-2373-

後漢書卷七十四上

袁紹劉表列伝第六十四上紹子譚

【袁紹伝】

袁紹は字を本初,汝南汝陽の人,司徒袁湯の孫である.父は袁成,五官中郎将であった,[一](紹←×。袁成は)壮健であり交結を好み,大将軍梁冀以下これと善くしないものはなかった.

[一]袁山松書に曰く:「袁紹は,司空袁逢の孽子であり,出て伯父袁成の後となった.」魏書も亦た同じ.英雄記では:「袁成は字を文開といい,梁冀と好みを結び,(梁冀は袁成の)言に従わないことは無かった.京師の諺に曰く:『事が不諧ならば,文開に問え.』」

袁紹は若いころ郎となり,濮陽の県長に叙任され,母の憂に遭って官を去った.三年して(服喪の)礼竟ると,追って幼くして孤になったことを(顧みて)感じて,また父の服(喪)を行った.[一]服闋すると,徙って洛陽に居った.袁紹は姿貌威容有り,士を愛して名を養った.[二]既に累世に台司し,賓客の帰する所あったうえ,加えて心傾け節を折ったため,其庭に赴くもので争わないものは無かった,(袁紹の抱える)士には貴賤(の別)無く,與之抗礼,輜軿柴轂,填接街陌.[三]内官は皆これを悪んだ.中常侍趙忠は省内で言って曰く:「袁本初は坐って声價を作り,好んで死士を養う,此の兒は終に何を欲するか知らず作.」叔父である太傅の袁隗は聞くと袁紹を呼びつけて,以て忠言してこれを責めたが,袁紹は終に改めなかった.

[一]英雄記に曰く,凡そ廬に在ること六年.

-2374-

[二]英雄記に曰く:「袁紹は賓客と妄りに通じず,海内で名を知られているものに非ざれば相い見えるを得ず.また遊侠を好み,張孟卓、何伯求、呉子卿、許子遠らと皆奔走之友となった.」

[三]説文に曰く:「軿車は,衣車也.」鄭玄注周礼に曰く:「軿猶屏也,取其自蔽隠.」柴轂,賤者之車.

後に辟招されて大将軍何進の掾となり,侍御史、虎賁中郎将と為った.中平五年(188年),初めて西園八校尉が置かれ,以て袁紹をして佐軍校尉とした.[一]

[一]楽資の山陽公載記に曰く:「小黄門蹇碩が上軍校尉に,虎賁中郎将袁紹が中軍校尉に,屯騎校尉鮑鴻が下軍校尉に,議郎曹操が典軍校尉,趙融が助軍左校尉,馮芳が助軍右校尉に,諫議大夫夏牟が左校尉,淳于瓊が右校尉に為った:凡そ八人,これを謂うに西園軍,皆蹇碩の統御するところであった.」此云う「佐軍」,彼の文とは同じからず.

霊帝が崩じられると,袁紹は何進に董卓等軍を徴し,太后を脅して諸宦官を誅し,自分を司隸校尉に転任するよう勧めた.語られたことは何進伝にも見える.董卓の将兵が至るに及び,騎都尉である泰山出身の鮑信が袁紹に説いて曰く:[一]「董卓は強兵を擁して制しており,将に異志有らん,今早く図らずば,必ず制される所とならん.其の新たに至るに及んで疲労あり,これを襲って禽えるべき也.」袁紹は董卓を畏れ,敢えて発しなかった.この頃,董卓は議して廃立しようと欲し,袁紹に謂いて曰く:「天下之主,宜しく賢明を得る,霊帝を思念するごとに,令人(私は)憤り毒づくのだ.[二]董侯は似可(よいように見える),今当にこれを立てるべし.」袁紹曰く:「今上は春秋に富し,未だ不善有らず天下に宜しからん.若し公は礼を違え情に任せて,廃嫡して庶(子)を立てるとするが,議が未だ安んぜざるを恐れる.」董卓はを案じ袁紹を叱して曰く:「豎子敢えて然るか!天下之事,豈に我に在らざるや?我がこれを為さんと欲するに,誰か敢えて従わざるか!」袁紹詭対して曰く:「此れ国之大事,出て太傅とこれを議さんことを請う.」董卓復た言うに「劉氏の種は復た遺すに足らず」.袁紹は勃然として曰く:「天下の健者,豈に惟れ董公のみ!」横刀長揖して徑出した.[三]節を上東門に懸けると,[四]而して冀州に奔った.

-2375-

[一]魏書に曰く:「鮑信は,泰山(陽)平[陽]の人である也.若い頃から大節有り,ェ厚にして人を愛す,沈毅にして謀有り.袁紹に説くも従わず,乃ち軍を引いて郷里に還る.」

[二]毒は,恨である也.

[三]英雄記に曰く:「袁紹が董卓に揖(おじぎ)して去ると,坐中は驚愕した.董卓は新たに(太尉の位に)至ったが,見るに袁紹は大家であり,故に敢えて害さなかった.」

[四]洛陽城東面北頭門である也.山陽公載記に曰く:「董卓は以て袁紹をして節し,改第一葆為赤旄.」

董卓は袁紹を購い募り求めた.時に侍中の周珌、城門校尉の伍瓊は董卓の信待する所となっていており,伍瓊等は袁紹を陰ながら助けようとして董卓に説いて曰く:「夫れ廃立は大事,常人の及ぶ所に非ず.袁紹は不達大體,恐懼して出奔する,它志<它=他>有るに非ず.今急いで之を購い,執らば必ずや変を為さん.袁氏は樹恩すること四世,門生故吏は天下に遍<あまね>し,若し豪傑を収めて以て聚徒,英雄これに因って而して起たば,則ち山東は公の有するに非ざらん也.これを赦すに如かず,一郡守を拝すれば,袁紹は罪免れたことを喜び,必ず患い無からん矣.」董卓は然りとして,乃ち遣わして袁紹に勃海太守を授け,邟郷侯に封じた.[一]袁紹は猶も司隸を兼ねるを称えた.

[一]前書に潁川には周が休侯国を承ったのが有る,元帝が置く.元始二年に更名して邟とした,音は口浪反.

初平元年,袁紹は遂に勃海を以って起兵した,(以)[與]従弟で後将軍の袁術、冀州牧韓馥、[一]豫州刺史孔、兗州刺史劉岱、陳留太守張邈、広陵太守張超、河内太守王匡、山陽太守袁遺、東郡太守橋瑁、[二]済北相鮑信等も同時に倶起した,兵はそれぞれ数万,以て董卓討伐をして名を為さんとした.袁紹は王匡とともに河内に駐屯し,孔伷は潁川に,韓馥は鄴に駐屯し,余の軍は酸棗に咸屯し,盟を約して,遙推して袁紹を盟主とした.袁紹は車騎将軍を自号し,司隸校尉を領した.【a】

[一]韓馥は字を文節といい,潁川の人也.

-2376-

[二]英雄記に曰く,孔伷は字を公緒といい,陳留の人である也.王匡は字を公節といい,泰山の人である也.袁遺は字を伯業といい,袁紹の従弟である袁術は字を公路といい,汝南汝陽の人である也.橋瑁は字を元瑋,橋玄の族子で,先に兗州刺史となり,甚だ威恵有った.魏氏春秋が云うに劉岱はこれを悪んで而も殺した.

a】司隸校尉校尉を領したことは袁紹によって朱漢が都官従事となっていることからそうであったと判ぜられる。都官従事は他の州刺史(牧)の下官に見えず司隸校尉の下に見られる官名だからである。役目は京師に在って百官(つまり中央政府の官にあったもの)で法を犯したものを察挙する。後漢書百官志をに説明がある。

董卓は袁紹が山東で起ったと聞くと,乃ち袁紹の叔父袁隗,及び宗族で京師に在る者を誅し,これを盡滅した.[一]董卓は乃ち大鴻臚韓融、少府陰循、執金吾胡母班、将作大匠呉循、越騎校尉王Dを遣わして袁紹等諸軍を譬解させようとした.袁紹は王匡を使って胡母班、王D、呉循等を殺し,[二]袁術もまた陰循を執らえて殺した,惟、韓融のみが名徳もって免れた.

[一]獻帝春秋に曰く:「太傅袁隗,太僕袁基,袁術の母兄,董卓は司隸宣璠を使ってこれを(尺)[盡]口收し,母及び姊妹嬰孩以上の五十余人が獄に下されて死んだ.」董卓別伝に曰く:「悉く青城門外の東で都の門内に埋めた,而して加書した焉.又た盜取者有るを恐れて,復して以て屍を送って郿にこれを蔵した.」

[二]海内先賢伝に曰く:「韓融は字を元長といい,潁川の人である.」楚国先賢伝に曰く:「陰循は字を元基といい,南陽新野の人である也.」漢末名士録に曰く;「胡母班は字を季友といい,泰山の人で,名は八廚に在る.」謝承の書に曰く:「胡母班は,王匡の妹の夫である.王匡は袁紹の旨を受けると,胡母班を収めて獄に繋げ,徇軍を以って殺そうと欲した.胡母班は王匡に書を送った,略して曰く:『足下は僕を獄に拘束し,欲するに釁鼓を以てす,此これ何ぞ悖暴無道之甚者也?僕は董卓と何の親戚だというのか?義するに豈に同じく悪むや?足下は虎狼之口を張り,長蛇之毒を吐くが,董卓に恚<いかる>って怒りを(私に)遷す,何ぞ其の酷き哉!死は人これ難ずる所,然るに狂夫に害される所と為るを恥じん.若し亡者に霊有らば,当に足下を皇天に訴えん.夫れ婚姻は禍福の幾(と言うが),今日(そのことが皮肉にも)著わされるとは矣.曩為一體,今、讎を為すに,亡人(となる私)には二女がいる,則ち君の甥だ,この身が沒した後には,慎んで要請する、僕の尸骸を(二人に)臨むようなことをさせてくれるな.』王匡は書を得ると,胡母班の二子を抱いて哭した,胡母班は遂に獄で死んだ.」

是時豪傑既に多く袁紹に附す,且つ其家の禍に感じ,人思うに報を為さんとす,州郡蜂起し,以て袁氏をして名を為さんとせざるは莫し.韓馥は人の情の袁紹に帰するを見るや,(方)[其]の得を忌み,恐れて将に己を図らんとして,常に従事を遣わして袁紹の門を守らせ,兵を発することを聴かなかった.橋瑁は乃ち三公の移書を詐作し,州郡に伝驛した,説くに董卓は罪悪であり,天子は危逼されている,義兵を企望するのは,以て国難を釈せんとしてであると.韓馥は是において袁紹の挙兵を方聴した.乃ちに謀って曰く:「袁氏を助けようか乎?

-2377-

董氏を助けようか乎?」治中劉恵は勃然として曰く:「兵を興すのは国の為であります,どうして袁、董を安問なさるのか?」[一]韓馥の意は猶ほ袁紹を深疑しており,毎(ことごと)に軍糧を貶節し,使って離散させようと欲した.

[一]英雄記に曰く:「劉子恵は,中山の人.兗州刺史劉岱が其書に與し,道『董卓は無道,天下共に攻める所,死は旦暮に在り,憂を為すに足らざる.但し董卓の死んだ後には,当に師を復回して文節を討たん.強兵を擁するは,何ぞ凶逆ならん,寧んじて置くを得るべき』.封じると韓馥に書した,韓馥はこれを得ると大いに懼れ,咎を子恵に帰して,これを斬ろうと欲した.別駕従事耿武等は排閤すると子恵を伏せて上ずるに,願わくば并見斬(我らを一緒に斬られんことを),得不死(死なないですむなら),作徒し,赭衣を被って,宮門外を掃除したいとおもいます.」

明年,韓馥の将麴義が反畔し,韓馥は與戦したが利を失った.袁紹は既に韓馥を恨んでおり,乃ち麴義と相結んだ.袁紹の客逢紀が袁紹に謂いて曰く:[一]「夫れ大事を挙げるに,一州に拠らざれば,以て自立するなし.今冀部は強実,而して韓馥は庸才,公孫瓚が兵を将いて南下したと密要すべし,韓馥は聞けば必ずや駭懼せん.并わせて弁士を遣わして禍福を陳述させれば,韓馥は倉卒に迫られて,必ずや因って其位を拠らすでしょう.」袁紹はこれを然りとして,益親紀(益々逢紀に親しむと),即ち書を以って公孫瓚に与した.公孫瓚は遂に兵を率いて至る,外は董卓を[討]討つことに託したが,而して韓馥を襲わんと陰謀していた.袁紹は乃ち外甥である陳留出身の高幹及び潁川の荀ェ等を使者として[二]韓馥に説いて曰く:「公孫瓚は勝に乗じて南にやって来て,而して諸郡はこれに応じています.袁車騎は軍を率いて東に向かっておりますが,其意は未だ量るべからざるものであります也.窺いますに将軍はこれを危しと為すのでは.」韓馥は懼れ,曰く:「然るに則ち為之柰何?」荀ェ曰く:「君自らェ仁容を料るに,天下の附く所を為すは,袁氏と(君と)孰れでしょうか?」韓馥曰く:「不如也.(私ではない)」「危うきに臨んで吐決(物事を決し),智勇邁於人(人に於いて智勇英邁なるは),又袁氏と(君と)孰れでしょうか?」韓馥曰く:「不如也.(私ではない)」「世に恩徳を布き,天下の家が其恵を受けること,又袁氏と(君と)孰れでしょうか??」韓馥曰く:「不如也.(私ではない)」荀ェ曰く:「勃海は郡と雖も,其の実は州であります也.[三]今将軍はその資質三点、これを執って如かずとなさいましたのに,久しく(袁紹の)其上に処しています,袁氏は一時の傑(この時代の傑物)であり,必ずや将軍の下に為ることはないでしょう也.且つ公孫は燕、代の兵卒を提げ,其の鋭鋒には当るべからざるものがあります.夫れ冀州は天下の重資,若し両軍力を併せ,兵が城下に交われば,危亡可立而待也.夫れ袁氏は将軍の舊,且つ同盟を為しています.当

-2378-

今之計として,冀州を挙げて以て袁氏に譲るに若くは莫し,必ず将軍に厚徳されるでしょうし,公孫瓚も復して與争すること能わないでしょう矣.是れ将軍に讓賢之名有ることで,而して身は泰山に安んずるものです也.願わくば疑うこと勿れ.」韓馥は素より性は恇怯であり,因って其計を然りとした.韓馥の長史である耿武、別駕の閔純、騎都尉の沮授は聞くや(而して)諫めて曰く:[四]「冀州は鄙と雖も,帯甲百万,穀は十年を支えます.袁紹は孤客でありその軍は窮しており,我らの鼻息を仰いでいる様子は,譬えるに嬰兒が(大人の)股掌之上に在るようなもの,其の哺乳を絶てば,餓えで殺すことができるのです.柰(あなた)は何ゆえに以って州をして之に與<くみ>させようと欲するのです?」韓馥曰く;「吾は袁氏の故吏,且つ才は本初に如かず.徳を度して而して讓るは,古人の貴しとする所,諸君は独り何を病むのか焉?」是れより先に,韓馥の従事である趙浮、程渙は強弩万人を将いて孟津に駐屯していたが,これを聞くや,兵を率いて馳せ還り,以て袁紹を拒むよう請うたが,韓馥は又聴かなかった.[五]乃ち避位して,中常侍趙忠の故舍に出居し,子を遣わして印綬を送り以て袁紹に讓った.

[一]英雄記に曰く:「逢紀は字を元図という.初め,袁紹が董卓から去るとき,許攸及び逢紀とともに冀州へ倶詣したが,以て逢紀をして聰達、計策有りとして,甚だこれを親信したのである.」逢の音は龐.

[二]魏志は云う苟ェは,荀ケの弟である.

[三]言うに土の広き也.

[四]獻帝伝に曰く:「沮授は,広平の人である.若いころ大志を抱き,謀略を多くした.」英雄記に曰く:「耿武は字を文威.閔純は字を伯典.後に袁紹が至るや,韓馥の従事十人は韓馥を棄てて去った,唯だ在後を恐れたのである,しかし独り耿武、閔純は杖刀で拒み,兵は禁ずること能わず,袁紹は後に田豊に命令して此二人を殺した.」

[五]英雄記に曰く:「袁紹が朝歌の清水口に在ったとき,趙浮等は従後して来た,船は数百艘,(兵は)万余人,兵を整え鼓を打ち鳴らし袁紹の営舎を過ぎた,袁紹は甚だこれを悪んだ.趙浮等は到ると,韓馥に謂いて曰く:『袁本初の軍は糧秣を斗ることも出来なくなっており,各(おのおの)離散しようと欲しています,旬日の間には,必ず土崩瓦解するでしょう.明将軍は但だ戸を閉じて枕を高くしていればよいのです,何を憂え何を懼れるのです?』」

袁紹は遂に冀州牧を領し,承制して以て韓馥を奮威将軍としたが,而して将御する所無かった.沮授を引き立てて別駕とした,因って沮授に謂いて曰く:「今賊臣は乱を作り,朝廷は遷移している.吾は歴世に寵を受けており,志竭力命して,漢室を復興したい.然るに(考えてみれば)斉の桓公は夷吾なくば覇業を成すことはできなかったし,句踐は范

-2379-

蠡なくば国を存続させようがなかった.今卿と一緒に戮力同心してことに当りたい,共に社稷を安んじようと思うが,将に何をか以てこれを匡済しよう乎?」沮授は進んで曰く:「将軍は弱冠にして登朝し,名は海内に播かれています.廃立の際の行動は,忠義奮発して,単騎出奔したもので,董卓は懼れを懐きましたし,済河して北すれば,勃海は稽服いたしました.[一]一郡の卒を擁いて,冀州のを撮ると[二]威は河朔に陵せり,名は天下に重かりし.若し軍を挙げて東に向かえば,則ち黄巾は埽ずべし;還って黒山を討たば,則ち張燕は滅ぶべし;[三]師を回らせ北首すれば,則ち公孫は必ずや禽われん;戎狄を震脅すれば,則ち匈奴は立って定まらん.大河の北に横たわり,四州の地を合わせ,[四]英雄の士を収め,百万のを擁して,長安に大駕を迎え,洛邑にて宗廟を復し,天下に号令し,未だ服せざるを誅討せん.此を以ってすれば鋒を争うに,誰か能くこれを御さん!比れ及ぶこと数年すれば,其功は難ぜざりし.」袁紹は喜び曰く:「此れ吾が心也.」[五]即ち上表して沮授を奮武将軍とし,使って諸将を監護させた.

[一]稽の音は啓.

[二]広雅に曰く:「撮は,持する也.」

[三]黒山は今の県西北に在る.九州春秋に曰く「張燕は本姓が褚である.黄巾賊起こると,張燕は少年を集めて盜となり,博陵の張牛角も亦た起って張燕と合した.張燕は牛角を推して帥と為し,癭陶を倶攻した.牛角は飛矢の中る所となり,創を被って且つ死せり,大会して其,告げて曰く:『必ず張燕を以って帥と為せ.』牛角が死ぬと,燕を奉じた,故に改姓して張となった.性は剽悍で,捷速人に過ぐ,故に軍中に号して曰く『飛燕』.其後人浸広,常山、趙郡、中山、上党、河内諸山谷は皆相通じた,号して曰く『黒山』」也.

[四]四州見下.

[五]左伝秦伯曰く:「是れ吾心也.」

魏郡の審配,鉅鹿の田豊は,[一]並んで以て正直をして韓馥に於いて志を得ず.袁紹は乃ち田豊を別駕とし,審配を治中とし,甚だ

-2380-

器任を見た.韓馥は自ら猜疑を懐き懼れ,袁紹の下を辞して索去し,[二]往きて張邈に依った.後に袁紹は使いを遣わして張邈を詣で,計議する所有り,因りて共に語るを耳にした.韓馥は時に坐していたが,謂見図謀,無何,如廁自殺.(謀が図られているのに見えると,何も無いのに,厠に如きて自殺したと謂う)[三]

[一]先賢行状曰:「審配は字を正南という.若い頃から忠烈慷慨で,その節には犯すことが出来ないようなところが有った.袁紹は冀州を領すると,腹心の任を委ねた.田豊は字を元皓という.天姿D傑であり,権略は多奇あった.袁紹軍の敗れる也,土崩奔走し,徒略盡,軍将は皆膝を撫でて啼泣して曰く:『田豊に使いを向かわして(田豊が)此処に在ったら,是に至らず.』」

[二]英雄記に曰く:「袁紹は河内の朱漢を以って都官従事と為した.朱漢は先の時に韓馥が不礼を為したため,内に忿恨を懐き,且つ袁紹の意に徼迎せんと欲し,発城郭兵圍守韓馥第(文字化けで訳せず),刃を抜いて屋に登った,韓馥は樓上に走った,韓馥の大兒を収めて得ると,その両腳を搥折した(槌で叩き折った).袁紹は亦た立って朱漢を収めると之を殺した.韓馥は猶も憂い怖れ,故に袁紹に報じると索去した.」

[三]九州春秋曰く:「に至ると,因って書刀を以って自殺した.」

其冬(191年),公孫瓚は黄巾を大破し,槃河に還って駐屯した,[一]その威に河北は震え,冀州の諸城で風を望んで響き応じないものは無かった.袁紹は乃ち自らこれを撃った.公孫瓚の兵は三万,列するに方陳を為し,突騎万匹を分けて,翼軍すること左右,其の鋒は甚だ鋭かった.袁紹は先ず麴義に命令して精兵八百,強弩千張を領させ,以為すること前登.公孫瓚は其兵の少きを軽んじ,縦騎してこれに騰せんとするに,義兵で楯を伏せてその下にいた者たちは,一時同発し,公孫瓚軍は大敗することとなり,其所置していた冀州刺史嚴綱を斬り,甲首千余級を獲た.麴義は追って界橋に至るや,[二]公孫瓚は斂兵して還って戦ったが,麴義は復たこれを破って,遂に公孫瓚の幕営に到ると,其の牙門を拔ったため,[三]余皆潰走した.袁紹は在後すること十数里,公孫瓚が已に破れたと聞くと,発息馬,唯帳下に強弩数十張,大戟士百許人のみ.公孫瓚の散兵二千余騎が卒いられて至り,袁紹を数重に囲んで,射矢すること雨が下るようであった.田豊は袁紹を扶けて,使して空垣に入らせようとした.袁紹は兜を脱ぎ鍪抵地すると(地面に投げつけてぶつけて),曰く:「大丈夫当に前して死せんとするに,而して反って垣牆の間に逃れんとする邪?」促して諸弩競発させ,公孫瓚の騎兵を大いに傷つけた.彼等は是が袁紹だと知らず,頗る稍引しした.麴義が合流して来迎したため,騎は乃ち散退した.(初平)三年(192年),公孫瓚はまた遣兵して龍湊に至って挑戦したが,袁紹は復たこれを撃破した.公孫瓚は遂に幽州に還り,敢えて復た出なかった.

-2381-

[一]爾雅に九河有り,鉤槃は是れ其の一也.故の河道は今の徳州昌平県界に在り,滄州楽陵県に入る,今名は枯槃河.

[二]九州春秋に曰く:「還って広宗界橋に駐屯する.」今の貝州宗城県東に古の界城が有る,此城の近くに枯漳水がある,則ち界橋は蓋し当に此之側に在らん也.

[三]真人水鏡経に曰く:「凡そ軍の始出するに,牙竿を立て必ず完堅を命令する;若し折れる有れば,将軍不利.」牙門旗竿は,軍の精(精神)也.即ち周礼司常職に云う「軍旅は会同するに旌門を置く」是也.

初平四年(193年)初め,天子は太僕趙岐を遣わして関東を和解させ,使各罷兵(使ってそれぞれの兵を解散させようとした).公孫瓚は此に因って書を以って袁紹に譬えて曰く:「趙太僕は周、邵之徳を以って,命を銜えて来征し,朝恩を宣揚し,示して以て和睦させようとしています,曠若開雲見日,何喜如之!昔賈復、寇恂は相争って危害を加えあいましたが,世祖が解紛するに遇うと,遂に輿を同じくして並んで出てきたのです.釁難は既に釈され,時の人は之を美としています.自惟辺鄙,得與将軍共同斯好,此誠将軍之(羞)[眷],而瓚之願也.」紹於是引軍南還.

三月上巳,賓徒と薄落津に於いて大会した.[一](その最中)魏郡の兵が反し,黒山賊干毒等数万人に与して共に鄴城を覆し,郡守を殺害したと(の報告が)聞かれた.[二]坐中の客で家が鄴に在る者は,皆憂い怖れて色を失い,或いは起って啼泣したが,袁紹の容貌は自若とし,態度は常日頃と変わることなかった.[三]賊に陶升という者が有り,「平漢将軍」を自号していたが,[四]独り諸賊に反して,部していたを将いると西に踰えて城に入ると,府門を閉じ,車重を具えると,[五]袁紹の家(族)及び諸衣冠で州内に在った者を載せると,身自扞,送って斥丘に至った.[六]袁紹は還ると,因って斥丘に駐屯し,以て陶升をして建義中郎将と為した.六月,袁紹は乃ち出軍し,朝歌の鹿腸山蒼巖谷口に入ると,[七]干毒を討った.圍<かこ>んで攻めること五日,これを破り,于毒及び其の万余級を斬った.袁紹は遂に山を尋ねて北行し,進んで諸賊である左髭丈八等を撃ち,皆これを斬った,また劉石、青牛角、黄龍、左校、郭大賢、李大目、于

-2382-

氐根等を撃ち、復た斬ること数万級,皆其屯壁に屠った.遂に黒山賊張燕及び四営屠各、鴈門烏桓と常山に於いて戦った.張燕は精兵数万,騎数千匹であった,連戦すること十余日,張燕の兵の死傷者は多いと雖も,袁紹の軍も亦た疲れ,遂にそれぞれ退いた.麴義は自ら功有るを恃み,驕って縦となり不軌することとなったため,袁紹は召してこれを殺し,而して其を併せた

[一]歴法では三月は辰に建てて,己卯で退除する,以って災いを拂除できるとする也.韓詩に曰く:「溱と洧は,方するに洹洹たるかな兮.」薛君の注に云うには:「鄭国之俗(風俗風習)は,三月上巳の辰に,両水の上で招魂続魄し,不祥を拂除する,故に詩人は説く所の者と倶に往くことを願うのである也.」酈元の水経注に曰く:「漳水は鉅鹿故城の西を経る,これを謂うに[薄]落津.」続漢志では癭陶県に薄落亭が有るという.

[]管子曰,斉桓公築五鹿、中牟、鄴,以禦諸侯.

[三]獻帝春秋に曰く:「紹勧督引満投壼,言笑容貌自若.」

[四]英雄記に曰く:「升故為内黄小吏.」

[]重,輜重也.

[]斥丘,県,属鉅鹿郡,故城在今相州成安県東南.十三州志云:「土地斥鹵,故曰斥丘.」

[七]朝歌の故城は今の県西に在る.続漢志は曰く:「朝歌には鹿腸山が有る.」

興平二年(195年),袁紹を拝して右将軍とした.其冬,車駕が李傕等によって曹陽で追われる所となった,沮授は袁紹に説いて曰く:「将軍は累葉(世)に台輔たり,世済に忠義たり.今朝廷は播越し,宗廟は殘毀せり,諸州郡を観るに,外は義兵に託すと雖も,内実は相図って,社稷を憂存する卹人之意を有さず.且つ今、州城は粗定せり,兵は強く士は附けり,西に大駕を迎え,即ち宮は鄴都とし,天子を挟んで而も諸侯に命令し,士馬をして以って不庭を討つ,誰か能くこれを禦がんか?」[一]袁紹は将に其計に従おうとした.(そのとき)潁川の郭図、淳于瓊は曰く:[二]「漢室は陵繧ウれ,為されて日久しき矣,今これを興さんと欲するに

-2383-

,亦た難しからん乎?且つ英雄並び起ち,おのおの州郡に拠り,徒を連ね聚め,動くこと万計有り,所謂秦が其の鹿を失うに,先に得た者が王たるもの.[三]今天子を迎えれば,動かんとするに輒ち上表して(その返報を)聞く,これに従えば則ち権は軽く,これに違えば則ち命を拒むこととなり,計之善者に非ざる也.」沮授曰く:「今朝廷を迎えるは,於義為得(義に於いて得るを為し),於時為宜(時に於いて宜しきを為すこと).若し早く定めなければ,必ずや之に先んぜんとする者有らん焉.夫れ権とは幾を失わないもの,功とは猒速でないもの,願わくば其れ之を図らんことを.」帝立は既に袁紹の意に非ざるものであったため,竟に従うこと能わなかった.

[一]左伝,周襄王は鄭に於いて出奔した,狐偃は晋文公に於いて言うに曰く:「諸侯を求めるに勤王に如くは莫し,諸侯は之を信<まこと>とし,且つ大義なり也.継文之業にして而して信は諸侯に於いて宣べる,今為可矣(為すべきである).」文公は之に従い,襄王を納め,遂に霸業を成した.

[二]九州春秋では郭図は字を公則という.

[三]史記に曰く,蒯通曰く:「秦が其の鹿を失うや,天下は共に之を追った,才高き者が先に得るものだ焉.」

袁紹には三子あった:袁譚は字を顕思といい,袁熙は字を顕雍といい,袁尚は字を顕甫といった.袁譚は長じて而も恵まれ,袁尚は少くして而も美しかった.袁紹の後妻劉氏は寵有って,而も袁尚を偏愛し,袁紹に何度も称えた,袁紹も亦た袁尚の姿容を奇としたので,欲使伝嗣(後嗣を伝えさせようと欲した).(そこで)乃ち袁譚を以って兄の後を継がせ,出して青州刺史と為した.沮授は諫めて曰く:「世は称するに万人逐兔すれど,一人これを獲るや,貪る者は悉く止まるとは,分定の故であります也.[一]且つ年均しくば賢きを以って,徳均しくば則ち卜すとは,古の制であります也.[二]願わくば上は先代の成(則)[敗]之誡めを惟い,下は逐兔分定之義を思わんことを.若し其れ改めずば,禍はこれに始まりましょう矣.」袁紹曰く:「吾は諸子に令して各々一州に拠らせ,以って其の能を視ようと欲している.」是に於いて中子の袁熙を以って幽州刺史と為し,外甥の高幹は并州刺史と為った.

[一]慎子に曰く:「兔が街に於いて走るや,百人が之を追う,貪人具存,人莫之非者,以兔為未定分也.積兔満市,過不能顧,非不欲兔也,分定之後,雖鄙不争.」子思子、商君書は並んで載せる,其詞は同なので略した.

-2384-

[二]左伝曰く:「王后に嫡無くば則ち擇んで長を立てる,年鈞<ひとしけ>れば徳を以ってし,徳鈞れば卜を以ってす.」

建安元年,曹操は天子を迎えて許を都とし,乃ち詔書を袁紹に於いて下すと,以って地は広く兵は多いのに而して自らの党を樹<た>てることを専らにしている,勤王之師を聞かずして而して但だして相討伐するのみだと責めた.袁紹は上書して曰く:

臣は聞きますが昔に哀しみ歎けば而して霜隕し,[一]悲しみ哭けば而して城を崩す者が有ったとか.[二]其の書を読む毎に,信に然るを為すと謂うものでしたが,今に於いて之を況んや,乃ち妄りに作ったものと知っています.何者(どういうことでしょうか)?臣が出身したのは国を為さんがため,家を破ったのは事を立てんがためでした,至るや乃ち忠を懐いて釁を獲,信を抱いて疑われるに見えるとは,晝夜長吟し,剖肝泣血(肝を裂いて血涙を流すありさまですが),曾無崩城隕霜之応(それでも城が崩れることも霜が降るような(天の)応えに会うことありません),故鄒衍、婦何能感徹.(故鄒衍、婦は何ぞ能く感徹したものなのでしょう).

[一]淮南子に曰く:「鄒衍は燕の恵王に事<つか>えて忠を盡くした,左右が之を譖じると,天を仰いで而して哭いた.夏五月,天は為して霜を降らせた.」

[二]斉の荘公が莒を攻めると,五乗之賓を為した,而して梁は独り預らなかった.帰ると而して食べず,其母の曰く:「食べなさい!汝が生きるに而して義無くば,死して而して名無きもの,則ち五乗に非ずと雖も,孰んぞ汝が笑われることあるでしょうか?生きるに而して義有らば,死して而して名が有るもの,それは則ち五乗之賓が汝の下に盡きることになるのです也.」莒と戦うに及んで,梁は遂に殺すること二十七人して而して死んだ.妻が聞いて而して哭くと,城は之が為にエし而して(その)隅は之が為に崩れた.説苑に見えることである.

臣は負薪之資を以って,[一]陪隸之中に於いてより抜きだされ(抜擢され),[二]職を奉じて台を憲し,戎校に擢ばれ(任を)授けられました.常侍張讓等が天常を滔乱し,朝威を侵し奪うと,賊が忠徳を害い,姦党を扇動しました.故の大将軍何進は国に忠たりて乱を疾<にく>み,義心は赫怒して,以って臣に頗る一介之節を有させ,可責以鷹犬之功(鷹犬の功を以って責を任せようとしました),故に臣に授けるに督司を以ってして,臣に諮るに方略を以ってしたのです.臣は敢えて畏れ憚ることも強いて禦ることも,禍を避けて福を求めることもせず,何進と合わせて図り,事は異を違えること無かったのです.忠策が未だ盡きないうちに而して元帥は敗北を受け,[三]太后は質を被り,宮室は焚焼することとなりました,陛下は聖徳であらせられましたが幼沖でありましたため,親遭困.時に何進が既に害を被り,師徒が喪沮したため,臣は独り家兵百余人を将いて,抽戈承明し,竦翼室すると,[四]虎叱

-2385-

司,凶醜を奮い撃ったため,曾不浹辰,罪人は斯く殄じたのです.[五]此は誠に愚臣の效命之一驗であるます也.

[一]負薪は賤人を謂う也.礼記に曰く:「士之子の長幼を問うに,長は曰く能く薪を負う矣,幼は曰く未だ能く薪を負わず.」

[二]陪は,重である也.左伝に曰く:「王の臣は公,公の臣は卿,卿の臣は大夫,大夫の臣は士,士の臣は皁,皁の臣は隸,隸の臣は僚,僚の臣は僕,僕の臣は台.」又曰く:「是は陪台では無い也.」陪隸は猶も陪台である.

[三]元帥とは何進を謂う.

[四]山陽公載記に曰く:「袁紹は王匡等と力を併せて端門に入り,承明堂の上の格に於いて中常侍高望等二人を殺害した.」尚書に曰く:「翼室に延入する.」孔安国注:「翼は,明である也.室とは路寝を謂う.」

[五]浹は,である也.左伝に曰く:「浹辰之間.」杜預曰く:「十二日である也.」

(次に)董卓が虚に乗じて,不軌を図る所となりました.臣の父兄は親しく従い,並んで大位に当たったのですが,[一]一室之禍を憚らなかったのは(彼らが害を被ることを慮って私が董卓の下に留まるということをしなかったのは),苟しくも惟うことは寧国之義であったからです,故に遂に節を解いて出奔し,河外に謀を創ったのです.[二]時に董卓は方貪して外援と結び,英豪を招いて悦びました,故に即ち臣は勃海(太守となり),申すに軍号を以ってすることとなりましたが,[三]則ち臣が董卓に与したのは,未だ纖芥之嫌を有しなかったからであります.若使苟欲滑泥揚波,偷榮求利,[四]則ち進めば以って祿位を享け窺うことができたわけですし,退けば門戸之患い無いものであったのです.然るに臣愚が守る所とは,志は傾奪に無かったため,故に遂に英雄を引いて会わせ,師を興すこと百万,孟津に飲馬し,漳河に歃血したのです.[五]故の冀州牧である韓馥が逆謀を懐き挾んで,権執を専らにしようと欲して,臣の軍糧を絶ち,踵係を得ない事態に出会い,猾虜肆毒を使うに至ると,害は一門に及び,尊卑大小(を問わず),同じ日に并わせて戮されたのです.鳥獣之情でさえ,猶も号するを知るものです呼.[六]臣は所とするに以って蕩然として哀するを忘れました,貌無隠戚者,[七]誠に忠孝之節を以ってしようとすれば,道は両立せず,私を顧み己を懐けば,功を全うすること能わないものです.斯くは亦た愚臣が家を破ってまでして徇国したことについての二

-2386-

驗(二つの験<しるし>)なのであります也.

[一]叔(父)の袁隗が太傅と為り,従兄の袁基が太僕と為っていたことを謂う.

[二]河外とは,河南のことである.

[三]即ち就拝したことを謂う也.山陽公載記には曰く:「董卓は袁紹を以って前将軍と為し,邟郷侯に封じた.袁紹は侯を受けたが,前将軍を受けなかった.」とある

[四]滑とは,混である也.楚詞に:「滑其泥,揚其波.」とある

[五]獻帝春秋に曰く:「袁紹は冀州十郡の守相を合わせ,数十万,に登って歃血し,盟して曰く:『賊臣董卓,漢室之微を承って,兵甲之を負い,帝城を陵越して(帝城の中に資格も無いのに乗り越え入り込み),王朝を跨蹈し,太后を幽鴆し(幽閉したのち鴆毒を用いて殺害し),弘農(王)を戮殺する(陵戮して殺害する),幼主を提挈して(幼主を脇に提げて盾として),秦地に越遷し,朝臣を殘害して,忠良を斬り刈り,宮室を焚焼して,宮人を蒸乱した,陵墓を発掘して,虐げるのは鬼神にまで及び,その悪の過ぎたることは皇天を烝し,濁穢なることは后土を桙オた.(天)神(地)祇は怨み恫れ,憑き恃む所無く,兆(に上る)人が血に泣いたが,控告する所無いありさま,仁賢之士は,心を痛ませ首<かしら>を疾み,義士は奮い発したため,雲が興り霧が合い,その咸は辞を奉じて罪を伐そうと欲し,天誅を躬行しようとするものである.凡そ我ら同盟之後は,畢力して命を致し,以って凶醜を伐し,王室を同して,天子を翼戴するにある.此盟に渝有らば,神明は是れ殛まらん,俾墜其師,無克祚国!』」.

[六]礼記に曰く:「凡そ天地之間に生きる者には,血気之属有れば必ずや知を有するものであり,知之属有れば其類を愛することを知らないものは莫いものである.今是れ(夫れ)[大]鳥獣は則ち其の匹を失喪し,越月踰時する焉,則ち必ず反って其の故郷を巡り過ぎて,翔け回り焉,鳴号し焉,蹢躅し焉,踟し焉,然る後に乃ち能く之を去るものである.小者は燕爵に於いて至ると,猶も啁之頃を有するが焉,然る後に乃ち能く之を去るものである.」

[七]隠は,憂である也.

又黄巾十万が青、兗を焚焼し、黒山、張楊が冀(州の)城を蹈藉しました.臣は乃ち師を旋すと,辞を奉じて畔を伐しました.金鼓が未だ震わないうちに,狡敵は亡ぶを知りまして,故に韓馥は懼れを懐き,咎を謝して帰土し,張楊、黒山は同時に降ることを乞うたのです.臣は時に輒ち制を承り,竇融に比すことを窺いまして,以って議

-2387-

郎の曹操に兗州牧を権領させたわけです.[一]公孫瓚の師旅が南に馳せきたって,北境を陸掠する事態となったため,臣は即ち星に駕して席卷し,公孫瓚と鋒を交えました.天之威を假り,戦う毎に輒ち克ったのです.臣は公族の子弟を備え,京輦に生長したため,頗る俎豆を聞くも,干戈を習わなかったのです;加えるて乃ち祖先の臣以来から,世に輔弼たるを作ってきたため,咸じるに文徳盡忠を以ってして,得免罪戻.臣は公孫瓚と戎馬之執を角して,戦陣之功を争う者に非ず也.誠に以って賊臣が誅されないのは,春秋が貶しめる所です,[二]苟くも利国を云わば,之を專らにして疑わないとか.[三]故冒踐霜雪,不憚劬勤,実庶一捷之福,以立終身之功.社稷が未だ定まらないことについて,臣は誠に之を恥じるものです.太僕の趙岐が命を銜えて来征し,宣明陛下含弘之施,蠲除細故,與下更新,奉詔之日,引師南轅.[四]是は臣が天威を畏怖して,怠慢など敢えてしなかったことについての三驗というものです也.

[一]竇融は行西河五郡大将軍事となると,梁統を以って武威太守と為した.

[二]公羊伝に曰く:「趙盾は其君夷弑する.弑した者は趙穿である也.曷為加之趙盾?賊を討たなかった也.趙盾曰く:『天よ乎!予は無辜であるのに.』史曰く:『爾<なんじ>が仁を為し義を為すなら,人が爾の君を弑したのに,而して国に復しても賊を討たないなら,弑するに非ずとするは如何なものだろうか?』」

[三]左伝に曰く:「苟利社稷,專之可也.」

[四]左伝に曰く:「令尹南轅反旆.」杜預曰く:「軍を回らし南に向かう.」

又臣が上する所では将校として,皆清英にして宿徳あり,令名顕達なるを率いて,鋒を登り刃を履きましたところ,死者は半ばを過ぎました,(その彼らの)勤恪之功について,書列するに見えていません.而して州郡の牧守は,競って声名を盗み,二端を懐き持み,優游顧望して,皆列土錫圭をされ,州を跨いで郡を連ねていますが,是は以って遠近が狐疑するもので,議論が紛錯する者であります也.臣が聞くところでは守文之世には,徳高き者は位尊く;倉卒之時には,功多き者には賞厚しとか.陛下は非ざる所に播越されたまい,洛邑は祀するに乏しく,海内は心を傷ませ,志士は憤惋しております.是は以って忠臣が肝腦を地に塗れさせ,肌膚を横分させるものでして而して無悔心者,義

-2388-

之所感故也.今、賞するに労無きものに加え,攜を以って徳を有させるなど;[一]忠功を杜黜するとは,以って望を疑うものです.斯くは豈に腹心之遠く図るものでありましょうか?将に乃ち讒慝之邪説が之を使って然りとしているのではないでしょうか也?臣は爵は侯に通じるを為し,位は二千石です.殊恩厚徳(受けた恩は殊に大きく下された徳はまた厚いものありました),臣は既に之を叨しました,豈敢闚覬重礼,以って彤弓玈矢之命を希うものでしょうか哉?[二]誠に列校について偏裨していることを傷みます,紀に見えざらんことを勤め,国の為に忠を尽くして,成って愆が重い.斯くは蒙恬が辺獄に於いて悲しみ号した所以,[三]白起が杜郵に於いて歔欷した所以であるのです也.[四]太傅の馬日磾は位は師保を為し,任じ配されて東に征きましたが,而して王命を耗乱しました,[五]寵任するは非ざる所で,凡そ挙用する所は,皆所捐.而して其策を容れ納め,以って謀主と為し,臣の骨肉兄弟に令して,還って讎敵と為させたため,鋒を交え刃を接することとなり,搆難すること滋く甚しいこととなりました.臣は釈甲投戈しよう(鎧を脱ぎ戈を投げ出そう)と欲すると雖も,事は已むを得ないものであったのです.誠に恐れますのは陛下におかれまして日月の明が,照らされない所を有し,四聰之聴が聞かざる所を有することになることです,どうか臣に章を下し,之を賢に咨<はか>り,三槐九棘を使って,臣の罪戻を議してくださいますよう乞うしだいです.[六]若し以って臣に今のように権を行わせ釁を為させれば,則ち桓、文が当に誅絶之刑を有したことになりますし;[七]若以不討賊為賢,則趙盾可無書弑之貶矣(若し以っては賊を討たずに賢を為したとするなら,則ち趙盾は弑したとして貶められた書きかたは無かったことにできたでしょう).臣は小人であると雖も,志は一介を守らんとしたのです.若し使って本心を明らかにするよう申すこと得られましたら,先帝に愧じることなくなりますから,則ち首を伏せて歐刀されましょうし,褰衣して鑊にも就きましょう,臣の願うものです也.陛下におかれましては尸鳩之平を垂れられまして,[八]邪諂之論を絶たれ,愚臣が三泉に恨みを結ぶような令をすること無いことを惟われますよう.[九]

[一]攜は,離である也.

[二]左氏伝に曰く:「王は尹氏に命じて晋文公に策をくだし侯伯と為すと,之に大路之服,戎路之服,彤弓一,彤矢百,玈弓十,玈矢千を賜った.」

[三]史記曰く,胡亥は使者を遣わして蒙恬を殺そうとしたが,蒙恬は死すことを肯わず,使者は即ち属吏を以ってして,陽周に於いて繋いだ.蒙恬は喟然として太息して曰く:「わたし蒙恬の罪は当に死にあたいする矣.臨洮を起てて之を遼東に属させ,城する(城を築く)こと万余里.此其中不能無絶地ハ,此は乃ち恬之罪である也!」遂に薬を呑んで自殺した.

[四]史記に曰く,秦王は白起を免じて士伍と為し,之を陰密に遷した.白起は既に行き,咸陽の西門十里を出て,杜郵に至った,秦王は乃ち使者を使って之にを賜ると,自裁させた.

-2389-

[五]三輔決録注に曰く:「馬日磾は字を翁叔という,馬融之族子である.若くして馬融の業を伝え,才学を以って進み,九卿に歴位して,遂に台輔に登った.」獻帝春秋に曰く:「馬日磾は假節をさずかり東征し,州郡を循撫した.袁術は寿春に在ったが,王命を肅せず,馬日磾を侮慢し,節を借りて之を観ると,因って奪って還さなかった,袁術に従い去ることを求めたが,而して袁術は遣わさなかった,既に以って節を失って屈辱をうけたため,憂恚して而して死んだ.」

[六]周官に曰く:「三槐とは,三公の(匹)[位]である焉.左九棘とは,孤り卿大夫の位である焉.右九棘とは,公侯伯子男の位である焉.」鄭玄注に曰く:「槐之言は懐である也,言うに懐来人於此欲與謀也.樹棘以為位者,取其赤心而外刺,象以赤心有刺也.」

[七]斉の桓公、晋の文公の時には,周室は弱く,諸侯は朝(に参加)しなかった,桓、文は権行して征伐し,諸侯を率いて以って天子に朝した(朝見した).

[八]尸鳩とは,鴶鵴である也.詩の国風に曰く:「尸鳩は桑に在り,其子は七兮,叔人君子,其儀は一兮.」毛萇注に曰く:「尸鳩が其子を養うのは,旦は上下に従い,暮は下上に従う,平均すると一の如し.善人君子が義を執ること亦た此の如しであることを言う.」

[九]三者は,之を数えるに終わり小さく,深いことを言う也.前書に曰く:「下錮三泉.」

是に於いて以って袁紹を太尉と為し,鄴侯に封じた.[一]時に曹操は自ら大将軍と為ったが,袁紹が之を下に為ることを恥じ,[二]偽って(上)表して辞して受けなかった.曹操は大いに懼れて,乃ち位を袁紹に於いて譲ることにした.二年,将作大匠の孔融を使って持節させて袁紹を大将軍に拝し,弓矢節鉞,虎賁百人を賜り,[三]冀、青、幽、并四州を督することを兼ねさせることとしたため,然る後に之を受けた.

[一]獻帝春秋に曰く:「将作大匠孔融に持節させて之を鄴に使うと,太尉の袁紹を拝して大将軍と為し,改めて鄴侯に封じた.」とある

[二]大尉の位は大将軍の上に在る.初め,武帝は青を以って征伐させると功有ったため,以って大将軍と為し,之を尊寵しようと欲して,故に大司馬の官号を置いて以って之に冠した.其後は霍光、王鳳等は皆然るものであった.明帝は弟である東平王の劉蒼を以って賢材を有するとし,以って驃騎大将軍と為したが,王である故を以って,位が公に上することとなったのである.和帝は舅である竇憲を以って匈奴を征させ,還ると大将軍に遷ったが,在することは公の上であった,以って戚者を勲するのに常例に拘らなかったのである焉.

-2390-

[三]礼含文嘉曰く:「九錫とは一に曰く車馬,二に曰く衣服,三に曰く楽器,四に曰く朱戸,五に曰く納陛,六に曰く虎賁之士百人,七に曰く斧鉞,八に曰く弓矢,九に曰く秬鬯である.」春秋元命苞に曰く「虎賁を賜るのは征伐を専らにすることを得たということであり,斧鉞を賜るのは誅することを得たということである」也.

袁紹は詔書を得る毎に,己に於いて不便を有することを患いとし,乃ち天子を自らの近くに移そうと欲し,使いをやって曹操にたいし以って許は下埤[一]溼であり,洛陽は殘破しているため,宜しく都を甄城に徙すよう説き,[二]以って実を全うするに就けようとした.曹操は之を拒んだ.田豊は袁紹に説いて曰く:「徙都之計は,既に従うに克ちませんでした,宜しく許について早く図って,天子を奉迎し,詔令に託して動き,海内を響号されますように,此が筭之上という者です.不爾(そうでないならば),終には人に禽われる所と為り,悔いると雖も益するもの無いでしょう也.」袁紹は従わなかった.四年春,公孫瓚を撃ち,遂に幽土を定めた,事は公孫瓚伝に在る.

[一]埤は亦た下するである也.音婢.

[二]甄の音は絹.

袁紹は既に四州之地を併せ,数十万,而して驕心して盛を転じ,貢御稀簡.主簿の耿包は密かに袁紹に白して曰く:「赤徳は衰え盡きて,袁が黄胤を為すでしょう,宜しく天意に順<したが>い,[一]以って民心に従いますよう.」袁紹は耿包が白した事を以って軍府僚属に示したが,議者は以って耿包が妖妄しているとして誅すよう宣べた.袁紹は(部下の)情が未だ同じでないことを知ると,已むを得ず乃ち耿包を殺して以って其を弭した.是に於いて簡すること精兵十万,騎万匹,出て許を攻めようと欲し,審配、逢紀を以って軍事を統率させ,田豊、荀ェ及び南陽出身の許攸を謀主と為し,顔良、文醜を将帥と為した.沮授は進めて説いて曰く:「近くは公孫を討ち,師は出ること歴年であり,百姓は疲敝して,倉庫は積むもの無く,賦役は方殷しております,此は国の深く憂えるものです也.宜しく先ず使いを遣わして天子に捷を献じるとともに(※公孫を撃ち勝利して,遂に幽土を定めたこと?),農に務め人を逸し(軍事から人民を休ませ)ましょう.若し通じること得ないなら,乃ち曹操が我を王路から隔てていると上表し,然る後に進んで黎陽に駐屯し,漸営河南(河南にじっくり陣営を築き),舟船を益し作らせ,器械を繕修し(て全面戦争に備えると同時に),精騎を分遣して,(曹操勢力の)其の辺鄙を抄させ,彼(曹操)に安きを得させないよう(配下に)命令し,我(こちら)は其の逸(休息)を取りましょう.此の如きなれば坐って定めることもできましょう也.」郭図、審配は曰く:「兵書の法には,十は圍<かこ>み五は攻める,敵するなら則ち

-2391-

能く戦うとあります.[二]今や明公の神武を以ってして,河朔之強を連ね,以って曹操を伐するのは,(兵)[其]執譬若覆手(譬えるなら手のひらを覆すように簡単なもの).[三]今不時取(その機会であるのに取らずに),後に図るのというのは難しいでしょう也.」沮授曰く:「蓋し乱を救い暴を誅する,之を義兵と謂います;を恃み強きに憑く,之を驕兵と謂います.義者は無敵なもの,驕者は先ず滅ぶものです.[四]曹操は天子を奉迎して,宮を許都に建てました.今師を挙げて南に向かえば,義に於いては則ち違えるものです.且つ廟勝之策とは,彊弱に在らず.[五]曹操の法令は既に行われ,士卒は精練でありまして,公孫瓚のように坐して圍まれる者ではありません也.今万安之術(今、万安の術を棄てて),而して無名之師を興し(名分の無い軍事行動を興し),[六]竊為公懼之(公に為させようと窺うのは之を懼れるものです).」郭図等は曰く:「武王は紂(王)を伐したとき,不義を為さなかったというのか;況んや兵は(賊臣である)曹操に加えるものであるのに(天子に加えるものではないのに),而して名無きと云うのか!且つ公の師は精勇を徒し,将士は思い奮わせている,而して不及の時に大業を早く定めるのは,所謂『天が与えたものを取らなければ,反って其の咎を受く』というもの.[七]此は(春秋の)越が霸となった所以であり,呉が滅んだ所以であるのだ也.監軍(である沮授)の計は,(将軍が)[牢を持するに]於いてに在るわけだが,而して時を見て幾之變(機会の変転)を知るに非ざるものだ也.」袁紹は郭図の言を納めた.(すると)郭図等は是に因って沮授を譖じて(誹謗して)曰く:「沮授は内外を監統(監督統御)し,三軍に威を震わせています,若し其の盛を浸したなら,何をか以って之を制することできましょうか!夫れ臣が主と同じ者は[昌,主與臣同者]亡ぶもの,此は黄石が忌む所のものです也.[八]且つ外に於いて御するものが,内を知るは宜しくないものです.」[九]袁紹は乃ち沮授が統括した所のものを分けて三都督と為し,沮授及び郭図、淳于瓊を使ってそれぞれ一軍を典じさせたが,未だ行くに及ばなかった.

[一]獻帝春秋に曰く:「袁は,舜の後なり.黄は応じて赤に代わる,故に此の言を包有する.」

[二]十倍すれば則ちこれを圍み,五倍すれば則ちこれを攻む.

[三]前書で陸賈が南越王に謂いて曰く:「越が王を殺し漢に降るのは,如反覆手(手のひらを何度も反すようだ)耳.」

[四]前書で魏相が上書して曰く:「乱を救い暴を誅する,之を義兵と謂う.兵が義たる者は王なり.敵が己に於いて加えられ,已むを得ずして而して起つ者,之を応兵と謂う.兵が応ずる者は勝つ.争恨小故(小故を恨んで争い),勝たずして憤怒する者,之を忿兵と謂う.兵が忿る者は敗れる.人の土地を利そうとし貨寶する者,之を貪兵と謂う.兵が貪る者は破れる.国家之大を恃み,矜人庶之,欲

-2392-

見威於敵者,之を驕兵と謂う.兵が驕する者は滅ぶ.此は但人事のみに非ず,乃ち天道である也.」

[五]淮南子に曰く:「廟堂之中に於いて運籌し,勝ちを決するに千里之外においてす.」

[六]前書に曰く,新城三老が高祖に説いて曰く:「徳に順う者は昌え,徳に逆らう者は亡ぶ.兵出るに名無きは,事は故に成らない.」音義曰:「名有り,伐するに罪有り也.」

[七]史記で范蠡が句踐に謂いて曰く:「天が与えしを取らないなら,反って其の咎を受けるものです.」

[八]臣が主と同じき者は,権が主に於いて在る也.主が臣と同じき者は,権が臣に在る也.黄石とは,即ち張良が下邳圯上に於いて得た所の者で,三略のことである也.圯の音は以之反.

[九]淮南子に曰く:「国は外理に従うべからず,軍は中御に従うべからず.」

五年,左将軍劉備が徐州刺史車冑を殺害して,沛に拠り以って曹操に背いた.曹操は懼れ,乃ち自ら将いて劉備を征せんとした.田豊は袁紹に説いて曰く:「公と天下を争う者は,曹操です.曹操は今劉備を東に撃っており,兵は連なり未だ卒解できていないようす,今軍を挙げて而して其後を襲わば,一往にして定めることできましょう.兵は幾動を以ってするもの,斯は其時というものです也.」袁紹は子の疾を以って辞め,未だ行うを得なかった.田豊は杖を挙げて地を撃って曰く:「嗟乎,事去らん矣!夫れ難遇の幾(めったにない機会)に遭うや,而して嬰兒の病を以ってして其の会を失うとは,惜しい哉!」袁紹は聞くとこれに怒り,これに従って遂に疏かにした焉.

曹操は袁紹の過河を畏れて,乃ち劉備を急撃し,遂にこれを破った.劉備は袁紹のところに奔り,袁紹は是に於いて進軍して許を攻めんとした.田豊は既に前に幾が失われたことを以って,便行宜しからずとし,袁紹を諫めて曰く:「曹操は既に劉備を破り,則ち許下は復して空虚に非ざる.且つ曹操は用兵を善くし,変化すること無方なり,は少ないと雖も,未だ軽ろんずべからず.今久しくこれを持するに如かず.将軍は山河の固めに拠り,四州のを擁す,外は英雄と結び,内は農戦を修め,然る後に其の精鋭を簡し(精鋭を選抜し),分けて奇兵を為し,[一]虚に乗じて迭出する,以って河南を擾えさせ,右を救わば則ち其の左を撃ち,左を救わば則ち其の右を撃つ,使って奔命させることで(ことに於いて)敵を疲れさせれば,人は業に安んずるを得ず,我は未だ労せずして而して彼は已み困うじる,三年及ばずして,坐して剋つべきなり也.今廟勝之策を釈して而して一戦に於いて成敗を決さんとするとは,若し志すものに如かざず,

-2393-

悔いても及ぶこと無きものなり也.」袁紹は従わなかった.田豊は強いて袁紹を諫めて忤<さから>ったため,袁紹は以って沮を為す(軍の士気を阻喪させるものだ)として,遂に之を械繋した.乃ち先ず宣べて檄して曰く:

[一]孫子兵法に曰く:「凡そ戦いというものは正を以って合わせ,奇を以って勝つ也.」注に云う:「正とは敵に当たること,奇とは其の不備を撃つことである.」

蓋し聞く、明主が危きを図るに以って變を制そうとするや,忠臣は難きを慮って以って権を立てる.曩者としては強秦に弱主あり,趙高が柄を執って,朝命を專制し,威福を己に由したが,終に(終わりは)望夷之禍を有することとなったが,その汙辱は今に至るものである.[一]及んで呂后を臻すると,呂祿、呂産は政を専らにし,万機を断(専断)し,禁省に事を決したため,下が陵して上は替わることとなり,海内は心を寒くした.是に於いて絳侯、朱虚が威を興し怒りを奮わせ,逆暴を誅夷して,太宗を尊立したため,故に能く道化(王道と王化)が興隆して,光明が融顕することとなったのである.此が則ち大臣が権を立てたことについての明らかな表われであるのである也.[二]

[]始皇崩,胡亥立,趙高為丞相.胡亥夢白虎齧其左驂馬,殺之,心不楽.問占夢,卜水為崇,胡亥乃斉望夷宮.趙高令其閻楽逼胡亥使自殺.張華云:「望夷之宮在長陵西北長平観,東臨水,作之以望北夷.」事見史記.

[]呂后專制,以兄子祿為趙王、上将軍,産為梁王、相国,各領南北軍.呂后崩,欲為乱,絳侯周勃、朱虚侯劉章等共誅之,立文帝,廟称太宗.左伝閔子馬曰:「下陵上替,能無乱乎?」

司空曹操の祖父は曹騰,故の中常侍で,左悺、徐璜と並んで妖を作り,饕餮放横,王化を傷つけ人を虐げた.[一]父は曹嵩,乞攜養,[二]臧に因って位を買い,輿金輦寶,権門に輸貨して,鼎司(三公のこと)を窺い盗み,重器を傾け覆した.曹操は(姦)[贅]閹の遺醜,本より令徳無く,僄狡鋒俠にして,乱を好み禍を楽しむ.[三]幕府は董統鷹揚して,凶逆を埽夷したが,[四]続いて董卓が官を侵し国を暴するに遇った,[五]是に於いて提揮鼓,東夏に命を発し,英雄を広羅し,瑕録用,故に遂に曹操にたいし策略を諮ることに参与させたが,それは其の鷹犬之才,爪牙を任せることが出来ると謂うものであったからだ.しかしながら至ると乃ち愚佻にして短慮であり,進むに軽く退くに易く,夷を傷つけを折り,何度もその師徒を喪うありさまであった.[六]そのため幕府は輒ち復して兵を分けて

-2394-

鋭を命じ,修完補輯して,表行東郡太守、兗州刺史,被以虎文,[七]授以偏師,就威柄,冀獲秦師一克之報.[八]而して遂に資に乗じて跋扈し,肆行すること酷烈となり,元元を割き剥ぎ,賢を残し善を害した.[九]故の九江太守辺讓は,英才逸であり,直言正色を以って,阿諂せざることを論じたところ,身は梟懸之戮を被り,妻孥は灰滅之咎を受けることとなった.是自り士林は憤り痛んで,人は怨み天は怒り,一夫が臂を奮うと,州を挙げて声を同じくし,故に躬は徐方に於いて破れ,地は呂布に於いて奪われ,[一0]東裔を彷徨し,蹈拠する所無くなったのである.幕府は強幹弱枝之義を惟うと,且つ不登畔人之党,[一一]故に復た援旍擐甲,席卷して征(伐)に赴き,金鼓が響き震えわたると,布破沮,[一二]其の死亡之患を拯して,其の方伯之任を復してやったのである.是は則ち幕府が兗土に於ける徳無く,而して曹操に於いて(徳を)大いに造ること有ったというわけである也.[一三]

[一]財を貪ることを饕を為すとする,食を貪ることを餮を為すとする.悺の音は烏板反.

[二]続漢志に曰く:「曹嵩は字を巨高という.霊帝の時に賣官あり,曹嵩は貨を以って得て大司農、大鴻臚を拝命し,崔烈に代わって太尉となった.」魏志に曰く:「曹嵩は,曹騰の養子である,其の生出本末は能く審らかになる莫し.」曹瞞伝及び郭頒代語に並んで云うに曹嵩は,夏侯氏の子で,夏侯惇の叔父である.魏の太祖は夏侯惇に於いて従父兄弟と為る也.「」亦「乞」也.

[三]方言に曰く:「僄とは,軽である也.」魏志に曰く:「曹操は少きより機警あって権(謀)(術)数を有しており,而して任俠放蕩,行業を修めなかった.」鋒俠は其の鋒之利の如きを言う也.僄の音は方妙反.或いは「剽」と作る,財物を劫することである也,音は同じ.

[四]袁紹が諸閹人を誅し,少長の別無く皆之を斬ったことを謂う.

[]左伝:「侵官冒也.」

[六]字書に曰く:「佻とは,軽である也.」魏志に曰く:「曹操は兵を西に引きつれ,将に成拠ろうとして,滎陽の汴水に到ったところ,董卓の将の徐榮に遇い,戦いは不利となって,士卒が死傷すること多く,曹操は流矢が中る所と為り,乗馬は創を被る所となった.曹洪は馬を以って曹操に与えたため,夜に遁れるを得たが,また呂布に敗れる所と為った.」

-2395-

[七]続漢志に曰く:「虎賁将は,冠は鶡冠,虎文は単衣.襄邑歳獻織成虎文衣.」

[]秦穆公使孟明視、西乞術、白乙丙伐鄭,晋襄公敗諸殽,執孟明等.文嬴請而舍之,帰於秦.穆公復用孟明伐晋,晋人不敢出,封殽尸而還.事見左伝.

[九]太公金匱曰く:「天道に親無し,常に善人に与する.今海内陸は殷に於いて沈むこと久しき矣,何ぞ乃ち元元に於いて急なるかな哉?」

[一0]魏志に曰く:「陶謙が徐州牧と為ると,曹操は初めて之を征し,下すこと十余城となった.後に復た陶謙を征し,五城を収め,遂に地を略して東海に至った.還るに郯を過ぎると,張邈が陳宮と迎呂布を迎えて畔し,郡県が皆応じる事態に会った.呂布が濮陽の西に駐屯し而して曹操が之を攻めると,呂布は兵を出して戦った,曹操の兵が奔り,陣は乱れた,馳突(騎兵による吶喊があり)火出(火が出ると),馬から墜ちて左手の掌を焼いた,司馬の樓異が曹操を扶<たす>けて馬に上らせ,遂に引いて去ることが出来た.」

[一一]強幹弱枝とは,班固伝に解き見られる.左伝で宋の大夫である魚石等が宋の彭城を以って畔して楚に属した,経書では「宋の彭城」とあるが,伝は曰く「宋地に非ず,書を追うものである也,且つ畔人を登らせず也」とある.杜預は注して曰く:「登とは,成(成功する)である也.」

[一二]左伝に曰く:「擐甲執兵.」とあるが杜預は注して曰く:「擐とは,貫である也.」前書では楊雄が曰く:「雲徹席卷,後無余災.」魏志に曰く:「曹操が定陶を襲って未だ拔けないうちに,呂布が至る事態に会い,之を撃破した.呂布の将である薛蘭、李封が鉅野に駐屯していたため,曹操は之を攻めた.呂布は薛蘭を救おうとしたが敗れ,呂布は走った(敗走した).呂布は復た陳宮と万余人を将<ひき>いて(乗)[来]て戦った,曹操は(その)時兵が少なかったため,設伏縦奇兵撃,大破之(伏兵を設けて奇兵を縦にして撃つと,之を大破した).呂布は夜(に紛れて)走り(敗走し),東して劉備のもとへ奔った.」

[一三]左伝使呂相絶秦曰:「秦師克還無害,則是我有大造於西也.」杜預注曰:「造,成也.」

後に鑾駕が東に反る事態となると,虜乱政.時に冀州は方ずるに北鄙之警を有していたため,遑に匪ずして局(時局)から離れていた,[一]故に従事中郎の徐勳を使って就発させ曹操に遣わし,使って郊廟を修繕させ,幼主を翼衛しようとしたのである.而して(曹操は)便ずるに放志專行,省禁を威劫し,王僚を卑侮し,法を敗り紀を乱し,坐して三台を召し,朝政を專制した,[二]爵賞は(その)心に由させ,刑戮は口するに在り,愛光する所は五宗(一旦これを気に入ればその五宗にいたるまで官職を与え),怨み滅ぼす所は三族(一旦これを怨めば三族にいたるまで滅ぼした),[三]談する者は

-2396-

顕誅を受け,腹議する者は隠戮を蒙ったため,[四]道路では以って目し,百辟するも鉗口(口を閉ざす)することとなった,[五]尚書が記すのは期会(のみ),公卿が充たすのは員品(のみ)で而して已むものとなったのである.[六]

[一]北鄙之儆は公孫瓚が袁紹を攻めたことを謂う也.左伝に曰く:「局は部である也.」杜預は注して曰く:「其の部曲を遠ざけて離局を為す.」

[二]晋書に曰く:「漢官では尚書は中台を為し,御史は憲台を為し,謁者は外台を為す,是が三台と謂うのである.」

[三]五宗は上は高祖に至り,下は孫に及ぶことを謂う.三族とは父の族、母の族、妻の族を謂う.

[]大農顔異與張湯有隙,人告異,湯推異與客言詔令下有不便者,異不言,微反脣.湯遂奏,異九卿,見令不便,不入言而腹非,論死,見前書.

[五]国語に曰く:「脂、が虐げると,国人は王を誹謗した.邵公が王に告げて曰く:『人は命に堪えず矣.』王は怒ると,衛巫を得て,監謗を使い,以って告げさせて則ち之を殺した.国人は敢えて言うこと莫く,道路では以って目した.」周書に曰く:「賢哲は鉗口し,小人は鼓舌(舌を打つ).」何休は公羊伝に注して曰く:「柑とは,以って木を其の口に銜えさせるものである也.」「鉗」は或いは「柑」と作る,音は渠廉反.

[六]前書で賈誼曰く:「大臣特以簿書不報,期会之間,以為大故.」

故の太尉楊彪は,二司を歴典し,綱の元となり位を極めた.[一]曹操は因睚,被るに罪に非ざるを以ってした,篣楚并わせ兼ねたため,五毒が倶に至った,[二]觸情放慝で,憲章を顧みなかった.また議郎の趙彦は,忠諫直言であり,議には納めるべきものを有していたため,故に聖朝は含聴し,改め容れて錫を加えたのである.(しかるに)曹操は時明を迷奪せんと欲して,言路を杜絶すると,收立殺,不俟報聞.また梁の孝王は先帝の母弟であり,墳陵は尊顕であって,松桑梓は猶も恭肅を宜しくしていた.(それなのに)曹操は吏士を率将して,親しく(自ら)発掘に臨み,棺を破り尸を裸にし,金寶を掠取したため,至令して聖朝が流涕し,士民が傷懐したのである.[三]また発丘中郎将、摸金校尉を署すと,過ぎる所で毀突し,骸が露とならないことは無かった.身は三公之官を処すというのに,而して行うは桀虜之態,国を汙し民を虐げ,毒を人鬼に(生者にも死者にも)施すありさまである.其の細政を加えること苛慘であり,科防互設,矰繳たること蹊を充たし,阬たること路を塞ぎ,挙手挂網羅(手を挙げれば網羅<あみ>に挂<か>かり),動足蹈機埳(足を動かせば機埳<わな>を踏むというありさまである),是が以って兗、豫で無聊之人を有することとなり,帝都では呼嗟之怨を有することとなったものである.[四]

-2397-

[一]続漢書に曰く:「楊彪は董卓に代わって司空と為り,また黄琬に代わって司徒と為った.時に袁術が僭乱すると,曹操は楊彪が袁術と婚姻していることに託して,誣して以って廃置を図ろうと欲し,奏して收めると獄に下し,劾(弾劾して)以って大逆であるとした.」

[二]獻帝春秋に曰く:「楊彪を収めて獄に下して考実すると,遂に策を以って罷めさせた.」

[三]前書に曰く,孝文皇帝(の/と)竇皇后は孝景帝、梁の孝王武を生んだ.

[四]管子に曰く:「天下は無道である,人で爵位が在る者は皆聊自り生まれず.」

古今について書籍が載せる所を歴観すると,貪殘虐烈なる無道之臣は,曹操に於いて甚だしいものを為す.莫府は外姦を詰めることに方じてきたため,未だ整訓に及ばず,加意含覆(意を加えるのは覆すを含めてのことである),冀うは彌縫が可能となることである.[一]而して曹操は豺狼野心あって,禍謀を潛包している,[二]乃ち棟梁を橈折せんと欲して,孤<ひとり>漢室を弱め,[三]忠を除いて善を害い,專らにするは梟雄を為そうとしてのこと.往く歳、伐鼓して北征し,公孫瓚を討ったが,強禦桀逆し,拒圍すること一年となった.曹操は其の未だ破れないことに因って,陰に書命を交わし,王師を助けることに託して,以って掩襲に見えんと欲し,故に兵を引きつれて河を造り,舟を北済に方じた.行人が発露する事態となり,公孫瓚が亦た梟夷されたため,故使鋒芒挫縮,厥図は果たされなかったのである.敖倉に屯拠し,河を阻んで固めと為しているが,[四]乃ち螳蜋之斧を運び,隆車之隧を禦<まも>ろうと欲しているというものである.[五]莫府が奉じるのは漢の威霊,折衝するのは宇宙である,その長戟は百万,胡騎は千,中黄、育、獲之士を奮わせ,[六]良弓勁弩之執を騁し,[七]并州からは太行(山脈)を越え,[八]青州からは済(水)、漯(水)を渉り,[九]大軍は黄河を汎げて以って其の前に角し,荊州は宛、葉に下って而して其の後ろを掎さんとしている.[一0]雷震虎歩して,並んで虜廷に集おうというのだ,若し炎火を挙げて以って飛蓬を焚かんとするのに,[一一]滄海を覆して而して熛炭に注がんとするなら,[一二]有何不消滅者哉?(どうして消滅しない者が有るだろうか?)

[一]左伝に曰:「彌縫敝邑.」杜預注曰:「彌縫猶補合.」

-2398-

[二]左伝に曰く,楚の司馬子良が子越椒を生かそうとしたため,令尹子文が曰く:「必ず之を殺さん.是は子なり也,熊虎之状にして而して豺狼之声なれば,弗殺は必ずや若敖氏を滅ぼさん.諺に曰く『狼子野心』とある,是は乃ち狼である也,其の畜す可きものであるか乎!」

[]周易「棟橈之凶,不可有以輔」也.

[四]獻帝春秋に曰く:「曹操は軍を引いて河を造り,袁紹を助けるとの言に託して,実は鄴を襲うことを図り,以って公孫瓚の援けを為そうとした.公孫瓚が破滅する事態なったうえに,袁紹も亦た之を覚ったため,以って軍を退かせて,敖倉にて駐屯した.」

[五]韓詩外伝に曰く:「斉の荘公が獵するに,螳蜋で足を挙げて将に其輪を持とうとするものが有った,其御を問うに曰く:『此は何の蟲であるか?』対して曰く:『此は螳蜋です也.此の蟲は進むを知るも而して退くを知りません,其の力を量らず而して就敵を軽んじるのです.』公曰く:『此は天下の勇士を為すものだ矣.』車を回らし之を避けると,勇士は帰った焉.」亦た淮南子に見える.又荘子は曰く:「螳蜋は臂を怒らせて以って車轍に当たる,其の任に勝たざるを知らず也.」隧とは,道である也.

[六]尸子曰く:「[中]黄伯曰く:『我は太行之獶を左に執らえ,彫虎を右に執らえたが,唯象のみは未だ試していない.』」史記で范睢は秦の昭王に説くことに「烏獲、任鄙之力,慶忌、夏育之勇」也.

[七]文子曰く:「狡兔得て而して獵犬烹らる,高鳥盡きて而して良弓臧されん.」史記で蘇秦が韓王を説いて曰く:「天下之強弓勁弩は,皆韓が出るに従うのです.」

[八]袁紹の甥の高幹が并州刺史と為った,故に言うに太行山を越えて而して来助あると.

[九]袁紹の長子袁譚が青州刺史と為った.済,漯は,二水の名である,今の斉州界に在る.漯の音は他合反.

[一0]賈逵は国語に注して曰く:「従後牽曰掎.」音は居蟻反.左伝に曰く「晋人は之を角すと,諸戎は之を掎す」とあるのが是である也.荊州は劉表を謂う也.袁紹と交わったため,故に宛、葉を下ると云う.

[一一]楚詞に曰く:「離憂患而乃寤,若縦火於秋蓬.」

[一二]黄石公の三略に曰く:「夫れ義を以って而して不義を討つ,若し河を決壊させて而して熒火を沈めれば,其の剋つは必ずである也.」

当今漢道陵縺C綱網絶,曹操は精兵七百を以って,宮闕を圍守させると,外は陪衛と称したが,内は以って拘質した,篡逆

-2399-

之禍を懼れて,因斯而作(そのようなことをしたのである).乃ち忠臣が肝腦を地に塗れさせる秋であり,烈士が功を立てる機会である也.可不勗哉!(努めないではいられようか!)[一]

[一]陳琳集に拠ると,此の檄は陳琳之詞である也.魏志に曰く:「陳琳は字を孔璋といい,広陵の人である,冀州に難を避けたところ,袁紹が使って文章を典じさせた.袁紹が敗れると,太祖に帰した.太祖は謂いて曰く:『卿は昔本初の為に書を移したが,但罪状を孤にのみして而して已ませることできたろうに,悪を悪むは其の身に止めるというが,何ぞ乃ち上って父祖に及ぼしたのだ邪?』陳琳は謝罪した.太祖は其の才を愛して而して咎めなかった也.」流俗本には此下に「陳琳之辞」という者が有るが,非ざるものである也.

乃ち先ず顔良を遣わして曹操の別将劉延を白馬に於いて攻めさせると,[一]袁紹は自らは兵を引きつれ黎陽に到った.沮授は行に臨んで,其の宗族と会すると,資財を散じて以って之を与えた.曰く:「執存則威無不加,執亡則不保一身.哀哉!」其の弟である沮宗曰く:「曹操の士馬は敵しないというのに,君は何をか懼れるのです焉?」沮授曰く:「(相手が)以ってするのは曹兗州之明略であり,また天子を挟んで以って資と為している,我らは伯珪に剋つと雖も,実は疲れ敝している,而して主は驕り将はしている,軍が破れ敗れるのは,此の挙げたところに在るのだ矣.楊雄の言に有るが:『六国蚩蚩,嬴の為に姫を弱める.』とは今之を謂うのだ乎!」[二]曹操は遂に劉延を救うと,顔良を撃って之を斬った.[三]袁紹は乃ち度河すると(黄河を渡ると),延津の南を壁にした.[四]沮授は船に臨むと歎じて曰く:「上は其の志を盈<みた>さんとし,下は其の功を務めんとす,悠悠たるかな黄河よ,吾は其の済なる乎!」遂に以って疾として退こうとしたが,袁紹は許さず而して意は之を恨み,復するに其の部する所を省き,并わせて郭図に属させた.

[一]白馬は,県である,東郡に属する,今の滑州県である也,故城は今県東に在る.

[二]法言之文である也.嬴とは,秦の姓である也.姫は,周の姓である.方言では:「蚩は,悖である也.」とする六国が悖惑して,周室を侵し弱めたため,終には秦が併わせる所と為ったのである也.

[三]蜀志に曰く:「曹公は張遼及び関羽を使って先鋒と為した,関羽は顔良の麾蓋を望見すると,馬を策して顔良を万之中に刺し,其の首を斬って還ったが,諸将で能く当るものは莫かった,(曹操は)遂に白馬の圍みを解いた.」

[四]酈元水経注に曰く:「漢の孝文の時に(黄)河が酸棗で決壊し,東して金堤を潰したため,卒を大いに(徴)発して之を塞いだ,武帝は瓠子之歌を作ったが,皆此の口を謂うのである也.」又東北が之を延津と謂う.杜預は左伝に注するに:「陳留の酸棗県の北に延津が有る.」

袁紹は劉備、文醜を使って挑戦させたが,曹操はまた之を撃破し,文醜を斬った.再戦して而して二将を禽えたため,袁紹の軍中は大いに震えた.曹操は還って官

-2400-

度に駐屯し,[一]袁紹は進んで陽武を保った.[二]沮授はまた袁紹に説いて曰く:「北兵は?と雖も,而して勁果は南軍に及びません;南軍は穀少なく,而して資は儲すこと北に如くことありません.南は急戦に於いてを幸いとし,北の利は師を緩めるに在ります.宜しく徐ろに持久し,日月を以って曠じられますよう.」袁紹は従わなかった.営を連ねて稍して前にすると,官度に漸逼して,遂に合戦した.曹操軍は不利となり,[三]復して還ると壁を堅くした.袁紹は高櫓を為し,土山を起てると,営中を射たため,[四][営中は]皆楯を蒙って而して行った(行動した).[五]曹操は乃ち発石車で袁紹の樓を撃ち,皆破ったため,軍中は呼んで曰く「霹靂車」といった.[六]袁紹は地に道を為して曹操を襲わんと欲し,曹操は輒ち内に於いて長ラを為して以って之を拒ませた.また奇兵を遣わして袁紹の運車を襲うと,之を大いに破り,其の穀食を焚き尽くした.

[一]官度は今の鄭州中牟県北に在る.酈元の水経が云うには:「莨蕩渠は曹公の壘の北を経る,高台が有るが之を官度台と謂う,中牟城の北に在る,俗に之を中牟台と謂う.」

[二]陽武は,今の鄭州県である.

[三]魏志に曰く:「営を連ねて稍進し,前依沙,東西数十里で屯を為した.曹操は亦た営を分けて与し相当たった.」

[四]釈名に曰く:「樓櫓とは,露上にあり屋を覆っていないものである也.」今でも官度台の北に土山が猶も在り,台の東には,袁紹の舊営が基を遺しており並んで存している焉.

[五]楯は,今之旁排である也.楊雄の羽獵賦に曰く:「蒙楯負羽.」とあり獻帝春秋に曰く:「袁紹は軍中に令して各々三尺の繩を持たせたが,それは曹操が誠に禽われたなら,但之を当に縛るべしとしただけのことである.」

[六]其の発石するときの声が震烈であることを以って,呼ぶに霹靂と為した,即ち今の拋車である也.拋の音は普孝反.

相持すること百余日,河南の人は疲れ困うじ,多くが畔して袁紹に応じた.袁紹は淳于瓊等を遣わして兵万余人を将いさせて北にH運を迎えさせた.沮授は袁紹に蔣奇を遣わして表に於いて別に支軍を為させ,以って曹操之鈔を絶たせる可きだと説いた.[一]袁紹は従わなかった.許攸は進めて曰く:「曹操の兵は少なく而して悉くを師して我(ら)を拒んでいるようす,許下の余守は執るに必ずや空しく弱からん.若し軽軍を分遣して,星行掩襲させるがよろしい,許が拔かれれば則ち曹操を(為)禽えること成らん.其の未だ潰れざる如きについては,首尾奔命するよう令す可し,之を破ること必ずならん也.」袁紹はまたも用いること能わなかった.許攸の家(のもの)が法を犯し,審配が收めて之を繋ぐ事態となった,許攸は志を得なかったため,遂に曹操に奔ると,而して使って

-2401-

淳于瓊等を襲って(兵糧を)取るよう説いた,淳于瓊等は時に烏巣に宿在しており,[二]袁紹の軍を去ること四十里の地点にいた.曹操は自ら歩騎五千人を将いると,夜往して淳于瓊等を攻め破り,悉く之を斬った.[三]

[一]支軍を以って淳于瓊等を表援するよう為させる.

[二]烏巣は,地名である,滑州酸棗城の東に在る.

[三]曹瞞伝に曰く:「公は許攸が来たると聞くと,跣出して之を迎えた.許攸は公に淳于瓊等を襲うよう勧めた,公は大いに喜ぶと,乃ち精鋭の歩騎を選び,皆袁軍の旗幟を執って,枚を銜え馬の口を縛ると,夜に間道に従って出,人(彼ら)は薪の束を把んでいった.道で問いかける者に歴する所となると,之に語って曰く:『袁公は曹操が後軍を鈔掠することを恐れ,兵を還して以って備えを益させようとしているのだ.』問う者は以って為すに然りとして信じた.既に至るや,屯を圍み,大いに火を放つと,営中が驚乱したため,之を大いに破り,尽く其H穀寶貨を燔きつくし,督将の(睢)[眭]元進等を斬り,将軍淳于仲簡の鼻を割いて得た,殺した士卒は千余人,皆鼻を取って,牛馬は唇舌を割き,以って袁紹軍に示した.将士は皆惶懼(大いに懼れた/大恐慌状態となった).」

初め,袁紹は曹操が淳于瓊を撃っていると聞くと,長子の袁譚に謂いて曰く:「曹操が淳于瓊を破ること就いたとしても,吾が其の営を抜いたなら,彼は固より帰る所無からん矣.」乃ち高覽、張郃等を使って曹操の営を攻めさせたが,下せなかった.[一]二将は淳于瓊等が敗れたと聞くと,遂に曹操に奔った.是に於いて袁紹軍は驚き擾え,大きく潰れてしまった.袁紹は袁譚等と幅巾乗馬すると,八百騎とともに度河し,黎陽の北岸に至って,其将軍蔣義渠の営に入った.帳下に至ると,其の手を把えて曰く:「孤以首領相付矣.」義渠は帳を避けて而して之を処した.使って宣令させた焉.(兵たち)は袁紹が在していると(生存していると)聞くと,稍復して集.したが余偽って降ろうとしたため,曹操は之を尽く阬(あなうめ)にしたが,それは前後して八万人を殺す所となったのである.

[一]魏志に曰く:「張郃は字を文といい,河間鄚の人である也.張郃は袁紹に説いて曰く:『曹公の精兵が往っていますので,必ずや淳于瓊等を破ることでしょう,則ち事は去ろうとしているのです矣.』郭図は曰く:『張郃の計は非ざるもの也,其の本営を攻めるに如かず.』張郃曰く:『曹公の営は固く,之を攻めても必ずや拔けないでしょう.若し淳于瓊等が禽えられるに見えれば,吾が属は尽く虜と為るでしょう矣.』袁紹は但軽騎のみを遣わして淳于瓊を救わせると,而して重兵を以って太祖の営を攻めさせたが,下すこと能わなかった.太祖は果たして淳于瓊等を破った.袁紹軍は潰れ,郭図は(?)すると,また更に張郃が軍敗れたことを快いとしていると譖しったため,張郃は懼れて,太祖に帰した.」

-2402-

沮授は曹操軍に執らわれる所と為った,乃ち大呼して曰く:「沮授は降らず也,執らわれる所と為るのみ耳.」曹操は沮授に見えると謂いて曰く:「分野が殊に異なったため,遂に用いるに圮絶していた,図らずも今日乃ち相得ることになった也.」沮授は対して曰く:「冀州が失策したために,自取奔北(南方を取るつもりだったところから北に奔ることになった).わたくし沮授の知力も倶に困じたため,其の禽われに見えることになったのだと宜べておこう.」曹操は曰く:「本初は無謀であった,相(君の計略を相するように)計を用いなかったのだから.今喪乱すること十二年あまりを過ぎ(過紀),[一]国家は未だ定まっていない,当に君と之を図ることを方じたいが.」沮授曰く:「叔父、母、弟が袁氏に命を懸けている,若蒙公霊,速やかに死なせてくれることが福を為すというもの.」曹操は歎じて曰く:「孤<わたし>が早く相得ていたなら,天下不足慮也.」遂に赦すと而して厚遇した焉.沮授は袁氏に帰ろうと尋謀したため,乃ち之を誅することになった.

[一]十二年が曰く紀である.

袁紹は外はェ雅で局度を有し,憂い喜んでも色に於いて形とならなかったが,而して性は矜愎で自らを高しとし,[一]善に従うことに於いて短かったため,故に敗れるに(於いて)至ったのである.軍が還るに及ぶと,或(人)が田豊に謂いて曰く:「君は必ずや重きを見えん.」田豊曰く:「公の貌はェなれど而して内は忌む,吾忠を亮せず,而して吾は以って言が之を迕するに至ること(幾度もあるを)数えた.若し勝たば而して喜んで,必ずや我を赦すこと能うものを,戦って敗れて而して怨まば,内で忌むこと将に発するだろう.若し軍が出て有利なら,当に全うすべきを蒙る耳なれど,今既に敗れる矣,吾は生を望めない.」袁紹は還ると,く曰:「吾は田豊の言を用いなかったため,果たして笑われる所と為ってしまった.」遂に之を殺した.[二]

[一]愎の音は平逼反.

[二]先賢行状に曰く:「袁紹は逢紀に謂いて曰く:『冀州の人は吾軍が敗れたと聞き,皆当に吾を念じている;唯田別駕だけは前に吾を諫止してくれ,(他の皆)とは同じでない,吾は亦た之にせん.』逢紀は復して曰く:『田豊は将軍之退を聞き,拍手大笑し,其の言之中るを喜んでいました也.』袁紹は是に於いて田豊之意を害うこと有したのである.初め,太祖は田豊が戎に従っていないと聞くと,喜んで曰く:『袁紹は必ずや敗れん矣.』袁紹が奔って遁れるに及ぶと,復た曰く:『向うが使って袁紹に用其の別駕の計を用いさせていれば,尚も未だ(この勝敗は)知ることできなかったろう也.』」

官度之敗(北)により,審配の二子は曹操が禽える所と為った.孟岱は審配との関係が冷却していたため,因って蔣奇に袁紹に於いて言わせて曰く:「審配は位に在って政を専らとし,(その一)族

-2403-

は大きく兵は強く,且つ二子は南に在ります,必ずや反畔を懐くことでしょう.」郭図、辛評も亦た然りと為した.袁紹は遂に孟岱を以って監軍と為し,審配に代わって鄴を守らせた.護軍の逢紀は審配と不睦であったため,[一]袁紹が以って之を問うと,逢紀は対して曰く:「審配は天性烈直でありまして,言行する所の毎に,古人之節を慕うものあります,二子が南に在ることを以って不義を為すことはありません也,公よ之を疑うこと勿れ.」袁紹は曰く:「君は之を悪んでいなかったというのか邪?」逢紀曰く:「先に争う所の者は私情です,今陳べた所の者は国事です.」袁紹曰く「善し」.乃ち審配を廃さなかった,審配、[逢紀]は是由に更めて協けた.

[一]英雄記に曰く:「審配は任用されたが,逢紀は睦まなかった,辛評、郭図は皆袁譚に於いて比された.」辛評は,辛毗の兄である也.魏志に見える.

冀州の城邑は多くが畔したため,袁紹は復撃して之を定めた.軍が敗れて後自<よ>り発病し,七年夏,薨じた.[一]未だ後嗣を定めるに及ばなかったため,逢紀、審配は以って驕侈であったため袁譚を為すと病む所を宿したが,辛評、郭図は皆比べて袁譚に於いてであるとし而して審配、逢紀との関係が冷却した.以って袁譚が長であることから,之を立てようと欲した.審配等は袁譚が立つことを恐れ而して辛評等が害を為したため,遂に袁紹の遺命を矯めて,袁尚を奉じて嗣と為してしまった.

[一]魏志に曰く:「袁紹は自軍が破れて後,発病すると歐血して死んだ.」獻帝春秋に曰く:「袁紹の為人<ひととなり>は政ェかったため,百姓は之を徳とした.河北の士女で傷み怨まないもの莫かった,市巷は涙を揮<ふる>い,或いは親を喪ったかの如きであった.」典論に曰く:「袁紹の妻の劉氏は性は酷妒であった,袁紹が死ぬと,僵尸して未だ殯じないうちに,寵妾五人盡く之を殺すと,死者には知(知覚)が有ると為して,当に地下に於いて袁紹と復して見えんとするだろうから,乃ち髡頭墨面させて,以って其形を毀させた.尚又為盡殺死者之家(尚も又死者の家を尽く殺すを為した.」