戦術編 その2

多くの人は凡人です。天才ではない我々は勝つための理論が判らねば勝率は上がりません。
麻雀は頭脳戦です。ここでは麻雀理論の講義をしていきたいと思います。

危険牌の処理・・・・振り込まなければなんとかなる?
[危険牌とは?]
危険牌とは相手の和がり牌の事ではありません。その可能性がある牌を指します。
ただ、相手が聴牌していない限りはもちろん危険牌ではありません。
相手の聴牌時期を察する事も上達への近道です。

[安全牌の基準]
絶対安全牌というのは、3個出ている字牌、その人の捨てている牌の2種くらいで、
あとは絶対的な保証はありません。
比較的安全牌としては、その人が捨てている数牌のスジの牌があげられます。
これは、一番多い聴牌の形が両面聴である事によるものです。

[降りる事による回避]
あがりを放棄し、振り込みを回避する方法です。
ただ、降りていても勝てませんから、最終的には聴牌出来るように上手に降りましょう。
1 相手の手が大きい時
2 自分の手が小さい時
3 あがれる可能性が乏しい時
以上の3つの場合においては降りた方が賢明と言えます。
「降りる時にはキチンと降り、あがれる時にあがる」
何事も中途半端はよくありません。時には形式聴牌もあきらめる事も必要です。

[危険な捨牌について]
原則的に危険度の高い捨牌についてまとめておきます。
1 手牌の中からの暗刻切り
  雀頭にする為に暗刻になっている牌を1つ捨てたりしますが、中張牌の暗刻切りは
  危険で相手があがり牌にしている可能性が高いのです。
2 塔子くずし
  手作りの段階で多く出てくるケースですが、どちらかが和がり牌になる場合が多い
  ので、注意して捨牌を選択して下さい。
3 ほとんど捨てられていない種類の数牌
  万子牌・索子牌は出ているが、筒子牌はほとんど出ていないといった場合です。
  これは、相手が利用している訳ですから、当然危険率は高くなります。
4 場に1枚も出ていない字牌
  終盤になっても1枚も捨てられていない字牌は不気味です。
  ちょっと捨てる訳にはいきません。
5 ドラ牌、ドラに近い数牌
  ドラがあると、誰でも手を大きくするために利用するものです。
  従って、ドラにこだわり、その周辺で待つといったケースはよくあります。

自分が聴牌したら、自分の捨牌をよく観察しましょう。どういう捨牌で、どんな待ち牌
をしているでしょうか?自分の聴牌の形、待ち牌は格好の勉強材料です。
様々な形を見ることで、相手の待ち牌の予測が出来るようになる事でしょう。