戦術編 その3

多くの人は凡人です。天才ではない我々は勝つための理論が判らねば勝率は上がりません。
麻雀は頭脳戦です。ここでは麻雀理論の講義をしていきたいと思います。

鳴きの有効性・・・・上手なチーとは?
牌の組み合わせを作る基本はツモですが、場合によってはチーやポンを使わねばならない
場合があります。ただ鳴くのではなく、効果があるように使いましょう。

[チーしてはいけない場合]
チーせねばならない場合は多くありません。むしろしてはいけない事の方が多いのです。
1 序盤戦におけるチー
手が揃っていない序盤戦でチーをする理由はありません。手が揃っているのであっても、
チーしなくとも充分聴牌まで持っていけるはずです。
牌をさらす事により、その後の組み合わせの柔軟性も失われ、狙う役さえも相手に判って
しまう事により、マイナス面しかありません。
2 役が確定していない時のチー
役が無いのにチーする事は自殺行為です。役が付くことを予測してのチーも先走りすぎと
言えるでしょう。最悪の場合はあがれなくなる事さえあります。
3 両面のチー
基本的に両面のチーは止めた方がいいでしょう。ただ、三色同順などの片側の牌しか利用
出来ないという場合には、いた仕方ありません。
4 チーの連発
手作り上2組のチーがあっても良いのは清一色ぐらいです。2面子以上さらすと、相手に
狙う役が判ってしまう為に、あがり難くなる事を忘れないで下さい。

[チーの活用場面]
以上からチーする事はあまり無いと思われますが、効果的に使うのであれば積極的に使って
もらっても構いません。
1 清一色の場合
面前で揃えるのは難しいですからね。それでも3組のチーは多すぎると思われます。
2 混一色・一気通貫の場合
これも1組ぐらいはチーする必要があるかも知れません。
3 全帯公の場合
役の性質上、辺張・嵌張が多いので助けを借りる必要があるかも知れません。

断公九や飜牌のみの1飜役にチーをするのはどうかと思いますが、終盤戦で形式聴牌を狙い、
チャンスがあれば和がる場合等は有効でしょう。
但し、形式聴牌に捕らわれてしまい、振り込まないようにだけ気を付けて下さい。
目先の点数にこだわるあまり、大きなシッペ返しをもらう可能性も高いのですから。