文責:S

CSTオンラインセッション

「 戦国に咲いた華 」


■ 目次 ■

オープニング1 :羽陣姫『鉄に魅せられし姫』
オープニング2 :律『星詠みの姫』
オープニング3 :木曽 来夏『男子3年会わざれば・・・』
 ミドル1   :羽陣姫『地に降り立つ鋼の姫』
 3W・発覚イベント:木曽 来夏『同じ場所にいたかった!』
 ミドル2   :木曽 来夏『月下の二人』
クライマックス1:律『選択の一夜』
エンディング0 :木曽 隆虎『出奔』
エンディング :羽織姫・来夏・律『空の下の4人・漫遊すること』


■ ガイダンス ■

【謎の男/GM】「……皆さんお揃いのようですね。それでは早速始めましょう。こちらが、今回のターゲッ トです」

木曽 隆虎(きそ たかとら)

年齢:19歳
身長:179cm
体重:78kg
容姿:眉目秀麗。大柄な体に気品溢れる言動

義妹の国の南部3郡を支配する豪族木曽家の次男坊
乗馬と槍の名手で、近隣に並ぶものはない豪の者である
兄は逆に謀略家であり、そりは合っていない


 
    《関連》
  • 父は近々隠居を考えている模様
  • ちなみにまだ結婚はしていない
  • 弓は兄より下手らしい
  • 名馬に目が無い

「以上がターゲットおよびその周辺の概要です。









「それでは御唱和を」

「「「地には平安を! 天には公正を! 我らには《因子》の英知を!」」」


■ 義妹PC一覧 ■

“灼熱のからくり姫”
羽陣姫(ばじんひめ:通称)/“犀怒馬車”(さいどばしゃ)
PL:ALC卿
所属組織:サオトメ機関
クラス:月/コンビ・審判/ロボ・皇帝/高貴


“め、面妖面妖言わないでください”
木曽 来夏(きそ らいか)
PL:ネコミミ卿
所属組織:World Women War
クラス:運命の輪/来訪者・世界/実妹・戦車/ボーイッシュ


“星詠みの姫”
律(りつ)
PL:佐渡卿
所属組織:世界論考
クラス:死神/過去の旅人・女帝/癒し系・法王/チャネリング


なお、各PCの詳細データに関しては、別途資料
セッション追加ルールに関しては、ガイダンスを参照のこと

このセッションは、CST:basic−style−SYS Ver1.40を使用して行われたものです。




【GM】
【GM/隆虎】
【GM/隆雄】
【羽陣姫PL】
【来夏PL】
【律PL】
【羽陣姫】
【来夏】
【律】
【見学ジェントル】
目次へ

■ 開幕前 ■


【GM】 開始しても大丈夫ですか?PL諸兄
【律PL】 覚悟完了w
【来夏PL】 いつでもどうぞ
【羽陣姫】「うむ、犀怒馬車も意気揚々と待ちかまえておるわ」
【GM】 よし、では、戦国兄「戦国に咲いた華」開始いたします
【GM】 質問事項はございますか?
【来夏PL】 特に無いです
【羽陣姫PL】 特にはないです
【律PL】 ……そうですね。特に浮かびません。
【GM】 では、ご唱和願います。ジェントル☆プレイ!
【来夏PL】 紳士遊戯!
【羽陣姫PL】 ジェントル・プレェェェェェイっ!!!!!
【律PL】 じぇんとる☆ぷれぇーいw
【GM】 では、シーンオークションを行います
【GM】 きゅんの使用s年限を
【GM】 使用宣言を
【来夏PL】 きゅんなし
【羽陣姫PL】 きゅん1です。
【律PL】 使用しません
【GM】 では、ダイスロール
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 12(3D6: 4 3 5) = 12
【律PL】 RITU: 8(2D6: 4 4) = 8
【来夏PL】 raika: 5(2D6: 3 2) = 5
【GM】 順番希望は? 姫>律>来夏さんの順で
【羽陣姫PL】 一番槍ー
【来夏PL】 殿
【律PL】 では、二番目ですね
【GM】 じゃあそのまま、姫>律>来夏さんの順で
【来夏PL】 しんがり、ですw
【GM】 なるほど。では、ちとOP0をやりまつ
【羽陣姫PL】 はーい
【来夏PL】 はい
【律PL】 了解ー

【GM】 準備できてきた・・・
【見学torazou】 お邪魔です
【GM】 いらっさい
【律PL】 ……自分は大文字。これで識別してくださいませw>ニックネーム
【見学SIN】 表は大奥ぢゃないのー(ぉ
【羽陣姫PL】 何故に(w
【見学SIN】 なんとなくw
【見学R695】 三⊂_つ・ω・)つ
【見学R695】 おもてもいきますー。
【GM】 いらっさい。表もさくっとどうぞ
【律PL】 今日のダイスはそんなに悪くないかな?<前回散々だったw
【羽陣姫PL】 今回は好調好調(笑
【律PL】 振るダイス振るダイス、皆1足りないんだモンなぁ(とほほ)
【見学yuki_21】 ぅぃ…表から入ってすまそ…
【羽陣姫PL】 キニシナイ!(w
目次へ

■ オープニング0:木曽 隆虎『風の如くに』 ■


【GM】 隆虎は屋敷を着流しでぶらぶらと歩く。
【GM】 それを見つけたのが兄の隆雄だった
【GM/隆雄】「・・・また遊び歩いているのか? 兵の訓練を任せていたはずだが?」
【GM/隆虎】「訓練訓練と、兄者は今度はどこを攻めるつもりじゃ。夏に田中とひとあてしたばかりじゃろう?」
【GM/隆雄】「備えあれば、というものだ」
【GM/隆虎】「兄者のやり方は敵を作りすぎる・・・賛成は出来ないな」
【GM/隆雄】「これも戦国の習いだ」
【GM/隆虎】「俺は兄者の戦の道具にされるのは真っ平ごめんだ」
【GM/隆雄】「勝手なことばかり言うな。父上も最近めっきりと元気がなくなってきた。我ら兄弟で木曽の家を守らずどうする」
【GM/隆虎】「家などに縛られる生き方などつまらないだけだろう・・・俺は俺のやり方で木曽の名を残すさ」
【GM】 言い捨てて馬に飛び乗り、走り去る隆虎。舌打ちする隆雄。義妹の国の南部3郡を支配する豪族木曽家の次代は・・・怪しいのかもしれない

【律PL】 あー、予想していたとはいえ、ホントに兄弟仲が悪いw
【羽陣姫PL】 予想通りですね(w
【来夏PL】 けど堅物兄と放蕩弟、って感じです
【律PL】 ですね。でも後方兄と現場弟の考えの違い、のような印象も。
【GM】 キャライメージは兄が松永久秀、弟が前田利益で(w
【律PL】 うわ、いきなりイメージが湧いた。みょーにリアルにw
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】 以上っす
【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー
【律PL】 おつかれさまです。
【来夏PL】 お疲れ様です
【GM】 では、羽陣姫、シーン定義お願いします
【羽陣姫PL】 それでは、兄が帰ってくると中庭でたすきを掛けた姫が頑張っています。
【羽陣姫PL】 鉄の山の傍らには鋼の馬が二頭。もちろん“犀怒馬車”の一部分です。
【羽陣姫PL】 …てな具合に。
【GM】 りょーかい。妹術と秘蹟なんかは?
【羽陣姫PL】 秘蹟は無し、妹術は〈ゆたかな髪〉〈相似形のテレパシー〉で。
【GM】 タイトルは?
【羽陣姫PL】 『鉄に魅せられし姫』で。
【GM】 うい。


目次へ

■ オープニング1:羽陣姫『鉄に魅せられし姫』 ■


【GM】 隆虎は日課の散策を終え、屋敷に戻ってきた
【羽陣姫】「んしょ、んしょ…」
【羽陣姫PL】 帰ると、屋敷の庭は足の踏み場もなくなっていた。
【羽陣姫】「お、兄者兄者!」
【GM/隆虎】「・・・なんじゃなんじゃ。・・・と、羽陣か。これは一体なんじゃ」
【羽陣姫PL】 鋼の塊が散らばる庭の中心には、二頭の馬。そして鋼の山。
【羽陣姫】「妾の新しき“からくり”じゃ」
【GM/隆虎】「・・・からくり?南蛮のからくりか?」
【羽陣姫PL】 端整な顔立ちをした白き鉄の馬が、隆虎にすり寄ってくる。
【羽陣姫】「んー、それともまた違うのう。前田甲庵殿から“ヨロイ”について教わったのじゃ」
【羽陣姫】「じゃから、その細工を“犀怒馬車”に施しておるのじゃ♪」
【GM/隆虎】「さいどばしゃ。・・・動くのか?」
【羽陣姫PL】 黙っていれば姫と誰もが認めるゆたかな髪を振り乱し、飛び跳ねる。
【羽陣姫】「無論じゃ!組み込みが終われば無事に動き出そうぞ…じゃがな」
【GM/隆虎】「ふむ?」
【羽陣姫】「もう一人の兄者には、あまり見せたくないのじゃ」
【羽陣姫】「戦の道具にしたがるのは目に見えておるからの」
【GM/隆虎】「隆雄兄上か?まぁ、そうじゃな」
【羽陣姫】「…じゃから、これは隆虎兄者だけに見せるのじゃ」
【GM/隆虎】「(しかし、あの倹約家の兄者に隠れてよくもこれだけのものを作るなぁ)」
【羽陣姫PL】 煤に染まった手で、髪を整えつつ。
【羽陣姫PL】 で、“燃え”攻撃。
【GM】 かまーん
【羽陣姫PL】 〈ゆたかな髪〉〈相似形のテレパシー(馬)〉 きゅん1、天与。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 6(3D6: 3 2 1)+5 = 11
【羽陣姫PL】 通ればDP8。
【GM】 GM-S: 7(2D6: 3 4) = 7
【GM】 通しです
【羽陣姫PL】 うい。(笑)
【GM/隆虎】「ふむ。いつごろ動くのじゃ?」
【羽陣姫】「ああ、攻城穹と六連装種子島を操演宮に通せば終わりじゃから…あと半刻も掛からぬ」
【GM/隆虎】「ほう。ではここで見ていよう。羽陣が組み立てるのか?」
【羽陣姫】「無論妾じゃ。兄者に分かるはずもあるまい?」
【羽陣姫PL】 悪戯っぽく笑うと、鋼の馬を兄にあしらい鋼の山に登る姫。
【羽陣姫PL】 実に手際よく、巨大な“鬼”。にも似た鉄人が組み上がっていく。
【GM/隆虎】「ふむ。この馬は馬だけで動くのか?」
【羽陣姫】「左様、右が“天上”、左が“天下”と言うのじゃ」
【羽陣姫PL】 その仕草、体格、鳴き声は普通の馬と大差はない。
【GM/隆虎】「ふむ・・・よく出来ておる」本物の馬にするように撫でている
【GM】 萌え攻撃
【羽陣姫PL】 かもんっ
【GM】 <馬知識><馬LOVE>技術で、きゅん1
【GM】 GM-S: 14(3D6: 2 6 6)+4 = 18
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 6(2D6: 5 1)+1 = 7
【羽陣姫PL】 無理です、はい。
【GM】 10DPです
【羽陣姫PL】 拝領。
【羽陣姫】「そうか、そうかっ?きゃつらは苦心の作なのじゃっ♪」
【羽陣姫PL】 【天上/天下】「ブルルル…」
【GM/隆虎】「うむ。羽陣はたいしたものじゃ」なでなで
【羽陣姫PL】 その言葉と撫でに、1人と2頭は嬉しそうにしている。
【羽陣姫】「組み上がったら、真っ先に兄者に見せてくれるぞ…?」
【羽陣姫PL】 この時ばかりは、年頃のおなごの顔である。
【GM/隆虎】「それは楽しみじゃ」
【GM】 で。シーン切ります?
【羽陣姫】「うむ、楽しみにしておれっ!」

【羽陣姫PL】 まずは帰ってきてください(笑
【GM/隆雄】「暗殺の後の茶も格別・・・」
【律PL】 最期は茶釜に爆薬詰めて自爆かw>隆雄
【GM】 どうだろう
【律PL】 あー。大火力だなぁ。「兄者、戦は火力じゃ!」ですかw
【羽陣姫】「その割りに、でーぴーは低調じゃがの」(´・ω・`)
【GM/隆雄】「妹よ済まぬ。当家には種子島は6丁もない(をい」
【律】「ああ、それでは無理もありませんね(w」>低調
【羽陣姫】「甲庵殿から幾つか融通して貰ったので問題はないのじゃ♪」
【来夏】「私が家を出るときも貧乏でしたものね」
【律】「甲庵殿……一体どうやって手に入れたのでしょうかね、あの方も」
【羽陣姫PL】 馬好きなんだなぁ、兄…(w
【律PL】 種子島よりむしろ、騎馬隊が充実してそうw
【来夏PL】 武田家かw
目次へ

■ 幕間 ■


【律PL】 おつかれさまですー
【GM】 お疲れ様です
【GM】 次は律さんのシーンになります
【GM】 シーン定義等をお願いします
【律PL】 はーい。では夜中の庭で、一人で月でも眺めて居てください。律も一人で「偶然」そちらに行きますので。
【GM】 はいな。
【律PL】 秘蹟は未使用で。
【GM】 妹術は?
【律PL】 〈甘い香り〉〈ずっと見ていました〉辺りを予定しています。
【GM】 じゃあ兄から攻撃すればよいのか。了解
【GM】 では、タイトルを
【律PL】 ……浮かばないw まんま『星詠みの姫』で
【GM】 ういさ

【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー(w
【来夏PL】 おつかれ〜
【見学misuta】 おつかれ〜
【GM】 ・・・あ、論考か
【羽陣姫PL】 ぬぅ、なるほど(w
目次へ

■ オープニング2:律『星詠みの姫』 ■


【GM/隆虎】「おう、いい月じゃ・・・月見酒と洒落込むか・・・」
【GM】 寒空の下、やっぱり着流しで縁側に出て空を見上げ、風流を楽しむ隆虎
【GM/隆虎】「(くい)いい月と、いい酒・・・いい女がいれば言うことはないんだがな」
【律PL】 そんな事を呟きながら杯を傾けていると、ふ、と辺りの雰囲気が変わった。
【GM/隆虎】「・・・ふん?」
【律PL】 先ほどまで聞こえていた虫の音や、遠く感じていた人の気配が、全くしない。
【GM/隆虎】「・・・」(何気ない様子だが太刀の位置を確認したり)
【律PL】 そして、庭の方から、微かに甘い香りが漂って来る。
【律PL】 すぐに、人の気配、ついで小さな足音が聞こえてきた。
【GM/隆虎】「・・・面妖な。物の怪の類か?」
【律PL】 思ったよりも近く、丁度、大きな松が影を落としている辺りに、小さな、女のような人影が見えた。
【??】「物の怪ですか……。人によってはそういう風に呼ぶ方もいるようですね」
【GM/隆虎】「・・・ふむ。物の怪でもこの際良い。ちこう寄れ。酌をいたせ」
【律PL】 優しげな声と共に、白い影が月の光りの下に出てきた。
【??】「こんばんは、隆虎様。……そうですね。それも良いかもしれません」
【GM/隆虎】「ふむ。俺の名を知っているのか」
【律PL】 見知らぬ顔。羽陣姫と同じくらいの背、巫女装束につつまれた体つきも、似たようなもののようだ。
【律PL】 その髪と肌は雪の様に白く、瞳と唇は血の様に紅い。
【律】「はい。よく存じ上げていますよ」
【律PL】 にっこりと微笑み、しずしずと傍に歩いてくる。
【GM/隆虎】「ふむ・・・まさに月下美人といったところか」
【GM/隆虎】「そうして月明かりの下にいればまるでかぐや姫のようだ」
【GM/隆虎】「おぬし、名は?」
【律】「ふふ……ありがとうございます。隆虎様はこの姿を見ても恐れたり、厭とましく思ったりはしないのですね」
【律】「はい、律、と申します」
【律】「こちらで星を詠む役目をさせてもらっています」
【GM/隆虎】「・・・ほう、貴殿が星詠みの律か・・・噂は聞いていたが。よぼよぼのばばぁかと思っていた」
【律】「ふふ……そうですね。先代はその通りの方でしたよ」
【GM/隆虎】「・・・飲むか?」杯を渡す
【律PL】 隆虎の隣に腰をおろす。
【律】「ありがとうございます」杯をうけとる。
【律】「隆虎様の方も、色々な噂をお聞きしていますよ」
【GM/隆虎】「ふふ・・・どのような?」
【律】「この国に並ぶもののいない豪勇の将。遊び歩く放蕩息子、という噂もお聞きしました」
【律PL】 楽しそうに笑いながら、隆虎に酌を。
【GM/隆虎】「まぁ、戦場で自分より強い奴に会ったことはありませんな」
【GM】 笑いながら、くいっと飲み干す
【GM】 萌え攻撃
【律PL】 どぞー
【GM】 <酒豪><俺より強い奴に会いに往く>肉体で
【GM】 GM-S: 7(2D6: 6 1)+5 = 12
【律PL】 きゅん1でいきます
【GM】 通らば11DP
【律PL】 RITU: 11(3D6: 4 4 3)+3 = 14
【律PL】 防御。
【GM】 はじかれたか
【律PL】 では、二、三杯を傾けてからじっと隆虎の目を見つめます。思わず飲まれそうな視線で。
【GM/隆虎】「・・・む?」
【律PL】 ウェーブ照射、きゅん3点使用。
【律】「……ふふ……本当に、そのままですね」
【GM】 受理
【律】「ずっと見ていた通りのかたですね、隆虎様。律は安心しました」
【GM/隆虎】「ほう?」
【律】「隆虎様は、律がなぜ一人でココに居たか、お分かりになりますか?」
【律PL】 年齢相応の笑顔で。
【GM/隆虎】「まったく見当もつきませんな」
【律】「ふふ……理由は二つ。一つは……この日、この時、この場所で。隆虎様に初めてお会いできるからです」
【GM/隆虎】「ふむ。確かに会えましたな」
【律】「律は……ずっと。星を見ながらこの日を楽しみにしていました。そして、あなた様が星詠みそのままの方で、今、とても嬉しいです」
【律PL】 にっこりと、満面の笑顔。
【GM/隆虎】「それは良かった。(くいくい)」
【律PL】 年下の少女のようにしか見えないが、その艶っぽさは、とても少女には出せない。
【律】「ふふ……ですから、暫く、こうやって居ても良いですか?」
【律】「今はまだ、寝所に帰る訳にはいきませんから」
【GM/隆虎】「うむ。もう遅いな・・・朝になったら送ろうか?」
【律】「ありがとうございます。ですが、後二刻ほどで構いません。そうすれば隆雄様もご自分の寝所へお帰りになられますから」いだずらっぽく笑って。
【律PL】 そのままくい、と杯をほす。
【GM/隆虎】「ふむ・・・いい飲みっぷりじゃ」
【律】「ありがとうございます。……隆虎様はお酒もお強いのですね」
【GM/隆虎】「無論・・・こっちでも俺より強い奴には会ったことがない」
【律】「さすがですね、隆虎様」
【律PL】 そう言ってから、少し表情を改める
【GM/隆虎】「・・・ん?」
【律】「隆虎様。これから、この家は少しばかり大変な事になるかと思います」
【GM/隆虎】「・・・ふむ?」
【律】「力の強い星が多く絡み合っているので、律にも、あまり良く見えないのですが。……ですから、お気をつけ下さい」
【律PL】 攻撃ー
【GM】 かまーん
【律PL】 〈甘い香り〉〈思いやり〉〈(星詠みで)ずっと見ていました〉きゅん2 天与
【GM】 来い!
【律PL】 RITU: 18(4D6: 1 6 5 6)+4 = 22
【律PL】 とーらば、6+1+5で、12DP!
【GM】 GM-S: 6(2D6: 1 5) = 6
【GM】 通るさそりゃ
【律PL】 星が味方してくれたw
【GM/隆虎】「ご忠告ありがたく受け取ろう」
【律】「ふふ……律は隆虎様が好きですから、ずっと見ています。あまりお役に立てませんが、星を詠むことと、祈ることくらいはできますから」
【GM/隆虎】「それはありがたい」
【律】「ですから……そのかわりに、隆虎様のお話を聞かせてくれませんか?」
【GM/隆虎】「よろしかろう」

【律PL】 シーン描写はまずそちらにお願いします。
【律PL】 一番年長だな。見た目はどっこいどこいだけどw>22歳
【羽陣姫PL】 年中〜(w
【来夏PL】 最年少
【羽陣姫PL】 ちぃ(w
【羽陣姫PL】 被弾すればよかったのになぁ…(酷いです
【GM】 いわれてみれば姫二人はいきおk(殴打)
【羽陣姫】「どうせ謀りのダシにされるだけなのじゃっ」
【GM/隆雄】「戦国の世の習いじゃ」
【GM】 ちなみに描写に隆雄を使いたいならご自由に
【律PL】 OK.でもここでは出てきません(笑)
【律PL】 ヤツは今律の寝所に夜這いかけてる予定なので(笑)
【羽陣姫PL】 エロ兄なのか…もう一人は(w
【GM】 奴は女には淡白だぞ。奥さんいるし
【来夏PL】 いるのか!
【羽陣姫PL】 居たのか!
【律PL】 星詠みが欲しいだけとも言うw。仲そのものは最悪レベルだと考えてたし
【律PL】 びくりw
【来夏PL】 つまり浮気ですな、エロヤロー
【GM】 政略結婚でとってきた。ちなみに奥さんの実家はそれで油断させて滅ぼしちゃったが
【律PL】 さすが久秀w
【GM】 たぶん妹も輿入れして滅ぼすくらい平気でやると思うね
【GM】 ・・・久秀って言うより宇喜多直家だなぁ(笑)
【律PL】 律をゲッツできると、後継者争いもその先の戦争も有利だから、皆血眼かもw
【GM】 後継争いって?
【羽陣姫PL】 兄同士の確執?
【律PL】 兄弟仲悪いと、本人に気が無くても御輿に担ごうって蠢動する連中がいるだろうから。
【律PL】 戦国だしw
【GM】 木曽家は砦二個持ってる程度の豪族だからなぁ。そんなものあるのかなぁ
【GM】 あるか。
目次へ

■ 幕間 ■


【律PL】 おつかれさまです。
【GM】 おつかれさま
【GM】 ラスト、来夏姫です
【来夏PL】 シーンは山賊に絡まれてるところに兄が迎えに来てください
【GM】 ほほう
【来夏PL】 使用秘蹟はなしです
【GM】 タイトルと妹術は?
【来夏PL】 予定妹術は2人乗り、タイトルは「男子3年会わざれば…」

【律PL】 むむ、まとめきれず延びてしまった。申し訳ない。
【来夏PL】 おつかれ〜
【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー
【GM】 おつかれー
【見学misuta】 お疲れ様〜
【GM】 ちなみに、言っておくと、木曽家は義妹の国の守護職から見てずっと下ですので。
【GM】 多分、律殿より立場弱いです
【羽陣姫PL】 なるほど(w
【律PL】 思ったよりも偉かったのかw
【律PL】 兄上、白馬にのって助けるのだw
【GM/隆雄】「任せておれー」
【羽陣姫】「そっちの兄者じゃないのじゃっ」
【GM/隆雄】「しくしく」
【律】(嘲りの視線)w
目次へ

■ オープニング3:木曽 来夏『男子3年会わざれば・・・』 ■


【来夏PL】 領地の境界線近くの山道、そこには山賊らしき数人の男と外套を羽織った1人の人物、矢にいられて死んだ1頭の馬が
【来夏PL】 【山賊】「おい坊主!大人しく身包み置いてとっとと失せろ!」
【来夏PL】 下品な笑いが山にこだまする
【来夏】「…君達は謝らなくてはいけないことが3つある、一つは愛馬である恋歌を殺したこと」
【来夏】「1つは兄上に会うことを邪魔したこと」
【来夏】「最後は…私に喧嘩を売ったことだ」
【来夏PL】 【山賊】「ごちゃごちゃ訳わかんないこと言ってんじゃねえぞ!」
【GM/隆虎】「・・・何をしておる?」
【来夏PL】 【山賊】「はぁ?引っ込んでろ色男!」振り向いて
【GM/隆虎】「・・・俺が色男か。久しぶりに言われたな。気分が良いから見逃してやろう」
【GM/隆虎】「見逃してやるからとっととうせろ」
【来夏PL】 【山賊】「…はっ!それじゃおまんまの食い上げなんだよ!」
【来夏】「この程度のごろつき、物の数ではありませんよ、兄上」外套を脱ぐとポニーテールの少女に見える少年が
【来夏PL】 【山賊】「女か、それじゃあ体の方もいただいちまおうか」
【GM/隆虎】「・・・うちの領内で野盗をのさばらせるのも気分がいい話ではないか」
【GM】 すらりと刀を抜き放つ
【GM】 萌え攻撃
【来夏PL】 どうぞ
【GM/隆虎】「ふんっ!」剛刀一振りで野盗が二人まとめて切り捨てられる
【GM】 <刀術><虎の眼差し>技術で
【GM】 GM-S: 10(2D6: 5 5)+4 = 14
【来夏PL】 きゅんなし
【来夏PL】 raika: 10(2D6: 5 5)+2 = 12
【GM】 9DP
【来夏PL】 いただきます
【来夏PL】 【山賊】「ひぃ!引くぞてめぇら!」山賊はあわてて逃げ出す
【来夏】「さすがです、兄上」刀を抜こうとしたがあっさりかたずけちゃったので収めます
【GM/隆虎】「逃がさんっ!」ざくざくざく
【GM/隆虎】「またつまらぬものを斬ってしまった」
【来夏PL】 山賊は全滅…したと見せかけて物影から弓を構えた山賊が
【来夏】「危ない!獄針剣、針羅万象!」刀から気で出来た針が山賊を刺す
【GM/隆虎】「・・・面妖な」
【来夏】「3年の修行の成果です、兄上」
【GM/隆虎】「三年・・・そうか、三年になるのか」
【GM/隆虎】「・・・面妖な」
【来夏】「め、面妖面妖言わないでください、すごく苦労したんですよ」兄の胸をぽかぽかと叩く】
【GM/隆虎】「・・・おお、済まぬ。
【来夏】「つ、つきましては兄上、兄上の馬に乗りたいのですが」顔を真っ赤にして上目使い
【GM/隆虎】「構わんぞ。・・・何をそんなに赤くなっておる」
【来夏】「何でもありません!久々にあったから緊張してるだけです」
【GM/隆虎】「ふむ。何でも良いがしっかりつかまっておれ」
【来夏】「はい…よろしくお願いします兄上」馬に乗って抱きしめた手は男にしては細く、柔らかい
【GM/隆虎】「・・・鍛え方が足りんな。いついくさになっても良い様鍛えておけ」
【GM/隆虎】「せぃっ!」兄の馬術はかなりのものです
【来夏】「これでも十分鍛えてます!兄上の背中を守るのは私なんですからね!」馬の上でも結構余裕
【GM/隆虎】「そうか、戻ったら一つ勝負して見るか?」
【来夏】「はい、3年間の修行の成果を見せてご覧に入れます!」
【来夏PL】 萌え攻撃
【来夏PL】 <2人乗り>単体、肉体、きゅん2
【来夏PL】 raika: 10(4D6: 4 1 3 2)+4 = 14
【GM】 かるま1防御
【GM】 GM-S: 14(3D6: 3 6 5) = 14
【GM】 おや?防いだ
【GM/隆虎】「ははは、その意気じゃ」

【GM】 描写は?
【羽陣姫PL】 おおっ…萌えの予感!
【律PL】 期待w
【来夏PL】 兄登場していいですよ
【羽陣姫PL】 さぁ、バレイベントが楽しみだ…(気が早い
【律PL】 ぼそぼそ(ごろつきがんばれー!w)
【律PL】 おお、まとめて斬ってるよ、スゲーw
【羽陣姫】「むむ、負けられんのじゃ!」
【GM/隆雄】「そうそう、さっき言い忘れていたが、隆虎の兄かるまが2余ったので何か因子共鳴を買ったようじゃ」
【羽陣姫】「………うぐ」
【羽陣姫PL】 容赦ないな、兄者(w
【律】「……さすが、戦の道理をわきまえていますね」
【見学R695】 容赦ねぇw
【羽陣姫PL】 埋める!?(w
【律PL】
【律PL】 よい、反応ですw
【羽陣姫PL】 あいたたた…(笑
【律PL】 うーむw
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】 おつかれさま
【律PL】 おつかれさまですー
【GM】 では、ミドルに移行します。乱入が解禁されます
【GM】 シーンPL以外は攻撃は2回まで追撃不能
【GM】 登場判定は攻撃に数えない
【GM】 質問がなければシーンオークションに移ります。オークショナーは来夏姫でつ
【律PL】 特に無いですね>質問
【来夏PL】 では能力は肉体で
【来夏PL】 きゅんなし
【律PL】 きゅん使いません
【羽陣姫PL】 きゅん1で。
【来夏PL】 raika: 8(2D6: 5 3)+4 = 12
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 13(3D6: 6 2 5)+3 = 16
【律PL】 RITU: 5(2D6: 1 4)+3 = 8
【GM】 では、羽陣姫、来夏、律の順に希望を
【羽陣姫PL】 ミドル1貰います(w
【来夏PL】 2で
【律PL】 殿ーw
【GM】 了解。ではさっきの順番どおりで
【GM】 羽陣姫、シーン定義を
【羽陣姫PL】 それでは翌日、近所の庵…というか寺に招かれます。
【羽陣姫PL】 約束通り“犀怒馬車”を見せると言って連れ出す形、ですかね
【GM】 ふむふむ
【羽陣姫PL】 …後は成り行きで。登場は技術です。
【GM】 ういさ。タイトルは?
【羽陣姫PL】 『地に降り立つ鋼の姫』で。

【GM】 おつかれさま
【来夏PL】 おつかれ〜
【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー
【律PL】 かるま8には自殺行為かもw>乱入
【羽陣姫PL】 ふっふっふ(w
目次へ

■ ミドル1:羽陣姫『地に降り立つ鋼の姫』 ■


【羽陣姫】「それっ!!」
【羽陣姫PL】 翌朝。隆虎は馬車に乗せられていた。
【GM/隆虎】「おおっ!」
【羽陣姫PL】 羽陣姫が『約束を果たす』と無理に連れ出したのだ。
【羽陣姫PL】 その乗り心地は…あまり良いとは言えないが、疾走感はどの馬、どの馬車よりも強い。
【羽陣姫PL】 走馬燈の如く、川や道が流れていく。
【羽陣姫】「どうじゃ、疾風の如きこの走りは♪」
【GM/隆虎】「早いが・・・うぉっ!乗り心地は最悪だ」
【羽陣姫】「うむ、道が岩とか退けられておらんからの…許せ、わわわっ」
【羽陣姫PL】 それでも、馬車が転げない様に天上と天下は一糸乱れぬ走りを見せる。
【羽陣姫PL】 羽陣姫の豊かな髪は、風になびき隆虎の鼻をくすぐる。
【羽陣姫PL】 で、一撃目。
【GM/隆虎】「いい馬だ・・・いい馬だがっ!」
【GM】 かまーん
【羽陣姫PL】 〈ゆたかな髪〉〈神出鬼没〉〈相似形のテレパシー(馬)〉 きゅん1、天与です。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 8(3D6: 1 1 6)+5+2 = 15
【GM】 GM-S: 5(2D6: 4 1) = 5
【GM】 どうぞー
【羽陣姫PL】 DP15っ
【羽陣姫】「だが、なんじゃっ?ととと…」
【GM/隆虎】「とりあえず止めてくれっ!」(指をびしっと)
【GM】 《おでこにこつん》
【羽陣姫】「あいたっ…分かった、もう着くのじゃ」
【羽陣姫PL】 絶妙な手綱さばきで、速度をみるみる落とす。
【GM/隆虎】「・・・やはり馬車に乗るのは趣味に合わん」げっそり
【羽陣姫PL】 程なく、乗り心地もそれなりに快適な物になった。
【羽陣姫】「すまんのぅ、どうしても大きさが馬一頭では足りぬのじゃ」
【羽陣姫PL】 そう言いつつ、辿り着いたのは寺の門前。
【GM/隆虎】「・・・む?」
【羽陣姫】「甲庵殿ー、甲庵殿ー!!」
【来夏PL】 登場いいですか?
【羽陣姫PL】 妨害無しー。
【羽陣姫PL】 “犀怒馬車”を降りた羽陣姫が、門をどんどんと叩く。
【来夏PL】 能力は肉体?
【羽陣姫PL】 技術(w
【来夏PL】 raika: 7(2D6: 6 1)+2 = 9
【来夏PL】 出れない_| ̄|○
【GM】 失敗ですな
【羽陣姫PL】 ん?ぎりぎり成功では?
【GM】 あ、そうですね。一回成立で目標9です
【来夏PL】 そうだった
【羽陣姫PL/甲庵】「…なんじゃ、羽織殿か。今日は如何なされた?」
【羽陣姫PL】 門を開け出てきたのは、金槌を持った老僧。
【羽陣姫PL】 その老僧が、隆虎にとって聞き慣れない名前を口にする。
【来夏】「ん?お客ですか?甲庵殿」そこには来夏も
【GM/隆虎】「・・・羽織?」
【羽陣姫PL/甲庵】「ああ、羽織殿じゃよ」
【GM/隆虎】「・・・来夏もここにいたのか」
【羽陣姫】「…なんじゃ、兄者も妾の本当の名を知らなかったのか?」
【羽陣姫PL】 少しふてくされる様に、羽陣姫…いや、羽織が兄を見上げる。
【GM/隆虎】「・・・すまぬ」
【来夏】「はい、からくりと法術の両方の長所を合わせた道具を作りたく思いまして」ぺこりと
【GM/隆虎】「確かに・・・羽陣ではあまりいい名前ではないと思っておった」
【羽陣姫】「…って、来夏か?」
【羽陣姫】「まぁ、どちらで呼んでくれても兄者なら構わぬのじゃ」
【GM/隆虎】「そういってくれるとありがたい。羽織と呼ぼうとは思うが癖がすぐに抜けるとも思えぬ」
【来夏】「これは羽陣姫、兄上を連れ出したのはあなたですね」
【GM】 とりあえずこの辺で萌え攻撃
【来夏PL】 どぞー
【羽陣姫】「ん♪ ああ…そうじゃが?」
【羽陣姫PL】 どちらに?
【GM】 >羽陣
【羽陣姫PL】 はい。
【GM】 <馬LOVE><風の如くに>感情で
【GM】 GM-S: 9(2D6: 5 4)+4 = 13
【GM】 通らば9DP
【羽陣姫PL】 きゅん1。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 14(3D6: 6 2 6)+3 = 17
【羽陣姫PL】 排除。
【羽陣姫】「そうじゃ、折角だから…来夏にも付き合ってもらうかの♪」
【来夏】「何をですか?」
【GM/隆虎】「・・・何をするつもりだ?」
【羽陣姫】「“犀怒馬車”の真の姿をお披露目するのじゃ」
【羽陣姫PL/甲庵】「…ああ、それで今日は来られたのか。良いじゃろう」
【羽陣姫】「うむ、城だともう一人の兄者に見られるからのぅ」
【羽陣姫PL】 で、二撃目行きます。
【GM】 かまーん
【羽陣姫PL】 〈ゆたかな髪〉〈神出鬼没〉〈相似形のテレパシー(前田甲庵)〉〈お披露目してもよくってよ〉 きゅん1、天与!
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 6(3D6: 1 4 1)+5+2 = 13
【羽陣姫PL】 墓穴(w
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 6(1D6: 6) = 6
【GM】 どうしたものかな。かるま1で抵抗
【GM】 GM-S: 7(3D6: 1 1 5) = 7
【GM】 通し
【羽陣姫PL】 DP17。
【GM】 墓穴は?
【羽陣姫PL】 6DPです
【GM】 それはいい数字だ
【GM/隆虎】[
【GM/隆虎】「ふむ、真の姿とは?」
【羽陣姫】「ふむ…では兄者、来夏。刀を抜いてくだされ」
【GM/隆虎】「・・・こうか?」すらりと刀を抜く
【来夏】「…真の姿?」
【来夏】「分かった」刀を抜く
【羽陣姫】「うむ、妾も手加減はするが…試合の形なら分かりやすいじゃろ?」
【羽陣姫PL】 そう言い悪戯っぽく笑うと、再び犀怒馬車に飛び乗る。
【羽陣姫】「では、往くぞ。“犀怒馬車”鎧変化っ!!」
【羽陣姫PL】 羽陣姫が勢いよく手綱を引くと、二頭の馬が跳ね上がる。
【羽陣姫PL】 馬の脚や頭は折り畳まれ、巨木とも言える巨大な脚に。
【羽陣姫PL】 その脚が抱え込んだ台車は、真っ二つに割れ鬼の胸板の様に。
【GM/隆虎】「なんと!」
【来夏】「これは…兄上、怪我の無いように」刀から光が
【来夏PL】 萌え攻撃
【羽陣姫PL】 そして、御者…羽陣姫の椅子は後ろに迫り下がり、鎧の中に。
【羽陣姫PL】 どうぞ。
【GM】 かもかも
【来夏PL】 <スポーツ衣装>+<魔法or超能力>+<応援してる>感情、きゅん2
【来夏PL】 きゅん1で
【来夏PL】raika: 12(3D6: 3 6 3)+3 = 15
【GM】 ちょいまち、
【羽陣姫PL】 きゅんが1つ足りませんね(^^;)
【GM】 来夏たんは現在きゅんが4だから駄目
【羽陣姫PL】 <実際のダイス目と
【来夏PL】 失礼、スポーツ衣装を抜きます
【GM】 うい
【GM】 GM-S: 8(2D6: 6 2)+1 = 9
【GM】 通し
【来夏PL】 DP12
【GM/隆虎】「来夏こそ怪我をしないうちにさがっておれ」
【羽陣姫PL】 やがて庭園に現れたのは…刀を携えた山の如き鋼の巨人!
【羽陣姫】「どうじゃどうじゃ、二尺六寸を越えるこの巨体は♪」
【来夏】「ご冗談を、試合を言えども兄上1人では荷が重いですよ」
【羽陣姫PL】 その中から聞こえてきたのは、嬉しそうな羽陣姫の声。
【羽陣姫PL/甲庵】「あまりハデに暴れぬ様にな、羽織殿」
【羽陣姫】「分かっておる!それじゃ、往くぞ?」
【GM/隆虎】「中に羽陣が入っているのか?」
【羽陣姫PL】 そう言うと、鋼の鬼はすらりと太刀を引き抜いた。
【羽陣姫PL/甲庵】「そうじゃ、羽織殿の考えで“ヨロイ”を作ったそうじゃよ」
【来夏】「そのようですね、手加減無用ですぞ羽陣姫」
【羽陣姫】「では、いざ…てやぁーっ!!」
【羽陣姫PL】 巨体に見合わぬ足取りで、2人に“犀怒馬車”が迫り来る!
【GM/隆虎】「ぬおっ!こんな姿でも元が馬だと思うと・・・」
【羽陣姫】「てぃっ!」
【来夏】「兄上〜、心配するのはそこですか?」あまりの馬LOVEっぷりに思わずつっこみ
【羽陣姫PL】 太刀が振り下ろされる。その速度もなかなかの物。
【GM/隆虎】「むっ!」結構簡単に身をかわす
【来夏】「鬼哭剣、鬼牙双刃!」刀がーガの巨大剣ようになって太刀を受け止める
【羽陣姫】「おおうっ…なかなかじゃの、兄者、来夏」
【来夏】「それほどでも…ありますよ!」刀を元に戻して太刀を受け流す
【羽陣姫】「じゃ、こっちはどうじゃ?」
【GM/隆虎】「なかなか早いが・・・むんっ!」
【羽陣姫PL】 そう言い、左腕を来夏に差し出す…すると、巨大な矢が放たれた!
【羽陣姫PL】 任意の能力値で一般判定をお願い出来ますか。平目の目標値10で。(笑>来夏
【来夏PL】 肉体で
【来夏PL】 raika: 7(2D6: 5 2)+4 = 11
【GM/隆虎】「羽陣!それは洒落にならん!」
【羽陣姫PL】 では、割と余裕でかわされました。
【来夏】「うわっ…殺す気ですか」
【羽陣姫】「む、すまぬ。飛び道具はやはり拙いかのぅ」
【羽陣姫PL】 砂利の地面には、深々と突き刺さった槍ほどの矢が…。
【GM/隆虎】「いい加減にしておけい!」体重移動にあわせて後ろに倒す>羽陣姫
【羽陣姫】「うわっ、と、ととととっ」
【羽陣姫PL】 どっすーん!と盛大に尻餅を。
【GM】 萌え攻撃
【来夏】「ちょっと大人しくしてもらいます、獄縛剣、永劫黒縄」転んだところを気の縄で縛る
【羽陣姫PL】 どちらに?
【GM】 両方にー
【羽陣姫PL】 かまん。
【GM】 <相撲><肉体美><俺より強い奴に会いに行く>同じ技をそれぞれに
【来夏PL】 どぞ
【GM】 かるま1ずつ使用
【GM】 肉体で
【GM】 GM-S: 11(3D6: 3 2 6)+5 = 16  羽陣
【GM】 GM-S: 11(3D6: 4 2 5)+5 = 16  来夏
【羽陣姫PL】 きゅん1。
【GM】 羽陣にはLP、来夏にはDPで
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 10(2D6: 6 4)+3 = 13
【来夏PL】 きゅん1
【来夏PL】 raika: 9(3D6: 5 3 1)+4 = 13
【羽陣姫PL】 《えへ、どっちだ?》
【GM】 羽姫きゅん使ってないようですが
【羽陣姫PL】 ありゃ?…追加で1d6振ってからでいいですか?
【羽陣姫PL】 <秘蹟
【GM】 いいっすよ?
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 1(1D6: 1)+13 = 14 追加
【羽陣姫PL】 …改めて《えへ、どっちだ?》(w
【GM】 了解。では来夏に11DP
【GM】 ちなみに兄は攻撃回数使いきりました
【羽陣姫】「ぬ、ぬぬぬっ…おのれっ、むぅん!」
【羽陣姫PL】 法術で鈍った巨体を無理に起きあがらせ、左手を掲げる。
【羽陣姫】「少し手荒な事をしてでも、この縛り…振り解いてみせようぞ!」
【羽陣姫PL/甲庵】「…羽織殿、決してアレは人に当てるでないぞ!」
【羽陣姫】「分かっておる…戒めを解くだけじゃ!」
【来夏】「兄上、今です!」法術に集中
【来夏PL】 萌え攻撃
【来夏PL】 <スポーツ衣装>+<魔法or超能力>+<応援してる>、感情で
【GM/隆虎】「今ですって・・・」
【GM】 かまん
【来夏PL】 きゅんなし
【来夏PL】 raika: 9(2D6: 4 5)+3 = 12
【GM】 GM-S: 8(2D6: 3 5)+1 = 9
【GM】 通し
【来夏PL】 DP13点
【GM/隆虎】「来夏、もうその辺にしておけ。とりあえず、倒した時点で一戦目はこっちの勝ちだ」
【GM】 来夏のおでこにでこぴん
【GM】 《おでこをこつん》
【来夏】「も、申し訳ございません、ついむきに…きゃっ」でこピンでよろける
【羽陣姫】「よく見ておれ…赤熱炉、放力!」
【羽陣姫PL】 一人やる気の羽陣姫。太刀を捨てて右手を掲げる…すると、その手が真っ赤に燃えている!!
【GM/隆虎】「羽陣もいい加減にいたせー」
【羽陣姫】「うむ、じゃが…これを見てほしかったのじゃっ!」
【羽陣姫】「機甲流奥義、“灼熱掌”!!」
【来夏】「姫、とりあえず落ち着いて」術を解きます
【羽陣姫PL】 地面にその拳を叩き付ける…すると一気に蒸気が辺りに吹き荒れる。
【羽陣姫PL】 その衝撃で、法術も少々乱雑に解かれる。
【羽陣姫PL】 で、追撃。
【GM】 かまん
【羽陣姫PL】 〈豪華な衣裳?〉〈習い事(からくり)〉〈装甲換装〉〈オーバーヒート(ナックル)〉 きゅん1、天与。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 12(3D6: 3 5 4)+5+2 = 19
【GM】 天与防御は0なんだよなぁ・・・
【GM】 GM-S: 7(2D6: 5 2) = 7
【羽陣姫PL】 LP15ー。
【GM】 どぞ
【GM】 うい
【羽陣姫】「あはは…すまぬ、どうしてもこれがやりたかったのじゃ」
【GM/隆虎】「・・・寺が燃えておるぞ」
【羽陣姫PL】 鬼の胸板が開き、羽陣姫がひょっこり顔を覗かせる。
【羽陣姫PL/甲庵】「おお、何いつもの事。すぐ消しますわい」
【羽陣姫PL】 そう言うと、老僧は納屋に消えていった。
【来夏】「いつものことなんですか」脱力
【羽陣姫】「うむ、少々手が込みすぎてのぅ」
【羽陣姫PL】 …何もなければ、これで切りで。(笑
【GM/隆虎】「・・・羽織、あまり御坊に迷惑をかけるでない」
【来夏PL】 はい
【羽陣姫】「あ…うん、すまぬのじゃ」

【羽陣姫PL】 しまった、リミットカットの宣言忘れた…ダメですかね?(^^;)
【GM】 他PLさんがいいといったら
【羽陣姫PL】 いいですかー?(汗
【律PL】 自分は構わないですよ?
【来夏PL】 忘れてた、いいですよ
【羽陣姫PL】 では改めて《リミットカット》宣言。すみませぬ_| ̄|○
【GM】 ういさ
【律PL】 いえいえw
【律PL】 馬かw
【羽陣姫PL】 馬です…ってなんだこの目は(w
【律PL】 あたれば大きいですな、理想的w
【律PL】 がつんとカウンターw
【GM】 サスペンションのない車で非舗装道路を走るんじゃどうやったって乗り心地は悪いです。
【律PL】 おまけに、タイヤじゃないしw
【GM】 牛車の乗り心地も最悪だったらしいしね。
【律PL】 攻撃しあったから、その分修正があるのでは?>登場
【律PL】 あ、もういっかいはおでこかw
【律PL】 三年ぶりの再会だw>姫2人
【律PL】 馬LOVEw
【羽陣姫PL】 馬ー馬ー
【GM】 嫌われたなぁ隆雄兄
【律PL】 また1が二個ある(笑)
【律PL】 兄様w
【羽陣姫】「素敵なのじゃ、兄者♪」
【GM/隆雄】「わしの事か?」
【律】「邪魔ですよ、隆雄様」
【GM/隆雄】「わびしいのう・・・わし一生懸命勢力拡大して隆虎たちを食わせてるのに」
【見学FROG】 こそばそはー
【律PL】 いらっしゃいませ
【羽陣姫PL】 こんばんわー
【見学FROG】 失礼、スポーツ衣装を脱ぎます<こう見えた(笑)
【羽陣姫】「…不埒なっ」
【来夏PL】 バレイベントには早いですぜw
【律】「……不潔ですね」(ためいき)
【律PL】 でも、自分もそう見えたw
【羽陣姫PL】 しかし、バレイベントの規定値になっちゃいましたね…(w
【見学FROG】 ははっ、どうせおいらは蛙だぜ!!理性なんて無いアニマルだぜぇ(笑)
【律PL】 萌え萌えに演出してほしいなw>バレイベント
【GM】 2尺6寸・・・78cm?
【見学FROG】 78cm。
【羽陣姫】「…既存のからくりよりは大きかろうっ」
【見学FROG】 以上だから。多分それより1m以上大きいと思われ。
【律PL】 スゲェ、ある意味(笑)>78cm
【GM】 馬、そんなに小さかったのか
【見学FROG】 小型化はここまで進んでいたのか!!戦国時代に!!
【律PL】 まあ、羽陣姫よりは大きいはず……って小さすぎw
【来夏PL】 馬はマキバオーだったんですよ
【GM】 しかもその中に姫がっ!
【羽陣姫PL】 というか、ミスです。羽陣姫が胸板にすっぽり収まる大きさです。
【羽陣姫PL】 _| ̄|○
【GM】 じゃあ12尺にしておこうか
【GM】 26尺?
【見学FROG】 でかっ!?
【羽陣姫PL】 数値換算できないっ、私のバカっ(w
【見学FROG】 26尺って下手すると城よりでかいっす!!
【律PL】 ああ、ココロがおどるw>変形大型ロボ
【見学FROG】 てか間違いなく一人で城攻め可能です!!
【律PL】 城が変形するのですよw
【見学FROG】 それか(笑)<変形
【羽陣姫】「夢じゃのぅ…」
【律PL】 「城を持って城を征す、じゃ!」とか(笑)
【見学FROG】 ってか、天羅か?(今気付いたw)
【羽陣姫PL】 るるぶ持ってません(w<テンラ
【GM】 いめーじはサイコガンダム
【見学FROG】 僕も持ってません。ですけど結構やりました<天良
【見学FROG】 最古ガンダムかぁ。
【律PL】 持ってた。腐海の中のどこかにあるはずw>テンラ
【羽陣姫PL】 避けてくだされ、お二人(w
【見学FROG】 こういうとき一般判定って意味の無いルールだな、と思う。
【律PL】 演出優先だものw
【GM】 羽陣が「当てるつもりで」来夏に攻撃したなら一般判定かなぁ
【羽陣姫PL】 死にます、多分(w
【羽陣姫PL】 …まぁ、次の一手で一般判定試してみましょうか(待て
【律PL】 命がけ? スリリングだ(笑)
【見学FROG】 じゃ、当たったら「死」ということで(コラ)
【律PL】 三途の川で手でも振っていよう(w
【羽陣姫PL】 死なせはしませんが、ちょっとやりたい事が…って避けられたか。(w
【律PL】 かっこいいぜ兄者!
【律PL】 出目も安定してるな。
【律PL】
【羽陣姫PL】 ぬぅ、無念(w
【来夏PL】 バレイベントキター
【GM】 ぴたり20かぁ
【律PL】 ちょっきりーw
【羽陣姫PL】 ジャストバレ!(w
【見学FROG】 ルールブックの記述では20を超えただからまだかと(笑)
【見学FROG】 FLは20ジャストですが。
【GM】 ジャストでいいよー。21か20か別々にするなんて面倒くさい
【羽陣姫PL】 おかえりなさいー
【律PL】 やる気満々だぁw>今です
【羽陣姫PL】 こつんだー(何故
【来夏PL】 確かにこつん(;´Д`)ハァハァ
【羽陣姫PL】 キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
【律PL】 兄、必死だなw
【羽陣姫】「必死なのは妾の方なのじゃ」(´・ω・`)
【GM】 しゃいにんぐふぃんがー?
【見学FROG】 ごっどでないかな?
【律PL】 むしろ爆熱の方かな?
【見学FROG】 それに私の中ではシャイニングフィンガーというと先にターンXを思い出すのじゃ(病気です)
【見学FROG】 ちなみにヒートナックルというとダイの大冒険を思い出すにゃあ。
【律PL】 おお、ヒートエンド、て感じのダメージだw
【律PL】 いつも!?w
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
羽陣姫 31 0 10 -2 40 13 11
木曽 来夏 33 0 6 -2 25 0 -10
0 0 6 -25 21 0 -10

【GM】 お疲れ様です
【来夏PL】 おつかれ、ミドルの前にバレイベントでござます
【律PL】 まってましたーw
【羽陣姫PL】 やっほー(w
【GM/隆雄】「ちなみに隆虎は兄かるまを5も余らせたので因子共鳴を2点分購入じゃ。計画性のない奴じゃ」
【律PL】 きゃーw>2点購入
【GM】 あい。どんなシーンがいいですか?
【来夏PL】 では自分しか知らないはずの秘湯のはずが兄もしっていてばたり、と
【GM】 ドキリ!入浴シーン?
【GM】 ではその線で参りますか
【来夏PL】 タイトルは「同じ場所にいたかった!」で
【GM】 うい

【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー(笑
【律PL】 お疲れ様ですー
【羽陣姫】「………怖いのぅ(汗」<二点
【律PL】 秘密の露天風呂、キター!?w
【見学FROG】 ドキドキ露天風呂♪
【羽陣姫PL】 いいなぁ、お風呂系(w
目次へ

■ 3W暴露イベント:木曽 来夏『同じ場所にいたかった!』 ■


【来夏PL】 では自分しか知らない秘湯、そこでさらしを外す
【来夏】「…また大きくなってる、胸」胸を見つめます
【来夏】「これじゃいつまでも誤魔化していられなくなっちゃう」湯船に使って溜息
【GM】 では、そこに馬のいななきが聞こえてきます。あなたの馬とは別の方向から
【来夏】「だ、誰?」周りを見ます
【GM/隆虎】「うん?誰か先客がいるのか?」
【来夏】「…っ!」混乱してて慌てます、ちなみに近くには来夏の服が
【GM/隆虎】「・・・来夏の服・・・来夏か?そこにいるのは」
【来夏】「来ないで!」鳴きそうな声で叫びます
【GM/隆虎】「なんだ、女みたいな声を出して・・・」ぽんぽんと着流しを脱ぐ隆虎
【来夏】「お願い兄上!今あったら…もう兄弟じゃなくなっちゃう!」
【GM/隆虎】「何をわけの分からんことを」
【GM】 ざぶんと湯に入る
【GM/隆虎】「・・・む?」
【来夏PL】 後ろに回りこんで、意を決したように後ろから抱きつく
【来夏PL】 背中に柔らかい胸の感触を感じる
【来夏】「お願い、そのまま聞いて、兄上」
【GM/隆虎】「・・・!?」
【来夏】「私は、木曽来夏は…女です」
【GM/隆虎】「なぬ?いやしかし、昔から・・・昔?」
【来夏】「とある人たちの術によって男だと思わせていました」
【GM/隆虎】「・・・そういえば・・・お前は妹だったような」
【来夏】「今、術を解きます」手に淡い光が灯ると幼い時の記憶がフラッシュバックする
【GM/隆虎】「・・・むぅっ・・・」
【来夏】「女だったら、隆雄兄様に政治の道具にされて、兄上と同じ戦場にいられない」
【来夏PL】 そしてよみがえる記憶
【GM/隆虎】「何故・・・おぬしが戦場などに?」
【来夏】「私は…兄上と一緒にいたかった、兄上と同じ戦場に立って…兄上と同じ夢を見て…兄上と同じ場所にいたかった!」
【GM/隆虎】「・・・戦場に女の幸せはない・・・」
【来夏】「兄上と共にいるのが私の幸せです!」
【GM/隆虎】「・・・む・・・」
【GM】 LPが低下します・・・0以下にはなりません

【律PL】 後の2人は誤魔化
【律PL】 すまでもないなぁw>胸
【羽陣姫PL】 無いし…(w
【律PL】 22なのにどっこいどっこいだぜw
【羽陣姫PL】 こっちは16、戦国時代としては食べ頃?(待て
【GM】 むしろいき遅れ?>16
【律PL】 というわけで22は既に行かず後家の風格がw
【羽陣姫】「…だって、それはその…」
【見学FROG】 ふと思い出したが。BASARAでこんなシーンがあったなぁ(遠い目)
【律PL】 ああ……あったなぁ。どうなったけなアレ(笑)
【見学FROG】 実は1,2巻しか読んでないから知らないっと(笑)
【羽陣姫PL】 萌える…(w
【律PL】 いいです、ええ、いいですとも(w
【羽陣姫PL】 しかし、湯船の下がどうなっている事か(w
【律PL】 ああ……スゴイ事になってるなw
【GM/隆雄】「わしが確認してこようか」
【見学FROG】 見えるかいクロウディア…(来夏の台詞でスイッチが入ったらしい)
【来夏】「う・せ・ろ♪」
【見学FROG】 俺たちは今誓い合った場所の限りなく近くにいるんだぜ
【律】「ですから、邪魔です」(げしっ)
【GM/隆雄】「ひどいのう・・・」
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】 お疲れ様です・・・といいたいところですが、ミドル2が来夏さんです
【来夏PL】 ほい、さて、定義どうしよう
【GM】 というか、時間平気ですか?
【来夏PL】 それは平気です、明日休み
【羽陣姫PL】 こちらも大丈夫です(w
【律PL】 問題ありませんw
【来夏PL】 シーンはバレイベントの直後、夜の街道で一緒に帰ってます
【GM】 ういさ。
【来夏PL】 使用秘蹟は無し、登場能力は肉体
【来夏PL】 タイトルは「月下の2人」
【GM】 妹術はどう流す?
【来夏PL】 応援してるから流します
【GM】 うい。でははじめますか

【見学FROG】 おつかるー
【律PL】 おつかれさまですー
【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー
【羽陣姫】「…燃やしてくれようか、この兄者」(w
【GM/隆雄】「わ、わしが何をしたと言うのじゃ、妹よ」
【羽陣姫】「不埒な真似をしたっ!」
【律】「夜這い」
【GM/隆雄】「濡れ衣じゃっ!わしはそんな真似をしておらん!」
【GM/隆雄】「あの夜は暗殺で忙しかったから夜這いなど・・・」
【律】「星と隆雄様、どちらに重きをなすかなど、自明の理」w
目次へ

■ ミドル2:木曽 来夏『月下の2人』 ■


【来夏PL】 ほい
【GM/隆虎】「・・・」とりあえず無言で馬を歩かせる隆虎
【来夏PL】 満月の夜、2人の間には沈黙が流れていた
【来夏】「…」
【来夏】「兄上…怒ってます?」ポツリと
【GM/隆虎】「・・・いや、怒ってはおらん・・・怒ってはおらんが・・・どうしたものか・・・」
【来夏】「兄上がこの事を隆雄兄様に話すかどうかは…お任せします、けどどうなっても、私は兄上の行く道を支え続けます、たとえ形は変わっても」
【来夏PL】 萌え攻撃
【GM】 かまん
【来夏PL】 <応援してる>+<…いいよ>、感情で、きゅんなし
【来夏PL】 raika: 6(2D6: 2 4)+3 = 9
【来夏PL】 墓穴
【来夏PL】 raika: 1(1D6: 1)+1 = 2
【GM】 GM-S: 4(2D6: 3 1)+1 = 5
【GM】 通し
【来夏PL】 DP12点
【GM/隆虎】「来夏が・・・俺についてきたい、といっても・・・戦場でおぬしをかばいきれるかどうかはわからん」
【GM/隆虎】「戦場で敵に捕らわれたとき・・・女のおぬしはどんな辱めを受けるか分からん」
【来夏】「私は兄上以外には絶対負けません!…それに、兄上を信じてますから」顔を真っ赤に
【GM/隆虎】「戦場に絶対などない!」
【GM】 萌え攻撃
【来夏】「それに敵に辱められるぐらいなら…あ、兄上に」消え入りそうな声で
【来夏PL】 どうぞ
【GM】 <虎の眼差し><剣術>技術
【GM】 GM-S: 5(2D6: 4 1)+4 = 9
【来夏PL】 きゅんなし
【来夏PL】 raika: 6(2D6: 3 3)+2 = 8
【GM】 9LP
【来夏PL】 いただきます
【GM/隆虎】「馬鹿な事を言うものではない・・・」
【来夏】「羽陣姫だっていずれ戦場に行くんでしょう!それでも私をかばうのは私が妹だからですか!」
【羽陣姫PL】 ここで、登場判定希望(笑
【GM/隆虎】「羽織も戦場に出すつもりなどない!」
【GM】 妨害は?
【来夏PL】 どうぞ
【来夏PL】 妨害なし
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 8(2D6: 4 4)+3 = 11
【羽陣姫PL】 登場…でも墓穴。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 1(1D6: 1)+1 = 2
【羽陣姫PL】 DP2喰らって参上です。
【GM】 ういさ
【羽陣姫】「馬鹿な事を言うでないわ、来夏っ」
【羽陣姫PL】 横道から、天上…もしくは天下に乗った羽織が表れる。
【羽陣姫PL】 巨大な馬車部分はない。
【GM/隆虎】「・・・羽織、こんな夜道に一人で何をしているのだ」
【来夏】「い、いつからそこに」めちゃくちゃ慌てます
【羽陣姫】「夜道の散歩を楽しんでおったのだが…何やら妙な雰囲気じゃったからつけてきたのじゃ」
【羽陣姫PL】 にやにやと意地悪そうに来夏に微笑みかける。
【羽陣姫PL】 そして、その姿は“姫”に相応しい着物。
【羽陣姫】「それにしても、来夏…兄者に惚れたか。隅に置けぬのぅ」
【GM/隆虎】「・・・何を言っておる。帰るぞ?」
【羽陣姫】「うむ、帰らぬとな」
【来夏】「そうよ!兄上が大好きよ!兄上の隣はいつも私のものなんだから!」
【来夏PL】 萌え攻撃
【羽陣姫】「…お?」
【羽陣姫PL】 その後、こちらも萌え攻撃。
【GM】 かまーん
【来夏PL】 <私の指定席>単体、きゅん1、天与
【来夏PL】 raika: 16(3D6: 5 5 6)+3 = 19
【GM】 GM-S: 4(2D6: 3 1) = 4
【GM】 避けませんよ。
【来夏PL】 <私、本当は>
【来夏PL】 LP7点
【GM】 了承
【羽陣姫PL】 〈豪華な衣裳〉〈習い事(馬術)〉〈装甲換装(寝間着)〉〈(来夏が)オーバーヒート〉 きゅん無し、天与。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 8(2D6: 3 5)+5 = 13
【羽陣姫PL】 …墓穴(w
【GM】 GM-S: 9(2D6: 6 3) = 9
【GM】 通るよ。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 4(1D6: 4)+1 = 5
【羽陣姫PL】 ではDP5の後、LP15。
【羽陣姫】「…兄者は来夏だけの物ではないぞ?」
【羽陣姫PL】 少しなだめる様に。
【GM/隆虎】「これ、来夏をあまりからかうものではない・・・姉だろうおぬしは」>羽織姫に
【GM】 《おでこをこつん》
【羽陣姫】「うむ、じゃが兄者も兄者じゃ…その…」
【羽陣姫】「………もう少し、素直に気持ちを受け入れてやれん物かのぅ」
【羽陣姫PL】 少し目を反らして。
【来夏】「え、えと、その…あの…」テンパりすぎてオーバーヒート
【GM/隆虎】「俺にどうしろと?まさか妹を抱くわけにも行くまい」
【羽陣姫】「その様な事、誰が決めたのじゃ…?」
【羽陣姫PL】 少しだけ寂しそうに、月夜を見上げ呟く。
【来夏】「…私はいいですよ、兄上」意を決して
【GM/隆虎】「しかし・・・お前たちを兄者のはかりごとの道具にはさせんよ」
【羽陣姫】「その言葉は、有り難いのじゃ」
【GM】 攻撃します
【羽陣姫PL】 どちらに?
【GM】 因子共鳴《優しさを見てしまう》《懸命》
【GM】 <風の如く><虎の眼差し>かるま1使用
【GM】 感情で
【GM】 GM-S: 10(3D6: 5 4 1)+4+4 = 18
【羽陣姫PL】BAZINHIME: 7(2D6: 5 2)+3 = 10
【羽陣姫PL】 墓穴ー(w
【来夏PL】 きゅんなし
【来夏PL】 raika: 8(2D6: 6 2)+3 = 11
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 1(1D6: 1)+1 = 2
【GM】 12LP
【羽陣姫PL】 DP2の上、ダメージ拝領。
【GM】 うい。
【GM】 で、律さん登場?
【来夏PL】 ほい
【律PL】 します。妨害は?
【羽陣姫】「…しかし、兄者も謀りの道具にはさせぬのじゃ」
【来夏PL】 なし
【律PL】 では2d6+3
【律PL】 RITU: 6(2D6: 2 4)+3 = 9
【GM】 墓穴で登場
【律PL】 RITU: 9(2D6: 5 4)+2 = 11
【律PL】 う、でかいw
【GM/隆虎】「俺は自分で自分を守れる・・・おぬしらが心配するようなことなどない」
【律PL】 その時、ふっ、と周囲の雑音が途切れた。
【律】「そうですね。隆虎様はお強いですから」
【GM/隆虎】「・・・星詠み殿か」
【羽陣姫】「………誰じゃ?」
【律PL】 庭で嗅いだのと同じ、甘いにおいが周囲を漂う。
【律】「ですが、太刀を振るう強さと、謀の強さは、また別のものですよ」
【来夏】「…誰?」
【律PL】 にこやかに笑いながら、静寂の中をゆっくりと歩いてくる。
【GM/隆虎】「怪しいものでは・・・多分ない。心配はいらん」
【律】「羽織様、来夏様。はじめまして。律と申します。以後、お見知りおきを」優雅に一礼
【律】「こちらでは、微力ながら、星詠みの役目を任されています」
【羽陣姫】「律殿か…ふむ、星詠みとな?」
【律PL】 そのまま三人の傍まで行きます。
【来夏】「噂には聞いたことがある、星詠みでこの国を支える姫がいるって」
【律PL】 来夏の言葉に答えるように、微笑み。
【GM/隆虎】「兄者が俺を謀で亡き者にするとでも?」
【律】「謀を得意とするのは隆雄様に限りませんよ。そして、この戦国の世、そのような方を向こうに回すことが無いと、断言はできませんでしょう?」さとすように、軟らかく
【GM/隆虎】「・・・むう」
【律】「……ですから」いわく言いがたい笑顔にナって。
【GM/隆虎】「何をおっしゃりたいのですかな?」
【律】「律が、隆虎様の事を導きますわ。このようなことなら、非力な律でも、お役に立てますよ」
【律PL】 攻撃ー
【GM】 かまん
【律PL】 〈(これからずっと)祈り〉〈甘い香り〉〈思いやり〉きゅん1 感情
【律PL】 RITU: 8(3D6: 1 1 6)+3 = 11
【律PL】 うw
【GM】 きゅん1で防ぐかな
【GM】 GM-S: 9(3D6: 3 5 1)+1 = 10
【羽陣姫PL】 二撃目を使って妨害ー
【律PL】 きゃーw>妨害
【GM】 うい
【羽陣姫】「なんの、万一の時は妾がかっ攫ってでも兄者を護ろうぞ」
【羽陣姫PL】 振り袖の袖を掲げ、告げる。
【GM】 防害ルールは旧ルールです(汗)ガイダンスを変えてないから
【羽陣姫PL】 了解ー。〈豪華な衣裳〉単品で、きゅん無し。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 9(2D6: 3 6)+3 = 12
【羽陣姫PL】 妨害成功。
【律PL】 ふ……そりゃこえるわなw
【羽陣姫PL】 ダメージ半分でしたっけ?
【GM】 では、ダメージ半減でつ
【律PL】 6+7+2で15、の切り上げ?
【GM】 ですね
【律PL】 なら、8DPですね。
【GM】 29になった
【律】「ふふ……頼もしい姫様ですね」にこやかに見守って
【GM/隆虎】「すまないが・・・私は自分の思うままにしか生きられません・・・導いていただく必要はないですよ」
【GM】 律に萌え攻撃
【律PL】 どぞー
【律】「……そうですか」逆にうれしそうに見える
【GM】 <風の如く><肉体美>きゅん1、肉体
【GM】 GM-S: 6(3D6: 2 1 3)+5 = 11
【律PL】 では、きゅん1で。
【律PL】 RITU: 13(3D6: 6 6 1)+3 = 16
【律PL】 防ぎました
【GM】 防がれた
【GM/隆虎】「どちらにせよ、もう遅いですから、城まで送りましょうか?」
【律】「隆虎様らしいですね。……ええ。お願いできますか?」
【GM/隆虎】「では、後ろにお乗りください」
【律】「はい。すみません」手伝ってもらって、よろよろと馬に乗る。
【来夏】「敬語、使えるんですね兄上」
【羽陣姫】「うむ、初めて見た様な気がする」
【GM/隆虎】「・・・何を言う。いつぼろが出るか怪しいのだから余計なことを言うな」
【律】「あら、そうなのですか?」楽しそうに
【律】「隆虎様」耳元に口をよせて、ささやく。
【GM/隆虎】「・・・面倒だ。止めるか」
【GM/隆虎】「なんだ?」
【律】「律が、勝手に隆虎様の星を詠むのは、お許しくださいね?」
【GM/隆虎】「・・・好きにされるが良かろう」
【律】「隆虎様は律の導きが必要ないのはわかっているのですが……今までも、そうしていたので」
【律PL】 萌え攻撃
【GM/隆虎】「正直・・・剣で戦えぬ相手とは戦いたくはないし、戦う必要のある場所にいるのも気が乗らない」
【GM】 萌え攻撃>律
【律PL】 〈思いやり〉〈ずっと見ていました〉きゅんなし 感情
【律PL】 どぞー
【GM】 <剣術><馬術>きゅん1、技術
【律PL】 こっちもOK?>攻撃
【GM】 そちらから出いいですよ?
【律PL】 では
【律PL】 RITU: 5(2D6: 3 2)+3 = 8
【律PL】 うーむ。さらにまわらないw
【GM】 GM-S: 7(2D6: 5 2)+1 = 8
【GM】 防いだ
【律PL】 く、はじかれましたね。
【律PL】 あ、墓穴か。
【GM】 墓穴です
【律PL】 RITU: 6(2D6: 3 3) = 6
【GM】 さっきの萌え攻撃
【GM】 GM-S: 14(3D6: 6 4 4)+4 = 18
【律PL】 うぐぅw
【律PL】 くらいます。平で。
【律PL】 RITU: 7(2D6: 3 4)+3 = 10
【律PL】 くらいましたw
【GM】 墓穴ではない。10DP
【律PL】 拝領します
【GM】 兄攻撃は打ち止め
【律PL】 こちらもおわりです。
【羽陣姫PL】 こちらも打ち止め。
【GM】 来夏はあと1回?
【来夏PL】 追撃無しで
【GM】 では、一言台詞を入れてシーン切り?
【律】「では……隆虎様の思うようになさって下さい」ぎゅっと、つかむ手に力を込めて。
【羽陣姫】(ならば、いっそ…)
【GM/隆虎】「・・・ああ。どこに行ったって好き勝手にしか生きられぬよ。俺は」
【来夏】(いいそびれた、かな)

【羽陣姫PL】 さぁ、どうしようかな…微妙な所だ…
【律PL】 ホントに微妙だ……
【見学R695】 かんがえどころですな。
【見学FROG】 なんか今日駄目な妄想が炸裂しすぎなんですが…どうしよう?(苦笑)<どんな辱めを〜
【律PL】
【見学R695】 えろーえろーw
【羽陣姫PL】 エローエローヽ(゜д゜)丿エロヤロウ
【見学FROG】 で、では「そんなこと言われるのって男としては信頼されてて嬉しいけど確証無いことを約束させられるのは嫌だよなー」と普通のことを言ってみては!
【見学FROG】 駄目?
【見学FROG】 やっぱり一度ついた烙印は消せない?(笑
【GM】 兄ダイス
【羽陣姫PL】 兄…(w
【見学FROG】 久々の兄ダイスだねー
【律PL】 兄、ですなw
【GM】 しまった!兄、活躍シーン入れるの忘れてた
【羽陣姫PL】 …作動させちゃいます?(待て
【見学FROG】 あらら。
【GM】 ・・・2つ持ってたのになぁ
【羽陣姫PL】 …あ、喰らった(w
【律PL】 うーん(笑)>喰らった
【見学SIN】 ・・・2Pで活躍シーン取って全シーン活躍コンボ(ぼそ
【律PL】 行くかw
【見学FROG】 …クライマックスで発動させたら抵抗判定にも修正くるのか?(ぼそ)<活躍シーン
【GM】 さすがにないでしょう
【見学FROG】 なんというか、あっても面白いかなーと思ってしまったが。
【見学FROG】 冷静に考えてないとは思う。が、厳密に言えばあるし、希望を込めて「GM次第」というのはどうか(笑)
【律PL】 なるほどw
【GM】 なるほど。でも私は無しですぞ
【見学FROG】 うむ。
【見学FROG】 「活躍シーン×6+兄カルマ全部つぎ込んで購入したのを全部クライマックスにつぎ込んで抵抗判定に+20くらいの修正」とかバカなことが一瞬頭に浮かんだ。
【羽陣姫PL】 それは…(w
【律PL】 な、なんだかなぁw
【見学FROG】 バカです(笑)激しくどうしようもないです。ある意味思いを馳せる×3でミドル1逃げ切りよりバカです。(笑)
【見学SIN】 OP前に思いを馳せる*3でOPで恋愛ダメージ(ぉ
【律PL】 愉快なw
【見学misuta】 できるんか(笑)
【見学SIN】 理論上わw
【見学FROG】 理論上は。ええ。理論上は
【見学SIN】 ただし面白いかは別問題w
【律PL】 まったくソノ通りでw
【見学FROG】 ネタとしては面白い(駄目ぢゃん)
【見学FROG】 ただ真面目な話四回じゃ落とせないとは思うんで、OPでは控えめにしてミドルの優先権とって、その時点で馳せる×3を叩き込むのが有効。
【見学FROG】 注釈:やりませんよ?
【律PL】 ……さて、どうするべきか。
【見学misuta】 こつ〜ん
【GM】 ちぃっ・・・使う気はなかったが
【見学FROG】 LP15ならこつんだよね。うん
【羽陣姫PL】 やはり来たか(w
【律PL】 アンだけでかいとなぁ。クライマックスになるだろうしw>こつん
【羽陣姫PL】 …あ、そうか。LP30越えた(w
【律PL】 でるか。
【見学FROG】 え、ミドル2だよね?
【羽陣姫PL】 ミドル2です。
【律PL】 うん、ミドル2w
【見学FROG】 イージャンベツニー(カクカク)<妹を抱くわけにもいくまい
【律PL】 登場判定希望
【律PL】 今、いくつですか?
【見学FROG】 結局速攻か…
【来夏PL】 28
【羽陣姫PL】 反撃キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
【律PL】 うわ、出遅れて良かったカモ(汗)
【見学FROG】 この兄攻撃が終われば基準値−5ですな。うむ。
【見学FROG】 <登場判定
【律PL】 じゃ、この後登場します>律
【律PL】 なかなか痛いな(w>兄攻撃
【羽陣姫PL】 もう関係ない…(w<ダメージ
【律PL】 そっかw
【羽陣姫PL】 陥落確定してますし(w
【羽陣姫PL】 ここで妨害とか言ったら面白いんだけどなぁ…(w
【羽陣姫PL】 まぁいいか(笑
【律PL】 それは困るw クライマックスの博打はこつん怖すぎw
【羽陣姫PL】 墓穴で登場?
【見学FROG】 当たればダメージは最大値だぞ。頑張れ(笑)
【律PL】 博打ですな(涙)
【羽陣姫PL】 そうそう巧くは行きませんよ(w
【律PL】 ふふ、相手が居ますからね(涙)
【見学FROG】 おや、旧ルール?<妨害
【羽陣姫PL】 です。
【見学FROG】 1.40の妨害はわかりづらいしねぇ。
【羽陣姫PL】 それを承知で妨害にかかった。(笑
【律PL】 あー、もう一発、いれなきゃなー>DP
【GM】 兄ダイス乱舞
【羽陣姫PL】 …あ、律殿論考パワーでDP補完出来るのでは?(w
【羽陣姫PL】 うちも10時間で切れます…(´・ω・`)
【羽陣姫PL】 論考パワー2点でDP32…?(ぼそ
【羽陣姫PL】 あ、計算違いだ(w
【羽陣姫PL】 1点で31…鳴る程…(w
【見学FROG】 兄のダイスが唸るぅ。
【律PL】 ついに20DP越えたか。……半分以上、墓穴だがw
【羽陣姫PL】 そして攻撃は通らず…(w
【律PL】 ううう……(涙)w
【羽陣姫PL】 論考パワーでDP補完するしか?(w
【律PL】 しかないなぁ。……きゅん1でもちょっと痛いけど。さっきの妨害は絶妙w>DP補完
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
羽陣姫 40 23 7 21 40 26 24
木曽 来夏 35 17 6 15 37 6 4
27 0 6 -5 29 0 -5

【律PL】 おつかれさまですー。
【GM】 おつかれさま
【来夏PL】 おつかれ〜
【GM】 さて、クライマックスですが、シーンPLは律どのです
【律PL】 はい。……さてさて、ラストチャンスにかけますか(笑)
【GM】 シーン定義セットをお願いします
【律PL】 前回からみて後日の夜。律の私室に兄を呼びます。
【律PL】 乱入技能は……技術で
【GM】 ふむふむ
【律PL】 秘蹟《甘えてください》を発動。自分が行うすべての肉体ロールの達成度に+2しまっす。
【GM】 了解
【律PL】 妹術は〈絶対運命〉から……ま、できるだけ(笑)
【GM】 では、シーンタイトルを
【羽陣姫】「来夏、すまぬがここは《遠慮して》もらえるかのぅ」
【律PL】 一騎打ちを御所望かw
【GM】 おおう(w
【来夏】「なにー!」
【羽陣姫】「案ずるな、姉に任せい」
【羽陣姫PL】 というわけで、登場−3です(笑
【律】「……受けてたちましょう」
【律PL】 そっか……やっぱり来る気かw
【来夏】「ダイスの神様お願い!」
【律PL】 ならば、そーゆータイトルをご用意しまふ。
【来夏】「律さま<お行儀良くして>!」
【GM】 おおう。そりゃ、姉はもう攻撃しないわな
【律】「……とてもとても痛いのですけれども」はららと落涙(苦笑)
【来夏PL】 姫はもう攻撃しないですから、あまりで嫌がらせw
【律PL】 律は、肉体ロール以外は-2と。ええいw
【律PL】 うむむ。厳しくなったよーw
【GM】 タイトルは?
【律PL】 えー。これで妨害合戦は終わりですかね?(w
【GM】 終わり?
【来夏PL】 終わりですよ
【律PL】 では。
【律PL】 タイトル『選択の一夜』で、決戦開幕といたしましょうか(笑)

【GM】 おつかれさま
【羽陣姫PL】 お疲れ様ですー
【見学misuta】 お疲れ様〜
【見学FROG】 おつかー
【律】「……ふぅ。厳しい状況ですが、望みが無いわけでもないですし」
【律PL】 追撃こみで後二回。妨害されると絶望が見えるw
【見学R695】 そこは愛と勇気でどーにか(w
【律PL】 うむ……今愛が有るかは非常にギモンだがw>LP0(笑)
【GM/隆雄】「大丈夫じゃよ。はっはっは」
【羽陣姫】「………」<妨害と告白しかやることないので迷ってる(w
【律】「……気楽でいいですね、隆雄様は」(露骨に溜息)
【GM/隆虎】「・・・どこ吹く風」
【律】「……くすり」墜ちない事を優先するか、墜とす事を優先するか葛藤中w
【羽陣姫PL】 すまぬ、ここでしか使い道がなかった(笑
【GM】 姉妹喧嘩も白熱してまいりました
【羽陣姫PL】 ケンカ…かなぁ(笑
【来夏PL】 足の引っ張り合い、とも言う
【GM】 ふふり
【見学ro-q-ku】 命がけの喧嘩?(w
【律PL】 ああ……そして頭一歩抜けてる姫の優位が効いてくる(涙)
【律PL】 今、クライマックスの定義をしているところです。
【見学god-dqn】 うい、了解
【GM】 3馬身ほど先行しています
【律PL】 LP0がここでイタイw
【羽陣姫】「馬車じゃからのう」(w<三馬身
【律PL】 さりとて……妨害にきゅんつかうと、自分の攻撃が抜けるかどうか、覚束無くなるしなー(笑)
【見学ro-q-ku】 そこの読み合いが熱いよね(w
目次へ

■ クライマックス1:律『選択の一夜』 ■


【律PL】 その部屋に一歩足を踏み入れた瞬間、いつもの香りにつつまれ、周囲の雑音が遠ざかった。
【GM/隆虎】「・・・律どの・・・?」
【律PL】 星詠みの姫の領域。今日は……いつもそれにくわえて、何か……緊張感のようなものも感じる。
【律PL】 ここで、ウェーブ一点、放出します。
【羽陣姫PL】 ではここで乱入希望(笑
【律】「……よくいらしてくださいました。隆虎様」
【GM】 妨害は?
【律PL】 うむ……あー。1点分妨害
【羽陣姫PL】 では3点注ぎ込んでおこう。
【羽陣姫PL】 BAZINHIME: 10(4D6: 5 3 1 1)+1 = 11
【羽陣姫PL】 登場。
【律PL】 やはり来たなw
【来夏PL】 そして乱入、妨害は?
【律PL】 あー。しません。
【来夏PL】 ではきゅん2点使います
【来夏PL】 raika: 17(4D6: 3 3 6 5)-1 = 16
【来夏PL】 登場
【律PL】 ああ、結局集結しちゃったい(笑)
【GM】 二人登場しちゃいましたか。
【羽陣姫】「せやっ!なんじゃこの部屋は、閂で外から封じられておるなんて…」
【羽陣姫PL】 高速で蠢く鋸を携え、羽織が入ってくる。
【来夏】「まったくです、空からじゃないとこれませんでしたよ」
【GM/隆虎】「・・・そして何故羽織と来夏も居るのだ」
【来夏PL】 空から降りてくる
【律】「……くす。相変わらずですね、お2人とも」まったくいつものとおり
【羽陣姫】「無論、兄者を捜しておったのじゃ。のう来夏?」
【来夏】「ええ、苦労しましたよ」
【羽陣姫PL】 ブルンブルンと嘶く鋸をなだめつつ、薄明かりの部屋に腰掛ける。
【律】「それはそうでしょう。……本来、見つけられないはずでしたし」後半は、小声で
【GM/隆虎】「・・・それはそうと、今夜呼ばれたのは何故ですかな?」
【来夏】「失礼しますよ」部屋に入ります
【律】「……それは、ですね」珍しく口篭りぎみで。真っ白い肌がほんのり赤い。
【GM/隆虎】「・・・それは?」
【律】「この様な状況で……その。こういう事を伝えるのは、……あの、非常に難しいのですが」しどろもどろ
【GM/隆虎】「・・・?」
【律PL】 そろそろと、立ち上がって隆虎のほうに歩む。
【来夏】「…」ジト目
【GM/隆虎】「何か、変なものでも見えましたか?」
【律PL】 目の前で立ち止まって……もじもじとためらって。
【律】「……変、ではないのですが。その、非常に……言いにくい事で」
【羽陣姫】「まぁ、ズケズケと言える事ではないのぅ…仮にもおなごなのじゃし…」
【GM/隆虎】「・・・妹たちは下がらせていたほうが?」
【来夏PL】 兄の腕をぎゅ、と掴んで警戒モード
【律】「……本来ならば。お二方ともいない間にすませようと思っていたのですよ」自嘲気味に、苦く笑う
【GM/隆虎】「・・・むう」
【羽陣姫】「さりとて、妾達もほぼ同じ目的じゃからの。抜け駆けは許さぬぞ?」
【律】「ですが。……ここにお二方ともいらっしゃいます。……ならば、それは、そういう事だということ」少し、いつもの律に戻ってきた。
【GM/隆虎】「・・・抜け駆け?」
【律】「……そうなって、しまいましたね」笑って>羽陣姫
【律PL】 真っ白い手で、やさしく、隆虎の顔を自分のほうに向けて。
【律PL】 真っ赤な瞳で、隆虎の瞳を見つめて
【羽陣姫PL】 丁度、来夏と反対の手を掴んで兄を逃げられない様に。
【律】「……つまり。今宵は、隆虎様の……その、伴侶を決めていただきたいと。そうおもっておりましたの」恥らいつつも、きっぱりと
【GM/隆虎】「・・・なんと」
【律PL】 萌え攻撃、初段
【GM】 どうぞ
【GM/隆虎】「・・・そういう冗談は、感心しない」
【律PL】 〈言霊〉〈癒しの笑顔〉〈(今宵、この日が)絶対運命〉〈赤い瞳と白い髪〉天与 きゅん1《見える、聞こえる》
【律】「冗談で、このようなことを言うほど……恥知らずではありません」拗ねたように
【律PL】 RITU: 8(3D6: 3 4 1)+4-2 = 10
【律PL】 あー。
【律PL】 3と4を、6に。
【GM】 うーん、きゅん1で防御
【GM】 GM-S: 12(3D6: 4 5 3) = 12
【GM】 あたりですね
【律PL】 ダイス変更で、貫通?
【GM】 だめーじどうぞ
【律PL】 6+1+7で、LP14
【羽陣姫】「兄者、何時かの夜に言うたであろ?」
【GM/隆虎】「・・・拙者は・・・まだ若輩者ゆえ」
【GM】 とりあえず《こつん》といっていい?
【来夏】「…私も含めて、ですよ、たとえ血のつながりがあったって、私は兄上の全てを愛して見せます!」
【律PL】 どぞ(苦笑)>こつん
【来夏PL】 攻撃行きます
【羽陣姫】「もう少し、素直に気持ちを受け入れてくれんものか、と」
【律】「……この期に及んでの逃げ口上。天下無双の豪傑の名が泣きますよ?」くすくす
【来夏PL】 <無防備な肢体>+<私の指定席>+<禁断の果実>肉体、きゅん1
【GM/隆虎】「・・・ならはっきり言うが・・・俺は、この小さな国に縛られるなど真っ平ごめんでござる」
【GM】 かまん
【来夏PL】 raika: 7(3D6: 4 1 2)+4 = 11
【GM】 それもきゅん1で防ぐ
【GM】 GM-S: 9(3D6: 3 5 1) = 9
【GM】 通し
【来夏PL】 LP13点
【GM】 兄側萌え攻撃
【羽陣姫】「ならば、妾達を連れて逃げればよかろうて」
【GM/隆虎】「オレは俺の力を広い世界で試してみたいのじゃ」
【GM】 <風の如く><俺より強い奴に会いに行く>感情、きゅん2、律に
【GM】 GM-S: 13(4D6: 6 1 1 5)+4 = 17
【律PL】 うぁっ(汗)
【GM】 通らば12LP
【律PL】 きゅ、きゅんをつぎ込むと……告白できなくなる(悩)
【律PL】 く……平で。
【律PL】 RITU: 11(2D6: 5 6)+3 = 14
【律PL】 ダメです。……墜ちました(苦笑)
【羽陣姫】「妾達はどこまでもついてゆくぞ。兄者さえよければ、の…」
【羽陣姫PL】 そう言うと、優しく腕を抱きしめる羽陣姫…いや、羽織。
【羽陣姫PL】 というわけで、一足先に告白ー。
【GM/隆虎】「・・・オレの往く所に女の仕合わせはないぞ?」
【来夏】「どこにだって付いていきます、兄上の居るとことが私のいるところです」
【来夏】「今、兄上と共に居ることが私の幸せです」
【来夏PL】 後追いで告白
【GM】 告白受理
【律】「……そうです。隆虎様のいないところに、幸せなどありません」
【律PL】 萌え攻撃、二回目
【GM】 うーん、告白入っちゃったからなぁ・・・
【GM】 攻撃後、告白でいいのかな?
【律PL】 そういく予定です。追撃権獲得用きゅん1もありますし>攻撃後、告
【GM】 ほかの人がもう告白しちゃったからなぁ・・・いいかな?>姉妹
【来夏PL】 いいですよ
【GM】 じゃ、どうぞ・・・
【羽陣姫PL】 OKです。
【律PL】 感謝します(平伏)
【律PL】 〈言霊〉〈癒しの笑顔〉〈絶対運命〉〈赤い瞳と白い髪〉肉体 きゅんなし
【律PL】 RITU: 9(2D6: 4 5)+3 = 12
【GM】 では、かるま1だけ使わせてもらおう
【GM】 GM-S: 15(3D6: 5 6 4) = 15
【律PL】 隆虎様《それはダメです!》
【GM】 げふっ
【律PL】 5+7で、LP12を。
【GM】 受理。
【律PL】 では、きゅん1使用して追撃権獲得、先ほどの言葉を告白といたします(ぺこり)
【GM】 では、兄抵抗・・・出来そうなのは一人か
【GM】 GM-S: 11(2D6: 6 5) = 11  羽織姫
【GM】 GM-S: 8(2D6: 2 6) = 8  来夏
【羽陣姫PL】 ウホッ(w
【GM】 GM-S: 8(2D6: 5 3) = 8  律
【GM】 全滅・・・
【GM/隆虎】「・・・そうか・・・俺も、お主らと離れるのはつらい・・・」
【GM/隆虎】「・・・お前たちの言うとおりにしよう・・・」
【GM】 3人を大きな腕で抱えるように抱きしめる
【羽陣姫】「うむ、それでこそ妾達の兄者じゃ…」来夏と一緒に律を引き寄せ抱き込まれる。
【GM】 そのとき、隆虎の胸から輝く因子が発現します
【律】「……ぁ」うっとりと、目を伏せる
【来夏】「兄上、大好き」胸の中でポツリと
【GM】 では、お願いをどうぞ
【羽陣姫】「…家督など、どうでもよいのじゃ」
【羽陣姫】「兄者、どこへなりと羽織達を攫っていってほしいのじゃ…」
【律】「……申し訳ありません。律は、もうお役目を果たせそうにありません」
【来夏】「兄上が常に強きものと出会えるように、この世界の全てと戦っても兄上なら勝てます」
【律】「律が……隆虎様と、何時までも、ともに行けますように」
【GM】 お願い受理
【GM】 では、シーンを切ります

【律PL】 シビレルw>読みあい
【GM】 描写はどちらから?
【律PL】 では、一、二行こちらで
【羽陣姫PL】 乱入成功してよかった(笑
【律PL】 ……これで、防御に回せなくなったかな、こっちは(苦笑)
【GM】 ・・・しまった《活躍シーン》入れるの忘れてた・・・あと二個残ってるのに
【律PL】 何気にギリギリでしたねw>11
【見学ro-q-ku】 エンディングでつk(ry
【律PL】 こ、こわw>活躍シーン
【律PL】 告白成功は……修正考えると、結構絶望的だ(笑)
【羽陣姫PL】 あ、質問。同時告白はあり?
【GM/隆雄】「・・・せっかく女子と二人きりになれるはずだったのに妹二人に乱入されたのか。哀れよのう」
【GM】 あり。
【律PL】 ……では、最後まで望みは捨てまい。
【羽陣姫】「『竜の鋸』で叩き斬ってくれようかのぅ、この色惚け兄…」
【見学ituki】 真っ白肌いいなー(ぼそ
【律】「……まったくです。鈍すぎです」
【見学misuta】 お邪魔します
【GM】 さーて。兄術があれすぎてこういう場所じゃ使えない
【GM】 全力攻撃キター
【律PL】 でも、結構綱渡りだったり。もう一発通して……やっとか(笑)
【律PL】 他2人はともかく、律はキツイぞw>逃げる
【律PL】 では、もう一撃入れてから、追撃で告白します。
【羽陣姫PL】 逃がす(待て
【律PL】 わお、気合はいってるw
【羽陣姫PL】 …って来夏攻撃しなくて届くの?(w
【律PL】 律よりきついぞ(苦笑)
【GM】 さっきしたから>来夏
【羽陣姫PL】 あ、攻撃してたか(笑
【律PL】 あ、そかw
【GM】 ちなみに、兄かるまが3あるんですが、どうしましょう。ここで使うのはあまりにアレですよね
【羽陣姫PL】 敢えて封印(w
【見学ituki】 む、むう……
【見学ituki】 確かにちょっと……ですな
【羽陣姫PL】 全員落ちたー(w
【来夏PL】 ハーレムですか
【見学ituki】 おめでとーございまーすw
【律PL】 皆、ついていきますw
【見学ro-q-ku】 |Д`)つG
【見学R695】 |Д`)つ@
【羽陣姫】「さて、犀怒馬車の改造をしなくてはの」
【律PL】 やはりここは、一緒についていけるようにしてもらうのが吉か(笑)
【GM】 全員お願いどうぞー
【羽陣姫】「バネの仕込み、席の増築、荷車の接続…やる事は全て終わっておるぞ」
【羽陣姫PL】 羽織の願いはあの通り、攫ってくれる様にと(w
【見学god-dqn】 長期行軍仕様!?<馬車改造
【見学god-dqn】 いっそ絶斗主雷牙でも作ったらどうだ、羽陣姫w
目次へ

■ 幕間 ■


義妹側データ 兄側データ
 名前 DP LP きゅん
かるま
抵抗
目標値
DP LP 抵抗
目標値
羽陣姫 40 23 10 21 40 26 24
木曽 来夏 35 17 7 15 37 17 15
27 20 10 15 32 22 20

【GM】 お疲れ様でした
【GM】 では、エンディングと参ります
【GM】 さて、順番はどうなさいます?
【GM】 じゃ、ちょっと兄シーンを入れましょう
【羽陣姫PL】 はいー
【律PL】 はいな

【律PL】 お疲れ様でした。
【見学god-dqn】 お疲れ様ー
【来夏PL】 おつかれ〜
【見学misuta】 御疲れ様〜
【見学ituki】 お疲れ様ですー
【羽陣姫PL】 お疲れ様ー
【律PL】 どうします?>順番
【来夏PL】 一緒でもいい気が
【羽陣姫】「一人乗りではないか」<絶斗主雷牙
【羽陣姫PL】 一緒でもOKです(w
【GM】 一緒ですか(汗)
【律PL】 無問題ですw
【見学god-dqn】 それもそうだなw<一人乗り
【羽陣姫PL】 腹は決まりました(w
【来夏PL】 では一緒でどうします?
【羽陣姫PL】 長期行軍+山賊退治?(w
目次へ

■ エンディング0:木曽 隆虎『出奔』 ■


【GM/隆雄】「・・・ふむ?茶会?」
【GM/隆虎】「はっ。ぜひ兄上にもおいでくださいますよう」
【GM/隆雄】「うむ。おぬしもそういう雅なものを覚えたか。感心感心。では馳走になろう」
【GM】 そんなことがあって、隆虎は兄を自分の屋敷に招いた
【GM】  
【GM/隆虎】「・・・(しゃかしゃかしゃか)」
【GM/隆雄】「・・・」
【GM/隆虎】「・・・どうぞ」
【GM/隆雄】「・・・(ごく)・・・よい茶じゃ」
【GM/隆虎】「・・・ほう。馬の小便はそんなに美味ですか」
【GM/隆雄】「・・・な、なんと!(げほげほ)」
【GM】 にやりと笑って、睨みつける兄から逃げ出す隆虎
【GM/隆雄】「・・・き、貴様!」
【GM/隆虎】「はっはっは。兄者、わしはこういう世界には向かん。好き勝手させてもらうぞ」
【GM】 すでに用意してあった馬に飛び乗り、駆け去る隆虎
【GM/隆雄】「・・・やはり・・・行くか・・・それも仕方あるまいな・・・」
【GM】 一人つぶやく隆雄。
【GM】 しかし、その後弟が妹二人と律姫までさらって行ったと知り腰を抜かすことになる

【律PL】 キャプテンコマンドーみたいに、時々馬車からオプションが助っ人に(笑)
【羽陣姫PL】 律専用のクレアータクリーチャーとか(ゲーム違う
【律PL】 星がらみで、メテオとか(を
【来夏PL】 法術とからくりの結晶の「符藍豆」w
【律PL】 (笑)
【羽陣姫PL】 採用する?(待て
【律PL】 無敵だなw>採用
【羽陣姫PL】 「界覚」でもいいですし(w
【来夏PL】 「出瑠太」でも
【GM】 おっと、台詞が混じった
【見学god-dqn】 当て字が走る走るw
【律PL】 ふむ……我王凱牙とか(笑)>当て字
【羽陣姫】「そんな巨人は流石に作れぬのじゃっ」
目次へ

■ 幕間 ■


【GM】 以上です
【羽陣姫PL】 いえー(笑
【GM】 では、エンディング・・・全員で?
【律PL】 ですかね?(笑)>全員
【羽陣姫PL】 ですねぇ(笑
【来夏PL】 全員で
【GM】 では、シーン定義を
【来夏PL】 4人で諸国漫遊中、でよろし?
【羽陣姫PL】 よろしです(笑
【律PL】 はいw
【GM】 了解
【GM】 では、タイトルなんぞを
【来夏PL】 「空の下の4人、漫遊すること」
【GM】 それでいい?>残り二人
【羽陣姫PL】 構いませんです
【律PL】 無問題です。
【GM】 では、スタートします

【羽陣姫PL】 お疲れ様ー
【律PL】 しぶく決められない兄、隆雄。
【見学ituki】 お疲れ様ですー
【律PL】 おつかれさまですー
【来夏PL】 おつかれ〜
【律PL】 あーあ。大変だな、国w
【GM/隆雄】「かむばーっく(汗)」
【羽陣姫PL】 多分、城の中の鉄とかその辺の材料もまとめて無くなっている事だろう(w
【律PL】 つ、つらーw
【GM/隆雄】「をを!わしの大切な茶釜が」
【羽陣姫PL】 【羽織】「赤熱炉にちょうどよかったのじゃ」
【律】「……容赦のないこと」(苦笑)<でもお気に入りの酒瓶を山ほど抱えているw
目次へ

■ エンディング:羽織姫・来夏・律『空の下の4人・漫遊すること』 ■


【来夏】「兄上、もうすぐ次の町ですよ」
【羽陣姫PL】 【羽織】「はいやっ!!あと半刻も掛からぬぞっ」
【GM/隆虎】「うむ・・・しかし、やはりこの乗り物は・・・慣れぬ」乗り物酔いでぐったり
【律】「見事な性能ですね……」感嘆しきり
【羽陣姫PL】 街道を疾走する二頭立ての三重連馬車。乗り心地は…前よりは遙かに良い。
【来夏】「山賊を1人で全滅させる兄上もこれにだけは弱いですね」くすくすとわらう
【羽陣姫PL】 【羽織】「大凡慣れぬと、来夏と律の子に示しがつかぬぞよ?」くすくす
【律】「……ええ。早く慣れてくださいませ」くすくす
【GM/隆虎】「むむ・・・」
【来夏】「そうですよ、もうすぐ父になるのですから」大きくなったお腹をさする
【律PL】 律の方はまだそれほどでもない。弟か、妹か。
【羽陣姫PL】 二人を気遣っているのか、今だ羽織の方から子を授かったという言葉はなかったり。
【GM/隆虎】「うむ・・・次の町でしばらく暮らしたほうがいいか」
【律】「……しばらくは、大過なく過ごせるかと」すでに星を詠んでいたらしい
【羽陣姫PL】 【羽織】「そうじゃな。妾が鍛冶屋を開けば銭も稼げようて」
【来夏】「そうですね、せめて布団の上で生みたいですし…痛たたた!」急に陣痛が
【羽陣姫PL】 【羽織】「おおっ、いかんいかん。どうどうっ!!」
【GM/隆虎】「うをっ!」天下無双の武芸者も、ここでは無力な父親に過ぎない
【羽陣姫PL】 【天上/天下】「ヒヒィィィィンッ!」
【律】「もう少しです。……頑張ってください」優しく来夏を励ます。
【来夏】「はぁっ…はぁっ…」かなり苦しそう
【羽陣姫PL】 【羽織】「律殿、来夏を診ていて下され」速度を落とし、触り無いように街へ急ぐ。
【律】「はい、おまかせください」
【羽陣姫PL】 【羽織】「来夏、頑張るのじゃっ!」
【羽陣姫PL】 かくして、巨大馬車とその一行は一つの村を賑わす事になる。
【来夏】「あ…ああ…ああ!」村に付いたあと程なくして、泣き声がこだました
【GM/隆虎】「・・・うまれたのか!?」蚊帳の外に追い出されていた
【来夏】「男の子ですよ、さあ、名前をつけてください兄上」入ってきた兄を見て子供を抱える
【GM/隆虎】「・・・うむ・・・来夏は、何がいいと思う?」
【律】「……そっくりですね」にこやかに。2人の邪魔をしないように、後始末をしながらさがる。
【来夏】「そうですね…この子の名前は…」

【羽陣姫PL】 【羽織】「ついでに刀の鞘も一通り頂いたのじゃ。圧搾車軸に使うのじゃ」
【GM/隆雄】「なんてことをするのじゃ・・・と、子じゃと?」
【来夏PL】 妊娠してたのΣ('−'っ)っ
【羽陣姫PL】 【羽織】「(つーん)」
【GM/隆雄】「茶釜に爆薬を詰める準備をするかのう(しくしく」
【見学ituki】 何事もなかったかのように極自然に孕んでる……w
【見学ro-q-ku】 |Д`)ノシ ー=≡@
【GM】 きっと、使わなかった活躍シーンをそこで使ったんだ>@
【律PL】 な、なんだってー!?>Ω
【見学ituki】 Σ(・∀・)ノノ
【羽陣姫PL】 流石だな(w
【GM】 2つあったし(w
【羽陣姫PL】 丁度良い(待て
【羽陣姫PL】 私は全てやりつくしました、斬ります?(w
【律PL】 こっちはこれで無問題っすw
【GM】 懸命にまだ諦めず羽織にもしているのだ
【律PL】 では、時間の問題ですなw
【羽陣姫PL】 うわー(w
【GM】 全然因子共鳴使わなかった駄目兄でした(倒
【羽陣姫PL】 イキロ(w
【来夏PL】 切りますか
【GM】 ここで?

■ 戦国に咲いた華 閉幕 ■

目次へ


■ 祭りのあと ■

■ 雑談の話 ■


【律PL】 おつかれさまですー
【来夏PL】 おつかれですー、実妹HrMは何人目?
【GM】 ・・・さぁ?(がくがく)
【GM】 クライマックス体調悪くてヘタレでした・・・申し訳ねぇ諸兄
【羽陣姫PL】 いえいえ、無問題ですよ(w
【見学ituki】 お疲れ様です〜♪
【羽陣姫PL】 実妹HrMは…何人目だろう(w
【来夏PL】 刺身、保父、後あったっけ?
【律PL】 ……はて?(笑)
【見学ro-q-ku】 おつかれさまー
【羽陣姫PL】 …誉れ高き3人目?(w
【来夏PL】 2人目も僕なのですが
【律PL】 神主も館も孕んでなかったし>実妹
【見学misuta】 御疲れ様〜(遅
【見学ro-q-ku】 |Д`)つ@@@@@
【GM】 世界コレは・・・はっきりとは語られてないし>実妹@
【GM】 さて、皆様、今回のセッションに関して一言をお願いしたいのですが
【来夏PL】 う〜む、戦国らしい、戦闘が出来なかったのが心残り
【来夏PL】 ちなみに実妹HrMは3人目でしたw
【律PL】 ちょっと、律は前半萌えが不足気味のような。こっちは逆に戦国を意識しすぎてしまった(苦笑)
【羽陣姫PL】 からくりに走りすぎたかな、とちょっと反省してみたり(笑
【GM】 (がくがく)>3人目
【律PL】 ……ぱちぱちぱち(笑)>3人目
【GM】 セッション6回で、HrM二人ってどうですか
【律PL】 自分は特になにもw 幸せ一杯でいいのでは?(笑)
【羽陣姫PL】 良い事です(w
【GM】 小生孕ませマスターではございませぬ


目次へ

■ 読者および参加者の皆様へ ■


長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。