TOP選択PC用コントローラ | 変換アダプタコントローラ改造コンシューマ特集ミニコラムアンケート掲示板リンク過去NEWS


Copyright(C)1999 内藤らいた
Mail:
naitouraita@mail.goo.ne.jp 

 

このホームページは「InternetExplorer」のみ動作を保証いたします。
「NetScapeNavigater」などのブラウザでは正しく表示されません。
また、画面解像度は「800x600」以上を推奨します。 

★ コンテンツ ★

※ 項目脇のボタンを押すと、ツリーの開閉が行えます
TOP PAGE (NEWS)
PCコントローラの選択
* はじめに
* PCコントローラの分類
* コントローラ変換
* コントローラ改造
* PCコントローラの現状
PC専用コントローラ一覧
コントローラ変換機一覧
ゲームコントローラ改造法
家庭用コントローラ一覧
内藤らいたのミニコラム
* コマンド入力用「検出君」
* 測定特化jstest登場!
* サターンパッド復活:後編
* サターンパッド復活:前編
* RENDA vs jstest
* 必殺50連打の謎
* 過去のコラム(一覧)
コントローラ特集
* Smart Joypad ファイティング
* BURUTTER
* Smart Joypad 3 plus
* ATR-USB
* SUPER JOYBOX 4
* 過去の特集(一覧)
みんなの広場
* 投票型アンケート
* コントローラ掲示板
* 掲示板・過去ログ検索
* 過去ログ全表示
コントローラ関連リンク集
* コントローラ製作・改造
* コントローラ関連企業
* コントローラレビュー
* 関連ソフト・ドライバ
* コントローラ販売
過去のNEWS
* 2000/07/11〜12/31
* 2001/01/01〜12/31
* 2002/01/01〜12/31
* 2003/01/01〜
週間アズキー
旧ナイトー財団コンテンツ

最新情報 (2012/01/14更新)


 【 ホームページ更新状況 (2012/01/14)

 本HPの更新がストップしてから、6年以上が経過しました。
 その間、「Wiiコントローラ」のように直感的に操作が可能なコントローラが登場したり、「Kinect」のようにプレイヤーのジェスチャーで操作するデバイスが登場するなど、コントローラ関連もそれなりに変化があった訳ですが、全く更新が出来ずここまで放置してしまいました。
 そんな中、これまで利用してきたレンタルサーバ「COOL ONLINE」が2012年でサービス終了となる通知を受けました。
 今後、このHPを更新する事はほとんど無いであろうと思い、このタイミングで潔くHPを閉鎖し全コンテンツを削除する事も考えましたが、これまで皆様から頂いた情報や、「検出君」、「jstest」といった有用なソフトまで道連れにするのはあまりにも無責任と思い、新しいレンタルサーバを借り、今までのコンテンツを保管することにしました。
 なお、コンテンツの一部は、最新ブラウザに対応できてなく表示が崩れたり、スパム書き込みでDB修正が必要な物もありますが、徐々に修正する予定です。


 【 ホームページ更新状況 (2005/07/18)

 コントローラ特集のページに、第三科学研究所さんが製作・販売しているセガサターンのコントローラに対応した変換インターフェース「DPP-SS2」のレビューを載せました。
 
PCIの次世代規格であるPCI-Expressの登場で、引退へのカウントダウンが始まったIF-SEGA2/PCI。よって、それに代わる有力候補としてセガサターン版DPP製品である「DPP-SS2」が挙げられるのですが、はたしてこの製品は「ポストIF-SEGA」に成り得るのでしょうか?

 ちなみに、大変申し訳ないのですが、ニュースの更新等はもうしばらく後になりそうです。

コントローラ画像を投稿していただいた方にも、深くお詫び申し上げます。


 【 10本の指先の動きで入力するキーボードが登場! (2005/03/07)

 久々に興味深い入力機器が、今週のAKIBA PC Hotline!で紹介されています。「Professional II-PS2 Mouse Small Palm Pads」という製品なのですが、突っ込み所満載で思わず「うわぁ…」と唸ってしまいます。
 親指を除く8本指には指1本につき周囲4方向+真下の各5キーが配置され、両親指には3方向+真下+上方の各5キーが割り当てられていて、それぞれのキーを押す、またははじくことでキーを入力する仕組みとの事です。単純に考えて合計50個のキー入力しかできないので、絶対にキーが足らないような気もするのですが、そこはフットペダルのファンクションキーでなんとか代用するらしい?です。
 しかし、指の動きのみでキー入力を行うという着目点は素晴らしいのですが、基本的に人の指は横に動かせるようには出来ていません。試しに目の前に手を出して、薬指や人差し指を横方向に動かしてみれば分かりますが、そうそう思ったように動かせるものではありません。基本的に(親指を除いて)1本の指でこなせるのは、UP,DOWN,PUSHの3方向のみでしょう。ちなみに、このキーボードを実際に使用している動画もあるのですが、実演者は横方向への入力が全くできていませんね…。
 また、今時接続方法がPS2というのも微妙ですが、何よりも問題なのは、108,000円という価格でしょう。これだけあれば、無接点方式のキーボードが5個は買えます…。
 と、このように、突っ込み出したらキリがないような製品ですが、確かに慣れればブラインドタッチよりは手の移動量が少ないので、より早くキーが打てるかもしれません。また、ここまで指を動かせばきっと脳にもよい刺激になるので、健康にもよいかも知れません。健康器具としてお一つ購入されてみてはいかがでしょう?(健康器具としてもメチャ高いですが…) 


 【 サンワサプライからゲームパッドの新製品が登場 (2005/03/07)

 数多くのパソコン周辺機器を取り扱っているサンワサプライから、新製品の12ボタンゲームパッド「JY-P58U」シリーズが発売となりました。連射機能はないようですが、デジタル、アナログ、振動などのメジャーな機能は搭載しているようです。またグリップ部分はラバーで出来ており、滑りにくい工夫がしてあるようです。
 ちなみにこの製品、どこかで見たことがあるなぁ…と思っていたのですが、どうやら形状がELECOMの「JC-U1012FBS」シリーズとかなり類似しています。(よく見ると若干違いが見受けられますが…)。まあ、このパッドも海外メーカー製のOEMであると思われるので仕方のないことかもしれないのですが、やはりオリジナリティ溢れる自社製品を希望したいところです
 


 【 PCツナイデントが待望の復活! (2005/02/27)

 レスポンス重視のコアなゲーマーから絶大な支持を受けていながらも、ドライバがWindows2000やXPで使用できないことや、パラレルポート接続である等の理由で販売中止になっていた、ゲームテック社製プレステコントローラ専用インターフェースであるPCツナイデントが遂に復活しました!ただし、ドライバがWindows2000,XPに対応しないのはそのままのようです。
 ちなみに、PCツナイデントを含め、ゲームテック社製品を数多く扱っていたゲームスアークメガ店が、平成17年1月23日をもって閉店していたようです。ゲーム周辺機器関連ではかなりの品揃えを誇っていただけに、非常に残念です。いつの日かまた復活する事を願っております。

【 ホームページ更新状況 (2004/12/12)

 リンクのページに、鳥丸さんの管理するプログサイト「ゲームパッド地下秘密」を新規に追加いたしました。沢山のコントローラ、特に使いづらい&奇妙なコントローラを中心にしてコレクションしておられるそうで、その製品に対する解説もかなり詳しく紹介されています。
 私も数多くのコントローラを所有していますが、どちらかというと実用性のある製品を集める傾向があるので、そのような個性溢れるコントローラをメインに扱うというコンセプトはとても面白いものだと思います。見所がいっぱいあるので要チェキです!


 【 サターンパッドに続き、バーチャスティックも復刻版 (2004/12/12)

 復刻版サターンパッド」に続き、「バーチャスティック」も復刻版として開発している事は以前紹介しましたが、セガ・ロジスティクスサービスのサイトでその情報が遂に公開されました。
 このバーチャスティックは、スティックやボタンをアーケード感覚をそのまま再現したコントローラで、セガサターン全盛期の頃はそれなりに評価の高かった製品です。今回は、それがUSB版として復刻!しかも、秒間20連射の機能まで新規に搭載されるとの事で、なかなか期待できる製品に仕上がるかもしれません。
 ただ私的には、この製品のボタン配置はどうも馴染めないような気がします。LRボタンのアクセスを容易にしようとした配慮の結果であるとは思うのですが、間違えてボタンを押してしまった事が何度もあったので…。
 


 【 待望のPSP、本日遂に販売開始! (2004/12/12)

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)の新製品である携帯型ゲーム機、PSP(プレイステーション・ポータブル)が遂に発売となりました。原価割れしてまでも追求したクオリティと、ゲーム機以外の付加機能が魅力的な事もあって、ショップの前にはかなりの行列が出来たようです。
 さて、私はといいますと…SONY製品の初期ロットは怖いと言う先入観から、今回の購入は見送りました。ただ、発売日の前日に、SOFMAPの展示コーナーでPSPに少しだけ触る機会があったので、操作感についてのファーストインプレッションを軽く紹介しましょう。
(ただ、触れたといっても30秒程度ですので、過度に信用せず、参考程度に留めてくださいね)
●方向キー
特筆すべきは、プレステパッドのような十字型ではなく、円型のキーを採用している点。これにより、プレステパッドと比較して、8方向への入力がかなり容易になっている。また、キーの上下左右方向には凸があるため、「横を押したつもりが斜めだった!」というような誤入力はほぼ皆無で、基本的な4方向への入力は問題なく行えた。
押しやすさに関しては、プレステパッドと比較するとかなり軽めに出来ており、長時間プレイしても親指への負担は少ないだろう。ストトロークはプレステパッドとほぼ同様のように思われる。大きさに関しては、携帯用だけあって少し小さめではあるが、慣れてしまえば気にならなくなる程度である。
●アナログパッド
薄平べったいパッドを、水平方向にスライドさせる事によってアナログ操作を実現するという、これまでにない操作感覚に新鮮味を覚えた。スライドの間隔もそれなりに広いため、ゲームでの使用時においても操作がシビアになるような事はないだろう。
パッド表面は網状になっており、滑り止めの役割を果たしている点もなかな評価できる。ただ、アナログパッドの大きさは、操作系の入力である事を考えると少し小さいように思える。
●ボタン
前面4個のボタンは、プレステパッドと同じ配置であり、特に違和感はない。ボタンの大きさや配置間隔は、プレステパッドと比較して小さめに出来ているように思えたが、実際のゲームプレイに支障をきたす程ではない。ストロークはプレステパッドと比較して少し深めに出来ているように思えた。それが一つの要因かもしれないが、ボタンを押しても元に戻らない事が度々あった。ボタンを連打するゲームをプレイするには、ちょっと向いていないのかもしれない。
ただ、私が触ったのは展示品一つであり、他のPSPも同様の症状が起こるとは限らない。まあ、いろいろな人が触ったためにヘタっていたのかもしれないが…(短期間でヘタってしまうのもどうか、とも思われるが…)。
ちなみにLRボタンは、押すと上面と並行にボタンが沈む。これはちょっと意外だった。しかも、ストロークがかなり深いので、多分アナログボタンなのかもしれない。
●全体的に…
携帯用のゲーム機であるが故に仕方のないことではあるが、操作系を強引に詰め込んだ感が否めない。特に問題があると思われるのが、アナログパッドの配置である。ちょっと…いや、かなり下寄りにあるため、アナログパッド操作時にどのようにPSP本体を持てばよいのか、かなり戸惑った。プレステパッドの場合は、アナログ使用時には、手の甲、薬指、小指でコントローラをグリップして支える事ができるが、PSPの場合はグリップする部分がないため、それが出来ないのである。
また、プレステパッドと比較した場合、LRボタンがあまり使いやすくない印象を受けた。プレステパッドはグリップ部分を手の甲、薬指、小指で支えるために、人差し指や中指がフリーになるが、PSPはそのグリップ部分が存在しないため、親指以外の指はほとんどPSP本体を安定するために使用されるのが一つの主な要因であると思われる。もしも、そのLRボタンがアナログであるならば、人差し指での細かい操作は期待出来ないのではないだろうか。 


 【 ホームページ更新状況 (2004/12/05)

 前回のミニコラム「レスポンス測定特化型jstest登場」においては、jstest1.3で新たに追加された”ログ取得機能”を利用して、コマンド入力の精度を検証する方法を紹介しました。しかし、jstestよりもさらにコマンド入力に特化したソフトをGackn氏から提供していただける事になりましたので、コラム:コマンド入力測定ソフト「検出君」のページで紹介させていただきます。なお、ダウンロードは、「リンク・関連ソフト・ドライバ」ページからでも可能です。
 しかし、jstest、検出君に関しては、ミニコラムのページで扱うべきではないような気がしてきました。よって、今後「ダウンロード」のコーナーを新規に設けて、そちらで扱うようにする予定です。ただ、そうなるとページのヘッダとフッタのフォーマットを全て変えなくてはならなくなるわけで…IFRAMEタグを導入すれば解決できそうですが、他にもっとよい方法はないものでしょうか…。悩みどころです。


 【 GC,XBOX,PS/PS2に対応した変換アダプタが登場! (2004/12/05)

 数多くのゲーム関連製品を扱う「MaxGear.jp」から、なんとゲームキューブ、X-BOX、プレイステーションと、3つのプラットフォームのコントローラに対応したUSB変換アダプタ「3in1 Magic JoyBox」が登場しました。現役ゲーム機3種のコントローラ全てに対応した製品は、これがはじめてではないでしょうか。
 この製品は、外見こそ「PC MAGIC BOX」系に類似しておりますが、中身も機能も全くの別物と言って過言ではないほどの進化を遂げているようです。互換性も高く、振動機能は当然、連射機能やボタンのリマップ機能にも対応するとの事。そして、何と言ってもこの製品で特筆すべきは、「PC MAGIC BOXでは不可能だった3ポート同時使用が可能である」という点でしょう。これで、使用したいコントローラを差し替えなければならないといった面倒な作業からも開放されますね。
 これであとはレスポンスが良ければ、かなり魅力的な製品と言えるでしょうね。


 【 韓国版GGXに何故かメガドラパッドが付属!? (2004/12/05)

 韓国で発売された「ギルティギアゼクス」のWindows版に、「GGXロゴ入りメガドライブ6BパッドPC版(ゲームポート接続)」が付属している、との事です。
 何故、今時メガドラパッドなのか?…いや、むしろ何故今時ゲームポート接続なのか…の方が気になりますが、メガドラパッドを愛用している人にとっては、中古品ではなく新製品として入手できる選択肢が増えた事は、素直に喜べる点ではないでしょうか。
 まあ、GGXの方も、問題なく遊べるようなので、気になる人は要チェックですね。


 【 ホームページ更新状況 (2004/11/22)

 以前のミニコラム「RENDA vs jstest」では、現状の連射測定ソフトではFPS値を一般のゲームと同じ値に設定にする事ができないため、信頼性のある測定結果を得る事はできない…という結論に達した訳ですが、その件についてjstestの作者であるohne-m氏に相談したところ、jstestにその機能を追加して頂けることになりました。
 ミニコラム「レスポンス測定特化型jstest登場」では、そのニューバージョンのjstestのダウンロード、および使用方法の解説などを記載しましたので、お目通しあれ!なお、ダウンロードは、「リンク・関連ソフト・ドライバ」ページからでも可能です。


 【 ELECOMから新USB変換アダプタがリリース! (2004/11/22)

 つい最近、サンワサプライから新しいUSB変換アダプタ 「JY-PSUAD1」と「JY-PSUAD2」が登場したばかりですが、それらに対抗するかのように、ELECOMから「JC-PS201USV」と「JC-PS202USV」がリリースされました。
 この製品は、振動機能やアナログ機能をサポートしている他に、従来のUSB変換アダプタには存在しなかった連射機能、ボタン再配置機能、キーボードとゲームパッドのコントロールを混在して登録可能なマクロ機能まで搭載しているとの事です。ただ、レスポンス対策に関する事はサイト内に記述されてないので、本来のポテンシャルがどれほどあるかは未知数です。噂によると、レスポンスはあまり良くない部類に入るそうですが…。
 そんな訳で、「性能のサンワサプライ」vs「機能のエレコム」といった図式が成り立つのですが、軍配がどちらにあがるのか、今後の展開がさらに楽しみになってきましたね。


 【 メガドラ6ボタンパッドのUSB基板が登場 (2004/11/01)

 第三科学研究所から、メガドライブの6ボタンパッドをUSBコントローラにするための基板がリリースされました。ちなみに、スタートボタンは7個目のボタンとして、MODEボタンは連射ボタンとして使えるようです。
 メガドライブ6ボタンパッドは、サターンパッドの前モデルとも言えるコントローラで、形状やボタン配置、十字キーの使いやすさは、サターンパッドに近いものがあります。ただ、全体的に小さいためボタンとボタンの間隔が狭い事と、年月が経っているため耐久性に難がある事(ラバースイッチ部分)がネックですが、未だにDPPでこのコントローラを使用している方は、この機にUSB化するのも良い選択かもしれませんね。


 【 ホームページ更新状況 (2004/10/29)

 このサイト内で、リンク切れになっている個所を可能な限り洗い出して修整いたしました。ただ、まだ外部のリンクまでは調べきれていないので、徐々にそちらにも対応していく予定です。
 また、PCコントローラ特論のミラーサイトは合計5個も存在するのですが(ジオシティやinfoseekなど)、ようやくこのCOOLのページが形になったということで、このタイミングで一つにまとめる事にしました。
 あと、目的は果たせたのでアンケートはそろそろ終了しようかと思うのですが、個人的にもうちょっと様子が見たいのでそのままにしておきます。


 【 PSP、2万円を切る脅威の低価格で発売予定! (2004/10/29)

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)から、PSP(プレイステーション・ポータブル)の詳細が明らかになりました。2004年12月12日に19.800円(税込み20,790円)で発売との事です。クリスマスに十分間に合いますが、売り切れが懸念されるので、子供へのプレゼントにと考えている方は予約した方が無難でしょう。
 しかし、定価19.800円とは、これまたナイスな価格設定ですね。この機能でこの価格なら、携帯ゲームをあまりプレイしない人の物欲を駆り立てるには十分でしょう。という訳で、子供へのクリスマスプレゼントという名目で購入し、自分も試しに使ってみようと企むパパさんが続出するかもしれません。今年のクリスマスプレゼントの平均予算は久々に上昇するかも?
 ところで、PSPには方向キーの下にスライド式のアナログパッドが付いているとの事ですが、位置的にあまり使い勝手が良いように見えません。このアナログパッドを操作している時は、本体の何処をグリップすれば良いのか悩みますね…。


過去のニュース →

   注:new.gifマークは、最も最近に更新されたコンテンツです。

また、このページで扱われているすべての画像素材を、他へ転載することを禁じます。

TOP選択PC用コントローラ | 変換アダプタコントローラ改造コンシューマ特集ミニコラムアンケート掲示板リンク過去NEWS