沖和・錯和(チョンボ)について
ゲーム上してはいけない事で、もちろん罰則が課せられます。
要するに、ゲームの進行を止めてしまう形となるので、その責任を取らされる訳です。
罰則点は親で12000点・子で8000点となるので、1位になれる可能性が大幅に
減るという事になります。

チョンボの例
1 あがり牌を間違えた時
  「4・5」を持っていて「3・6」待ちの際に、間違えて「2」であがったような場合

2 聴牌になってないのに聴牌であると錯覚してあがった場合
  聴牌で無いのに間違えてリーチをしてしまった場合は、流局迄に他家のあがりがないと
  チョンボとなります。他家があがれば罰則は課せられません。

3 自分の捨てている牌であがった場合(振り聴・フリテン)
  一番多いケースです。振り聴になる事自体は、別に悪い事ではありませんが制約がつき、
  その制約を破った場合チョンボとなります。
  A 自分の捨て牌を栄和(ロン)する事は出来ません。自摸和のみでのあがりとなります。
  B その牌の「スジ」の牌で栄和は出来ません。
    ・「2・3」を持っており「1・4」待ちの場合、「4」が捨ててあると「1」でも
     栄和は出来ません。
    ・「3・4・5・6・7」で「2・5・8」待ちの場合、「2」が捨ててあると「5」
     「8」でも栄和は出来ません。
  C リーチ後あたり牌の1種を見落とした場合も「フリテン」扱いとなります。

初心者に限らずとも中級者に置いても、多面待ちの際にはフリテンになりやすいものです。
最初のうちは分かりやすい待ち牌で手作りするようにし、フリテンになってしまった場合は
慌てず待ち牌を変える様にしましょう。 

トップページへ戻る