←前の文書タイトル一覧次の文書→

我々の痛ましい過去
韓国剽窃アニメーション


飛べワンダー姫 1978
 キム・チョンギ監督の作品として、その当時人気があったTV洋画「ワンダーウーマン」をアニメーションに剽窃した作品だ。

はしれマジンガーX 1978
 メカデザインは、グレンダイザーをそのまま使い、題目は、マジンガーをすりかえたもんだ。マジンガーZではなく、マジンガーXという・・・。80年代の運動会ソングみたいな主題歌を、もっとおかしくした作品だ。

孫悟空と星たちの戦争 1978
 貴方は覚えてますか?
 当時、人気があったMBC放映のTVアニメーション「孫悟空とオーロラ姫」(原題:SF西遊記スタージンガー)を・・・。

宇宙黒騎士 1979
 仮面をつけたらシャア、仮面を脱げばアムロ・レイ。それに加えて、幼稚なストーリーに、剽窃主題歌まで・・・。うあ!これは悪夢だ・・・。

片目の船長
 「ハーロック船長」を、ほとんどそのまま書き移した作品だ。地球人の冷遇終わった「ハーロック船長」とは異なり、地球人の歓迎にもかかわらず、乗務員だけ地球に降ろして自身はひたたび宇宙に去っていくという結末だけ違ってるんだな・・・。

トクスリ(ハゲタカワシ)五兄弟 1980
 日本に納品した「科学忍者隊ガッチャマン2」 (トクスリ五兄弟の原題 )のフィルムをこっそりとパクって、韓国人監督の名前で開封した作品だ。その当時、わが国では「ガッチャマン1」だけが放映されていて、みなうっかりだまされた。

ビデオレンジャー007 1984
 やはり、日本に納品した「ビデオ戦士 レザリオン」のフィルムをひそかにかけつぎして公開した作品で、多くのアニメーションファンの好評を得ながら、逆に背信感を与えてしまった。公開後、製作者が拘束されるという、思わしくない事態まで・・・。

スペース・ガンダムV 1984
 題目からしてガンダムをパクってるのに、メカニックは「マクロス」のバルキリーをそのまま書き写したものだ。アイデアの枯渇に徐々に落ち込んでいったギム・チョンギ監督作品の始発点となった。

ブルーシーガル 1994
 われわれは、こんなものゴミと呼ぼう!
 人物は「シティハンター」を書き移し、CGが導入されたヘリ機シーンは「ゴルゴ13劇場版」を剽窃した、ということを論ずる以前に、全ての面で最低の作品。
成人用はエロ物だという間違った公式から発想したこの作品で、ある程度の完成度を期待した我々が阿呆だったのか?

帰って来た英雄ホンギルドン 1995
 わが国最初の長編劇場アニメーション「ホンギルドン」をリメイクした作品だ。しかし、この作品を見れば、思い出すのは、すなわち「ドラゴンボール」だという・・・。おまけに、その荒唐なストーリーは、許ギュンの原作を無視するにもほどがある・・・。
 わが国アニメーション史上の記念碑的作品を、日本人の手によって日本風にリメイクさせたという、それ自体が、ムカツクばかりだ。ベルダンディをおさげにさせておいて、コプタン(shing注:人名です)だと言い張るとは・・・。


←前の文書タイトル一覧韓国漫画とアニメーション→
コリアニメHOMEkanime@attglobal.net