-3605-

後漢書志第二十七

百官四

執金吾太子太傅大長秋太子少傅将作大匠城門校尉

北軍中候司隸校尉

執金吾は一人,中二千石である.[一]本注に曰く:職掌は宮外の戒めであり非常(時の)水火の事を司ることである.[二]月に三繞宮外に行き,及んで兵器のことを主とする.(執金吾の)吾は猶も禦ぐである也.[三]丞は一人,比千石である.[四]緹騎二百人がつく.本注に曰く:秩は無く,比吏食奉である.[五]

[一]漢官秩が云うには比二千石である.

[二]胡広曰く:「尉が宮中を巡行すれば,則ち金吾は外に徼する,相い表裏を為す,以て姦を擒えて猾を討つ.」

[三]応劭は曰く:「執金革以禦非常.」漢官に曰く:「員吏二十九人,其十人は四科,一人が二百石,文学は三人であり百石,二人が斗食,十三人が佐学事で,主に緹騎にかかわる.」

[四]漢官秩が云うには六百石である.

-3606-

[五]漢官曰く:「執金吾の緹騎は二百人,[持戟]は五百二十人,輿服導従,光満道路,僚之中,斯最壮矣.世祖は歎じて曰く;『仕宦は当に執金吾に作らせるべし.』」

武庫令は一人,六百石である.本注に曰く:主に兵器にかかわる.丞が一人.

右(以上)は執金吾に属する.本注に曰く:本は式道、左右中候の三人が有った,六百石である.車駕が出ずると,職掌は前に在って道を清め,還って持麾し宮門に至ると,宮門は乃ち開く.中興して但だ一人のみ,また常置せず,出る毎に,郎を以て式道を兼ねさせ候した,事が已むと罷めた,執金吾に復属しない.また中壘、寺互、都船令、丞、尉及び左右京輔都尉が省かれた.

太子太傅は一人,中二千石である.本注に曰く:職掌は太子の輔導である.禮は師の如くであり,官属を領しない.[一]

[一]荀綽晉百官表注に曰く:「唐、虞の官である.」

太長秋は一人,二千石である.本注に曰く:秦より承った将行のことで,宦者である.景帝は更為して大長秋とし,或いは士人を用いた.中興して宦者を常用した,職掌は中宮の命を奉宣することである.凡そ宗親に給賜し,宗親で当に謁見する者が之を関通するに及ぶと,中宮が出て則ち従った.[一]丞は一人,六百石である.本注に曰く:宦者である.

[一]張晏曰く:「皇后卿である.」

中宮僕は一人,千石である.本注に曰く:宦者である.主に馭す.本注に曰く:太僕は,秩二千石である,中興して「太」を省き,

-3607-

秩を減じて千石とし,以て長秋に属した.

中宮謁者令は一人,六百石である.本注に曰く:宦者である.中宮謁者は三人,四百石である.本注に曰く:宦者である.主に章に報い中る.

中宮尚書五人,六百石である.本注に曰く:宦者である.主に文書に中る.

中宮私府令は一人,六百石である.本注に曰く:宦者である.主に蔵された幣帛諸物に中る,裁衣被補浣者は皆之を主とする.[一]丞は一人.本注に曰く:宦者である.

[一]丁孚漢儀に曰く:「中宮蔵府令は,秩千石である,儀は御府令に比肩する.」

中宮永巷令は一人,六百石である.本注に曰く:宦者である.主に宮人にかかわる.丞は一人.本注に曰く:宦者である.

中宮黄門従僕射は一人,六百石である.本注に曰く:宦者である.主に中黄門従にかかわる.[一]

[一]丁孚漢儀に曰く:「給事中宮侍郎は六人,尚書郎に比肩し,宦者が之を為す.給事黄門は四人,黄門侍郎に比肩する.給事羽林郎は一人,羽林将虎賁官騎下に比肩する.」

中宮署令は一人,六百石である.本注に曰く:宦者である.主に中宮清署天子数.女騎は六人,丞、復道丞は各一人.本注に曰く:宦者である.復道丞主中閣道.

中宮薬長は一人,四百石である.本注に曰く:宦者である.

右(以上)は大長秋に属する.本注に曰く:承秦したもので,・事有れば一人,位は長秋の上に在り,亦た宦者である,主に中諸官にかかわる.成帝が之を省

-3608-

き,其職を以て長秋と併せた.是より後皇后が当に法駕出るべきには,則ち中謁、中宦者が職吏となり權兼ねて・事奉引し,訖わると罷めた.宦者が誅されて後は,尚書が選ばれて兼ねた職吏は一人で奉引すると云う.其の中長信、長楽宮者は,少府を一人置いた,職は長秋の如し,及んで余りの吏は皆宮名を以て号と為した,員数や秩次は中宮の如し.[一]本注に曰く:帝の祖母は称して長信宮,故に長信少府,長楽少府が有る,位は長秋の上に在る,及んで職吏は皆宦者である,秩次は中宮の如し.長楽はまた尉を有し,僕は太僕と為る,皆二千石であり,少府の上に在る.[二]其が崩ずれば則ち省かれる,常置しない.

[一]長楽五官史は,朱瑀の類で是である也.

[二]丁孚漢儀に曰く:「丞は,六百石である.」

太子少傅は,二千石である.本注に曰く:亦た輔導を以て職を為す,悉く太子官属の主とする.[一]

[一]漢官曰く:「員吏十二人.」

太子率更令は一人,千石である.本注に曰く:主に庶子、舍人の更直にかかわり,職は光祿に似ている.

太子庶子は,四百石である.本注に曰く:定員は無く,三署中郎の如しである.

太子舍人は,二百石である.本注に曰く:定員は無く,更直宿するのは,三署郎中の如しである.[一]

[一]漢官曰く:「十三人,良家子孫から選ばれる.」

太子家令は一人,千石である.本注に曰く:主に倉穀飲食にかかわる,職は司農、少府に似ている.

-3609-

太子倉令は一人,六百石である.本注に曰く:主に倉穀にかかわる.

太子食官令は一人,六百石である.本注に曰く:主に飲食にかかわる.

太子僕は一人,千石である.本注に曰く:主に車馬にかかわり,職は太僕の如しである.

太子廄長は一人,四百石である.本注に曰く:主に車馬にかかわる.

太子門大夫,六百石である.[一]本注に曰く:旧注は云うに職は郎将に比肩する.旧では左右戸将が有り,別に左右戸直郎の主となる,建武以来之を省いた.

[一]漢官曰く:「門大夫二人,四府掾属から選ぶ.」

太子中庶子,六百石である.本注に曰く:定員は五人,職は侍中ににている.

太子洗馬,比六百石である.本注に曰く:旧注が云うには定員が十六人,職は謁者ににている.太子が出ると,則ち当直者が前に在って威儀を導く.[一]

[一]漢官曰く:「郎中から選んで補う也.」

太子中盾は一人,四百石である.本注に曰く:主に周徼循にかかわる.

太子率は一人,四百石である.本注に曰く:主に門士にかかわる.

右(以上)は太子少傅に属する.本注に曰く:凡そ初めに即位して,未だ太子がいないなら,官に属するものは皆罷める,唯舍人は省れず,少府に領属する.

-3610-

将作大匠は一人,二千石である.[一]本注に曰く:承秦したときには,曰く将作少府であった,景帝が改めて将作大匠と為した.宗廟、路寝、宮室、陵園木土之功を修め作ることを掌り,樹など桐梓之類を併せて道側に列する.[二]丞は一人,六百石である.

[一]蔡質漢儀に曰く:「位は河南尹に次ぐ,光武中元二年に省かれた,謁者が之を領したが,章帝の建初元年に復置された.」

[二]漢官篇に曰く「樹とは栗、漆、梓、桐である」,胡広曰く:「古えは樹を列して以て道を表した,並んで以て林囿を為すこととなった.四者は皆木の名であり,宮室に治めて並んで之を主とする.」毛詩は伝えて曰く:「椅は,梓の属である也.」陸(機)[璣]は草木を疏して曰く:「梓は実は桐の皮で曰く椅,今(民)[人]が云う梧桐が是である也.梓は,今の人が梓楸と謂う所のものが是である也.」

左校令は一人,六百石である.本注に曰く:左工徒を掌る.丞は一人.[一]

[一]安帝復也.

右校令は一人,六百石である.本注に曰く:右工徒を掌る.丞は一人.[一]

[一]安帝復也.

右(以上)は将作大匠に属する.[一]

[一]前書曰く属官にはまた左、右中候,(右)[石]庫、東園主章、左右前後中校七令丞が有る,成帝が省いた.

城門校尉は一人,比二千石である.本注に曰く:雒陽城門十二所を掌る.[一]

[一]周禮:「司門.」干寶注に曰く:「今の校尉の如し.」

司馬は一人,千石である.本注に曰く:兵に主する.城門毎に門候は一人,[一]六百石である.[二]本注に曰く:雒陽城には十二門ある,其の正南一門は曰く平城門,[三]北宮門,(とともに)衛尉に属する.其の余りは上西門,[四]雍門,[五]広陽門,[六]津門,[七]

-3611-

小苑門,開陽門,[八]秏門,[九]中東門,[一0]上東門,[一一]穀門,[一二]夏門,[一三]で凡そ十二門である.[一四]

[一]周禮では門毎に下士二人をおく.干寶の曰く:「今の門候の如し.」

[二]蔡質漢儀曰く:「門候は校尉に見えると,板を執るが拝しない.」

[三]漢官秩曰く:「平城門は宮門を為す,候を置かず,屯司馬を置く,秩千石である.」李尤の銘に曰く:「平城の司午は,厥位し処中する.」古今注曰く:「建武十四年九月平城門を開いた.」

[四]応劭漢官曰く:「上西所は純白でない者(もの)を以てした,漢家が初めに成ると,故に之を丹[漆]鏤とした.」李尤の銘に曰く:「上西在季,位月惟戌.」

[五]銘曰く:「雍門処中,位月在酉.」

[六]銘曰く:「広陽位孟,厥月在申.」

[七]銘曰く:「津名自定,位季月未.」

[八]応劭漢官曰く:「開陽門が始め成ると未だ名が無かった,宿昔有一柱来在樓上,琅邪開陽県が上言し,県南城門の一柱が飛び去った.光武皇帝使来識視,悵然,遂堅縛之,刻記其年月,因以名焉.」銘曰く:「開陽在孟,位月惟巳.」

[九]銘曰く:「秏門值季,月位在辰.」

[一0]銘曰く:「中東処仲,月位当卯.」

[一一]銘曰く:「上東少陽,厥位在寅.」

[一二]銘曰く:「穀門北中,位当于子.」

[一三]銘曰く:「夏門值孟,位月在亥.」

[一四]蔡質漢儀曰く:「雒陽二十四街,街一亭;十二城門,門一亭.」

-3612-

右(以上)は城門校尉に属する.

北軍中候は一人,六百石である.本注に曰く:五営を掌監する.[一]

[一]漢官曰く:「員吏七人,候が自ら得て辟召する,通大鴻臚は一人,斗食.」

屯騎校尉は一人,比二千石である.本注に曰く:宿衛兵を掌る.[一]司馬は一人,千石である.[二]

[一]漢官曰く:「員吏百二十八人,領士七百人.」

[二]蔡質漢儀曰く:「五営司馬は校尉に見えると,板を執るが拝しない.」

越騎校尉は一人,比二千石である.[一]本注に曰く:宿衛兵を掌る.[二]司馬は一人,千石である.

[一]如淳曰く:「越人が内附して以て騎を為した也.」晉灼曰く:「取其才力超越也.」案紀,光武は青巾(右)[左]校尉を改めて越騎校尉と為した.臣昭曰く:越人は善く騎するものが出自する所ではない,晉灼は允を為している.

[二]蔡質漢儀に亦曰く越騎を掌る.漢官曰く:「員吏百二十七人,領士七百人.」

步兵校尉は一人,比二千石である.[一]本注に曰く:宿衛兵を掌る.[二]司馬は一人,千石である.

[一]初めに置いたときは上林菀門屯兵を掌った,前書に見える.

[二]漢官曰く:「員吏七十三人,領士七百人.」

長水校尉は一人,比二千石である.[一]本注に曰く:宿衛兵を掌る.[二]司馬、胡騎司馬は各一人,千石である.本注に曰く:宿衛を掌り,主に烏桓騎にかかわる.

-3613-

[一]如淳曰く:「長水は,胡名である也.」韋昭曰く:「長水校尉は胡騎を典じる,厩は近くの長水にある,(胡)[故]に以てその名を為しているのである.」長水は蓋し[関]中の小水の名である.

[二]蔡質漢儀曰く:「主に長水、宣曲胡騎にかかわる.」漢官に曰く:「員吏は百五十七人,烏桓胡騎は七百三十六人.」

射声校尉は一人,比二千石である.[一]本注に曰く:宿衛兵を掌る.[二]司馬は一人,千石である.

[一]服虔曰く:「工射である也.冥寞の中で声を聞いて則ち射ると之に中った,故に以て名を為す.」

[二]蔡質漢儀曰く:「待して射声士に詔するのを掌る.」漢官曰く:「員吏百二十九人,領士は七百人.」

右(以上)は北軍中候に属する.本注に曰く:旧は中壘校尉が有り,北軍営壘之事を領する.胡騎、虎賁校尉が有り,皆武帝が置いた.中興して中壘を省いたが,但し中候を置いて,以て五営を監した.胡騎は長水を併せた.虎賁は主に軽車にかかわり,射声と併せた.[一]

[一]案ずるに大駕が鹵簿すれば,五校が前に在る,各々鼓吹一部を有する.

凡そ中二千石である,丞は比千石である.真は二千石である,丞、長史は六百石である.比二千石である,丞は比六百石である.令、相は千石である,丞、尉は四百石である;其六百石である,丞、尉は三百石である.長、相は四百石及び三百石である,丞、尉は皆二百石である.諸侯、公主家丞は,秩が皆比百石である.諸辺鄣塞の尉、諸陵の校尉長は,皆二百石である.常例者有れば不署秩.

司隸校尉は一人,比二千石である.[一]本注に曰く:孝武帝が初めに置いた,[二]持節であり,百官以下,及び京師近郡の法を犯した者を察挙することを掌る.[三]元帝が節を取去り,成帝が省いたが,建武中に復置され,一州を併せ領するようになった.[四]従事史は十二人.本注

-3614-

曰く:都官従事,主に百官で法を犯した者を察挙する.[五]功曹従事は,主に州の選署及び事にかかわる.別駕従事,校尉が行部すれば則ち奉じて引きつれ,事を録する.簿曹従事は,主に財穀簿書にかかわる.其の軍事有れば,則ち兵曹従事を置く,主に兵事にかかわる.其の余りは郡国従事を部する,毎郡国に各一人,主に文書を督促し,非法を察挙する,どれも州が自ら辟招しまた除名する,故に通じて百石を為すと云う.假佐は二十五人.本注に曰く:主簿録閤下事,省文書.門亭長は主に州正にかかわる.門功曹書佐は主に選用にかかわる.孝經師は主に試經の監督にかかわる.月令師は主に時節祠祀にかかわる.律令師は主に法律を平らげることにかかわる.簿曹書佐は主に簿書にかかわる.其の余りの都官書佐及び毎郡国は,各々典郡書佐一人を有する,各々主に一郡の文書にかかわり,郡吏を以て補う,歳が満ちれば一度だけ更められる(任期が延長される).司隸は郡七つを所部する.

[一]蔡質漢儀曰く:「職は京師,外部諸郡を典じるに在り,糾さない所は無い.封侯、外、三公以下,尊卑が無い.入宮,開中道称使者.毎会,後に到って先に去る.」

[二]荀綽晉百官表注に曰く:「司隸校尉は,周の官である也.征和の中に,陽石公主が巫蠱の獄起てられたため,乃ち周に依って司隸を置いた.」臣昭曰く:周には司隸が無い,豈に即ち司寇のこととしないのだろうか乎?

[三]前書曰く:「従中都官の徒千二百人を置いた,巫蠱を捕らえ,大姦猾を督する,後に其兵を罷めた.」

[四]蔡質漢儀曰く:「司隸は台に詣でて廷議する,九卿の上に処し,朝賀では公卿の下で陪卿の上に処す.初除,謁大将軍、三公,通謁するに板を持ち揖礼する.公儀、朝賀では敬わない.台が召して入宮すると対する.尚書に見えると板を持ち,朝賀では揖礼する.」

[五]蔡質漢儀に曰く:「都官は雒陽百官の朝会に主し,三府掾と同じである.」博物記に曰く:「中興以来,都官従事は之を多く河内から出し,貴戚を掊撃した.」

河南尹は一人,京都の主である,特奉朝請.其の京兆尹、左馮翊、右扶風の三人は,漢の初め都が長安であったため,皆秩は中二千石であり,之を三輔と謂った.中興して都が雒陽となって,更に河南郡を以て尹と為したが,三輔は陵廟が所在するため,其号を改めなかった,但し減其