3 ゲーム上の手段
麻雀をする際にゲーム中に出てくる、または活用される手段の説明です。

1 自摸(ツモ)組み合わせを作る主体となるものです。
自摸とは順番に従って牌を取ってくる事です。
暗刻と暗槓は自摸でしか作る事は出来ません。

2 チー  他人の捨て牌を利用して順子を作る時だけに用いる方法です。
自分の持ち牌の中に塔子・嵌塔・辺塔があるとき、それに繋がる牌を自摸の順番があなたの前の人
「上家(カミチャ)」が捨てた場合にのみ、その牌をもらう事です。

3 ポン  他人の捨て牌を利用して明刻を作る方法です。
自分の持ち牌の中に対子があり、それと同じ牌が捨てられた時に、その牌をもらう事です。
ポンはチーと違って誰が捨てた牌でも可能です。

4 カン  槓子を作る方法です。
と、言っても暗刻を暗槓にする場合と明刻を明槓にするには自摸でしか出来ませんし、
他の人の捨て牌をもらうのは暗刻を明槓にする場合のみとなります。
これもポンと同じく誰が捨てた牌でも可能です。

5 和了(ホワラ) 組み合わせが仕上がった最後の状態(双六でいうアガリ)です。
これには自摸による自摸和(ツモホワ)と、他の人の捨て牌によってあがる栄和(ロンホワ)
2種類があります。

さて、役の種類の勉強をする前に「和了」する為の形。あと1つの牌が来れば「和了」出来る
という「聴牌(テンパイ)」の種類を解説しましょう。

トップページへ戻る   聴牌の解説へ行く