か用?」
【ハルカPL】 豪放磊落なクラスの女番長、ハルカ。その陰に隠れる臆病な少女、さくら。
【ハルカPL】 このペアは、入学時から何かと竜太につきまとっていた。
【ハルカ】「ジャイアン言うなっ!!オレが巨人ファンだからって…」
【さくら】「あ、あぅっ…え、っとその…帰りに、どこかお買い物…」
【ハルカ】「そうそう、何か買い食いして帰ろうぜ。どうせヒマだろ?」
【ハルカ】「なぁ、野川!」
【GM/竜太】「良い子は買い食いとかせずにまっすぐおうちに帰りましょう」
【さくら】「あ、う…うん…でも、竜太くんと…」
【ハルカ】「ほら、野川も行きたがってるんだし堅い事言うなよな!」
【ハルカPL】 竜太の指摘を意にも介さず、同年代にしては豊かな胸を張る。
【ハルカPL】 …もちろん、グラビアアイドルなどには及ぶべくもないのだが。
【ハルカPL】 で、萌え攻撃。
【GM/竜太】「用事があるとか嫌だとか言っても無駄なんだろ? 分かったよ」
【GM】 かまん
【ハルカPL】 〈(絶対的に考えて)貧乳〉〈使用人?(野川さくら)〉きゅん2,肉体!
【ハルカPL】 HARUKA: 9(4D6: 4 2 2 1)+5 = 14
【GM】 GM: 3(2D6: 1 2)+1 = 4
【GM】 防げませんね
【ハルカPL】 ではDP8を。
【GM】 受理
【ハルカ】「ま、そういう事。放課後はオレのモノ!」
【GM/竜太】「で、ボクにたかるつもりじゃないんでろうね?」
【さくら】「う、ううん…わたしがおごる…」
【GM/竜太】「いつも野川のおごりじゃ可哀想だし・・・ゲームで負けたやつでいい?」
【GM/竜太】「ボクの点数の2割くらい野川にまわせば、いい勝負じゃないかな」
【ハルカ】「ゲーム?ってお前いつも強いじゃねぇか…まあいいけど。な、野川!」
【さくら】「う、うん…自信ないけど、がんばる…」
【ハルカ】「へぇ、余裕じゃねぇか」
【ハルカPL】 女の子とは思えない、乱雑な口調。フランクとも言えるが…。
【GM/竜太】「角のゲーセンに新作が出たんだ。やってみたかったんだよね」
【さくら】「新作?殴り合いの、ゲーム…?」
【ハルカ】「格闘ゲームって言えよ、野川っ」
【GM/竜太】「バイオハザードみたいなやつ。射撃だよ」
【さくら】(びくっ!)
【ハルカ】「…おいおい、射撃じゃ勝てねぇよ」
【GM/竜太】「そのためのハンデだろ?」
【ハルカ】「…ってどうしたんだ、野川?」
【さくら】「おばけ、こわい…」
【ハルカ】「…だな。野川がこんな調子だし」
【GM/竜太】「大丈夫だって・・・多分」
【GM】 強引にゲーセンにいってしまいます
【ハルカ】「だといいんだけど」
【ハルカPL】 場面変化〜。
【GM】 ゲーセンに・・・一人の悪魔が出現していた
【GM/竜太】「・・・他愛ないね」
【さくら】「う、わぁ………おばけ、居なくなっちゃった」
【ハルカ】「…相変わらずスゲェの」
【GM】 得点は・・・竜太(処理不能) ハルカ(0) さくら(0)
【GM】 竜太が敵が出現した瞬間に撃ち落してしまうので残り二人はすることもない
【ハルカPL】 二人は。呆れて銃を持っているしか出来なかったりする。
【GM】 ラスボスも、数秒で蜂の巣になってしまった
【ハルカ】「結局オレ達のおごりじゃねぇか、ったく」
【さくら】「わ、わたしはそれでもいいけど…」
【GM/竜太】「・・・そうなるね」
【GM】 萌え攻撃
【ハルカPL】 どうぞー
【GM】 <悪魔の左腕><狙撃L3>技術で
【GM】 GM: 8(2D6: 6 2)+5 = 13
【ハルカPL】 HARUKA: 11(2D6: 5 6)+0 = 11
【GM】 10DPです
【ハルカPL】 …無駄な時に何故出目がいいかね。拝領!
【ハルカ】「あー、良くねぇ!!分かってた事でも悔しいっ!」
【ハルカ】「竜太、今度は格闘ゲームで勝負するぜ!!」
【さくら】「あ、でも、時間…」
【GM/竜太】「今更変えるなんて男らしくないよ?」
【ハルカ】「オレは女だーっ!!」
【ハルカPL】 ゲーセンの騒音に負けない怒号。
【さくら】「え、えっと…落ち着いて…」
【ハルカPL】 さくらはおろおろするしか無かった。

【美杉PL】 ・・・すんませんさくらたん萌えです(早っ)
【美杉PL】 ちょい水汲んできまーす。喉が。
【れもんPL】 はいです
【美杉PL】 ただいまっと。若いっていいなあ(何)
【ハルカPL】 おかえりなさいー
【れもんPL】 おかえりですー
【れもんPL】 ふふふ・・若さなら負けませんです(製造一ヶ月)
【ハルカ】「悪かったな、一番年上でっ!!」
【美杉】「やだなあ、そんなこと言ってないよ?まあ実際そうだけど」(ぉ
【ハルカ】「てめぇ、出来沢の癖に、よくもぉっ!!」(げしげし(w
【美杉PL】 あ、声が脳内で緒方恵美兄貴(ガキっぽい声)にw
【レモン】「そうですよ〜たとえ年が10歳以上離れていても気にしないで下さいな」
【美杉】「うあっ、うあっ!?ぼ、暴力反対!」
【美杉PL】 すげぇぜ竜太(笑)
【レモン】「おばさんたちの争いって醜いですね・・・(邪笑)」
【れもんPL】 しょ・・処理不能!?
【美杉】「くっ!ボクだってある意味数日だ!(?)」
【美杉PL】 13じゃ回避しよう無いっすな。
【れもんPL】 ぎ 技術5!?
【美杉PL】 5/0でしょうねえ。そうだろうと思ったけどw
【れもんPL】 予想していたとはいえ・・・今回も大ピンチ(はーと)
目次へ

■ 幕間 ■


【れもんPL】 おつかれさまですー
【GM】 つぎ、美杉君のシーン
【GM】 シーン定義セットお願いします
【美杉PL】 ういっす。では、数日間休んでた美杉"君"が学校に来て出会うとこで。
【GM】 うい
【美杉PL】 使用妹術は少女趣味な服装・恥じらいで。
【GM】 確認、少女趣味はむかしから?
【美杉PL】 いぇす。
【美杉PL】 タイトルはカミングアウトで。
【GM】 うい。でははじめます

【ハルカPL】 はい、お疲れ様でした。
【GM】 お疲れ様です
【れもんPL】 おつかれさまですー
【美杉PL】 おつかれさまっす〜
【ハルカPL】 って、いきなりオプションに萌えられてる!?(w
【美杉PL】 これで実は男だったりすると俺は至福。変態ですから。
【ハルカPL】 さくらが?(w
【れもんPL】 オプション恐るべし・・・w
【GM】 ちなみに、神の右手を持つ竜太君の左腕は同然悪魔です
【ハルカPL】 神と悪魔か(w
【ハルカPL】 …ちゃんに変わってた、という事か(w
【美杉PL】 サオトメの科学力は世界一ィィィ
【ハルカPL】 性って何?と言いたくなるセッションですね(鰯
【れもんPL】 両方を併用すると「天国と地獄」を使えるのでしょうか・・・>竜太くん
【美杉PL】 俺の趣味ですから。
【美杉PL】 そのうちピコピコハンマー持ったりするねん・・・
【れもんPL】 愛は奇跡(多分に人為的だけど)を起こすんですよ・・・きっと
【ハルカPL】 野獣化したりするんですな(w
目次へ

■ オープニング2:出来沢 美杉『カミングアウト』 ■


【美杉PL】 学校に竜太がいつもの通り登校すると、ここ数日見られなかった姿が教室にあった。
【美杉PL】 だが、それを見た瞬間に感じたのは、違和感。
【美杉PL】 ……それが、オンナノコの格好をしている、と言うところまでは見慣れていたはずなのだが。
【美杉】「や、竜太くん。おはよう(にっこり)」
【美杉PL】 声も心持ち以前より女の子らしく。女装が完璧どころの騒ぎじゃない。
【GM/竜太】「・・・相変わらずだな」
【美杉】「あはは。確かに相変わらず、かもね。しばらくご無沙汰だったけど、元気かい?」
【GM/竜太】「んー?相変わらずぼちぼち」
【美杉PL】 一番の違和感は・・・そう。"似合っている"、のだ。
【美杉】「そうか。君が元気で居てくれて、ボクは嬉しいよ。……あ、特に深い意味は無いよ?」
【GM/竜太】「(・・・取りでもしたのかこの野郎:をい)」
【美杉】「……もっとも、君になら誤解されても良いけど。って何を言ってるんだろうねボクは」
【美杉PL】 攻撃いきまーす♪
【GM】 かまーん
【美杉PL】 予告どおり少女趣味な服装+恥じらいで。きゅん1、感情好奇。
【美杉PL】 misugi: 12(3D6: 3 6 3)+4 = 16
【GM】 GM: 5(2D6: 4 1)+2 = 7
【GM】 受けます
【美杉PL】 では、10点ジャスト進呈。
【GM】 かるま1発生。受理
【美杉】「あはは、気にしないでくれよ。それじゃ、また後で」と言って席に着こうとします。
【GM/竜太】「ボクはいやだね・・・ただでさえ君と喋ってると変な噂が立つのに」
【美杉】立ち止まって振り返り「ふふ。大丈夫だよ、そのうち・・・ね」と言ってウインクを(w
【GM/竜太】「まぁいいや。君が来たならボクは寝る。ノート取るのはいつもどおり任せたから」
【GM】 萌え攻撃
【美杉PL】 おう!
【GM】 <さぼり癖><メガネ>天与で・・・かるま2でいこう
【GM】 GM: 13(4D6: 3 2 3 5)+4 = 17
【美杉PL】 受けましょう。きゅん0。
【美杉PL】 misugi: 8(2D6: 4 4)+3 = 11
【GM】 9DPです
【美杉PL】 喰らいます〜
【GM/竜太】「(ぐー)」<すさまじく寝つきがいい
【美杉】「相変わらずつれないなあ。まあ、いいや」
【美杉PL】 そして、見かけ上はいつもどおりの日常が始まっていく。

【ハルカPL】 ハスキーボイスですか?(;´Д`)ハァハァ
【れもんPL】 ボーイッシュですから・・・きっと・・・(にやり)
【ハルカ】「…出来沢の奴、変なモノでも喰ったのか?」
【美杉】「変なものなら、無くなったよ?(マテ)」
【ハルカ】「………」(鉄拳っ
【美杉】「へぶっ!」
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】 おつかれさま
【GM】 で、ラスト、れもんのシーンですが?
【GM】 シーン定義セットお願いします
【れもんPL】 はーい
【れもんPL】 シーン定義は 竜太が部屋で暇しているときに〜
【GM】 うい
【れもんPL】 机の引き出しから出てくるということでw
【れもんPL】 <魔法><理論的>を使用します〜
【GM】 了解。タイトルは?
【れもんPL】 「未来から来たネコ型ロボット」

【ハルカ】「冗談言ってんじゃねぇっ!」(w
【ハルカPL】 おつかれさまー(w
【美杉PL】 おつかれっす〜。
【れもんPL】 おつかれさまーです
【美杉PL】 鉄板だ!凄い鉄板だ!
【見学yuki】 まんまやんっ!
【ハルカPL】 やっぱり引き出しかっ!
【れもんPL】 ひねるのは大変なのでw まんまです〜(手抜きとも言う)
目次へ

■ オープニング3:野田 れもん『未来から来たネコ型ロボット』 ■


【GM/竜太】「・・・暇だなぁ」
【GM】 宿題は15分で切り上げ。床にひっくり返る
【れもんPL】 突然机がカタカタなり始める がたがた がたがた
【GM/竜太】「・・・?」
【れもんPL】 がたがたがたがた・・・・【女の子】「・・・あかないよ〜」
【GM/竜太】「・・・女の子?(きゅぴーん)どこだ?」
【れもんPL】 がたがた・・・やりかけの宿題が乗っていつ机・・その引き出しから聞こえてくる
【GM/竜太】「・・・?」(開ける)
【女の子】「あ あいた〜」
【れもんPL】 机から、白いブーツをはいた足が生えてくる
【女の子】「あれ・・・胸がひっかかってる〜〜」
【れもんPL】 じたばた じたばた
【GM/竜太】「・・・ノォ!」とっさにカウンターパンチ(を
【女の子】「はう!!!」
【れもんPL】 そのまま 机の中に足は消えていった・・・
【GM/竜太】「・・・」(閉じる)
【女の子】「あけてよー あけてよー」 がたがた
【GM/竜太】「・・・」(恐る恐るもう一度開ける)
【れもんPL】 今度は 猫がにゅっと 頭を出してくる
【れもんPL】 いや 猫耳が生えた女の子が
【GM/竜太】「・・・猫?」
【女の子】「ああ・・・ 外って気持ちいい(満面な笑顔)」
【GM/竜太】「・・・それは良かった」(左手は後ろでエアガンを持っている)
【れもんPL】 うんしょと 机から降りる女の子 その格好はどう見ても変だった。
【れもんPL】 青い髪のおかっぱ 猫耳もピコピコ動き飾りではなさそうだ
【れもんPL】 同じ青い色のメイド服、 首には赤くて大きい首輪とすず
【GM/竜太】「・・・いつの間にボクの机は魔界とつながったんだろう」
【れもんPL】 白いエプロンには半月のポケット
【れもんPL】 そして・・・どう見ても中学生並の体
【れもんPL】 当然 引っかかる出っ張りなどありはしない
【GM/竜太】「だれだい?君は」
【女の子】「魔界じゃないですよー 異次元空間につながったの〜」
【女の子】「私は〜れもん でーす 竜太って人がとっても危ないので〜助けに
【れもんPL】 23世紀からやってきましたー(笑顔)」
【レモン】「で 野田竜太って子しらないですか〜?」
【GM/竜太】「竜太はボクだけど・・・」
【レモン】「そうなんだ〜w こんなに早くターゲットに接触できるなんて〜」
【レモン】「私って優秀だね」
【レモン】「あそうそう 竜太君の生命が危ないってことは〜本人に言っちゃダメなんだよ〜」
【レモン】「だから忘れてね〜」
【GM/竜太】「・・・お帰りはあちらに」>ドアを指さす
【レモン】「・・・どこに帰るの?」(きょとん)
【GM/竜太】「とりあえず、よく分からないけど間に合ってます」
【レモン】「間に合っていないよ〜 竜太君…マスターはもうすぐ消えちゃうんだよ?」
【レモン】「そのせいで世界は大変なことになっちゃって」
【GM/竜太】「そんなことより、引き出しに入っていた宝物はどこに?」
【レモン】「23世紀はおおごとなんだから〜」
【レモン】「引き出しの中身? 多分因果の果てに飛んでいったと思うよ?」
【GM/竜太】「なんてことを・・・」がっくり
【レモン】「て ことで〜マスターを24時間完全無欠でお守りしますね♪」
【れもんPL】 萌え攻撃いきますー
【GM】 かまーん
【れもんPL】 <魔法OR超能力(タイムマシーン)>のみ 技術で
【GM】 かまん
【れもんPL】 remon: 3(2D6: 2 1)+2 = 5
【れもんPL】 しくしく(TT)
【GM】 GM: 10(2D6: 4 6) = 10
【GM】 防ぎました
【れもんPL】 うい
【GM/竜太】「ハルカのアレを手に入れたときにボクがどれだけ血を流したか・・・」
【レモン】「・・・宝物だったんですね(ほろり)」
【レモン】「でも 無くしたものは帰ってこないのですよ(肩をぽん)」
【GM/竜太】「宝物だったのに・・・」
【GM】 (しゅ)
【レモン】「高速移動物体感知!?」
【GM/竜太】「・・・とりあえず、一枚」パンツを抜き取る
【GM】 萌え攻撃
【レモン】「・・・!? センサーが追いつかない!?」
【GM】 <神の右腕><犯罪者と紙一重と言うかすでに完全に向こう岸>技術
【GM】 かるま1
【GM】 GM: 11(3D6: 1 5 5)+5 = 16
【れもんPL】 ・・・・(笑いがとまらない)
【れもんPL】 きゅん3で抵抗
【れもんPL】 remon: 20(5D6: 6 3 1 6 4)+2 = 22
【GM】 防がれましたか。
【れもんPL】 よけました〜
【GM/竜太】「・・・いいさ。ほとんど全部はまたすぐに取り戻せる」<取り戻すな
【レモン】「データより50%以上の能力・・・さすがですマスター」
【レモン】「でも・・・そんなものがそんなに欲しいのですか?」
【GM/竜太】「ハルカは・・・スカートはいてこないからなぁ」
【GM/竜太】「漢の浪漫だよ。美学と言っていい」
【れもんPL】 そのとき一陣のいたずらな風がレモンのスカートを巻き上げる
【れもんPL】 そこには なにもなかった・・・
【レモン】「あ 言い忘れましたが・・・私ロボットなの」
【GM/竜太】<中身には興味がない人(をい)
【れもんPL】 あうわw
【GM/竜太】「・・・たーみねーたー?」
【レモン】「未来からあなたを救いに来たロボットのカガミです あの作品は」
【レモン】「ともかく マスターは私が守りますから 安心してくださいね♪」
【GM/竜太】「・・・まぁいいや。好きにしちゃって」
【れもんPL】 ・・・ぶんが変になってるー(TT)
【レモン】「はい 好きにします」
【レモン】「じゃあ まず 押入れの中の女性下着の処分から・・・・」
【GM/竜太】「・・・そこには隠してないはずだけど」
【レモン】「あれ? データが間違っていたようです…故障かな・・?」
【GM/竜太】「それから、母さんじゃあるまいし、勝手に掃除とか片付けとかしないこと」
【GM】 切りますか?
【れもんPL】 長くなったのでできれば
【レモン】「えー つまんないですー」
【GM/竜太】「余計なことをすると廃品回収に出すから」
【レモン】「しょうがないですね〜マスターは」

【美杉PL】 タンスの引き出しとかクローゼットとかw
【GM】 描写はそっちから?
【れもんPL】 あ 部屋の中での竜太の描写からお願いしますー
【美杉】「殆ど僕がやってるしね〜」<宿題
【美杉PL】 って言うか今更だが技術者入れるべきだった。なんとなく。
【ハルカ】「お前ら自分でやれよ、っても無駄だろうけど」<委員長
【ハルカPL】 (・∀・∀・∀・)←これ?(w<連ドラ
【美杉PL】 そそそ。そんな感じの。
【ハルカPL】 怖いなぁ…(笑
【美杉PL】 ソコには机の引き出しに入っていたため平面になってしまった少女が!(え
【ハルカPL】 脚からかっ!!!
【美杉PL】 踏んで!(誤
【美杉PL】 こいのぼりじゃないの!?w<胸
【れもんPL】 こいのぼりですよ〜
【見学yuki】 うわぁ。笑えるw
【美杉PL】 胸が引っかかっちゃダメですよ〜(おい
【ハルカPL】 ギャグだ(w
【美杉PL】 ギャグだなあw
【美杉PL】 娑婆の空気だ(えー
【れもんPL】 コメディですw シリアスは無理ですー
【美杉PL】 つーかこのセッションでシリアスってできるんだろうかw
【ハルカPL】 ラブコメなら出来そうですが(笑
【美杉PL】 まあそれならw
【ハルカ】「勝ったぜ!」(胸を張り大いばり
【美杉】「くっ……サオトメに、そっちも改造してもらわねば……!」
【美杉PL】 頭悪りぃっ!w
【ハルカPL】 バカだ…(w
【美杉PL】 外したブツだな<宝物
【ハルカ】「お、オレのブラジャー返せーっ!!!」
【美杉PL】 神の手が!?
【ハルカPL】 遂に出た。神の右手(w
【美杉PL】 〜と言うか既に完全に向こう岸ですか(w
【ハルカPL】 犯罪者だー(w
【見学yuki】 向こう岸(・∀・)イイw
【美杉PL】 動じてねえよ、れもん・・・
【美杉PL】 やっぱそーか!だろうと思った!<中身興味なし
【ハルカPL】 典型的なフェチですねぇ(待て
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
出来沢 美杉 9 0 4 -25 10 0 -25
野田 れもん 0 0 5 -25 0 0 -25
津野田 ハルカ 10 0 5 -25 8 0 -25

【れもんPL】 お疲れ様でした〜
【GM】 ちょっと早かったか。あとで編集します
【れもんPL】 いえ 問題ないですw
【れもんPL】 インパクトのある登場しようとしてポンコツに(TT)
【GM】 では、ミドルに入ります
【ハルカPL】 はい。
【美杉PL】 ういっす〜
【れもんPL】 はーい
【GM】 ミドルは乱入が可能になります。シーンPCはきゅん1で追撃かのうです
【美杉PL】 乱入者の攻撃回数は2だけですよね?
【GM】 さようです
【GM】 さて、オークショナーはれもんです
【れもんPL】 技術でw
【れもんPL】 きゅんなしです
【GM】 では、かるまの使用宣言を
【美杉PL】 同値だとやりやすいんだかやりにくいんだかwかるま1っす。
【ハルカPL】 きゅん…1で。
【れもんPL】 remon: 6(2D6: 4 2)+2 = 8
【ハルカPL】 HARUKA: 14(3D6: 3 6 5)+0 = 14
【美杉PL】 misugi: 12(3D6: 2 5 5)+2 = 14
【ハルカPL】 平目で振り直しかな?
【美杉PL】 また振りなおしっすね。
【れもんPL】 同値w
【美杉PL】 misugi: 7(2D6: 6 1) = 7
【ハルカPL】 HARUKA: 2(2D6: 1 1) = 2
【美杉PL】 うわおw
【ハルカPL】 ぼかーん(w
【ハルカPL】 では二番手ですね。
【美杉PL】 じゃ、トップ行きます。
【れもんPL】 ボク 3番…でいいのかな?
【ハルカPL】 必然的に(笑
【れもんPL】 しくしく(涙)
【GM】 美杉>ハルカ>れもんの順で?
【美杉PL】 割を喰らうなあ、れもんたんw
【美杉PL】 あいっす。
【れもんPL】 がんばるもん〜
【GM】 では、美杉君、シーン定義セットを
【美杉PL】 シーン定義ですが・・・帰りの電車の中、いつものように右手使用中のところで。
【GM】 ・・・中学生なんで電車には乗りませぬ(汗)
【美杉PL】 おう。では・・・街の通りにしましょうw
【GM】 ちなみに、あんまり知らない人をターゲットにしたりしません
【美杉PL】 む?うむ・・・では学校の昼休みにお願いできますか?ころころ変えてすいません
【GM】 おっけー
【美杉PL】 術は<応援してる><少女趣味な服装><恥じらい>で。
【GM】 おっけ
【美杉PL】 秘蹟使用は無しです。
【美杉PL】 タイトル:蒸着!
【美杉PL】 でお願いします(w
【GM】 登場能力値は?
【美杉PL】 技術としか言いようが無いですw

【ハルカPL】 お疲れ様ですー
【美杉PL】 おつかれさまじぇんとる。
【れもんPL】 おつかれさまですー
【美杉PL】 十分インパクトある気がするw
【ハルカPL】 インパクトありすぎ(w
【見学yuki】 コレがインパクトなかったら他のはどうなる?w
【れもんPL】 わーい わーい 大成功ですー うれしいですー
【ハルカPL】 1ゾロ…_| ̄|○
【れもんPL】 親しい友人だけにしているだけかと思ったです
【見学yuki】 大丈夫だよ。実名はほぼそのまんまでリプログにしたしw
【美杉PL】 小中学生でも電車に乗るのは結構居るのですよねえ
【れもんPL】 ゆきさん・・・漢です あんたぁ〜漢だよ
【れもんPL】 まあ 学校が遠かったり塾行ったりするとね〜>電車
【見学yuki】 だね。漏れも中学のときは電車通学だった
【ハルカPL】 私は自転車ばかりでしたねぇ
【GM】 竜太はやる気がないので(何しろ大学までエスカレーターだし)
【見学yuki】 自転車乗った事ないもーんw
【れもんPL】 田舎だったので 電車通っていなかったです(TT)>学生時代
【れもんPL】 蒸着・・・・エプロンふりふりドレスを召喚するのかな?
目次へ

■ ミドル1:出来沢 美杉『蒸着!』 ■


【GM】 昼休みの教室。みんな思い思いに弁当を食べたり、だべったりして過ごしている
【GM】 ・・・極一部、予習をして過ごす生徒もいる
【美杉】(かりかりかりかり)
【GM】 ・・・そして、さらにごく一部・・・と言うより一人、狩猟者のまなざしで獲物を狙うハンターもいた
【GM/竜太】「や、源さん、今日も美味しそうなお弁当だね」
【美杉】(……そろそろ時間か)
【GM/竜太】「遠野さんも。どうも、いつもわるいね」
【美杉PL】 ふい、と立ち上がってその後ろに歩を進めていく。
【GM】 こんなごく当たり前な会話をしつつ・・・神をも恐れぬ手腕を発揮しているとは、誰も気付かないだろう
【GM/竜太】「・・・出来沢?どうかした?」右手をポケットに入れて
【美杉】「いや?今日も頑張ってるな、と思ってね?」
【美杉PL】 と言いつつも、竜太は此間からの違和感を更に見つけていた。即ち、着けている。
【美杉】「ところで、今日のボクはちょっとイメージを変えてきたんだけどね。判るかい?」
【GM/竜太】「出来沢・・・キミには使わないよ?」
【美杉】「……今までと違って、今のボクには使われる資格があると思うよ?」
【GM/竜太】「・・・気持ちの悪い事を言うなよ」
【美杉】「そう、"今の"ボクなら……君がそれを使う価値が、あるはずだよ」顔を赤らめつつ。
【美杉PL】 攻撃行きますー
【GM】 かまん
【美杉PL】 宣言どーり<応援してる><少女趣味な服装><恥じらい>で。感情好奇、きゅん1使用。
【美杉PL】 misugi: 13(3D6: 5 6 2)+4 = 17
【GM】 GM: 6(2D6: 1 5)+2 = 8
【GM】 どうぞ
【美杉PL】 えーと、DPに13点です。
【GM/竜太】「やなこった。お前もね、気色の悪いことばっかり言うなよ」指でつん
【GM】 因子共鳴《おでこにこつん》
【美杉PL】 いただきましょう。
【GM】 で、こちらも反撃
【美杉PL】 あいさー
【GM】 <神の右腕><いいのがれ><犯罪者すれすれと言うか完全に向こう岸>技術で
【GM】 GM: 9(2D6: 3 6)+5 = 14
【美杉PL】 misugi: 7(2D6: 4 3)+2 = 9
【美杉PL】 いただきます。
【GM】 12DPになりまつ
【れもんPL】 登場判定いいですか?
【GM】 妨害は?
【美杉PL】 どぞー
【美杉PL】 しませんっす。
【GM】 目標値8
【れもんPL】 きゅんなし
【れもんPL】 remon: 10(2D6: 5 5)+2 = 12
【GM】 登場しました
【ハルカPL】 一応こちらも登場判定いいですか?
【美杉】「あいた。つれないなあ、もう。……ん?」
【美杉PL】 どぞっす〜
【美杉PL】 きゅん使いません。
【ハルカPL】 HARUKA: 4(2D6: 2 2)+0 = 4
【ハルカPL】 墓穴(w
【ハルカPL】 HARUKA: 6(2D6: 2 4)+2 = 8
【ハルカPL】 DP8もらって退場(笑
【GM】 この時期の墓穴は痛いですね
【れもんPL】 登場演出いきまーす
【GM】 お願いします
【れもんPL】 遠くからドップラー効果にのせて声が響いてくる
【レモン】「えっちなのはぁぁぁいけないとぉぉぉ思うのぉぉぉ〜〜〜」
【美杉】「……え?だ、誰だ…?」
【れもんPL】 窓から一匹の猫・・・型ロボットが侵入してきた
【GM/竜太】「新手のスタン・・・もとい、押しかけロボか」
【レモン】「マスター 犯罪者になってはいけませんの!」
【美杉】「う、うわぁぁっ!?」と叫んで竜太に抱きつく!
【GM/竜太】「れもん、一つだけいっておく。ばれなければ犯罪じゃない」
【レモン】「しかも サオトメの改造人間に手を出すなんて・・・・」
【レモン】「訴えられたら 犯罪です!!」
【れもんPL】 尻尾をふりふりお説教をかます 萌え攻撃いいですか?
【美杉】(!何処だ・・・エメラルドピース?)
【GM/竜太】「(めがねをくいっと指で上げる)証拠を残すようなへまはしていない」
【美杉】「ひ、人聞きの悪いことをゆーな!大体ボクの場合は任意だ!」
【GM/竜太】「改造人間って大体なんだ・・・」(とりあえずぱんつを抜き取った女子生徒のほうをちらりと)
【レモン】「なら 問題は無いのですが・・・」(証拠なし)
【美杉】「いや、無いのか……?」
【レモン】「改造人間とは改造された人間のことです!」(びしっ)
【GM/竜太】「・・・で。今日は何の用だい?」
【美杉】「な、な、なっっ!なんてことを言うんだ!」(真っ赤)
【レモン】「犯罪者を守るというのはイヤなので マスターを止めに来ました」
【GM/竜太】「・・・出来沢が改造?」
【GM/竜太】「変なことを言うな。ボクが何をしたって言うんだ(しゅ)」
【レモン】「右!? いや 下!? 正面か!?」(回避行動)
【GM/竜太】「とにかく、ボクは潔癖だよ。レモンが心配するようなことはない」
【美杉】(あいつ……やる!"回避行動ができる"なんて!)
【GM】 萌え攻撃
【GM】 >れもん
【れもんPL】 うい
【GM】 <いいのがれ><メガネ>技術で
【GM】 GM: 8(3D6: 3 4 1)+5 = 13
【GM】 かるま1使用
【れもんPL】 きゅん2使用しますー
【れもんPL】 remon: 19(4D6: 6 2 5 6)+2 = 21
【れもんPL】 出目がいいです♪
【GM】 おのれー
【れもんPL】 反撃行きますー
【GM】 かまん
【レモン】「そうですか・・? 早とちりしてゴメンなの」
【れもんPL】 猫耳と尻尾がしゅ〜んと うなだれる
【GM/竜太】「分かってくれて嬉しいよ」
【れもんPL】 <理論的(に言い含められる)><猫耳尻尾> 感情で きゅんなし
【れもんPL】 いいですか?
【美杉PL】 あ、協力攻撃行きたいです〜
【GM】 どーぞ
【美杉】「そうだよ、竜太くんの犯行はボクみたいな同意を得てる人にしかわかって無いんだよ」
【美杉PL】 <妄想癖><少女趣味な服装><(独占欲から来る)仲間意識>で。感情、きゅん1.
【美杉PL】 あ、やっぱきゅんなしで!
【美杉PL】 misugi: 6(2D6: 1 5)+4 = 10
【れもんPL】 判定しますね〜
【れもんPL】 remon: 7(2D6: 4 3)+4 = 11
【GM】 かるま1で抵抗
【GM】 GM: 14(3D6: 3 6 5)+2 = 16
【GM】 抵抗
【れもんPL】 はじかれました〜 残念
【美杉PL】 ・・・ゆうこときけって、使用。
【美杉PL】 GMのダイスを全部1にします〜
【れもんPL】 てことは 2人とも成功?
【美杉PL】 ですね。
【GM】 因子共鳴《受け流し》
【れもんPL】 キャンセルされたですw
【美杉PL】 了解。
【GM】 ・・・まった、ゆうこときけには使えない
【れもんPL】 あれ?
【美杉PL】 だね。びっくりしたー
【美杉PL】 えと、命中で良いです?
【れもんPL】 じゃあ DP7ダメージです
【美杉PL】 こっちは11です〜。
【GM】 げふん
【GM】 受理しました
【レモン】「マスターが犯罪すれすれ一応セーフなのはわかったの」
【GM】 ・・・ちなみに、二人とも墓穴です
【美杉PL】 おお、そういえば。
【レモン】「でも マスターは狙われているので気をつけて欲しいの」
【美杉PL】 misugi: 5(1D6: 5)+1 = 6
【れもんPL】 remon: 11(2D6: 5 6)+2 = 13
【れもんPL】 うわーん こんなときに出目がいいよー
【GM/竜太】「狙われてるって、一体誰に・・・」
【レモン】「それは…不確定要素が多くて言えないの…」
【美杉】(……本人の前でよくソコまで言えるなあ……)
【レモン】「でもマスターはきっとレモンが守って見せるの 任せるの♪」
【GM/竜太】「はいはい。とりあえず、ポケットの中に入ってるものは絶対に落とさないように」
【ハルカPL】 もう一度登場判定っ。
【GM】 かまん。妨害は?
【美杉PL】 しないでおきましょう。
【ハルカPL】 HARUKA: 12(2D6: 6 6)+0 = 12
【ハルカPL】 無駄に出目が高い…。
【美杉PL】 おお。
【れもんPL】 おおw
【GM】 エクセレント。登場成功ですぞ
【ハルカ】「ああーっ!もう、煩ぇっ!!」
【ハルカPL】 さっきからの竜太達のやりとりでキレたのか、ぷんすか怒ってやってくる。
【美杉】「うわぁぁっ!?津野田さんっ!?」
【ハルカ】「何さっきから騒いでんだよ、出来沢っ!!」
【レモン】「マスター下がってください 何か危険ですの」
【ハルカ】「それと、そのイカれたのは誰だ、竜太っ!」
【ハルカPL】 出来沢に八つ当たりをしつつ詰め寄る。
【美杉】「ボクっ!?いやいくらなんでも一人のせいにするのはお門違いだよ!?」
【ハルカ】「煩い!オレが決めたと言ったら決めたっ!」
【GM/竜太】「ああ、大丈夫。凶暴だけど扱いさえ間違えなければそんなに害はないから」
【ハルカPL】 ぐりぐりぐりぐり。
【GM/竜太】「よく分からないけど未来からボクを守りに来たたーみねーたーだって」
【美杉】「いたたたた!?」
【レモン】「マスター 了解ですの。 この方は凶暴なんですの」
【ハルカPL】 ちなみに、近くで見ている出来沢には分かるが…ハルカの肌はとっても綺麗だったりする。
【ハルカ】「はぁ?なんだよそれ、映画マニアか?」
【ハルカPL】 で、萌え攻撃。
【レモン】「マニアじゃないの ロボットなの」(真剣)
【GM】 かまん
【ハルカPL】 〈頑固〉〈高慢な態度〉〈透きとおるような肌〉 きゅん1,感情!
【ハルカPL】 HARUKA: 8(3D6: 2 4 2)+4 = 12
【GM】 GM: 11(2D6: 6 5)+2 = 13
【ハルカPL】 《ゆうこときけって》
【GM】 了解
【ハルカPL】 DP11。
【GM】 まだ兄は恋に落ちません
【ハルカ】「どっちにせよイカれてるのに変わりねぇよな」
【ハルカPL】 偏見に満ちた目でれもんを睨んでみたり。
【GM/竜太】「そういうなよ。そうやって差別するのってハルカらしくないよ?」
【レモン】「行かれてる? どこにもいっていませんの」
【美杉】「イカれてる以前のような気が・・・あいたたたた」
【ハルカ】「いや、だってよ…この服装で中学校に来るか?普通」
【ハルカPL】 出来沢をなおもぐりぐりとしつつ、れもんの格好を顎で指摘する。
【レモン】「マスター この格好はふさわしくないの?」
【ハルカPL】 ちなみに、ハルカは制服をきっちり着こなしてます。
【GM/竜太】「普通なんて人間の作ったくだらないルールさ」
【GM】 萌え攻撃
【ハルカPL】 どうぞ。
【GM/竜太】「そういうつまらないことばかり言わずに、ハルカの制服を貸してやってみたら?」
【GM】 >ハルカに
【GM】 <メガネ><意外に優しい>
【GM】 天与で
【GM】 GM: 7(2D6: 2 5)+4 = 11
【ハルカPL】 HARUKA: 6(2D6: 5 1)+3 = 9
【ハルカPL】 墓穴(w
【ハルカPL】 HARUKA: 5(1D6: 5)+2 = 7
【GM】 攻撃は9DP
【ハルカPL】 では総計16DP拝領_| ̄|○
【ハルカ】「そう言う所、竜太らしいよな…でも」
【ハルカ】「体型的には、オレのより野川の方が似合いそうだよな、制服」
【レモン】「いえ 借りる必要はないですの お任せなの☆(ウィンク)」
【ハルカ】「おーい、野川ー…え?」
【さくら】「は、はい…?」
【れもんPL】 エプロンのポケットにてを入れてごぞごぞする
【美杉】「ボクのを貸そうか?女子の制服なら持ってるし」
【GM/竜太】「あ、いや、野川さんは今ちょっと制服を脱がないほうが」
【ハルカPL】 いつの間にか、ハルカの背後からひょっこり現れる。
【さくら】「え?………ふえぇ」
【ハルカPL】 自分の胸元を覗き込んで、涙ぐむ。
【れもんPL】 (例のBGMとフラッシュ効果とともに)「きせかえ☆カメラ〜〜」
【さくら】「竜太さん、わたしのキャミソール返してくださいよ〜!」
【レモン】「このカメラは セットした絵の衣装に 写した人を着替えさせるの〜」
【ハルカPL】 えぐえぐぽかぽか、と詰め寄る野川。
【ハルカ】「………?」
【ハルカPL】 れもんの説明がよく分かっていないハルカ。
【レモン】「はい これで私をうつすの」(カメラを手渡す)
【GM/竜太】「いや、ボクは知らないし(汗)」
【ハルカ】「とりあえず撮ればいいんだな?よっと…」
【ハルカPL】 ぱしゃっ。
【美杉PL】 すかさずその前に。
【さくら】「えぐっ、えぐっ、お気に入りだったのに…」
【ハルカPL】 竜太の胸で泣きじゃくる、真っ白い肌のさくら。
【レモン】「あ・・・絵をセットしていなかったの」
【美杉】「・・・え?」
【ハルカ】「ぶっ!?出来沢、お前服…着ろ………?」
【GM/竜太】「・・・分かった、返すよ(汗)」レモンのポケットから魔法のように出てくる下着
【ハルカPL】 真っ赤になって目を背け…ようとして違和感に気付く。
【美杉】「う、うわぁぁぁ!?」
【美杉PL】 追加萌え攻撃いきます!w
【ハルカ】「…女ぁ!?」
【ハルカPL】 素っ頓狂な声を出す。
【GM】 かまん
【れもんPL】 同じく萌え攻撃>協力攻撃でいいかな?
【ハルカPL】 では、その後に単独で萌え攻撃。
【美杉PL】 こっち恋愛属性ですが?
【GM】 どうぞー
【れもんPL】 あ じゃあ 同じタイミングで〜普通の攻撃です
【GM】 まとめてかかって来い!
【美杉】「なんか予感がしたら……なんでこんなことに」目に涙をたたえて。
【美杉PL】 絶対運命・はじめてのアレ・無防備な肢体で。恋愛感情きゅん2使用!
【美杉PL】 はじめてのアレ(全裸)ですな。
【GM】 来いっ
【ハルカ】「いや、悪ぃ…今までずっと男だと思ってた」
【美杉PL】 misugi: 14(4D6: 4 2 6 2)+4 = 18
【GM】 しかしかるまは無益にたまっている。かるま3で防御させてもらうよ出来沢君!
【GM】 GM: 23(5D6: 5 6 6 2 4)+2 = 25
【美杉PL】 ぐはぁっ!
【GM】 防いだ
【ハルカPL】 では、こちらも行きます。
【GM】 どぞ
【れもんPL】 あ その前にいいですか?
【ハルカPL】 じゃあ、先にれもんから。(w
【GM】 うい。どぞ
【れもんPL】 ごめんね・・・
【れもんPL】 <魔法><理論的><猫耳尻尾>で 技術です きゅんなし
【さくら】「えっと、えっと、えっと…出来沢さん、これ…」
【れもんPL】 remon: 9(2D6: 5 4)+2 = 11
【美杉】「あ・・・うん、ありがと・・・」
【GM】 GM: 3(2D6: 1 2) = 3
【GM】 通ります
【ハルカPL】 さくらが、自分のブレザーを脱いで出来沢に差し出した。
【れもんPL】 DP11
【GM/竜太】「・・・とりあえず、お前が悪い!」レモンにびしっと指差し
【GM】 因子共鳴《おでこにこつん》
【レモン】「ふええ〜 ごめんなさいー」もらいました
【ハルカ】「まぁ、少し大人しくしててくれりゃいいけどな。先生暢気だし」
【ハルカPL】 で、萌え攻撃。
【さくら】「えぐ、ありがとう…ございます…」
【ハルカPL】 とてて、とキャミソールを持ってさくらは何処かに駆けていった。
【GM】 かまん
【ハルカPL】 〈高慢な態度(が軟化)〉〈使用人?(野川さくら)〉〈(さくらの)透きとおるような肌〉 きゅん1、肉体で。
【ハルカPL】 HARUKA: 8(3D6: 1 4 3)+5 = 13
【GM】 GM: 7(2D6: 1 6)+1 = 8
【GM】 通しです
【ハルカPL】 DP11。
【ハルカ】「…って、野川のキャミを出来沢に貸せばよかったかな?」
【GM】 1点足らんな
【ハルカPL】 こっ恥ずかしそうに出来沢をちらちらと見てたり。
【レモン】「こんどは〜ちゃんと絵を入れてカメラ使えば平気なの〜」
【美杉】「う……あんまり見ないでよぉ…」
【GM/竜太】「・・・出来沢、キミがたとえどこぞで改造されていようが、ボクらは友達だよ」
【美杉】「……その言葉をどう受け取れと……?」
【ハルカ】「いや、友達だろ?うん」
【レモン】「そう お友達なのー 仲良くなのー よろしくなのー」
【GM/竜太】「友達は友達さ」
【美杉】「…そっか。その…ありがとう(照)」
【GM/竜太】「・・・とりあえず・・・レモン、キミは騒動の元だから家に帰っていてくれ」
【GM/竜太】「くれぐれもポケットの中身を敵に奪われないように」
【レモン】「はい…マスター みなさん ごめんなさい」
【GM】 萌え攻撃>レモン
【れもんPL】 そのまま 窓から飛ぶ出していく
【れもんPL】 へ?!
【れもんPL】 聞きて下さいー
【れもんPL】 来てください(動揺しているー)
【GM】 シーンPLに2回やらねばならぬ法もないのだ
【れもんPL】 油断していました〜 <優しさ〜>は覚悟していたけど
【GM】 <犯罪者すれすれと言うか完全に向こう岸><神の右腕>技術で
【GM】 GM: 9(2D6: 4 5)+5 = 14
【れもんPL】 ・・・きゅん3で
【れもんPL】 あ きゅん1です まちがえたです
【れもんPL】 remon: 10(3D6: 5 4 1)+2 = 12
【GM】 通ったね?
【GM】 9DPです
【れもんPL】 ええと〜 <<うにゃにゃにゃぁ>>をしようしますー
【GM】 受理。やるな
【れもんPL】 ほめていただき うれしいですw
【美杉】「竜太くん、津野田さん・・・ありがと。本当に。」
【GM】 切ります?
【美杉】「行っちゃったけど、さっきの子も。ありがとね」

【ハルカPL】 赤射とか焼結とかもするのかな?(w
【美杉PL】 瞬着とかもあるんでしょうw
【見学yuki】 宇宙刑事混じってるw
【GM】 ちなみに、普通に立っている人からどうやって抜き取っているかは永遠の謎です
【れもんPL】 神ですから・・・・
【美杉PL】 うむ、今日は中々な出目。
【れもんPL】 いい出目ですね〜
【ハルカPL】 誘ってるな出来沢(w
【れもんPL】 さそってますねw
【美杉PL】 無論ですw
【美杉PL】 来たな〜。
【ハルカPL】 うむ、来た…どうしようかなぁ(笑
【れもんPL】 来ますよ〜マスターの危機ですからw
【美杉PL】 うわおw
【ハルカ】「何やってんだあいつら?」
【ハルカPL】 とまぁ、女の直感かご機嫌斜めモードという事で(w
【美杉PL】 超ドサクサだ!俺!
【ハルカPL】 構わないのでは(笑<ドサクサ
【ハルカPL】 って組織の事ばらしちゃあかんでしょー(w>れもんたん
【れもんPL】 ばらしちゃいけないですね〜 本当にw
【美杉PL】 おっけ〜おっけ〜w
【ハルカ】「なんだあのトンチキな奴?」(いらいら
【ハルカPL】 …ここで問題。戦場ヶ原学園中等部は至福なのか制服なのか(w
【美杉PL】 ・・・制服なのか。
【美杉PL】 至福でw
【れもんPL】 両方!! 自由でw
【美杉PL】 て言うかそうでないと少女趣味な服装が使えないw
【ハルカPL】 ソレダ!(w<両方
【れもんPL】 制服もきっとブレザーもセーラーもあって私服もOKで!!!
【美杉PL】 キャミソールっ!?
【見学yuki】 すくぅるみずぎ
【美杉PL】 常備か!
【ハルカPL】 誰にカメラを渡したんだろう(笑
【れもんPL】 誰でも好きに〜早い者勝ち〜(おひ
【ハルカPL】 …絵を抜き取ってあると、確か…(w
【美杉PL】 素っ裸・・・でしょうか?w
【れもんPL】 ・・・です 目の前に飛び出すとは思わなかったです
【美杉PL】 て言うかホンマに出来過ぎだw
【レモン】「わたしを(演出の)踏み台にしたぁ!?」
【れもんPL】 こ。ここで決める気ですー!? まだミドル1なのに
【美杉PL】 残念ながら20いかないですw
【れもんPL】 十分な達成値だとおもうですよー
【ハルカPL】 そして防御(w
【れもんPL】 わ!? GMが本気ですw
【美杉PL】 つかGMの出目が異常だよ・・・
【れもんPL】 ・・・なんか「どじっこ」が入っているような気がしてきました(苦笑)
【GM】 11に使ってたらアレだなぁ・・・でもレモンへのダメージが少ないから。ごめんよー?
【美杉PL】 ん〜・・・ちょいと厳しいな。現状。
【GM】 かるまは2残るように使ってるんだが(をい)
【れもんPL】 うう まあもっと大きいダメージじゃないから いいやー ってことでー
【れもんPL】 補充する気ですね〜w
【美杉PL】 せやから攻撃させてから追加いこうと思ってたんだけどなあ(悪
【れもんPL】 美杉さんもれもんも攻撃おわっているから〜はるかさんの攻撃後シーン終了かな?
【GM】 そうですね
【GM】 ・・・じゃない、まだ兄攻撃が1残ってる
【れもんPL】 そうなの?
【GM】 うん。シーン登場数+1だからまだ1つ
【美杉PL】 全員に1回ずつ攻撃したしね〜
【れもんPL】 当たっていたら…美杉さんの勝ちでしたね〜
【美杉PL】 20でクライマックス突入ですよね?
【GM】 30じゃないの?
【美杉PL】 あ、ほんとだ
【れもんPL】 30だとしても〜18で他の人が平均9でクライマックス…
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
出来沢 美杉 40 0 9 -2 34 0 -2
野田 れもん 24 0 7 -10 18 0 -15
津野田 ハルカ 34 0 6 -2 30 0 -5

【れもんPL】 お疲れ様ですー
【GM】 お疲れ様です
【美杉PL】 お疲れ様です。相変わらず長かった。
【GM】 お次ー。とりあえず全員登場したのできゅんは回復なし
【ハルカPL】 お疲れ様ー
【ハルカPL】 私ですね(w
【れもんPL】 ですー
【美杉PL】 ですな。頑張ってくださいw
【GM】 そして、兄かるまが4余ったので因子共鳴購入。《ドキドキシーン》《活躍シーン》
【れもんPL】 うきゃあ〜〜(TT)
【ハルカPL】 《遠慮していだだきます》を出来沢に。
【美杉PL】 でしょうねえ。
【GM】 では、ハルカさんシーン定義セットお願いします
【れもんPL】 <<お行儀よくして!>>を使用します〜
【ハルカPL】 はい。体育の授業終了後、竜太と二人で体育用具倉庫の片づけをしています。
【ハルカPL】 まぁ、後は成り行きで(w
【GM】 了解。では兄側因子共鳴《ドキドキシーン》
【ハルカPL】 妹術は〈透きとおるような肌〉から。秘蹟はさっきの通りです。
【ハルカPL】 登場は技術!(笑
【美杉PL】 どうしようもないな、私w
【れもんPL】 でれるかな〜微妙です〜
【ハルカPL】 タイトルは…『体育倉庫でオレのモノ?』で

【れもんPL】 おつかれさまです〜
【ハルカPL】 長くしてしまって申し訳ない⊂⌒~⊃。Д。)⊃
【れもんPL】 全員でたので〜気にしなくていいと思うです〜>長い
【美杉PL】 此方こそ申し訳ないっす。特にれもんたん、踏み台にしてしまって(謝)
【美杉PL】 む。このシーンが鍵か。
【れもんPL】 いえいえ〜気にしないで〜
【美杉PL】 ・・・不幸中の幸いだ(笑)
【れもんPL】 はう(TT) どうしよう〜
【美杉PL】 とりあえず出ることなさそう、かな。だがこのシーンで30行くかもなあ。
目次へ

■ ミドル2:津野田 ハルカ『体育倉庫でオレのモノ?』 ■


【ハルカ】「おい、竜太。そっちの跳び箱直すぜ?」
【ハルカPL】 体育の授業終了後。これでもクラスのリーダー役だったりするハルカ。
【ハルカPL】 竜太を伴い、体育用具室まで来ていた。
【ハルカPL】 もちろん、用具室の鍵を握っているのは信用の厚いハルカである。
【ハルカPL】 …いわば、密室。
【ハルカ】「ほら、そっち持てよ」
【ハルカPL】 …本人は気にしていない様だが。
【GM/竜太】「ボクは頭脳労働者なんだ・・・」
【ハルカ】「嘘つけ、手先も反射神経ももっぱら良い癖によ」
【ハルカ】「ほら、持った持った!」
【GM/竜太】「しょうがないなぁ・・・」
【ハルカPL】 汗に濡れた笑顔で、満足げに竜太と跳び箱を運ぶ。
【ハルカPL】 で、一撃目。
【GM】 かまん
【ハルカPL】 〈透きとおるような肌〉きゅん1,肉体。
【ハルカPL】 HARUKA: 16(3D6: 5 5 6)+5 = 21
【ハルカPL】 通ればDP9。
【GM】 GM: 4(2D6: 1 3)+1 = 5
【GM】 通しです
【ハルカPL】 では、何故かいつになくハルカの顔はイキイキとしている。
【GM/竜太】「・・・なんかあった?嫌に幸せそうだけど」
【ハルカ】「ん?それは…竜太が素直に働いてくれてるからだよ」
【ハルカPL】 僅かばかり歯切れが悪かったが、いつも通りのぶっきらぼうな物言い。
【ハルカ】「ほら、この上だ。力入れろよ?」
【ハルカPL】 そう言って、高い所に跳び箱を載せようと、背伸びをする。
【GM/竜太】「まったく、ボクは下着より重いものを運ぶのは・・・」
【GM】 ぶつぶつ言いながらもちゃんと働く
【ハルカ】「そう言えば、オレの下着いい加減返せよな…よ、とととt」
【ハルカPL】 不意によろめく。
【GM/竜太】「・・・おっと」支える
【ハルカ】「うわ、わぁぁっ!!」
【ハルカPL】 どっしーん、と竜太の抵抗も虚しく二人はマットの上に倒れ込む。
【ハルカPL】 からん、と用具室の鍵が後を追って落ちてきた。
【ハルカPL】 …丁度、現在はハルカの胸を竜太が後ろから抱いている形になっている。
【GM/竜太】「・・・いてて」
【ハルカ】「………」
【ハルカPL】 不意に、てのひらから伝わる速い鼓動。
【GM/竜太】「・・・」(不味い。これは不味い・・・)
【ハルカPL】 竜太の手先だからこそ分かる、その動悸。
【ハルカ】「…何、触ってるんだよ…」
【ハルカPL】 弱々しく囁く目の前の少女。その身体は、すらりと綺麗なプロポーションである。
【ハルカPL】 で、二撃目。
【GM/竜太】「(脳内計算中。ごまかす=殴られる。胸、と断言する=殺される)」
【GM】 かまん
【ハルカPL】 〈健康美〉〈お小言〉〈(体育用具室)の鍵〉〈無防備な肢体〉 きゅん1,肉体!
【GM】 かまーん
【ハルカPL】 > HARUKA: 14(3D6: 5 5 4)+5 = 19
【GM】 GM: 10(2D6: 5 5)+1 = 11
【ハルカPL】 通ればLP14ー防御。
【GM】 防げません
【ハルカ】「………竜太の手、意外とでかいのな」
【GM/竜太】「・・・いや・・・その。一つだけ言っていい?わざとじゃないよ?」」
【ハルカ】「分かってるよ、事故…なんだろ?」
【ハルカPL】 何時になく大人しい。毒気が全くない。
【れもんPL】 …登場していいですか?
【ハルカPL】 妨害1点。
【GM/竜太】「・・・大きいんだ」
【ハルカPL】 あ、取り消し。
【ハルカPL】 判定して良いけど、変わりに追撃させて欲しい(笑
【GM】 登場判定が先だから妨害は可能になるよ?
【ハルカPL】 じゃ、先に攻撃させてー(w
【ハルカ】「あ、ああ…他の連中より、育ちすぎちまったんだ…」
【ハルカPL】 力む様子もない。完全に竜太に身を任せている。
【ハルカPL】 で、きゅん1払って追撃。
【GM】 攻撃入れたいなぁ
【GM】 どうぞ
【ハルカPL】 〈健康美〉〈お小言〉〈無防備な肢体〉 きゅん1、肉体!
【ハルカ】「…下着ばかりじゃなくて、中身も気にしろよ」
【ハルカPL】 HARUKA: 13(3D6: 4 5 4)+5 = 18
【GM】 GM: 2(2D6: 1 1)+1 = 3
【ハルカPL】 LP11。
【GM】 げふっ
【ハルカ】「下着ばっかりじゃ、皆泣くぜ…?」
【ハルカPL】 では、れもんたん登場判定とか竜太の反撃とかどうぞ。(笑
【GM】 攻撃先にしていい?
【れもんPL】 どぞー
【ハルカPL】 ではもらいます。
【GM】 <いいのがれ><神の右腕><悪魔の左腕>かるま1、技術
【GM】 GM-S: 11(3D6: 4 4 3)+5 = 16
【ハルカPL】 HARUKA: 8(2D6: 2 6)+0 = 8
【ハルカPL】 墓穴(w
【ハルカPL】 HARUKA: 3(1D6: 3)+2 = 5
【ハルカPL】 DP5喰らいます。
【GM】 LPで10点
【ハルカPL】 拝領っ
【GM】 ではレモンさんどうぞ
【GM/竜太】「・・・いや、その、これはなんといいますか」
【れもんPL】 きゅんなし 技術でよかったですよね?>登場判定
【れもんPL】 remon: 7(2D6: 5 2)+2 = 9
【ハルカPL】 登場ー
【ハルカ】「いや、そのさ…竜太なら…」
【れもんPL】 演出行きますー
【れもんPL】 地の底から響いてくる 女の子の声・・・
【GM/竜太】「・・・(そんなこと言われるとなおさら不味い:汗)」
【レモン】「えっちぃなのぉはぁぁ〜いけないとぉぉぉ〜思うのぉぉお〜」
【ハルカ】「う、うわぁぁぁっっ!?」
【れもんPL】 体育倉庫に床を壊して登場します〜
【ハルカPL】 背後から竜太に抱きすくめられつつ驚くハルカの姿。
【れもんPL】 右手にはうなる ドリルですー
【GM/竜太】「わわわっ!」
【ハルカPL】 慌てて竜太から離れようともがくもがく。
【レモン】「中学生はそこまでなの〜 すとっぷ〜なの」
【GM/竜太】「(ぱっと離す)」
【ハルカPL】 ごろごろごろっ、と受け身でも取る様に離れる。
【レモン】「いやな予感をしてもどってみれば…マスターがとうとう犯罪者に(涙)」
【GM/竜太】「レモン!どこから出てくる!」
【ハルカ】「ああ、その、ええと…この穴どうすんだよ!」
【レモン】「床に下から」(サムズアップ)
【ハルカPL】 ずびし、と責任転嫁。
【レモン】「あう いたい」
【GM/竜太】「・・・とりあえず、マットで隠すか」
【れもんPL】 萌え攻撃しますー
【GM】 かまーん
【れもんPL】 <秘密道具(魔法)><けだもにょなカラダ(というか並な行動)>でいいですか?
【GM】 まぁ、いいんじゃないかな
【れもんPL】 ありがとです きゅんはなし 肉体で
【れもんPL】 remon: 9(2D6: 5 4)+3 = 12
【GM】 かるま1、防御
【GM】 GM: 11(3D6: 6 2 3)+1 = 12
【GM】 防ぎました
【れもんPL】 はうぅ〜
【ハルカ】「そ、そうだな。隠そうぜ」
【ハルカPL】 いそいそ。
【レモン】「手伝います〜 しくしく」
【GM/竜太】「・・・まぁ、マットは全部使ったりしないし・・・多分」
【ハルカ】「そん時はそん時だ、シラを切ろうぜ」
【レモン】「あとで〜道具をつかって塞いでおきます〜」(小さくなってる)
【ハルカ】「どうせ誰もドリルでぶち壊したなんて信じたりしねえだろうし…」
【ハルカPL】 少しばかり可笑しそうに。
【GM/竜太】「なんだかなぁ・・・なんか、授業に戻る気分じゃないね」
【ハルカ】「どうせ後は自習やらHRばかりだぜ」
【GM/竜太】「さぼっちゃおうか(マットにひっくり返る)」
【GM】 萌え攻撃>レモン
【れもんPL】 はう
【GM】 <さぼり癖><昼寝>
【GM】 ・・・ちっ。二つとも感情だ。かるま1
【GM】 GM: 8(3D6: 1 5 2)+3 = 11
【れもんPL】 ・・・ボクはダイスを信じる!! きゅんなし
【れもんPL】 remon: 4(2D6: 2 2)+5 = 9
【れもんPL】 うーらーぎーらーれーたー(TT)
【れもんPL】 墓穴ふります・・・
【GM】 10DPなり
【れもんPL】 remon: 2(1D6: 2) = 2
【れもんPL】 計12・・・おちたかな・・・
【ハルカ】「そーだな、サボっちまおうぜ!」
【ハルカPL】 ごろん、と竜太の隣に寝っ転がる。
【美杉PL】 登場判定宜しいでしょうか?
【レモン】「そうですね〜」同じく転がる
【GM】 防害きますか?
【ハルカPL】 無し。
【れもんPL】 しますー
【れもんPL】 きゅん1
【ハルカPL】 残念ながら、シーン義妹のみなのですよ、妨害は…(w
【GM】 レモンは出来ない
【美杉PL】 えーと、《遠慮〜》で-3、攻撃が全部で・・・いくつだ。7回?
【れもんPL】 しまった!? ごめんですー
【GM】 6回
【ハルカPL】 6回ですね。
【GM】 目標4ですね
【れもんPL】 +3で7だとおもうです
【美杉PL】 ですね。じゃ7で。技術なんだよなあ。
【美杉PL】 misugi: 6(2D6: 1 5)+2 = 8
【GM】 出てるか
【美杉PL】 墓穴!
【れもんPL】 登場ですー おめでとーです
【美杉PL】 misugi: 2(1D6: 2)+1 = 3
【GM】 受理
【GM】 じゃあ登場描写を
【美杉】「……おーい?二人とも?居るかーい?」
【美杉PL】 と、倉庫の外から声が。
【ハルカ】「…ふぁ…?」
【美杉】「先生から聞いたんだけど・・・って、何してるの?」
【レモン】「お昼ね〜」
【ハルカPL】 川の字で寝ているれもん・竜太・ハルカ。
【GM/竜太】「さぼってるー。代返よろしくー」
【美杉】「サボってる…って、全く(苦笑)」
【ハルカ】「なんだか疲れちまったからさぁ…ふぁあ」
【美杉】「……そういえば、ボク授業をサボったことなんて無いんだよな」
【美杉】くすっと女の子らしく笑って「ボクも、サボっちゃおっかな?」と言って・・・
【美杉PL】 えー、そのまんま川の字になってる竜太に抱きつく。
【GM/竜太】「代返してくれー」
【レモン】「むー はなれなさいなの〜」(間に割り込もうとする)
【美杉】「ふふっ。いつも君の言うことを聞いてたから……見返りだよ♪」
【ハルカ】「何してんだよお前らっ!」
【美杉PL】 攻撃行くっす〜!
【ハルカPL】 一緒になって抱きつく…というかホールド(w
【GM】 かまーん
【美杉PL】 絶対運命・中性的な肢体で行きます。感情恋愛、きゅん3使用!
【GM/竜太】「な、離せー!」
【GM】 こい!
【美杉PL】 ・・・あ、無防備な肢体も入れますね。
【美杉PL】 misugi: 17(5D6: 2 2 4 3 6)+4 = 21
【れもんPL】 妨害しますー<一緒に寝ようよ>
【GM】 回避してからだっけ?
【美杉PL】 ですね。
【れもんPL】 あ 兄の方が先でした すみません〜
【ハルカPL】 命中決定してからですね。<妨害
【GM】 かるま3防御とか言っていい?
【美杉PL】 かまん(泣)
【GM】 GM: 22(5D6: 3 6 4 5 4)+2 = 24
【GM】 防いだーッ!
【美杉PL】 ぎゃあ。
【美杉PL】 出てきた意味がなくなったー。
【美杉】「だから、ボクも此処でおさぼり。……いいでしょ?」
【GM/竜太】「よくない。代返して来い」だらだら
【美杉】「……やだよ。君と一緒に、居る」もっかい攻撃ー(TT
【レモン】「マスターもこういってますー はなれるのー」(ぎゅうぎゅう)
【美杉PL】 あ、やっぱ攻撃取り消します
【GM】 OK
【GM】 つまり兄攻撃を誘ってるのだね?ではリクエストに答えよう
【美杉PL】 おおうw
【GM/竜太】「いいかい、出来沢、ボクの役目はここでさぼることだがキミにはボクのためにノートを取って、先生にボクの代わりに返事する使命があるんだ」
【美杉】「むう。勝手な理屈だなあ。」
【GM/竜太】「(くいっとめがねを指で押して)それが適所適材ってやつさ」
【GM】 萌え攻撃>美杉
【美杉PL】 おう!
【ハルカ】「ついでにオレのも頼むー」
【美杉PL】 ってあたし単体か!
【GM】 <メガネ><さぼり癖>天与で
【GM】 GM: 6(2D6: 1 5)+4 = 10
【美杉PL】 一応《見える、聞こえる》といいますが、キャンセルですね?
【GM】 《受け流し》は使いません
【美杉PL】 misugi: 8(2D6: 5 3)+3 = 11
【美杉PL】 ダイス目を6ゾロにします。
【GM】 うい
【美杉】「しかたないなあ。わかったよ」
【美杉PL】 と言って、竜太の頬に顔を近づけて。頬を触れ合わせる。
【美杉】「それじゃ、ね。また後で」顔を赤らめつつこれをもって萌え攻撃。
【GM/竜太】「・・・頼む、気色悪いことしないでくれ(汗)」
【GM】 かまん
【美杉PL】 <妄想癖><恥じらい><応援してる><仲間意識>感情好奇で!勝負!
【美杉PL】 misugi: 4(2D6: 1 3)+4 = 8
【美杉PL】 墓穴ー!
【美杉PL】 misugi: 3(1D6: 3)+2 = 5
【GM】 ・・・今更好奇?
【GM】 GM: 7(2D6: 3 4)+2 = 9
【GM】 防いだ
【美杉PL】 今更です・・・ええ。
【レモン】「だから〜はなれなさいって・・・・ きゃーーー」
【GM】 受理。
【れもんPL】 急に悲鳴を上げて、竜太に抱きつきます。
【美杉PL】 では退場〜。
【れもんPL】 本気でがたがた恐怖に震えています〜
【GM/竜太】「わわっ!なんだよ」
【GM】 退場受理
【ハルカ】「むにゃ…なんだ…?」
【レモン】「あれ〜あれ〜」
【れもんPL】 指差す先には かわいいハムスターが
【れもんPL】 たぶん 飼育ケースから逃げてきたのだろう
【ハルカ】「なんだ?ただのハムスターじゃねぇか」
【GM/竜太】「・・・ハムスターか」ひょいっと掴む
【ハルカPL】 ひょいっと持ち上げ、れもんの目の前に突きつける。
【レモン】「・・・・」目を大きく見開きあまりの恐怖で声もでない
【れもんPL】 さらに竜太にしがみつく
【ハルカ】「おい、どうしたんだ?」
【GM/竜太】「・・・怖いのか?」
【レモン】「イや・・・こ こないで・・・いやいやいやいやぁ〜〜〜」
【れもんPL】 猫耳もぺたりとふせ、とうとう泣き出してしまう
【れもんPL】 まるで 震える子猫のように・・・
【ハルカ】「変なの、こんなに可愛いのによ」
【GM/竜太】「・・・仕方ないなぁ」(マットの下の穴に投げ込む:ひでぇ)
【れもんPL】 萌え攻撃しますー
【GM】 かまん
【れもんPL】 <異形の弱点(ねずみ><耳と尻尾><けだもにょなカラダ><理論的>で肉体です きゅん1
【れもんPL】 remon: 9(3D6: 2 3 4)+3 = 12
【れもんPL】 あう・・・
【GM】 GM: 10(2D6: 6 4)+1 = 11
【れもんPL】 奇跡だw 奇跡がおきたよー(感涙)
【GM】 ・・・かるまないもん
【れもんPL】 DP12ですー
【れもんPL】 なかったんですか?(気がついていなかった人)
【GM】 1しか。
【GM】 これで2になったよー?
【れもんPL】 え!? こ攻撃につかうつもりだ!?
【GM】 萌え攻撃>レモン
【GM】 <神の右腕(ねずみげっと)><意外に優しい>技術で
【GM】 GM: 11(2D6: 6 5)+5 = 16
【れもんPL】 はう・・・舞台裏のアドバイスにしたがってきゅんなしで
【れもんPL】 remon: 8(2D6: 3 5)+2 = 10
【れもんPL】 あたりました〜
【GM】 うい」
【GM】 10LPでつ
【れもんPL】 もらいますー
【GM】 はい。ハルカさん何かありますか?ないならひとこと言ってシーン切ってください
【レモン】「こわいよ・・・こわいよ・・・(ふるふるふる)」
【ハルカ】「まぁ、寝てれば落ち着くだろ。竜太、そいつ寝かせようぜ」
【GM/竜太】「しょうがないね・・・」(よしよし)
【れもんPL】 ぎゅっとすがるように抱きついています。
【れもんPL】 なでられると 少しずつ落ち着いていきます・・・
【ハルカ】「はぁ、疲れた…」

【GM】 しかし、この兄は懲罰兄とためを張るくらいの変質者じゃないだろうか
【ハルカPL】 そんな変質者と鍵の掛かった密室に二人きり…(w
【美杉PL】 まだ懲罰兄ほどじゃない気がします、中身に興味ないし(ぉ
【ハルカPL】 興味を持たせてみせよう…(w
【見学Sa-D】 うむ、予想通りジャイアソはいい反応だ(w
【れもんPL】 いい子ですよね〜 ジャイアソ…でも敵
【レモン】「戦場で出会わなければきっと親友になれたのに(涙)」
【美杉PL】 微妙に一言多いw<下着より重いもの
【見学Sa-D】 さすが神の指を持つ男(w
【見学Sa-D】 そう、ここは戦場。容赦なく戦う場所さー(w>戦場で出会わなければ
【れもんPL】 表はなんか能天気っぽいで〜敵も味方もないような〜
【見学Sa-D】 さすが萌えドラ>能天気
【美杉PL】 全部行くか!ここで!
【見学Sa-D】 あらためて、すげぇ(w>竜太の指先
【れもんPL】 くっ・・・<お行儀〜>の効果がない!?
【美杉PL】 ドキドキシーン適用です〜
【れもんPL】 追撃するとシーンおわる〜(TT)
【ハルカPL】 いや、切りを宣言しなければ終わらないですよ(w
【見学Sa-D】 その気になれば延々といちゃいちゃ(w
【れもんPL】 えるぴーとしては これ以上は邪魔したいw
【ハルカPL】 左様です(w
【れもんPL】 たたみかける様な攻撃ですー
【見学Sa-D】 ジャイアソらしい豪打ですなぁ(w
【美杉PL】 は、発言がえろいですよ!<ジャイアソ
【美杉PL】 GM・・・
【見学Sa-D】 (爆笑)
【見学Sa-D】 こ、ここでもまた、兄ダイス……(は、腹が痛いw)
【ハルカPL】 うわ、ヘルアンドヘヴン!?(w
【美杉PL】 どもです〜。
【れもんPL】 きた〜〜w
【見学Sa-D】 やる気だ(w>ヘルアンドヘヴン
【れもんPL】 やだな〜兄かるま残っているよ・・・(TT)
【美杉PL】 がんばっw
【美杉PL】 どりるぅぅぅぅ!
【ハルカPL】 男のロマンだ(w
【見学Sa-D】 「ドリルは、穴を掘れるものなのですよっ!w」
【美杉PL】 どーりるでるんるんくる(ry
【見学Sa-D】 もともと犯罪者のような気がそこはかとなく(w>竜太
【美杉】「だから同意なら犯罪じゃないんだって」
【GM】 いや、年齢が犯罪
【ハルカ】「オレは構わなかったんだけどな…コンチクショウ」
【美杉PL】 おおおお!
【見学Sa-D】 うーむ、弁護されている。……でも人徳とは言いたくない(w
【GM】 がんばれ!人外エメピーを小生は応援する
【れもんPL】 がんばるよ〜
【見学Sa-D】 小生も応援するよーw>えめぴーは友達さw
【美杉PL】 ダイス君が今日は面白い。
【ハルカPL】 敢えて出来沢を応援してみよう(w
【美杉PL】 ありがとうございますw って《遠慮していただきます》使われた気がするっす(笑)
【ハルカPL】 因子獲得失敗したらEDでさくらでもくれてあげようかなとか(待て
【見学Sa-D】 (w
【美杉PL】 と言うか任務失敗したら男に戻る予定です、真・女性化の条件が因子獲得(w
【ハルカPL】 墓穴ー(w
【美杉PL】 これは痛い、痛いねぇw
【ハルカPL】 なら丁度良いじゃないですか、さくらは…(そこで黙るな
【見学Sa-D】 あうち(w
【美杉PL】 どっちでもOK!(最低だ
【見学Sa-D】 サイコーw>ダイス君
【美杉PL】 むー、予想より低い。<DP
【見学Sa-D】 遠慮はイヤラシイな。
【見学Sa-D】 2シーンというあたりが特に。
【美杉PL】 ・・・うし。(邪笑
【れもんPL】 はう ・・・次のシーンが消えちゃったです
【ハルカPL】 それでは入ってきてもらいましょう。鍵の掛かった用具室に。(w
【美杉PL】 用具室に内側から鍵が掛けられるとでも?(笑)
【見学Sa-D】 そういやそうか(w
【れもんPL】 この学園はできそうでこわいです・・・>内側から鍵
【美杉PL】 中学ですからw
【ハルカPL】 戦場ヶ原ですから(w
【見学Sa-D】 むしろ鍵なぞものともしない連中がごろごろしてそうだ(w>戦場ヶ原
【美杉PL】 今仕方ないなあ竜太くんはって台詞を繋げそうになった(w
【レモン】「それは私のせりふなの〜w」
【ハルカPL】 で、攻撃権はれもん1回、出来沢2回かな?<残り
【GM】 兄が2回
【ハルカPL】 なるほど(笑
【れもんPL】 ですね〜 他の人の攻撃をまっています
【美杉PL】 外れたら死ぬなw
【れもんPL】 当てられたら死にますですー 次のシーンがほしい・・
【ハルカPL】 南無阿弥陀仏…(w
【GM】 兄は男に迫られるのを必死に拒んでおります
【見学Sa-D】 ぐっばい、デキスーギ(笑)
【美杉PL】 終わった・・・真っ白によぉ・・・
【れもんPL】 女の子って知ってるくせに・・・見たくせにw
【れもんPL】 ダイスは一緒だから純粋に出目に負けているもんね〜
【ハルカPL】 諦めるな、まだ一撃残っている!(w>出来沢
【美杉PL】 しかも−2修正がありましたからなそういえば。
【れもんPL】 そうあるの 意味薄いけど(TT)
【ハルカPL】 …ハルカはモノともしないで当てちゃいましたが(w
【見学Sa-D】 さすがジャイアソ(w
【GM】 1ゾロやもん。ダイス君エロに弱いもん
【ハルカ】「ジャイアン言うなーっ!!!」(ごきぃっ
【美杉PL】 ・・・まだ、何とかなる。考える!俺!
【見学Sa-D】 「ぷぺらっ!?」<殴られて、星になる
【れもんPL】 見える〜は自分にしか効果ないと思うの
【美杉PL】 や、回避に。意味無いですが。
【ハルカPL】 どのみち、もう宣言はキャンセル出来ませんよ(w
【れもんPL】 見える〜はロール前宣言って書いてあるけど・・・・
【ハルカPL】 <ダイス変化系はロール前に宣言
【ハルカPL】 おお、出来沢やるな(w
【ハルカPL】 まぁ、頑張りましょう…遠慮はしてもらうけど(爆
【美杉PL】 出目10で奇跡とか仰るカッ!
【ハルカPL】 …因子共鳴が1つ増えるな(ぼそ
【れもんPL】 いや 前回も今回もはじかれまくっていたので・・・>ぎりぎりだと
【美杉PL】 ・・・ん?DP30ですなれもんたん。
【ハルカPL】 惜しいですな(w
【美杉PL】 つーことはミドル3で・・・まだ、行けるか?
【ハルカPL】 …次、れもんたんのシーンなのに…(笑
【れもんPL】 ・・・しまった!?
【美杉PL】 だよねえ。
【ハルカPL】 ロールしてから言えば良かったかな…(悪魔です
【れもんPL】 はるかさん ありがとうございます〜>アドバイス
【美杉PL】 というか負け確定してら。まあいいやー。
【れもんPL】 そうなの?>負け確定
【美杉PL】 ハルカたんにどう足掻いても勝てまつぇん
【れもんPL】 LP21だもんね〜
【れもんPL】 これが新兵と歴戦の兵とのちがいでしょうか・・・
【美杉PL】 ですねえ。れもんたんはかなり勝算高いですが、同士討ち確率もまた高し。。
【れもんPL】 いや〜実はもう妹術がきれかけていて・・・つらいです
【ハルカPL】 こちらは恋愛系後一撃だけ。やる事は決まってます(にやり
【れもんPL】 次がシーンプレイヤーなのでこれ以上にDPもあがるでしょうし…
【美杉PL】 いや、GMからすればDP上げる要素が無いですよ。
【ハルカPL】 精々墓穴だけですな。
【れもんPL】 いや・・・墓穴とか・・・あるし・・・
【ハルカPL】 もしくはドキドキシーン(ぼそ
【れもんPL】 DP来るかも・・・しれないし・・・ ドキドキシーンもあるし・・・
【美杉PL】 あ、墓穴の掘り進み具合で変りますな<勝敗
【美杉PL】 ミドル3いくとは思わなかったよ(遠い目
【れもんPL】 行かせる為に色々しましたから・・・(疲れている目
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
出来沢 美杉 54 0 9 2 34 0 -2
野田 れもん 38 8 7 6 30 0 -5
津野田 ハルカ 47 9 9 9 39 21 19

【れもんPL】 お疲れ様ですー
【GM】 お疲れ様です
【美杉PL】 おつかれさまです
【ハルカPL】 お疲れ様でしたー…波乱だったなぁ(w
【れもんPL】 すみません〜乱入するのがお仕事なキャラなので〜 ごめんね
【GM】 かるまが2余りました。よって購入します。・・・悩むけど《優しさを見てしまう》
【れもんPL】 ・・・マップ兵器確認(涙)
【ハルカPL】 南無(w
【美杉PL】 もうハルカは参戦する必要ないんだよなあ(苦笑)
【GM】 実は初期購入しなかった(笑)
【れもんPL】 深読みしすぎました〜
【美杉PL】 せんかったんかい!うあー、戦略間違えすぎ!
【GM】 愛を知るまで優しくない男だったのさ
【れもんPL】 ふっ こりゃあ・・・おちたかな・・・
【れもんPL】 かっこいいです><b
【GM】 では、レモンのシーン定義セットお願いいします
【美杉PL】 あ、きゅん1使用。絶対運命回復。
【GM】 受理
【れもんPL】 どうしようかな・・・
【れもんPL】 未来からやってきた追撃者との戦闘…なんてどうでしょうか?(もはやドラえもんではない)
【美杉PL】 秘蹟使用!《甘い雰囲気》
【ハルカPL】 誘導剤をれもんに。更に《不純なのは許しません!》
【れもんPL】 ひ・・・ひどい!? (笑)
【ハルカPL】 きゅん1、無条件で増えてください(w
【ハルカPL】 更に甘い雰囲気もデメリットだけ残ったり…(w
【れもんPL】 ふえるのね〜 カルマロックかかりそう・・・
【GM】 美杉への恋愛ダメージ+1、レモンからの恋愛ダメージー2、レモンのかるま上昇
【美杉PL】 デメリットのみよりもマシさw
【れもんPL】 秘蹟<<リミットカット>>使用します〜
【GM】 兄側因子共鳴《活躍シーン》《ドキドキシーン》・・・鬼かなぁ
【れもんPL】 く・・・ここまできたのに大ピンチです
【GM】 がんばれ。シーンタイトルと登場能力値を
【GM】 (レモンの天与+2)
【れもんPL】 タイトル「劇場版 ドラれもん 竜太と機械ねずみ」
【れもんPL】 登場は技術で

【GM】 お疲れ様
【れもんPL】 お疲れ様ですー
【ハルカPL】 はいどうも、お疲れ様(笑
【ハルカPL】 嫌がらせ準備完了…(笑
【美杉PL】 ・・・無駄な足掻きをして見よう。うむ。
【ハルカPL】 まだ遠慮の効果は残ってますから頑張ってください(鬼ですか
【美杉PL】 奥義、ノーガード戦法。毒も食らわば皿までよ。
【ハルカPL】 嫌がらせ完了(w
【見学Sa-D】 なにか「ふぃーっくす・ばいよねーっと!」とか号令が響いているような気がする(w
【GM】 ちなみに、ドキドキシーン初期購入にあったけど追加で買った
【ハルカ】「竜太…殺る気だな」(w
【美杉】「ボクは竜太くんになら、ヤられても」(ぇ
【ハルカ】「…なんか言ったか?出来沢」(ぐりぐりぐりぐり
【美杉】「あがぎごげぐ」
目次へ

■ ミドル3:野田 れもん『劇場版 ドラれもん 竜太と機械ねずみ』 ■


【美杉PL】 えー、早速乱入判定したいですw
【れもんPL】 せめて演出させてくださいw
【GM】 判定だけなら。描写はれもんさんがしますので
【GM】 妨害する?
【れもんPL】 しないよー
【美杉PL】 では、振るだけ振っておきます(^^;
【美杉PL】 misugi: 3(2D6: 1 2)+2 = 5
【美杉PL】 墓穴っす。
【GM】 墓穴で失敗。竜太の夢でも見ながら寝ててください
【れもんPL】 ・・・墓穴ですね(TT)
【美杉PL】 misugi: 6(2D6: 2 4) = 6
【れもんPL】 じゃあ いきますー
【GM】 じゃ、れもんさん描写どうぞ
【れもんPL】 時は 23世紀・・・・世界は滅びかけていた・・・・
【れもんPL】 21世紀はじめ あふれるゴミ問題に対処すべく某研究者達によって生み出された
【れもんPL】 完全自立型人工知能搭載リサイクル用ネズミ型ロボット
【れもんPL】 通称機械ねずみ
【れもんPL】 この発明により、世界のゴミリサイクル率は99%をこえ、
【れもんPL】 食糧問題、エネルギー問題、環境問題が一気に解決。
【れもんPL】 その後の爆発的な人口増加と宇宙開発の進行をもたらした。
【れもんPL】 ・・・しかし 悲劇がおこる。
【れもんPL】 22世紀半ば、突如機械ねずみが、人間を人間の生み出した文明を破壊し始めたのである。
【れもんPL】 理由は・・・「人類および人類の文明がゴミ」と判断されて
【れもんPL】 「新たに機械ねずみによる文明」をリサイクルすると判定されてしまったこと。
【れもんPL】 核施設および、宇宙基地の破壊により
【れもんPL】 人類は、人口の80%を失い、まさに絶望への道をたどっていた。
【れもんPL】 そして、起死回生のために1つのミッションを決行する。
【れもんPL】 対機械ねずみ決戦兵器「猫耳型汎用ロボット」を21世紀初頭にタイムトラベルさせ
【れもんPL】 機械ねずみを発明するきっかけとなった「野田 竜太」の因子を
【れもんPL】 組織に手に渡さないこと・・・
【れもんPL】 人類の未来をつかむため レモンは やってきた・・・はずだった
【レモン】「なのに…私は助けれてばかり…」
【れもんPL】 今は深夜 野田家の2階押入れの中で ため息をつく。
【レモン】「・・・どうしたらいいだろう」
【GM/竜太】「(がら)・・・なんだ、そこにいたのか」
【レモン】「あ・・・マスター なにかようなの?」
【GM/竜太】「別に・・・押入れは収納する場所であって人を捜す場所じゃない(ごそごそと何かをしまう)」
【レモン】「・・・何をしまっているのですか?」(興味深げに覗く)
【GM/竜太】「漢の浪漫さ」
【れもんPL】 いぶかしげに眉間にしわを寄せて
【レモン】「そこには隠していないって 言っていたじゃないですか〜」(OP参照)
【レモン】「私 他人の下着に包まれて いままで寝ていたの〜?」
【GM/竜太】「レモンが引き出しにしまえなくしたんじゃないか」
【レモン】「なるほど・・・ てこの反応は!?」
【れもんPL】 再び机がカタカタゆれ始める
【れもんPL】 カタカタ・・・がたがた・・がたっ ごとごとごとごと!!!
【GM/竜太】「・・・レモンの仲間か?」銃を構える
【レモン】「仲間…は もういません。 …私が最後の人類の文明でした…」
【GM/竜太】「・・・なんだそりゃ?」
【レモン】「うかつでした…タイムマシンまでリサイクルできるなんて・・・」
【れもんPL】 がたんごっとん ゆれるというより、跳ね始める机。
【れもんPL】 ポケットから、1丁の銃を取り出し 手渡す
【レモン】「マスター、男にはいつか必ず銃を構えなければいけない時が来きます。」
【GM/竜太】「・・・」
【レモン】「だが引鉄を引けない人もいます―」
【レモン】「あなたは…引き金を引ける 男になって 下さい」
【GM/竜太】「・・・わけわからないけど」
【れもんPL】 じっと 竜太の瞳をみつめるレモン
【GM/竜太】「戦えってこと?」
【レモン】「人類と… 私が好きなあなたが… 生き残るために!!」
【れもんPL】 押入れから飛び出すレモン
【れもんPL】 砕け散る机 あふれ出す 金属で出来たねずみ
【GM/竜太】「!」即座に撃ちまくる
【GM】 燃え攻撃!
【れもんPL】 燃えですか!?
【GM】 おう!
【GM】 <悪魔の左腕><狙撃L3>技術!
【GM】 GM: 3(2D6: 2 1)+7 = 10
【れもんPL】 きゅんなしw
【れもんPL】 remon: 7(2D6: 1 6)+2 = 9
【GM】 7LPでつ
【GM】 墓穴処理後ね
【れもんPL】 墓穴いきますー
【れもんPL】 remon: 5(1D6: 5)+1 = 6
【れもんPL】 こんなところで・・・ミスったかな?
【れもんPL】 恐怖に震える体と心を、マスターへの愛で抑えて機械ねずみと戦うレモン
【れもんPL】 燃え攻撃いきますw
【GM】 ガンシューティング世界記録の腕は伊達ではない。机から出てきたねずみを顔を出した瞬間に的確に撃ち抜く
【GM】 かまん
【れもんPL】 <理論的(ぽい背景)><異形の弱点(ねずみ)><猫耳><けもにょなカラダ(の戦い)>で
【GM】 うい
【れもんPL】 天与 きゅん・・・2
【れもんPL】 あ きゅんなしで
【GM】 どちらでも。
【れもんPL】 remon: 4(2D6: 1 3)+5 = 9
【GM】 墓穴だね
【れもんPL】 ・・・終わりました・・・すべてがおわった・・・
【GM】 GM: 9(2D6: 6 3)+1 = 10
【GM】 回避した
【れもんPL】 ボケツー
【れもんPL】 remon: 3(1D6: 3)+1 = 4
【れもんPL】 きゅんケチったむくいか・・・
【美杉PL】 えーと、乱入判定宜しい?多分無理だろうけど
【れもんPL】 どうぞー(魂ぬけています)
【GM/竜太】「・・・きりがない」撃ちぬかれたネズミたちは後続のねずみによってリサイクルされ再び前線に立ってくる
【GM】 どうぞ
【美杉PL】 は−い。無駄だとは思うけど〜。目標値は・・・9、かな。
【美杉PL】 ってちがう11だ
【美杉PL】 misugi: 8(2D6: 4 4)+2 = 10
【GM】 失敗してるね。でもって墓穴じゃ
【美杉PL】 墓穴です〜はっは〜
【美杉PL】 misugi: 10(2D6: 5 5) = 10
【GM】 LP貰ってないくせに目標値4って・・・
【美杉PL】 うふふふふ・・・
【レモン】「マスターここは 私が抑えます・・・ 逃げてください?!」
【れもんPL】 そう言って振り向いたのが 致命的な隙だった
【GM/竜太】「・・・こんな面白いシーンで逃げられるか馬鹿」
【レモン】「きゃぁぁぁ〜〜〜」
【GM/竜太】「レモン!」
【れもんPL】 ねずみの大群がレモンの服装や尻尾、耳にかじりつき襲っていく。
【れもんPL】 そのカラダは、ロボットとは思えないほど、美しかった・・・
【GM/竜太】「このぉーッ!」
【レモン】「にげて・・・ 生きてください・・・」(ネズミに塗りつぶされながら・・)
【GM】 針金のようなものを持って飛び込む竜太
【GM】 燃え攻撃
【れもんPL】 いっせいにターゲットを竜太に変えおそってくる機械ネズミ
【れもんPL】 どうぞー
【GM】 <神の右腕>単体で。技術
【GM】 GM: 2(2D6: 1 1)+7 = 9
【れもんPL】 ふ・・・覚悟完了〜〜 きゅんなしw
【れもんPL】 remon: 9(2D6: 4 5)+2 = 11
【れもんPL】 よけっちゃったよー
【GM/竜太】「(ちゃきん!)」ねずみをすれ違いざまに分解したのは・・・ただのヘアピンだった
【レモン】「さすがです・・・マスター」
【れもんPL】 そこには ぼろぼろになったレモンの姿。
【れもんPL】 彼女の頭でゆれていたかわいい猫耳の姿はもう なかった・・・
【れもんPL】 萌え攻撃いきまーす
【GM/竜太】「・・・なんで・・・ボクはこんなことが分かる?・・・このネズミの構造、欠点、駆動系・・・全部分かる」
【GM】 かまん
【れもんPL】 <異形の弱点><なくなった猫耳><理論的><けだもにょなカラダ>天与 きゅん1
【GM】 こい
【れもんPL】 remon: 9(3D6: 2 2 5)+5 = 14
【GM】 GM: 7(2D6: 3 4)+1 = 8
【れもんPL】 DP14です
【GM】 受けます
【美杉PL】 厨のようにしつこく乱入判定を希望ーw
【GM】 妨害は?
【れもんPL】 なしでw
【美杉PL】 どうせきゅん使う余裕ありませんともw
【美杉PL】 misugi: 7(2D6: 5 2)+2 = 9
【美杉PL】 成功ですね〜。
【れもんPL】 いえ・・恋愛だとペナルティが入るのできゅんのこしたい
【GM】 墓穴振っておき
【美杉PL】 misugi: 6(2D6: 4 2)+2 = 8
【美杉PL】 その時、ドアをノックする音が。下のほうからも声が聞こえる。
【美杉】「竜太くん、竜太くん!?」
【レモン】「だれか・・・きた・・・みたいです・・・」
【れもんPL】 どうやら、ダメージが大きすぎて自力ではもう動けないらしい
【GM/竜太】「・・・しっかりしろ、レモン・・・って、美杉か」
【美杉PL】 かって知ったる何とやらかどうかはわからないが、ドアを開けて階段を上ってくる音。
【美杉】「竜太くん、だいじょうぶ・・・って、このネズミは!」
【レモン】「ネズミは…全滅したようなの …もう大丈夫 …」(儚げな微笑)
【GM/竜太】「ああ・・・くそ。何でネズミのことは完璧に分かるのにレモンのことは何も分からないんだ」
【美杉】「でも……街中に、人を襲うネズミもどきがでたって……これもそうなの?」
【GM/竜太】「(レモンをひざまくら)・・・少し、黙れ」
【レモン】「…まだ 生き残りが… いかないと…」
【GM/竜太】「(レモンの頭をなでて)もう大丈夫だ。・・・だから、少し休め、レモン」
【美杉】「ご、ごめん…その……竜太くんは大丈夫なのかって思って・・・」
【GM】 燃え攻撃。因子共鳴《優しさを見てしまう》
【れもんPL】 立ち上がろうとするが、 間接から蒸気を吹き上げ倒れる
【美杉PL】 かまーん。
【れもんPL】 うい
【GM】 かるまは2使用、技術
【GM】 GM: 17(4D6: 4 3 4 6)+7 = 24
【れもんPL】 きゅんなし
【れもんPL】 remon: 8(2D6: 2 6)+2 = 10
【美杉PL】 もう防御なんて考えてねーぜ。ひゃっはっは。
【美杉PL】 misugi: 7(2D6: 5 2)+2 = 9
【GM】 ・・・あ、兄術を指定してない<神の右腕><意外に優しい>で
【美杉PL】 ぼーけつー。
【美杉PL】 misugi: 6(2D6: 2 4)+2 = 8
【GM】 《その胸に届け!》10LP
【れもんPL】 いま 美杉さん7だとおもうけど・・>かるま
【れもんPL】 あ 同値か・・
【美杉PL】 あいっす。
【GM】 墓穴処理、10LP、かるま2点のプレゼントです
【美杉PL】 +1は入ってます?いやどうでもいいんですが。
【GM】 入れたよ
【美杉】「竜太くん、その娘は……」
【GM/竜太】「・・・だから、もう休んでいろ。レモン」
【れもんPL】 バチバチッ・・・間接から火花が散っています。
【美杉】「うわっ!?」
【GM/竜太】「ボクを守りに来たたーみねーただよ。言ったろ?」
【レモン】「私は マスターを守るために未来から来たロボット・・だよ」
【美杉】「じゃあ・・・それ、ホントだったんだ・・・」
【美杉】「……ありがとう。できるかどうかは判らないけど……」
【美杉】「できる限り、貴方の代わりに竜太くんを、守る。命に……代えても。」
【美杉PL】 そこまで言って、竜太の手を取る。
【GM/竜太】「・・・気色悪い事するな」
【美杉】「・・・ごめん。でも、こうしていなきゃ・・・ダメなんだ」
【GM/竜太】「・・・じゃ、勝手にしろ」
【美杉】「どうする?此処も危ないかもしれない。街の中にはまだ残りが居る。」
【美杉】「……わかった、勝手にするよ(薄い微笑)」
【美杉PL】 えーと、攻撃行きます。
【GM/竜太】「・・・出来沢、男には戦うべきときがある。そのとき、戦えなきゃいけないんだよ」
【GM】 かまん
【美杉PL】 <中性的な肢体>のみ!クライマックスにはいかせんよ!(w
【GM】 なにぃ?
【れもんPL】 追加攻撃+協力攻撃です
【GM】 どぞ
【美杉PL】 きゅん2使用、肉体で。これで残るは絶対運命二発のみ!
【れもんPL】 <オーバーヒート>(さっきの演出)のみw
【GM】 来い
【れもんPL】 あれ? それ好奇?
【美杉PL】 あ、やっぱ1にするっす(汗
【美杉PL】 どっちも恋愛ー。
【れもんPL】 あ 恋愛だったw よかったです
【GM】 恋愛ですね
【GM】 どうぞ
【美杉PL】 misugi: 8(3D6: 2 1 5)+3 = 11
【美杉PL】 ぅゎぁ
【れもんPL】 協力攻撃なのでボクも+1もらって あ 肉体です
【GM】 どぞどぞ
【れもんPL】 remon: 7(3D6: 2 3 2)+3 = 10
【GM】 GM: 4(2D6: 3 1)+1 = 5
【GM】 通し!
【れもんPL】 LP5点です
【美杉PL】 えーと・・・こっち、8点。
【れもんPL】 まちがえたです LP6点です
【GM】 処理。
【美杉PL】 って墓穴だね私。
【美杉PL】 misugi: 8(2D6: 2 6)+2 = 10
【れもんPL】 墓穴です
【れもんPL】 remon: 5(1D6: 5)+1 = 6
【GM】 さて、美杉さんに攻撃回数が残ってるね
【美杉】「ずっと一緒に、居させてもらうよ。此間お預け喰らった分もあるし、ね。」
【美杉PL】 では最後の萌え攻撃。
【GM】 かまん
【美杉PL】 絶対運命オンリー、感情恋愛のきゅん1使用。
【美杉PL】 せめて、兄を落とす。そしてこれでDP100
【美杉PL】 misugi: 12(3D6: 1 6 5)+4 = 16
【GM】 GM: 8(2D6: 4 4)+2 = 10
【美杉PL】 では、LP12点プレゼント。
【GM】 なんてこったい
【GM】 で、シーン切りますか?
【れもんPL】 きりますー

【ハルカPL】 少し描写待ちましょう(w
【ハルカPL】 …ほら、報いが来た(w
【美杉PL】 や、墓穴でおっけーw
【ハルカPL】 …ってどう出ろと(w<23世紀
【美杉PL】 無理だ!無茶だ!w
【れもんPL】 大丈夫ですよー現代が舞台になりますから〜
【GM】 いや、妙にかっこいいよ。本当にたーみねーたーだったんだ
【見学Sa-D】 ブッとんでるなぁ(笑)>世界が
【さくら】「あのね、この映画…出来沢くんと見たいなぁ」(笑
【美杉PL】 いや、折角チャネリングなんだから子孫に記憶もたして(無茶)
【ハルカPL】 何処かで聞いたネタですな…(笑<記憶継承
【見学Sa-D】 ……はて、なにかこう、ネタ元かもしれないものが閃いたかもw。
【美杉PL】 いや、今思いついたですw
【GM/竜太】「野川さんといい雰囲気なんて出来沢の癖に生意気だぞッ!」
【美杉】「それは君のキャラじゃない気がするよっ!?」
【見学god-dqn】 「だが、人類は滅びていなかった!」とか言って、世紀末救世主な話になるんかね?w
【美杉PL】 ・・・いや、ちょっとまて。これってあれだ。某撲殺天使。
【ハルカPL】 北斗の竜太?(w
【美杉PL】 あ、ちがったかw
【れもんPL】 ふう つかれた・・・
【美杉PL】 ・・・ってちょっとマテ。それだとすると私一番のライバルやんw
【ハルカPL】 ですねー、ハルカは組織の人間じゃないし(笑
【れもんPL】 あ 因果律の関係でどこの組織でも一緒ですw
【見学Sa-D】 うむむ、外れたか。……『BM』かと思ってたんだが(w
【れもんPL】 て ことで ぶっちあげてみましたが・・・いいでしょうか?>GM
【れもんPL】 ダメなら彼女の妄想ってことにしますが・・・
【GM】 いいんじゃないの?しーんPCがそうだといえばそれが真実
【れもんPL】 了解です〜突っ走りますー
【GM】 そうか。竜太の因子はそんな知識を持っていたのか
【見学god-dqn】 初めてじゃない?明確に因子の知識の中身が語られたのって
【ハルカPL】 ねずみの知識か…(違う
【ハルカPL】 多分初めてですねー(笑
【GM】 竜太は戦利品をアルバムのようなものに収納中
【れもんPL】 そうなんですか? まあ あくまでのその発明の切っ掛けということでw
【GM】 いや、白い小部屋で語られた
【見学misuta】 病気の治療法ですか?
【ハルカPL】 …ああ、そういえばそうだった。メイゼスさんの脳内に治療法が叩き込まれたんでしたっけ(笑
【GM】 うん
【れもんPL】 ドラ○もん=押入れが寝る場所
【見学Sa-D】 真理w
【GM】 でも竜太は戦利品をしまいたいらしい(w
【ハルカPL】 ハルカのブラジャーとか?(w
【GM】 野川さんのキャミソールとかぱんつとか
【見学Sa-D】 いいじゃん、そのままつっこめば。ドラなんて気にするな(笑)
【見学Sa-D】 それにつつまれて寝てるのか(w>ドラ
【れもんPL】 あれ? 返していませんでした? ダミー?>キャミソ
【美杉PL】 や、別の日の分でしょう。
【ハルカPL】 いや、過去にも盗られたのでしょう(w
【れもんPL】 な なるほど・・・いままでの歴史がw
【さくら】「わたしの…ぱんつ…」(えぐえぐ
【美杉PL】 銃・・・て、エアガンか。
【見学god-dqn】 まさか攻めてくるのか!?
【見学Sa-D】 来るのかよ、ネズミw(便宜名称)
【見学god-dqn】 未来の存在が過去に攻めてくるなんてお約束ですよ、兄者
【見学Sa-D】 そういえばそうだったな(w>お約束
【ハルカPL】 そして、あのセリフか…(w
【GM】 いきなり燃え展開?
【美杉PL】 中々凄い事にw
【れもんPL】 よし 予定通りつながったw
【美杉PL】 やべぇ、もう勝負どうでもいいや、れもんたん頑張れw
【ハルカ】「でも不純なのは無しな」
【れもんPL】 実はPLがやれといわれてもできませんw>不純なシーン
【ハルカPL】 机が砕けたら未来に帰れないじゃん、れもん…(w
【れもんPL】 ふっ こういうのは普通片道切符なのですよw
【美杉PL】 燃えだw
【ハルカPL】 でも、兄ダイス…(w
【GM】 でも修正値7は伊達じゃない!
【ハルカPL】 そして喰らって墓穴(w
【れもんPL】 ちっ でも傷は・・・浅くなかった(TT)
【ハルカ】「姉貴からもらった薬、れもんに効いたかな?」(知らずに使ってたのか
【GM】 勝手に危機レベルアップー
【ハルカPL】 惜しい!(w
【れもんPL】 まだまだあがるよー ろぼろぼマウス ロボロボマウス(以下略)
【ハルカPL】 ロボマウス!(w
【見学god-dqn】 メカニカルバイオレンス ろぼろぼマウス!
【美杉PL】 姉三六角(ry
【ハルカPL】 ずきずき恋煩い、多分〜(w
【ハルカPL】 …兄…(w
【美杉PL】 兄だーいす!
【GM】 見てねぇよこのネコ型
【れもんPL】 直接見ていなくても萌え攻撃はありですよきっとw
【美杉PL】 いやホンマにアンタなにものだ竜太。
【GM】 いや、あのネズミの作り方は竜太の因子知識らしいから
【見学god-dqn】 なんかどっかの漫画で見たよーな気がするw、こんな奴
【GM】 からくりサーカスじゃない? 解体のフェイスレス
【れもんPL】 なるほどw
【見学Sa-D】 おう、それそれ(w
【GM】 解体のフェイスレス
【ハルカPL】 登場成功だけど墓穴(w
【GM】 ・・・ちなみに「竜太が自力で因子知識を発現する」ことで歴史が自己修復を・・・(をい)
【レモン】「…これでも…これでも歴史はかわらないというの!?(涙を流しながら)」
【美杉PL】 いけるか!DP100!(笑)
【ハルカ】「要はさ、オレが竜太もらえば済む話だろ?」(待て
【れもんPL】 誰がもらってもいいかと〜 要は組織の手に入らなければw(おひ)
【ハルカPL】 出来沢、男らしい所を見せられるか!?(w
【ハルカPL】 …そのヒマは無かった様で(w
【れもんPL】 はるかさんもおいでよー おいでよー(悪魔のささやき)
【ハルカ】「ぐー」
【れもんPL】 しくしく もうでる必要ないもんね・・・
【GM】 2つ振ってもだめだぁ小生。4つ振らなきゃいい目が出ない
【ハルカPL】 出来沢くんドキドキ?(w
【美杉PL】 ふ、どうせ死ぬならせめて一花!w
【ハルカPL】 そしてきゅん+2ー!(w
【ハルカPL】 というか、2人で頑張ってLP9入れてください(ぉぃ
【GM】 極悪かなぁ
【れもんPL】 いっそこのまま もう1シーンつくろうかな・・・
【ハルカPL】 いえ、普通に殺りに来ればこんなものかと。
【GM】 しかし、もう雰囲気がクライマックスなんですが
【れもんPL】 …前回(絵に描いた〜)も中盤でクライマックス風味だったし〜
【ハルカPL】 いっそこのままクライマックス?(w
【GM】 兄はもう(必要がないので)攻撃しません。サンドバックにしてください
【れもんPL】 もしかしてボクはきくたけ病かもしれません(TT)>演出過剰 クライマックス多し
【れもんPL】 CSTに向いていないプレイヤーなのかな〜(ちょっと心配)好きなシステムなのに・・・
【GM】 いや、それって非常に向いているかもしれない
【ハルカPL】 いえいえ、そんな事はありませんて(笑<向いてない
【れもんPL】 そうですか? よかったです(ほっ) まだまだ遊んでみたいのでw
【ハルカPL】 はい、クライマックス確定(笑
【美杉PL】 協力攻撃なければ次のシーンPLをハルカにすると言う手段があったのにぃ(w
【ハルカPL】 ゴチです(w
【れもんPL】 シーンが延びるとつらいんですよー カルマ的に
【ハルカPL】 というか、時間的にも辛いですね(w
【美杉PL】 おっしゃー!もうちょっとでDP100!(爆笑)
【ハルカPL】 切なさ炸裂?(笑
【れもんPL】 うぃ・・・できればセーブしてほしいかも〜(0時落ちプレイヤー)
【れもんPL】 DP100・・・
【美杉PL】 はーっはっはっは!やってやったぜ!w
【れもんPL】 クライマックス乱入しますよ?
【美杉PL】 同じく。
【ハルカPL】 まぁ、それは先刻承知なワケで。
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
出来沢 美杉 100 11 9 15 34 16 14
野田 れもん 58 23 9 25 44 5 5
津野田 ハルカ 47 9 7 9 39 21 19

【GM】 かるまが余ったので因子共鳴購入《懸命》
【GM】 クライマックス行く前に一つやることがある。
【美杉PL】 まとめて今度の方がいい気がするけどなあ。
【ハルカPL】 まさか…(w
【美杉PL】 うに?
【美杉PL】 ・・・あ。
【GM】 因子共鳴を数えていた良い子は、まだ数が合わないって気付いたはずだ
【美杉PL】 う、うはははは!そうか、そう来るか!(爆笑)
【ハルカPL】 …うむ、覚悟は出来ました(w
【れもんPL】 ふみ(すでにデータ管理不可能)
【GM】 因子共鳴《回想シーン》目標はハルカ
【ハルカPL】 はーい(笑
【美杉PL】 数えてないけどピンとキターw
【美杉PL】 やっぱw
【れもんPL】 みゅう さっきのシーンで落とすべきだったかも・・・しくじったです
【美杉PL】 あ、どうせ観客は何も出来ないw
【れもんPL】 そうそうw
【GM】 では、回想シーン。定義、レモンを寝かしつけたあと
【GM】 その流れで(w
【ハルカPL】 了解、お任せします(笑
【GM】 じゃいきます

【ハルカPL】 お疲れ様ですー
【美杉PL】 おつかれさまっす。
【れもんPL】 おつかれさまーです
目次へ

■ 回想シーン:津野田 ハルカ『お前は、オレのモノ?』 ■


【GM/竜太】「・・・」体育用マットで川の字になって寝る竜太と、レモンとハルカ
【GM】 レモンはすでに寝息をたてている。ロボットが寝るのかどうかはいまいちよく分からないが
【GM/竜太】「・・・」体育用マットで川の字になって寝る竜太と、レモンとハルカ
【GM】 レモンはすでに寝息をたてている。ロボットが寝るのかどうかはいまいちよく分からないが
【GM/竜太】「・・・ハルカ、もう寝ちゃった?」
【ハルカ】「…まだ寝てるぜ」
【GM/竜太】「寝てんじゃ仕方ないなぁ・・・手とか握ってみたりしても寝てれば文句は言わないよね?」
【ハルカ】「なんだよ急に…文句は、ねぇけど」
【GM/竜太】「・・・じゃ、握っちゃう」
【ハルカ】「ああ…」
【ハルカPL】 そう言い、意外と華奢な手を無造作に差し出す。
【GM/竜太】「・・・」手を握って
【GM/竜太】「・・・さっき言ったこと、本気?」
【ハルカ】「…暖かいな」
【ハルカ】「オレは、冗談の時は冗談って言う…知ってるだろ?」
【GM/竜太】「・・・触っていい?」
【ハルカ】「………竜太がそうしたいなら、いいぜ」
【ハルカPL】 普段の強さはない、女の子らしいか細い声で。
【GM/竜太】「・・・うん」手を伸ばして、髪をなでてみる
【ハルカPL】 その毛先は、汗をかいた後とはいえサラサラしている。日頃の手入れだろうか。
【GM/竜太】「・・・奇麗だ」手をもうちょっと下に
【ハルカ】「よ、よせやい。照れるじゃんか…」
【ハルカPL】 そう言いつつも、透き通った綺麗な肌は逃げようとしない。
【GM/竜太】「・・・もうちょっと、触るよ?」(しゅる)
【ハルカ】「あっ…」
【GM】 いつの間にかホックが外されてます(をい)
【ハルカ】「て、てめぇ!…いきなり、外すんじゃねぇよ…」
【ハルカPL】 普段と違い、真っ赤に頬を染め上げ、上目でふくれる。
【GM/竜太】「ごめん。嫌って言われるのがやだったから」で、胸とかに手を伸ばすんですが
【ハルカ】「…言ってもやったら殴るけど、今は言わない」
【ハルカ】「だって、オレはまだ寝てるからな…」
【GM/竜太】「・・・寝てるハルカにいたずらするなんて。ボクもとことんアレだね」
【ハルカ】「今に始まった事かよ」
【GM/竜太】「・・・(ふにふに)」
【ハルカ】「うっ…」
【GM/竜太】「・・・いたかった?ごめん」
【ハルカPL】 同年代に比べ発達したそこは、確かな弾力を竜太の指に伝える。
【ハルカ】「………別に」
【GM/竜太】「・・良かった」
【ハルカPL】 顔を背け、羞恥に耐える姿。
【GM/竜太】「・・・ハルカ、・・・キスしていい?」
【ハルカ】「…女の口からそんなの言わすかよ、おい」
【ハルカPL】 そう言って振り返った笑顔は、拒絶の意思を示していなかった。
【GM/竜太】「ごめん・・・じゃ、しちゃう」そっと顔を近付け・・・触れ合うだけの、キス
【GM】 萌え攻撃
【ハルカ】「ん…」
【ハルカPL】 どうぞ。
【GM】 因子共鳴《懸命》、<神の右腕><犯罪者すれすれと言うか完全に向こう岸><意外に優しい>、技術で
【GM】 GM: 7(2D6: 1 6)+9 = 16
【ハルカPL】 HARUKA: 9(2D6: 5 4)+0 = 9
【ハルカPL】 墓穴回避しつつ被弾。
【GM】 15LP
【ハルカPL】 もらいます
【GM】 これでシーン切ります

【れもんPL】 ・・・なんか 青春の1コマって感じでいい雰囲気です
【れもんPL】 ・・・やっぱりエロは必須なのかな・・・(苦手)
【美杉PL】 いきなりでなければいいのかw
【見学Sa-D】 いいねぇ、このシーン。雰囲気とか。
【れもんPL】 うん こういうシーンは まだボクはできないですね〜照れくさくって(微笑み
【ハルカPL】 シラフで出来まつ_| ̄|○
【美杉PL】 ・・・あれ。じゃあ初参加でエロやった俺って一体。
【美杉PL】 同じくシラフでし_| ̄|○
【見学youjo】 イカスぜ旦那ぁ<初参加で獲炉
【見学Sa-D】 アレ、普通じゃないんですか?>初参加でエロ
【ハルカPL】 あまり普通じゃないですね(w
【美杉PL】 ふ、普通ですよね?ですよネ!?
【GM】 小生下戸ゆえにいつでも素面
【美杉PL】 むしろ酒飲むと素面になります
【見学Sa-D】 がーんw<二回ともエロ(しかもハーレムエンド)だった人
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
出来沢 美杉 100 11 9 15 34 16 14
野田 れもん 58 23 9 25 44 5 5
津野田 ハルカ 47 23 7 23 39 21 19

【GM】 お疲れ様ー
【美杉PL】 クライマックス・・・ですよね(w
【GM】 いかにも。
【ハルカPL】 そしてシーンPLは私ですよね?
【GM】 はい。ではハルカさんのクライマックスです。
【GM】 シーン定義セットをお願いします
【ハルカPL】 夕暮れの教室。竜太はハルカに呼び止められて二人きりです。
【ハルカPL】 後は成り行きで(笑
【れもんPL】 うう〜乱入したいよー
【GM】 きゃ☆
【GM】 では、登場能力値とタイトルを
【ハルカPL】 登場能力値は感情…なわけもなく技術!!!(笑
【ハルカPL】 タイトルはズバリ『お前は、オレのモノ』

【見学misuta】 おつかれ〜
【ハルカPL】 お疲れ様でしたー
【れもんPL】 お疲れ様でした〜
【見学youjo】 おつかれさまー
【美杉PL】 おつかれさまです〜。
【GM】 中学生のちょっとえっちな思い出ってこんな感じかのう
【ハルカPL】 ここから先に行ったかどうかは誰も知らない、と。(w
【GM】 行かないでしょ。中学生だから先に進み方がわからん。後でえっち本立ち読みしようとして本屋を追い出されるのだ
【見学makoto】 次は はるかさんがPLで クライマックスですね〜
【ハルカPL】 …さくら要ります?(何を突然>出来沢くん
【美杉PL】 考えさせてくださいw
【ハルカPL】 はい(笑
【美杉PL】 ・・・とりあえず、あれだ。クライマックス次第w
【美杉PL】 というか第二の兄っぽいですなw<出来沢
【れもんPL】 な なにか取引が行われているです?
【ハルカPL】 義妹だろうがなかろうが出来沢(;´Д`)ハァハァ(w
【美杉PL】 だめだ、自分でやったことだが何時見ても3桁がw
【美杉PL】 乱入可能ですかね?
【美杉PL】 8か・・・w
【れもんPL】 ぎじゅつ・・・(TT) 来るなっていわれたですー
【見学yuki】 タイトルキタ━━━(゜∀゜)━━━!!w
【美杉PL】 いいなあ、上手いなあw
【れもんPL】 うまいですー
目次へ

■ クライマックス1:津野田 ハルカ『お前は、オレのモノ』 ■


【ハルカPL】 【チャイム】「下校の時間です。残っている生徒は、早めに帰りましょう」
【ハルカPL】 そんなありきたりな校内放送が、夕暮れの到来を告げる。
【ハルカPL】 秋と言う事もあり、日は既に西の方へ傾いている。
【ハルカPL】 そんな放送を無視して、ハルカと竜太は教室に二人、佇んでいた。
【ハルカ】「日…沈むのが、早くなっちまったな」
【GM/竜太】「そうだね・・・」
【ハルカ】「これからゲーセン、は流石に無理だな」
【GM/竜太】「・・・さすがに怒られる?」
【ハルカ】「ああ、それもあるけどよ」
【GM/竜太】「ハルカの母さん厳しいから・・・他に何か?」
【ハルカPL】 そう言い、視線を夕焼けから竜太に戻すハルカ。頬が赤いのは日差しの所為…だろうか。
【ハルカ】「いや、その…今ぐらいじゃねぇと言う機会ねぇからよ…」
【ハルカPL】 妙に煮え切らない態度。用具室での一件から彼女はこんな調子だ。
【GM/竜太】「(う・・・)」
【ハルカ】「よし、決めた!今言うぜ」
【れもんPL】 そこで登場判定希望です
【GM】 妨害は?
【ハルカPL】 妨害無し。どうぞ。(w
【れもんPL】 きゅん1使用 目標値は10ですよね?
【GM】 そうですね
【れもんPL】 remon: 9(3D6: 2 6 1)+2 = 11
【れもんPL】 でました〜
【GM】 登場しましたね
【ハルカ】「いいか、一度しか言わねぇから良く聞けよ?」
【レモン】「・・・青春ですね」
【れもんPL】 いつの間にか 窓に腰掛けて二人を見つめています
【ハルカ】「ぶっ、いいい…何時からいやがった!?」
【ハルカPL】 しどろもどろになるハルカ。
【GM/竜太】「レモン・・・」
【レモン】「今ぐらいじゃねぇと言う機会ねぇからよ あたりからですの」
【ハルカ】「ぐ…まあいいや、今更他の奴に聞かれたって構うかよっ!」
【ハルカPL】 そう言うと、力む様に顔を下げる。
【レモン】「ハルカさん あなたの邪魔をするつもりはないの・・」
【レモン】「ただ、 マスターやあなたにお別れをいいにきただけなの」
【GM/竜太】「お別れ?」
【れもんPL】 そういうレモンの表情は儚げで消えそうな笑顔だった
【ハルカ】「はぁ…?」
【レモン】「町中にちっていた 機械ネズミが急に存在が消えましたの」
【レモン】「・・・つまり歴史は修正されたの・・・」
【レモン】「だから・・・さよならなの」
【GM/竜太】「・・・そうなの?」
【GM/竜太】「なんとかならないの?」
【レモン】「・・・・・・ええ はるかさんと竜太さんが未来を救ったの・・・」
【ハルカ】「オレ?」
【レモン】「うん・・・・」
【ハルカ】「…何の事だ?竜太」
【れもんPL】 そこには羨ましそうな…羨望の笑顔
【ハルカPL】 ずい、と少し詰め寄ってみる。
【GM/竜太】「説明すると長くなるから聞かないでくれる?」
【ハルカ】「じゃ、後でたっぷり聞いてやる」
【レモン】「じゃあ…時間だから行くね?」
【GM/竜太】「どうやって?」
【レモン】「…」沈黙で笑顔だけをこぼす
【レモン】「この時間に来て…幸せとか…愛とか知ったような気がしますの」
【GM/竜太】「机はもう使い物にならないだろ?」
【レモン】「大丈夫! 私は未来から来たネコ型ロボットなんだから」
【レモン】「・・・だから」
【れもんPL】 すぅー 一筋の涙がながれる
【GM/竜太】「・・・まさか」
【レモン】「気にしないで。 もう気にしなくていいから」
【レモン】「はるかさん ・・・マスターを・・・竜太さんをよろしくお願いします・・・」
【ハルカ】「あ、ああ…」
【ハルカPL】 事情が飲み込めていないためか、つい返事をしてしまう。
【れもんPL】 それに うなずきを返すと 再び窓から飛んでいく
【レモン】「じゃあ ・・・ お幸せに・・・楽しかったです」
【れもんPL】 優しい笑顔を残して
【GM/竜太】「行くなよ、ボク、作るぞ! あの機械の設計図はもう頭に入ってるんだからな!」
【ハルカ】「…まぁ、オレとお前で未来が変わるなら丁度いいや」
【ハルカPL】 れもんを見送り、ぼそっと呟く。
【ハルカ】「いいか、竜太。本当に一度しか言わねぇぞ!?」
【ハルカPL】 そう言うと、突然竜太の胸ぐらを掴んで引き寄せる!
【GM/竜太】「わわ」
【ハルカ】「…お前は、オレのモノだ」
【ハルカPL】 突然強気だった顔が崩れ、竜太の胸元に乗る。
【ハルカPL】 竜太からの返事がなければ、これをして告白で。
【GM/竜太】「・・・うん。ボク、ハルカのことが好きだ」
【れもんPL】 それと同時にレモンの体が消えていく。
【ハルカ】「えっ…!?」
【れもんPL】 未来が確定したから…
【ハルカPL】 その言葉に顔を上げる。目には…うっすらと涙。
【れもんPL】 レモンは対機械ネズミ決戦兵器
【れもんPL】 つまり 機械ネズミがいなければ生まれない存在
【レモン】「竜太さん 私も…あなたが好きでした…」
【レモン】「でも同じ時間を生きることは出来ません…」
【レモン】「だから …さよなら」
【れもんPL】 つぶやきだけを残して消えてゆく
【GM/竜太】「ハルカ・・・もう一回、キスしていい?」
【れもんPL】 もう 世界のどこにも れもんは 存在しなかった・・・
【GM】 消え行くレモンに、安心させるように
【ハルカ】「…嫌だったら、殴る」
【ハルカPL】 それでも、しっかりと華やぐハルカの笑顔。
【GM/竜太】「じゃあ・・・前より上手くできればいいけど。目つぶって・・・」
【ハルカ】「………うん」
【ハルカPL】 そして、初めてハルカは素直になった。
【GM】 キスします。
【GM】 で、兄抵抗
【GM】 GM: 8(2D6: 6 2) = 8
【GM】 ハルカには振るだけ無駄。
【GM】 と言うわけで、ハルカの腕の中で竜太は意識を失います
【ハルカ】「っ…竜太…?」
【GM】 竜太の胸から、小さなビー玉のような因子が発現します。夕暮れの教室をさらに紅く染める光
【GM】 因子はハルカさんの願いをかなえます
【ハルカ】(この丸っこいのが何か知らないけど…)
【ハルカ】(何もかも含めて、竜太はオレのモノだ)
【ハルカ】(一緒に遊んで、一緒に笑って、一緒に泣いて)
【ハルカ】(時々ケンカもするけど、必ず竜太はオレの所に戻る)
【ハルカ】(10年、100年、いや…1000年だって)
【ハルカ】(ずっとずっと、オレは竜太が好きだから…)
【ハルカ】(…こんなの、恥ずかしくて口には出せないけどよ)
【ハルカ】(だけど、ずっと…ずっとお前はオレのモノだ)
【ハルカPL】 言葉には出ませんが、代わりに力強く抱きしめる。
【ハルカPL】 コレを以て願いとします。
【GM】 因子はゆっくりと光を失い消えてゆきます
【ハルカ】「………竜太…」
【GM】 竜太のハルカを抱く手に力が戻ります
【GM/竜太】「うん、ボクはハルカのもので、・・・ハルカは、ボクのものだ」
【GM/竜太】「ずっとね・・・」
【ハルカ】「うっ…う、ん…そうだな」
【GM】 ハルカを優しく抱きしめます

【美杉PL】 隠れタイトルは「オレはお前のもの」な訳ですな。
【GM】 ストレートだ・・・
【美杉PL】 れもんたんはかなり絶望的だがわたしにはまだチャンスがある!w
【れもんPL】 絶望的いうな〜(TT)
【GM】 ・・・いや、レモンはまだ希望があるけど、出来沢君、君は絶望的だよ・・・
【美杉PL】 おう、申し訳ない…でも0じゃない!(w
【見学yuki】 1ゾロで児童失敗だw
【美杉PL】 おう?そうなのですかっ!?<むしろ自分
【見学yuki】 …自動でつ。
【れもんPL】 希望・・・あるのかな・・・
【GM】 登場できれば。レモンはエメピーだから登場の余地はある・・・
【美杉PL】 ダイスって、2個未満になりますっけ。
【GM】 なるっす
【美杉PL】 ・・・あ、俺むーりー。いぇー。
【れもんPL】 ふふふ・・・登場判定ダイス0・・・経験者ですよ・・・
【見学yuki】 ハルカたん。これからがお・と・なの時間だよ?w
【美杉PL】 折角今丁度DP100なんだから、墓穴掘る前に諦めると言う手もあるんだよな(爆)
【見学yuki】 伝説のDP100だしね〜
【れもんPL】 伝説ですね〜
【GM】 出来沢絶望(苦笑)レモンに2以上使えばまだ目はあったのに
【見学yuki】 ま、それがCSTさね。レモンたんは兄抵抗ほぼ絶望だし?
【美杉PL】 うん、もう諦めてます。墓穴掘って100を無駄に越えるぐらいならw
【美杉PL】 と言うか有り得ない位に悔いが残って無いですヨ、惨敗だと言うのにw
【見学yuki】 何、ハッピーのがEDは難しいから大丈夫だよw
【美杉PL】 と言うわけで、下さいw<さくら
【ハルカPL】 ちなみに、優先攻撃権はシーンPLにあります(ぼそ
【ハルカPL】 EDで差し上げましょう(w
【見学yuki】 シーンPLが告白と言えばもう同時告白しか残ってませんな。
【GM/竜太】「出来沢の癖に生意気だッ!さくらさんの下着はボクのだ!」
【見学yuki】 さすがフェチw
【れもんPL】 ・・・しまった(TT) 攻撃できないんだ・・・
【見学yuki】 レモンたん切ない…(;´Д`)ハァハァ
【美杉PL】 2d6で5か・・・
【GM】 ジャイアンがいるから‐2で目標3なんだ・・・
【美杉PL】 ・・・うわぁ。
【れもんPL】 ・・・・前のシーンで攻撃しておけば。。。まだ未熟です
【美杉PL】 100達成のために全力尽くしてたからなあ(馬鹿
【ハルカPL】 素晴らしい!(w
【見学yuki】 ハラショー!
【美杉PL】 もうなんつーか、本懐w
【GM】 すばらしい
【見学yuki】 時間だから…(・∀・)イイ! GM、レモンたん包んでッ! お持ち帰るぅ!
【GM】 兄が1ゾロ振らなかったら
【ハルカPL】 いや、鉄人兵団の展開で行くとれもんは…(何事
【見学yuki】 何、消えちゃうの? 天使として生まれ変わるの?
【ハルカPL】 さぁ?(w
【美杉PL】 エンディング次第ですなw
【見学yuki】 ロボットなのに涙っ! ハラショー!
【美杉PL】 うお、電話!?
【ハルカPL】 行ってらっしゃいマセー(w
【GM】 いってらー
【れもんPL】 いってらしゃいですー
【れもんPL】 はうー 攻撃したいよー(TT)
【見学yuki】 告白しないで去ってイッター!
【ハルカPL】 退場ー!?(w
【れもんPL】 退場じゃないですよ 実はw
【れもんPL】 でも いると ハルカさん告白できないでしょうし
【GM】 の○太ならこんな感じかなぁ
【美杉PL】 ・・・お、男だ・・・あ、でも確かにの○太っぽい
【見学yuki】 ●び太か〜あいつってば意外と理工学系だしねぇ
【ハルカPL】 エンジニアですからね、(し○かちゃんとくっついた)将来は(笑
【美杉PL】 手先と銃と理工学・・・武器自作するねん(ぇ
【見学yuki】 雑貨屋の娘とくっつくと悲惨だねw
【れもんPL】 同時告白って
【GM】 ジャイ子とくっついた将来はヒモかなぁ・・・
【美杉PL】 出来(略
【れもんPL】 別に完全に同じタイミングじゃなくてもいいですよね?
【ハルカPL】 それを今からやるんじゃないですか(鰯
【れもんPL】 あ その場にいる必要はあるのかな?
【美杉PL】 書置きやメッセージならありかもー。
【GM】 多分ね。処理が信仰しちゃうと告白しても無益って気も
【GM】 進行
【れもんPL】 ふみ
【GM】 告白って、「肉体的接触を伴う愛の告白」が条件だし
【ハルカPL】 ………(南無
【れもんPL】 うう〜じゃあ演出しだいで可否を決めてくださいです
【れもんPL】 告白じゃなくてもいいや 面白ければw
【ハルカPL】 もう告白しちゃいました(ぉぃ
【美杉PL】 ・・・バックトゥザフューチャー。
【ハルカPL】 むしろ、本当にターミネーター…というかエンディングどうする気ですかれもんたん(w
【見学yuki】 コレはもう鬱展開でしょうw
【ハルカPL】 消えゆく意識の中で…?(w
【美杉PL】 「れもんの」エンディングでなければ・・・(w
【見学yuki】 【偽レモン】消え行く意識の中で「好きだよ…そうだよ好きだったの……でも、もうダメ…好きだけど、どんなに想っても……二度と還れないの…」
【ハルカPL】 冗談抜きでそうなりそうだ(w
【れもんPL】 これは・・・告白になるんだろうか・・・w
【見学yuki】 鬱っていってもこんくらいがいいなw
【見学yuki】 告白って言えば告白になるのw
【ハルカPL】 GM判断ですからね、後は(w
【れもんPL】 もう全力出しました…後悔はあるけど・・・くいはないです><bΣ
【見学yuki】 そうそう。逆告白とかもあるし、何でもありw
【ハルカPL】 悔いあるのでは(w<後悔はあるけど
【れもんPL】 やりたいネタは十分やったし〜問題ないです〜
【美杉PL】 十分やりたいことやらせていただきましたw
【れもんPL】 あれ? もしかしてなの8ってボクのだったのかな? 一応告白になったんだw
【見学yuki】 みたいだね〜
【GM】 一応ね
【れもんPL】 ありがとうです〜 わがままばかりですみせんです
【GM】 1ゾロ以外抵抗と言うわびしいものだったけど
【れもんPL】 うう ボクの純粋なルール把握できてないミスです それは・・・
【美杉PL】 ・・・さて。どうなるのだろう。
【ハルカPL】 私も最初期はそう言う事ありました…(w
【見学yuki】 あったね〜。ボクもやりましたよ
【れもんPL】 でも 話的には綺麗にまとまったのでこれでいいかな〜とも思うのです
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】 おつかれさまでーす
【れもんPL】 お疲れ様でした〜
【GM】 で、エンディング突入となります
【ハルカPL】 はいー。
【美杉PL】 誰の順からでしょう?
【れもんPL】 了解ですー
【GM】 それはそちらが決めていいです
【れもんPL】 ラスト希望ですー
【ハルカPL】 私は慣例に則り最後です。
【ハルカPL】 ありゃ、どうしましょう(笑
【美杉PL】 じゃ、私とりあえず最初だねw
【れもんPL】 じゃあ 2番目かな〜? 具体的にははるかさんのエンディング見て
【れもんPL】 決めようかと思ったのですが・・・>2〜3パターン用意
【ハルカPL】 じゃあしょうがない、2番目行きます(笑
【美杉PL】 おお〜w
【れもんPL】 ありがとうございますー お言葉にあまえますー
【GM】 ふむ、ハルカさんラストかと思ったけど
【ハルカPL】 まぁ、GM裁量で(w
【美杉PL】 えーと、タイトル考えな・・・なんにしよ
【れもんPL】 うん GMにしたがうです
【GM】 いや、PL諸兄がそれでいいというならそれに従いますよ。
【美杉PL】 じゃ、1番手。タイトル:カミング・イン
【美杉PL】 構わないと思いマスよ〜
【ハルカPL】 了解です(w
【れもんPL】 ありがとうですー
【GM】 では、はじめます。

【ハルカPL】 お疲れ様でしたー…皆さんごめんよー(w
【美杉PL】 いえいえー。もう満足してますw
【れもんPL】 おめでとうですー はるかさんおめでとうー
【美杉PL】 おめですよ〜
【見学yuki】 おめでとー
【ハルカPL】 というわけで、お詫びにさくら進呈。お好きにお使い下さい(笑
【美杉PL】 らじゃw
【美杉PL】 と言うか、出てきてもらっていいですかw<さくらたん
【ハルカPL】 呼ばれれば参上します(w
目次へ

■ エンディング1:出来沢 美杉『カミング・イン』 ■


【美杉PL】 真夜中。出来沢美杉の、自宅。洗面台に流れる、水の音。
【美杉】「・・・はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・」
【美杉】「・・・げふっ!・・・ううっ・・・」」
【美杉PL】 口の端から、出したものの一部を垂らしながら、鏡の前の己を見て呟く。
【美杉】「シンデレラの魔法は12時まで・・・かあ。ふふっ」
【美杉PL】 自嘲気味に。以前と違う雰囲気、いやある意味同じ雰囲気で。
【美杉】「あーあ。竜太くんはああなっちゃうし、どうしようかな、ボク・・・」
【美杉PL】 悲しげな目で己の身体を見下ろし・・・そして、翌日。
【美杉PL】 学校に向かう途中で、一人の・・・同類を見かける。
【美杉】「おはよう、野川さん」
【さくら】「あ、で、出来沢くん…」
【ハルカPL】 可憐なフリルのドレスを纏った少女…いや、少年がそこには居た。
【美杉】「あはは。二人とも、似たような境遇になっちゃったね」
【さくら】「ふぇ?…男の子に、戻っちゃったんだ…出来沢くん…」
【美杉】「まあ、ね。つかの間の夢を見てた、ってところだよ」
【美杉】「・・・ホントに切ない、淡い夢」
【さくら】「えぐ…ひっく…ひくっ…」
【美杉】「え、ちょっとちょっと?何で野川さんが泣くの?」
【さくら】「だ、だって…だってボク…」
【さくら】「やっと出来沢くんに…告白出来るかなって、思ってたのに…」
【さくら】「好きだ…って、言いたかったのに〜…」
【美杉】「・・・え・・・」
【ハルカPL】 子供の様に…実際子供なのだが…泣きじゃくるさくら。
【ハルカPL】 実に可愛らしく泣いていたりする。
【美杉】「それは・・・告白、と受け取っていいのかな?」
【さくら】「えっ………?」
【美杉PL】 ちょっと意地悪げに、笑って。
【ハルカPL】 大きな目に涙を溜めて、出来沢を見つめる。
【美杉】「学校、遅刻しちゃうよ。・・・さくらちゃん」
【さくら】「………うんっ、美杉くんっ!」
【ハルカPL】 腕に飛びつき、しっかりと抱きしめる。
【ハルカPL】 思い人を離さない為に。

【ハルカPL】 カミングアウトって、辞書にも『同性愛を隠すのを止める事』ってありました…inはなかったけど(w
【ハルカPL】 でも、なんとなく想像は付くのです…(がくぶる
【見学yuki】 なんかエライステキな辞書だなぁ
【れもんPL】 ・・・?(想像がつかない)
【ハルカPL】 インフォシークの辞書ですよー(w
【見学yuki】 あ、鬱っぽいかも。いいなぁ
【れもんPL】 ・・・・つわり?
【れもんPL】 ちがうっぽい?
【れもんPL】 ・・・・?(頭のなかぐるぐる〜)
【ハルカPL】 これは恐らく…改造の効き目が切れたのでしょう(笑
【美杉PL】 大当たりw
【見学yuki】 だよね。ああ…こういうの好きだぁ
【れもんPL】 な なんですとぉ?!
【ハルカPL】 ちなみにお伺いします。さくらの性別はどちらがいいですか?(待て
【美杉PL】 男で(最低
【れもんPL】 うわw
【ハルカPL】 了解…って出来沢と同じ傾向だったのかさくらも(w
【れもんPL】 てことは…さくら スネオと見せかけて弟!?
【ハルカPL】 多分両方?
【れもんPL】 ハイブリッド!?
【見学yuki】 ブリジッド?(違
【ハルカPL】 一応ハルカはスネ夫風に使ってましたが(w
【れもんPL】 うん スネオだとおもってたです>さくらw
【ハルカPL】 ブリたん扱いもいいかも…(待たれよ
【美杉PL】 さあ兄の抵抗判定だ(誤
【GM/竜太】「・・・ボクは・・・男の下着を・・・」(再起不能)
【れもんPL】 なむーですー
【ハルカ】「何今更言ってんだよ、竜太っ」(笑
【ハルカ】「にしても、ウチのクラス女装趣味の奴多いよな」
【れもんPL】 ・・・・やなクラスです
【れもんPL】 しかも似合う人ばっかりw
【美杉PL】 図らずもぷちBLが展開されたわけで(爆笑
【れもんPL】 美杉くん 幸せを見つけたみたいで良かったですw
【ハルカPL】 まさかこんな所で(w
【GM/竜太】「まさかこれも・・・これも・・・(さらに再起不能)」
【ハルカ】「…オレは女だぜ?」
【美杉PL】 いっそふたなり扱いで。
【ハルカPL】 ええい、任せた(w
【れもんPL】 …トラウマになってもう2度としないかも…>下着とり
【ハルカPL】 それはそれで健全になって良い事です(w
【美杉PL】 色々な意味で疑問と問題は絶えませんがw
目次へ

■ 幕間 ■


【れもんPL】 おつかれさまです
【GM】 お疲れ様です
【美杉PL】 お疲れ様っす〜
【ハルカPL】 お疲れ様(w
【GM】 で、次はハルカさんのシーン?
【ハルカPL】 ですね。
【GM】 竜太出てくる?
【ハルカPL】 出てきますよもちろん(笑
【GM】 うい。ではシーン定義お願いするっす
【ハルカPL】 では2〜3年後。なんとかギリギリの成績で二人は高等部に進学決まりました。
【ハルカPL】 場面は中等部の卒業式終了後、ですね(笑
【ハルカPL】 桜の木の下で寝そべりましょう(w
【GM】 うい
【GM】 タイトルは?
【ハルカPL】 タイトルは『ずっとずっと、オレのモノ』

【ハルカPL】 はい、いろいろお疲れ様でした(笑
【れもんPL】 お疲れ様ですー
【美杉PL】 たのしかったーw
【GM/竜太】「ハルカ・・・ボク、別に成績悪くないんだけど?定期テスト以外は寝てるけど」
【ハルカ】「それがダメなんじゃねぇか」
【れもんPL】 きっと 色々していて勉強できなかったのですよw
【ハルカPL】 色々…何をー!?(w
目次へ

■ エンディング2:津野田 ハルカ『ずっとずっと、オレのモノ』 ■


【ハルカ】「はーぁ、やっと終わったな…眠かったぜ」
【ハルカPL】 桜の舞い散る季節。オレと竜太はどうにか卒業出来た。
【GM/竜太】「・・・いや、よく寝れたよ」
【ハルカPL】 …まぁ、普通の卒業式みたいな感慨はあまりねぇな。
【ハルカ】「いや、寝るなよ」
【ハルカPL】 …竜太のおかげで緊張感ゼロだったし。
【GM/竜太】「そんなこと言ったってみんなエスカレータだしね・・・高校にあがるったって100人くらい転校生が来て新学期が始まるのと変わらないし」
【ハルカ】「それを言っちゃおしまいだぜ。ったくよ」
【ハルカPL】 まぁ、進路なんかどうでもいいんだよな。オレは竜太の側にいる。
【ハルカPL】 それだけ維持出来れば何処にだって行ってみせるぜ。
【GM/竜太】「・・・ふふ。こうやって並んで寝そべってると、思い出さない?」
【ハルカ】「………何をだよ?」
【ハルカPL】 いや、分かってるぜ。でも…どうしても恥ずかしいじゃねぇか。
【GM/竜太】「ハルカと、はじめてえっちなことしたときのこと」
【ハルカ】「っ!!」
【GM/竜太】「体育倉庫だったから空は見えなかったけど」
【ハルカPL】 それを竜太は臆面もなく言いやがる。…こいつらしいけど。
【ハルカ】「…忘れたくたって無理だよ、あんなの」
【ハルカ】「竜太の手が優しかったの…まだ覚えてるぜ」
【GM/竜太】「・・・今は優しくない?」するっと魔法のようにブラのホックを外す
【ハルカ】「あっ、コラ!?…優しくなかったら、もっと素早く盗ってただろ?」
【GM/竜太】「いいだろ? ボクの手はハルカにしか使わないんだから・・・(ふにふに)」
【ハルカ】「んっ…そうだな、オレは、竜太のモノで…」
【ハルカ】「竜太は、オレのモノ」
【ハルカPL】 分かってるんだよ、全部。オレの事気遣ってるのは…。
【GM/竜太】「・・大きくなったよね」
【ハルカPL】 だから、オレは乱暴に竜太を抱き寄せる。
【ハルカ】「誰かさんが殆ど毎日揉むからな…」
【ハルカPL】 流石にこれだけハデだと、オレと竜太の仲はクラス中が知っていた。
【ハルカPL】 それでも、一向に構わない。好きだって気持ちは…ずっと同じだからよ。
【GM/竜太】「ん・・・」(キスする)
【ハルカ】「んむ…っ」
【ハルカPL】 桜吹雪の中、オレ達はずっとずっと抱き合っていた。
【ハルカPL】 お互いが、お互いのモノだって、認識するためにな。

【れもんPL】 ふふふ・・・・ 言わせる気ですか(さわやかな笑顔)
【美杉】「普段はまだボクがノート取ってるからねー。」
【ハルカPL】 言いましょう、発禁処理掛からないレベルで(w
【れもんPL】 そ そんなぴー やブブー あまつさえピンポンピンポンなんていえないですー
【ハルカPL】 言ってる言ってる(w
【れもんPL】 し、しまったー でも○○××△△はさすがにやばいですー
【れもんPL】 ・・・もう怖くて他の人に手が出せないんだね(おひ
【美杉PL】 らぶらぶだ・・・w
【れもんPL】 らぶらぶーいいな〜いいな〜
【美杉PL】 毎日ですか・・・
【れもんPL】 そりゃー勉強もおろそかになりますですw
【GM/竜太】「でも中学生だからここまでしかやってないです(と主張)」
【ハルカ】「…今度からは、高校生だぜ?」(くす
【れもんPL】 ・・・・ほほう☆(きらーん)エンディングが今決定しました
【美杉】「高校生になったからって良いともいえないけど・・・あいたたた」
【ハルカ】「いいだろ、個人の自由で!」(ぐりぐりぐり
目次へ

■ 幕間 ■


【れもんPL】 おつかれさまですー
【GM】 おつかれさまでーす
【GM】 レモンさんのエンディングになります
【れもんPL】 はーい
【GM】 シーン定義お願いします
【れもんPL】 定義は…はるかさんのエンディングを引き継いで〜高校の入学式
【れもんPL】 当然、竜太とはるかは同じクラス。
【れもんPL】 そこに、転校生っていうか編入生がくるところで〜
【GM】 ふむふむ
【れもんPL】 ついでに全プレイヤーに登場してもらいたいです
【美杉PL】 おや。
【れもんPL】 あ もちろんさくらさんや出来沢くんも同じクラス
【ハルカPL】 ぬを(笑
【美杉PL】 らじゃw
【れもんPL】 ラストは…らぶのこめで行きたいと思うです
【GM】 では、タイトルを
【れもんPL】 「新しい未来(あした)」

【ハルカ】「第一、出来沢だって野川といい仲じゃねぇかよ!」
【れもんPL】 おつかれさまですー
【ハルカPL】 お疲れ様でしたー(笑
【美杉PL】 おつかれっす〜
【GM/竜太】「そうだ。出来沢の癖に生意気だぞっ」
【れもんPL】 それ 竜太の台詞ちがうw
【美杉】「ええっ!?・・・えーと。ボク達は胸をどうこうとかはしてないよ!?」
【ハルカ】「本当か、野川?(じろり」
【さくら】「え、ええと…お胸じゃなくて…そのぉ…」
【ハルカ】「…もういい、分かったぜ」
【美杉】「……うう……さくらちゃん……」
【ハルカ】「鉄拳制裁っ!!」(ごめしゃっ
【GM/竜太】「・・・ボクは何も聞かなかった・・・」
【美杉】「ぼぐっ!?」
【ハルカ】「ふぅ…スッキリしたぜ」(晴れやかな顔
目次へ

■ エンディング3:野田 れもん『新しい未来(あした)』 ■


【れもんPL】 季節は春 退屈な長い長い校長の話も終わり、
【れもんPL】 新しく高校生になった生徒達は 教室にもどる。
【れもんPL】 新しい校舎、新しいクラス でも・・・変わらないクラスメート
【れもんPL】 竜太、ハルカ、さくら、出来沢仲の良かった4人は全員同じクラスだった。
【れもんPL】 これも 因子の起こした奇跡なのかもしれない。
【美杉】「……また4人とも、同じだなんてね。」
【GM/竜太】「いい加減腐れ縁だね」
【ハルカ】「まぁ、顔覚えるの楽でいいじゃねぇか、なぁ野川!」
【さくら】「う、うん…そうだよね…」
【ハルカPL】 四人の関係は、その中で確かに変わりつつあった。
【美杉】「うん、嬉しいことだよ」
【GM/竜太】「・・・(本能的にターゲット物色)」
【ハルカ】「はいはい、見ず知らずの奴に手を出すなよ竜太っ」
【GM/竜太】「わかってるよ・・・ボクの手はハルカにしか使う予定はないって」(しゅ)
【ハルカ】「っていきなりブラ抜くなーっ!!」
【美杉】「……(ぼそっ)ううん、もう羨ましくなんか無い」
【れもんPL】 【先生】「こら〜しずかにしろー HRはじめるぞー」
【さくら】「………美杉くん…ボクが…あ、なんでもない…」
【ハルカ】「おら、後で返せよ?」
【れもんPL】 扉を開けて 先生が教室に入ってきた。
【れもんPL】 【先生】「そこぉ! いつまでさわいどるか。 早く席にもどりなさい」
【ハルカ】「はーい」
【美杉】「っと。初日から目立たない方がよさそうだね」十分目立つが。
【ハルカPL】 竜太の隣の席に座るハルカ、美杉の隣の席に座るさくら。
【GM/竜太】「(匂いをかぐまね)」
【ハルカ】「や、やめろよ…ったく」
【れもんPL】 【先生】「さて・・・・」先生がHRを始めようとしたときに教室の扉が再び開く。
【女の子】「す、すみません〜遅刻しましたの〜」
【女の子】「ペット屋さんからハムスターが逃げ出して〜追いかけられたの〜」
【ハルカ】「ん…?」
【れもんPL】 入ってきたのは中学生に見える女の子。
【GM/竜太】「・・・(きゅぴーん)」
【れもんPL】 なぜか猫耳付カチューシャをつけて
【ハルカ】「竜太。おい、あいつ…」(ぼそぼそ
【美杉】「・・・ハムスター?(知らない)」
【れもんPL】 制服の上に三日月型のポケット付エプロンをつけている。
【れもんPL】 【先生】「君は〜初日から遅刻かね〜? いいから席に着きなさい」
【女の子】「は、はい〜」女の子は教室の中を小さくなりながら、空いた席に近づく・・・
【GM/竜太】「・・・似てるね」
【れもんPL】 と そのとき竜太と女の子の目が合った。
【女の子】「あ、あなたは・・・・こんなに早く出会えるなんて・・・」
【美杉】「?竜太くん、知り合い?」
【GM/竜太】「・・・レモン?」
【れもんPL】 【レモン?】「あ・・・自己紹介がまだでした」
【れもんPL】 ぺこりと頭を下げながら 挨拶をする。
【れもんPL】 【レモン?】「私は、野田レモンっていいます。」
【美杉】「・・・・・・え?」
【レモン】「パパを助けるために17年後から来ましたの」
【ハルカ】「…やっぱ、な。出来沢、お前も顔合わせてるはずだぜ」
【レモン】「会いたかったよ・・・ぱぱ」
【れもんPL】 そういって 竜太に抱きつく
【ハルカ】「…ってちょっと待て、パパぁ!?」
【ハルカPL】 竜太とれもんの間に、割って入る様に。
【GM/竜太】「・・・え・・・まさか」
【レモン】「うん 竜太さんはレモンのパパなのw 助けに来たのw」
【れもんPL】 満面の笑顔。うそや冗談には見えない。
【美杉】「・・・随分と大きいお子さんだね?(混乱中)」
【ハルカ】「誰と誰のっ!?」
【レモン】「ぱぱとままの娘だよー」竜太にすりすり
【れもんPL】 いっせいにざわめく教室。
【GM/竜太】「・・・(ぐっばい、ボクの静かな高校生活)」
【れもんPL】 【男子生徒】「竜、竜太おまえ、いくつのときの子供だよ・・・」ざわざわ
【美杉】「…えーと、なんて言ったらいいのかわからないけど…お幸せに?」
【れもんPL】 【女子生徒】「手だけじゃなくて、あっちも早かったんだ・・・」ざわざわ
【れもんPL】 【先生】「あ〜野田君・・・あとで生徒指導室に来なさい…初日に招待したのは初めてだよ…」
【ハルカ】「いや、そのママって誰だっ!!」
【GM/竜太】「・・・あー、れもん、話は後で聞くから話してくれないかな」
【レモン】「知りたいの〜?(ジーと見つめた後)教えないの〜」すりすり
【ハルカ】「………っ」
【ハルカPL】 糸が途切れた様に失神して倒れるハルカ。(笑)
【れもんPL】 阿鼻叫喚興奮の坩堝の教室。
【れもんPL】 まだまだ竜太の物語は終わりそうに無い・・・・
【GM/竜太】「・・・がっくり」
【れもんPL】 それでも・・・明日は確実に続いていた

【れもんPL】 ふふふ 最後の伏線発動ですw
【美杉PL】 ・・・ん?入学式に転校生?(w
【れもんPL】 エレベータ式の学校だから編入生の法が近いかもw
【美杉PL】 ああ、なるほろw
【れもんPL】 まあ新入生なのですがw
【ハルカPL】 登場してよくなったら言って下さいね(笑
【GM】 同じく
【れもんPL】 どうぞー
【れもんPL】 適当に会話した後、新入生登場しますー
【ハルカPL】 なんかこのタイトルだとタイムレンジャーの曲をかけたくなる(笑
【れもんPL】 気にしてはいけないw まあ時間モノのネタですからw
【ハルカPL】 というか、実際タイムレンジャーのED掛けてます(笑
【れもんPL】 きゃーw
【ハルカPL】 …どういう学校ですか、戦場ヶ原学園(w
【ハルカPL】 で………そう来ましたか(鮒
【GM】 やるな連邦・・・
【美杉PL】 早いのか。
【ハルカPL】 17年後って事は…どう見積もっても3年後には…((((((;゜Д゜))))))ガクガクブルブル
【美杉PL】 思ったのですが、竜太とハルカ以外の全員レモンのことを知らないってのは。時間変動による存在消失により。。
【れもんPL】 その辺はお任せしますー
【ハルカPL】 タイムパラドックスですね、間違いなく(w
【美杉PL】 その方が面白そうだからw
【美杉PL】 因子発生させたお陰で二人には記憶があるねんw
【ハルカPL】 GM、切れっ!(w
【GM/竜太】「・・・また・・・これを使わなくてはならないのか(老戦士の目で古ぼけた銃を手に取る)」
目次へ


■ 祭りのあと ■

■ 雑談の話 ■



【れもんPL】 お疲れ様でした〜
【ハルカPL】 お疲れ様でしたー!!(笑
【美杉PL】 やー、楽しかった!最高!
【GM】 いや、こう言うエンディングが来るとはまったく思いませんでした
【れもんPL】 お気に召したようでw 良かったですw
【美杉PL】 なんて予定調和なエンディングなんだ!w
【れもんPL】 未来は変わったのですw
【美杉PL】 っと、そうでしたなw
【ハルカPL】 ハルカ失神、ショックは大きかったです(w
【れもんPL】 このネタのための「野田」という苗字だったのですよw
【GM】 GJ!最初から考えてましたか
【ハルカPL】 ぬぅ、恐るべし(笑
【れもんPL】 予定の1つに考えていました〜w
【れもんPL】 なので エンディングで消える必要があったのです〜
【れもんPL】 あクライマックスで
【美杉PL】 じゃあロボを他のクラスにしてキャンペーン化ですな(待て)
【れもんPL】 はうw
【れもんPL】 変えるとしたら・・・実妹(娘)?
【美杉PL】 みんな幸せでしたねー。今回。
【れもんPL】 ドラ○もんは最後はみんな幸せにならないといけないのです(断言)
【GM】 では、皆様一言感想をお願いしまつ
【れもんPL】 好き放題しました〜楽しかったです〜次は因子欲しいですw
【ハルカ】「竜太をゲット出来て大満足。お前のモノは、オレのモノ!」
【美杉PL】 いろんな意味で好き放題できて最高でした。素敵。記録も打ち立てられたので満足。
【GM】 皆様満足頂けたのなら小生それに勝る喜びはございません
【美杉】「ちょっと口惜しいけど、それに替わる幸せがあるから。ボクは満足です」
【れもんPL】 まあ ドラ○もんというより タ○ミネ○タ○やバック○ぅフュー○ャーも混じったけどw
【美杉PL】 あと厨臭いプレイで申し訳ない(鰯
【れもんPL】 あと・・結局今回もノリで自爆w
【ハルカPL】 なんというか、性とは何か…を考えさせられるセッションでした(鰯
【GM】 えー?
【美杉PL】 俺が女装大好き人間だからですなw<性とは何か
【れもんPL】 しかしレモン…萌えというより燃えな展開だったかも〜ちょっと反省
【GM】 燃えは燃えでいいのですけど
【GM】 ちなみに、今回の兄データ
【GM】 能力 技術:5/0 感情:3/2 肉体:4/1 天与:4/1
【れもんPL】 わーい どの能力で攻撃しても一緒ー(TT)>出来沢さんも
【美杉PL】 ですね。完全に私とれもんちゃんには天敵w
【ハルカPL】 肉体で攻撃してある意味正解?(笑
【れもんPL】 正解ですね〜w
【GM】 因子共鳴 《おでこにこつん》×2《ドキドキシーン》《受け流し》《回想シーン》《その胸に届け》
【れもんPL】 ボクは能力値より、きゅんの使いどころ間違えてはじかれたり、
【れもんPL】 恋愛でコンボ組むのわすれたりが痛かったです
【美杉PL】 途中からマジどうでも良くなってましたw
【美杉PL】 凹むべきポイントはたくさんありすぎた!ルーリングミスもあったし!
【美杉PL】 ・・・まあ、終わり良ければ全てよしってことで。うん。
【れもんPL】 話の展開はほぼ思い通りだったので満足w(引っ掻き回したとも言う)
【さくら】「…大切にして、下さい…美杉くん…」
【ハルカPL】 こちらは…ジャイアソらしくなったかなー(鰯
【れもんPL】 いえいえ〜ジャイアソらしかったですよー かわいかったし〜
【美杉PL】 萌えジャイアソでしたなw
【GM】 兄術は<神の右腕>技術、<悪魔の左腕>肉体、<さぼり癖>感情、<めがね>天与、<いいのがれ>技術、<昼寝>感情、<狙撃L3>技術、<犯罪者すれすれと言うか完全に向こう岸>天与、<意外に優しい>感情
【れもんPL】 一番元ネタから外れていたのはレモンでしょうw
【GM】 たーみねーたーになっちゃったし
【ハルカPL】 ドリルで突撃したりもしましたしね(w
【れもんPL】 未来から来た理由がジャイ○との結婚を邪魔するためが原作だから・・・
【美杉PL】 こっちは・・・どうなんだろ。最初電波だったのが後半普通に。
【れもんPL】 実はあまり変わらなかったりw
【GM】 きっと美杉に因子を奪われるのを防いだんだよ
【れもんPL】 ラブラブを邪魔するときにはコメディの方がやりやすかったので・・・
【美杉PL】 やっぱ私か!w
【れもんPL】 レモンだとどろどろした展開は苦手ですw
【れもんPL】 邪魔する相手は組織を裏切らない人だから・・・美杉さんでも良かったと思うです>相手
【GM】 だって、「ネズミロボ量産」しそうなのはサオトメじゃないか
【れもんPL】 たしかにw 一番しそうな組織ですw
【美杉PL】 俺もそう思った!w
【GM】 「街から消滅」してなければサオトメが回収して因子無しで解析、量産して「歴史は変わらなかった」と。たーみねーたーっぽくなるかなって思った
【れもんPL】 キャンペーンならそれもありだと思うですー
【ハルカPL】 でもそれはそれで怖い未来です(w
【れもんPL】 でもあえて今回はひねってみましたw
【れもんPL】 あと娘=竜太が作ったロボット の可能性もあえて残して有りますw
【美杉PL】 ああ、そういやそうですなw
【GM】 ありゃ
【れもんPL】 人間なんていってないもん〜もん〜もん〜(エコー)
【ハルカPL】 !?Σ( ̄□ ̄;)
【美杉PL】 パパとママ、って言われたからw
【れもんPL】 ロボットの場合 竜太(作った人)&レモン(元になったデータ)でパパ&ママも可だし
【GM】 ふむ。実は美杉と共同開発とか>ぱぱまま
【れもんPL】 作った後、夫婦になった竜太がそう呼ばせていた可能性もあるです
【美杉PL】 ・・・そういえば天才でしたな。あー、キャラ作成委員長組むべきだった。
【ハルカPL】 ハルカ、委員長持ちなので案外頭良いかも(w
【れもんPL】 まあ 確定していない未来(設定)は夢幻と無限の可能性があるのですよw 多分w
【美杉PL】 夢幻のごとくー。
【GM】 でも、実娘の可能性も・・・
【美杉PL】 さて、そろそろ締めましょうか(^^;
【れもんPL】 このネタをやるには…最後じゃないといけないわけでw
【れもんPL】 はいですw
【ハルカPL】 ハルカと竜太の子供か…(笑
【GM】 サイドBとやかるかもしんない
【れもんPL】 そのときは見学したいですw
【ハルカPL】 おお、SideBですか!?見学させて貰います(w
【GM】 もう少しまともな性格にしたほうが良いなかぁ
【美杉PL】 同上〜w
【れもんPL】 参加するキャラしだいだと思うです
【GM】 中身に興味がない下着ふぇち。興味を持ち始めると結構スケベだし
【れもんPL】 竜太がまともじゃない>それ以上に変な人レモンでキャラ立てましたし
【美杉PL】 道理で勝てないわけだ!ただの女装だしな!w
【ハルカPL】 いや、竜太らしいといえばらしいのでこれでいいかと(笑
【ハルカPL】 というか…結局一番まともなのハルカ?(w
【れもんPL】 あやとりのネタは欲しかったかもw>竜太
【美杉PL】 間違いなくw<マトモ
【れもんPL】 うん ハルカさん正統派萌えw
【美杉PL】 あやとりの要領で単分子ワイヤーや鋼線を使う竜太。いや何か方向性違う
【GM】 ハルカさん唯一の真人間だし
【ハルカPL】 【数年後の偽ハルカ】「あやとり…ってオレを夜ごと縛ってる奴が何言ってるんだよ…」
【美杉PL】 ぶはははは!
【れもんPL】 元ネタではあやとりで縛っていましたね〜(変な怪物を)
【ハルカPL】 まぁ、徐々に竜太に染められていく事でしょう(鰯
【GM】 やりたかったよ・・・
【れもんPL】 元ネタといえば〜あのセリフがいえたので満足ですw>男になれ
【GM】 でも健全な中学生だし
【ハルカPL】 ですねー(w
【れもんPL】 実は健全w
【美杉PL】 下着剥ぎ取るだけですからな・・・って健全なのか。
【れもんPL】 あくまで子供のいたずらの延長でしかないからね〜
【GM】 ハルカさんと付き合いだすとすごく健全になったじゃないか
【美杉PL】 スカートめくりみたいなものか・・・
【GM】 それにしては悪質だけど
【ハルカPL】 まぁ、対象が全てハルカに向いただけかもしれませんが(w
【れもんPL】
【美杉PL】 しかし、最後まで剥ぎ取られなかったなあw
【GM】 神業・対象外
【ハルカPL】 で、ハルカも受け入れるモノだからその分濃密に…(待て待て待て
【れもんPL】 ロボットは対象になるんだw
【美杉PL】 あの時は女だったのに〜w
【GM】 でも野川さんは対象になってたなぁ
【ハルカPL】 というか、さくらの下着を知らずに抜き取っていた竜太…一生の不覚?(w
【美杉PL】 だろうねえw
【れもんPL】 トラウマになりそうですーw
【ハルカPL】 (まぁ、性別を全然決めていなかったというのもあるんだが(笑
【美杉PL】 戸籍上は男性って事になってるってだけなんだよ、きっと。(えー
【GM】 再起不能寸前
【ハルカPL】 大丈夫、ハルカがいる!(w
【れもんPL】 大丈夫 れもんもいる!(おひ
【美杉PL】 大丈夫、・・・いや無理だ。
【ハルカPL】 そしてさくらもi(ZAPZAPZAP
【れもんPL】 わーい 竜太君幸せものだ〜w
【美杉PL】 幸せなのかw
目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。