コントロールマネージャー

隊長「遅くなってすまんな・・・」

部下「どうしたんですか?」

隊長「またZZZ司令のPCがコケたそうだ・・・HDが死んで・・・」

部下「災難続きですね・・・」

隊長「おかげでフランカー2.0が遊べない日が1ヶ月以上続いたわけだ」

部下「よく、禁断症状になりませんでしたね・・・」

隊長「さあな?でも、ストレスが溜まってるのは間違いないようだ」

部下「そりゃー大好きなSu−27やMig−29でぶん回さなければ気が済まないだろうね」

隊長「エアダンiで我慢したが、やっぱりダメだったそうだ・・・」

部下「HUDが違う!!誘導爆弾が投下出来ん!!R−73はどうした!?とかのたうち回ったりしたりして」(笑)

隊長「うむ・・・当たってるかもしれん・・・あ・・・それでだが・・・」

部下「どうしたんですか?」

隊長「我が飛行隊も新型シミュレーターが配属された」

部下「おおっ!」

隊長「ペンテWとGフォース3搭載の高性能な奴だ。これでサクサク遊べるだろう。ロックオンを見越しての構築だったが・・・」

部下「く〜羨ましいすぎる性能っすな・・・」

隊長「それでだが・・・これを本稼働に入らせるまでに1ヶ月近くかかったそうだ・・・」

部下「・・・どうしたんっすか?」

隊長「CH3点セットUSBのトラブルに悩まされたそうだ・・・」

部下「あちゃーストレス溜まりまくりですね・・・」

隊長「うむ・・・ZZZ司令のストレスもこれが原因だそうだ」

部下「それでどうなったんですか?」

隊長「うむ・・・何とかなったようだ・・・これで本稼働に入れるわけだ」

部下「長かったですね・・・」

隊長「というわけでZZZ司令が悩まされたCH3点セットUSBについての解説をしよう」

部下「まあ・・・他にたくさん悩んでる人いるかもしれませんしねー」

隊長「うむ・・・その前に下準備をしよう。ドライバのインストールから始めなければならん。その時点で3点セットを繋がないようにな・・・

部下「ふむふむ・・・」

隊長「それでだが・・・CH3点セットに付属していたCDを使うより、CHサイトから最新ドライバーを落として、インストールした方がいい。但し、Win98SEを使ってる場合は落としてもまだインストールするな

部下「何でですか?」

隊長「うむ・・・ZZZ司令もそれに悩まされたそうだ。インストーラーのバグでWin98SEはある方法を使わないとこんな風に認識してしまう。下を見るがよい


インストール失敗状態

部下「なるほど・・・!マークがついてますね・・・

隊長「これを防ぐためにはドライバをインストールする前にCHプロペダルを接続せよ。この時点でインストールしてたらアウトだ

部下「インストールする前に繋ぐんですか?」

隊長「うむ。繋ぐとプラグアンドプレイで認識されるから、次を押して、メッセージに従って進むのだ。CHドライバを使わず。Winに最初から入っていたドライバがインストールされるようにすればよい。こうすればデバイスマネージャーにヒューマンインターフェースデバイスが出てくる

部下「なるほど」

隊長「出てきたのを確認したら、CHプロペダルを抜いて、ドライバをインストールせよ。これは最新バージョン(1.23以降)を推奨するがな・・・WinMe、2000、XPを使ってる場合はここからスタートせよ。

部下「ふむふむ」

隊長「後は一般的なインストール方法だ。昔のバージョン(1.1以前)はこの後にめんどくさい作業があるので最新バージョンがいいだろう

部下「なるほど」

隊長「インストールが成功して、CHコントロールマネージャーがプラグアンドプレイで認識されていればOKだ。後はCH3点セットを繋ぐだけで自動的に認識するだろう。一応、念のために3点セットを繋ぐ前に再起動したほうがいいかもしれんが

部下「再起動しました〜」

隊長「よし、繋げ。繋ぐだけでドライバが自動的にセッティングされる。あ、ちなみにUSBポート足りなくなるかもしれんのでUSBハブを使った方がいいかもしれん。相性の事もあるから、1つのハブとポートに3点セットのみ使用した方がいいだろう

部下「ドライバが自動的に認識されました〜」

隊長「うむ。うむ。正常にドライバが入っていれば、下のようになる


ドライバが正常に入った場合の状態。

部下「バッチリ正常に認識されてます」

隊長「うむ。コントロールマネージャーを立ち上げよ」

部下「らじゃー」

隊長「立ち上げたな。まず、ジョイスティックを登録する作業を始める。+マークがついたジョイスティックアイコンをクリックせよ


デフォルトで立ち上げた状態。

部下「ポチっとな」


+マークがついたジョイスティックのアイコンクリックするとメニューが出る。

隊長「コントロールマネージャーで使用可能なジョイスティックのリストが立ち上がるから、使用してるジョイスティックに合わせて、登録せよ

部下「CHのコンバットスティック、プロスロットル、プロペダルっと・・・」

隊長「うむ。ちなみに−のついたジョイスティックのアイコンは登録済みのジョイスティックを削除だ。このままの状態では3つがバラバラになってる状態だ。次はこれを連結させるための下準備を行う。稲妻マークをクリックせよ


稲妻マークにある設定

部下「何っすか?それ?」

隊長「Axisは軸、ボタンはボタン。4Axis・4ボタンは4軸4ボタンジョイスティックを表す。6軸のもあるが、これを使う機会は無いだろう。4軸4ボタンにせよ。ジョイスティックの調整のプロパティを何故か、4軸4ボタンまでしか出ないから、それにしよう

部下「イエッサー」

隊長「後はボタン登録、マクロ入力などだ。変えたいボタンをクリックすればメニューが出る。まずはジョイスティックのボタンを登録する方法だ


ボタン設定プロパティ

部下「ふむふむ」

隊長「ボタンはダイレクトXモードにチェックが入ってるか確かめよ。そうすればボタン設定可能状態になる。後はダイレクトXデバイスの方はジョイスティック1にせよ。1つのジョイスティックとしてだからな。あとはダイレクトXコントロールでボタンを決めることが出来る

部下「ハットスイッチはどうするんですか?」

隊長「うむ。ハットスイッチの所をクリックして、ダイレクトXモードになってるかを確認し、POVのところをチェックすればハットスイッチになる。但し、1つまでにしとけ。ゲームが1つしか対応してないってこともあるからな

部下「設定したでち」

隊長「・・・お前もポ○ン語、感染でちな・・・いかん・・・気を取り直して・・・後はキーボードマクロを登録する方法だ。これはダイレクトXモードのチェックが外れてるかを確認せよ。外れていればキーボードマクロを登録可能だ

部下「これでいいんでちか?」

隊長「もういい・・・さて・・・後は単純にキーボードのキーを入力すればいいが、スピードキーと違って、TABとかテンキーが入らないところが厄介である

部下「なるほど・・・」

隊長「これを防ぐためには?の所を押せばヘルプが出るから、キーボードの所を選べば特殊文字を入力させる為の表があるから、参考にせよ

部下「ふむふむ・・・テンキーの5なら、KP5っすね・・・

隊長「うむ。ちなみにCtrlやAltやShiftと一緒に入力するためにはHOLDを最初に入力し、LCTL Fとか入れれば一緒に押された事になるぞ

部下「なるほど、HOLD LCTL Fとかですね。

隊長「そうだ・・・まあ・・・ZZZ司令もあのHUQさんのHP見なければ永遠に使えなかった状態だったかもしれないからな。あと、ハットスイッチにマクロを入れる場合は右上に4方向、8方向矢印が出るから、矢印をクリックして、該当の方向を登録すればよい

部下「ほいほいっと〜」

隊長「あ、ちなみにプロスロットルのハットスイッチはバグなのか不都合なのかよくわからんが、方向がずれてるので実際に登録して、正常に入ってるかとどの方向にずれてるかも確認して、設定し直すべきだ。

部下「入れました〜」

隊長「うむ。あとは登録するのみだ。▲矢印があるジョイスティックアイコンを押せば設定が登録される

部下「登録〜」

隊長「後はこれを1つの機器として認識させるためにのアイコンをクリックせよ。これで1つの機器として認識される

部下「これでOKっすね」

隊長「うむ」

部下「終了っと」


コントロールマネージャーで設定する前の状態。

コントロールマネージャーで設定した後の状態。

隊長「うまくいっていればゲームオプションのプロパティを開いたときに上のように変わる。

部下「OKです」


コントロールマネージャー設定後のデバイスマネージャー

隊長「ちなみにそれぞれのデバイスを説明すると
CHコントロールマネージャーAux1デバイスが仮想キーボードデバイス
CHコントロールマネージャーAux2デバイスが仮想マウスデバイス
CHコントロールマネージャーデバイス1が1つの仮想ジョイスティックデバイス
だ。説明しただけだがな。後はわかるだろう。あと、キャブレーションの調整も忘れるなよ。ゲームオプションで行えるからな

部下「では、飛びます〜」

隊長「うむ。行くか」


JPGにすると質が落ちるのでわかりにくいが、綺麗です。

そして・・・

部下「あ〜久しぶりの飛行はすっきりした〜」

隊長「うむ」

部下「そういえば・・・大事な事忘れてるような気が・・・?」

隊長「大事なこと?何があったんだ?」

部下「いや・・・何となくですが・・・」

隊長「何だろう・・・大事な事だったか?」

部下「だったと思います・・・」(自信なし)

隊長「そういや・・・今日は何日だったっけ?」

部下「さあ?カレンダー見ればわかりますと思いますよ」

隊長「うむ」

そして・・・二人ともカレンダーを見る。

二人「・・・・」

部下「2/15っすね・・・」

隊長「ぐはああっ!!聖戦の事を忘れてたぁぁぁぁ!!」

部下「せ・・・聖戦って・・・何か誤解しそうな・・・今の時世・・・」

隊長「くそっ・・・くそっ・・・一生の不覚だぁっ!!我々の聖戦を忘れるとは・・・」

隊長の不手際によって、聖戦は失敗に終わり、カップルの大事な時間を阻止できずに終わった326飛行隊であった・・・

戻る