4 いろいろな聴牌(テンパイ)の種類
聴牌というのは組み合わせを作っていった最後の段階です。
これがわかってないとあがれませんし、様々な種類があるので上級者になればなる程、相手に
当たり牌が判らないように作る様になります。そこに、麻雀の一つの面白味があると言っても
良いでしょう。

1 タンチャオテン 普通は単騎待ちと呼ばれています。
同じ1種の牌であがるという形で雀頭を和了によって作る事となります。
あがり牌は当然1種だけで、自分が1枚持っている為、残りは3個しかない事になります。

2 シャンポンテン 対子2組のどちらかであがる形です。
あがり牌が刻子となり、片方が雀頭となります。
あがり牌は2種類ありますが、自分が2個づつ持っている為、残りは4個となります。

3 ペンチャンテン 辺塔を持っていて3か7の牌をあがり牌とするものです。
和了によって順子を作る形でのあがり方で、あがり牌は1種4個となります。

4 カンチャンテン これも和了によって順子を作る形でのあがり方です。
嵌塔を持っていて、その間を埋める牌をあたり牌とする訳で、あがり牌は1種4個となります。

5 リャンメンテン 塔子の両側に繋がる牌をあがり牌にする形です。
和了によって順子を作る形でのあがり方で、あがり牌は2種8個となります。

このリャンメンテンのあがり牌を「すじ」の牌といい「1・4・7」「2・5・8」「3・6・9」
が、それぞれ「すじ」の牌となります。

以上の5つが聴牌の基本形となりますが、組み合わせの工夫による種類を御紹介します。
変形両面聴
両面単騎

単吊聴・辺張聴併用型
 
単吊聴・嵌張聴併用型

三面聴
正統三面聴

三面単騎

単吊聴・両面聴併用型三面聴

シャンポンテン・両面聴併用型三面聴

このように工夫次第で待ち牌を増やす事により、よりあがり易くする事が出来るわけです。

さぁ、後はいよいよ役の種類を覚えれば良いだけとなりました。

トップページへ戻る   役の種類を覚える