基本的な点数計算の考え方

子の1役での和がり点は1000点で、その後は倍々に増えていきます。
親の場合の和がり点は、子の5割増しとなります。(5飜以上の点数は別に決まっています)

簡単な得点表

親の点数

飜数

子の点数

1500

1飜

1000

3000

2飜

2000

6000

3飜

4000

12000

4〜5飜(満貫)

8000

18000

6〜7飜(跳満)

12000

24000

8〜10飜(倍満)

18000

36000

11〜12飜(3倍満)

24000

48000

役満(13飜以上)

32000

点数の支払い方

ロンあがりの際は、和がり牌を捨てた人の1人払いとなります。
ツモあがりの際は、他3人のワリカン払いとなりますが、子のツモあがりの場合は
半分を親が支払い、残りを子が2等分と考えて下さい。
すなわち、子が8000点をツモの場合は、親が4000点・子が2000点づつ
支払う事となります。

ツミ棒の計算

ツミ棒とは、親が連荘した際につくもので、1本につき得点に300点が加算されます。

特別な点数計算(七対子の場合のみ)

親の点数

飜数

子の点数

2400

2飜

1600

4800

3飜

3200

9600

4飜

6400

12000

5飜(満貫)

8000

18000

6飜(跳満)

12000

以上で簡単な点数計算は終了です。

ちょっと難しい?「符計算」は次回更新時にUPする事にします。