[ 1st.AAA(メイン) ][ BBS(掲示板) ][ LINK(リンク) ]

− スーパーファミコン適当セレクション −
「ワゴンセールで見かけたら」

トラバース
■トラバース「Starlight & Prairie」
舞台設定に細心の注意を払っている冒険浪漫。
従来のRPGの傾向であった、「ストーリー展開」や
「勧善懲悪」の概念は全くといっていいほどなく、
むしろ自分で作るといった感じです。
(パンドラボックス・RPG)
Dark Law(ダークロウ)
■ダークロウ
「Wizap!」のシステムを踏襲した後継作として送り出された作品。
基本的にはイベント単位でストーリーが進み、それらをこなして
いくうちにまわりの状況が変化。そして、最後に待ち受ける
「世界の終末」で主人公たちに出きる事は・・・。
(アスキー・RPG)
アークス・スピリッツ
■アークス・スピリッツ
見下ろし型のアクションRPG・・・って、絵にも描いてますな。
しかし、謎が難しいのか、迷路が広すぎるのか、未だ
1面がクリア出来なかったりします。ううー。
(サミー・アクションRPG)
イーハトーヴォ物語
■イーハトーヴォ物語
タイトルの通り、宮沢賢治の世界(イーハトーヴォ)を
ゲームで体験しようというものです。いちおう説明書にも
書いているのですが、童話的な雰囲気を出すために
ゲーム中の音楽にはかなり気合いが入っています。
個人的にはシグナルとシグナレスがいい感じかと。
(ヘクト・アドベンチャー)
迦楼羅王
■迦楼羅王(カルラオウ)
一言で書けば、ずばり難易度の低いロックマン!
でも、釈迦とかブッダーな雰囲気(何それ)が
なんともいえないテイストを醸し出しています。
気軽にやれるかも知れない、おすすめソフト。
(Epic/Sony Records・アクション)
コスモポリスギャリバン
■コスモポリスギャリバン
ギャバン+シャリバン=宇宙刑事
って感じの横スクロールアクション。基本的には
「美食戦隊薔薇野郎」に近いです。しかし、出現する
ザコ敵わずか4種類・・・と、やや少ないですが、
敵キャラで操作出来たり、対戦モードがあったり。
「ゲッチュウ」という迷ゼリフを残した一品です。
(ニチブツ・アクション)
サイコドリーム
■サイコドリーム
伝家の宝刀(自分的に)日本テレネットが放つ
アクションゲーム。主人公は少女の心の傷を癒すべく
彼女の精神に潜り込むという設定。よって、出る敵が
すべてそんな少女の創造の産物。形容し難いもの多し。
ストーリー的にも訴えかける部分があり、完成度自体は
高いのではないかと。ただし、難易度も高し。
(日本テレネット・アクション)
サイバーナイト
■サイバーナイト
見知らぬ宇宙系に放り出された主人公の乗る
母船はなんとかしてもとの地球に戻るべく、
様々な星を探索し、宇宙の神秘を追い求めていく・・・
機械的でサイバーな作品。ダンジョンが全体的に短く、
意外とさっぱりしてますが、逆に物足りなく感じるかも。
(グループSNE・ロールプレイング)
紫炎
■紫炎(しえん)
いちおう忍者(紫炎)が手裏剣片手に騎士や革命児相手に
デスク○ムゾンやるってゲームらしいです。ちなみに、
よく似た名前のゲームに「紫炎龍(しえんりゅう)」
ってのがありますが、全くの別モノなので注意(!?)
(ダイナミックプロ・シューティング)
シンジケート
■シンジケート
協力プレイ(しかもマルチパッド対応)な作品。
画面は見下ろし型で、スパイ任務を的確にこなすのが目的。
どことなく「シャドウラン」っぽいけどなんか違うような。
隠し通路を見つけるのがこれまた難しかったりして。
(エレクトロニック・アーツ・ビクター・シミュレーション?)
すごいへべれけ
■すごいへべれけ
4人対戦が基本のいわゆるはちゃめちゃバトル。
「くびちょんぱー!」「お茶がうまい」「うぴょー!」って感じの
ほのぼのしたゲームです。一人でやっても寒いだけですので
みんなでやる事をお勧めします。同キャラクターをモチーフにした
「おーちゃんのお絵かきロジック」の方が有名かもしれません。
(サンソフト・対戦アクション)
ソード・マニアック
■ソード・マニアック
なんつーか、タイトル名からして「マニアック」
しかしゲーム自体は普通の(?)横スクロールアクション。
「ニンジャウォリアーズアゲイン」みたいなもの・・・違う?
(東芝EMI・アクション)
ダークキングダム
■ダークキングダム
日本テレネットが送り出す革命児。その後某季刊な本の影響で
メジャーなマイナーゲーム(?)と化しました。で、内容ですが・・・
「魔王側」の立場にたって物語をすすめていくというスタンスが
非常に良いです。人間を襲って店のものをまきあげてみたり。
しかし、普通にやったのでは謎を多くかかえて終了してしまうので、
有る意味極める価値があったりするかもしれません。また、会話の中で
本音とかが表示されるあたり、日本テレネットらしさ・・・なのでしょうか。
(日本テレネット・ロールプレイング)
対決!!ブラスナンバーズ
■対決!!ブラスナンバーズ
なんかタメ技ばっかりの対戦格闘ですが、逆に書けば
1回転とか難しいコマンドが無いのでかえって楽かもしれません。
対戦ゲームなのでストーリーはどうでも良いのかもしれませんが、
実は登場する主人公は全員悪人で、正義の心はみじんもありません。
ちなみに難易度はそんなに高く無いので、手堅く出来ると思います。
(日本テレネット・格闘アクション)
テコンドー
■テコンドー
テコンドーを手堅く再現、ポイント制の対戦ゲーム。
キャラクター育成モードにはいちおうストーリーモードもあります。
「クロックタワー」のヒューマンが送る、在る意味「手堅い」作品。
(ヒューマン・格闘アクション)
BATTLETECH3050
■バトルテック3050
高性能のメカに乗り、与えられた任務をこなして行くのが
目的なのですが、めちゃくちゃ難しいです。1面クリア出来ません。
「キサマの名前は恥さらしとして語り継がれるだろう・・・」
がんばったのにあんまりだよーっ。(魂の叫び)
(アスク講談社・シミュレーション)
ファーストサムライ
■ファーストサムライ
「オーノー、マイソード!」で一躍有名(?)になった・・・
と言われている、なんとも硬派なアクションゲーム。
主人公の名前が「サムライ」であるのはまだよしとしても、
宝箱あけたら「ハレルヤ」が流れる演出にはもはや絶句。
ちなみにこのゲームの主題歌は「城みちる」が歌ってます。
どこぞの中古CD屋にサウンドトラックがあるはずです。
(ケムコ・アクション)
マグナブラバン
■マグナブラバン−遍歴の勇者
一介の村人が魔王を倒す勇者へとなっていく課程を
描いた作品。ゲーム自体は普通かなーとか思いますが、
最後のダンジョンだけやってもつまんないので、どうせ
やるなら最初から!全シナリオを通して初めてこの作品の
「良さ」が見えてきます。某誌の影響からか、案外有名。
(アスク講談社・ロールプレイング)
マザー2
■マザー2−ギーグの逆襲
糸井重里氏によるアメリカンなテイストと
少年の冒険心が12分に表現された作品。ゲームの
レベルも高く、絵・音ともに申し分ないんではないかと。
つーか、こうやってみると「赤い」なぁ・・・と。
(任天堂・ロールプレイング)
魔獣王
■魔獣王
「獣王記」って作品に似てるようで、ちょっと違う?
オープニングでいきなり妻が惨殺されて妹がさらわれる
シーンがあったような。で、妹を救出するのが目的なのですが・・・。
主人公が面をクリアごとに進化していくシステムとなっております。
魔獣王っていうか、デ○ルマン? 難易度:やや易。
(KSS・アクション)
ヤムヤム
■ヤムヤム
オープニングのカラオケがヘタ字っぽくて実にいい感じです。
で、内容としては「ソウルアンドソード」になんとなくよく似たゲーム。
だからといって同社の作った「トラバース」に似てるかというと・・・?
(パンドラボックス・シューティング?)
ライズ・オブ・ザ・ロボッツ
■ライズオブザロボッツ
いかにもポリゴンなキャラクターが繰り広げる2D格闘
・・・と書くと身も蓋もないですが、敵キャラクターの
登場と勝利時の動画が映画調で素敵です。あと金属音。
そんなマニアックな人気からか、続編も出てたりして。
ゲーム性よりもリアリティーを追求した在る意味意欲作。
(T&Eソフト・格闘アクション)



1st.AAA−やれば出来るゲームたち−
Made by Okada .