-2366-

之休烈,何遠之有![]

[一]前書で班固曰く:「夫唯大雅,卓爾不者,河間獻王之謂與?」故論引焉.

[二]牧は,養うである也.易に曰く:「卑しくして以って自ら牧す.」

[三]糾は,收である(収めるである)也.

[四]繕は,修である也.左伝に曰く:「甲兵を繕う.」

[五]天運とは猶も天命である也.人文は猶も人事である也.易に曰く「観よ乎<や>人文,以って天下に化成する<王化成す>」.

 

【ここから陶謙伝】

陶謙は字を恭祖といい,丹陽の人である.[一]若いころ諸生となり,州郡に仕え,[二]四遷して車騎将軍張温の司馬となって,辺章を西討した.徐州黄巾が起つ事態となったため,以って陶謙を徐州刺史とした,(陶謙は)黄巾を撃って,これを大いに破り走らせたので,境内は晏然とした.

[一]丹陽郡丹陽県人である.呉書に曰く:「陶謙の父は,故の余姚県長であった.陶謙は幼少より孤児となり,始め不羈を以て県中に聞こえた.年十四,猶も帛を綴り幡を為し,竹馬に乗り戯れたため,邑中の兒童は皆これに随った.もと倉梧太守を勤めた同県出身の甘公は出遭うと(外出中に出遭うと),其の容貌を見て,異としてこれを呼び,與<とも>に語って甚だ悦び,自分の娘をその妻とした.甘夫人は怒って曰く:『陶家の兒<クソガキ>は遨戯して度なし,何でまた娘を許婚にしたのです?』甘公曰く:『彼には奇表がある,長じて必ず大成する.』遂にこれと與にした.」

[二]呉書に曰く:「陶謙は孝廉に察せられ,尚書郎を拝命し,舒の県令に除された.郡太守の張磐は,同郡の先輩であり,陶謙の父の友人となっていたため,陶謙はこれ屈するを為すを恥じた.嘗て[以]舞属謙,陶謙は起とうとしなかった,固く之を強いると乃ち舞ったが,舞うと又転じなかった.張磐曰く:『不当転邪?(転じないのかね?)』曰く:『転じることができません(私はそれをやらないのではなく,私はそれをやってはならないのです),転じれば則ち人に勝ってしまいますので.』」

時に董卓が誅されたと言え,そのあと李傕、郭が関中に乱を作っていた.是時四方は断絶したが,陶謙は毎回使者を間行させて遣わし,西京(長安)に奉貢した.

-2367-

詔があり遷って徐州牧となり,安東将軍を加えられ,溧陽侯に封じられた.[一]是時徐方では百姓殷盛,穀実は甚だ豊かで,流民多くこれに帰す.而るに陶謙の信用は所非ず,刑政は理を欠いていた.別駕従事趙cは,名士として知られていた,そのため忠をもって直見,出て広陵太守となった.[二]曹宏等は讒慝小人であるのに,陶謙は甚だこれを親任し,良善のものの多くが其の害を被った.由に斯<かく>して次第に乱れていった.下邳の(閻)[闕]宣が「天子」を自称した,陶謙は始め合従したが,後に遂にこれを殺してその兵を併せた.

[一]溧陽は今の宣州県である.溧の音は栗.

[二]謝承の書に曰く:「陶謙は趙cを茂才に上奏し,(趙cは)遷って太守となった.」

初め,曹操の父の曹嵩が琅邪に避難していた,時に陶謙の別将は陰平を守り,[一]士卒が曹嵩の財寶を利とし,遂に襲ってこれを殺した.初平四年(193年),曹操は陶謙を撃ち,彭城、傅陽を破った.[二] [a]陶謙は退いて郯を保ち,曹操はこれを攻めたが克つことができず,乃ち還った.過ぎて取慮、雎陵、夏丘を拔き,皆これを屠った.[三]凡そ殺すこと男女数十万人,鶏犬余すこと無く,泗水は為に流れず,是より五つの県城が保たれたが,無復行(再びもとのようになることはなかった).初め三輔が李傕の乱に会ってより,百姓は流れ移って陶謙に依ったのだが皆殲滅された.[四]

[一]県名である,東海国に属する,故城は今の沂州承県西南にある.

[二]県名である,彭城国に属する,もともと春秋時代には偪陽という名であった.楚の宣王が宋を滅ぼしたとき,改めて傅陽と言った,故城は今の沂州承県南にある.

[a]傅陽は曹仁が別働隊を率いて別将を破ったところと記憶している.

[三]取慮の音は秋閭,県名である,下邳郡に属する,故城は今の泗州下邳県西南にある.雎陵は,県である,下邳県東南にある.夏丘は,県である,沛郡に属する,故城は今の泗州虹県が是である.

[四]殲は、盡である.左伝に曰く:「門官殲焉.」

-2368-

興平元年(194年),曹操は再び陶謙を撃ち,琅邪、東海諸県を攻略平定した,陶謙は懼れ免れず,走って丹陽に帰ろうとした.張邈が会って呂布を兗州に迎えたため,曹操は還って呂布を撃った.是歳,陶謙は病死した.

初め,(陶謙と)同郡の人笮融は,[一] 数百を聚め,往って陶謙に依った,陶謙は使って広陵、下邳、彭城の運糧を督させた.遂に(陶謙が?)三郡に断じて輪を委ねると,(笮融は)大いに浮屠寺を起こした.[二]上は金盤を累し,下は重樓を為し,又堂閣の周回は,三千許人を収容できるほどのもので,黄金塗像を作り,衣は錦綵を以てした.浴佛する毎に,輒ち多く飲飯を設け,路に席を布き,其有就食及び観る者は且つ万余人となった.[三]曹操が陶謙を撃つに及んで,徐方は安んじなくなり,笮融は乃ち男女万口、馬三千匹を将率して広陵に走った.広陵太守趙cは賓礼を以て待遇した.笮融は広陵の資貨を利しく思い,遂に酒酣に乗じて趙cを殺すと,兵を放って大略奪を行い,因って以って長江を過ぎ,南奔して豫章にはいり,郡守朱皓を殺害して,其城に入った.[a]後に楊州刺史劉繇に破れるところとなり,走って山中に入ったところで,人に殺された.

[一]笮の音は側格反.

[二]浮屠は,佛である.西羌伝に解見される.

[三]獻帝春秋曰く:「笮融は敷席すること方四五里,巨万を費やした.」

[a]朱皓は朱儁の子である。二人については朱儁伝を参照のこと。

趙cは字を元達といい,琅邪の人である.己を清くして悪を疾し,志を潜ませ学問を好んだ,親友と雖も会うことがあるのは希だった.為人<ひととなり>は耳するに邪は聴かず,目するに妄は視なかった.太僕の种拂が挙げて方正にした.

贊に曰く:襄賁は勵徳,燕北を維城した.[一]仁は能く下を洽<うるお>し,忠は以って国した.伯珪は_,武才は趫猛であった.[二]虞好無終,紹埶難並.徐方は殲耗した,実に陶謙が梗を為したのである.

-2369-

 [一]勵は,勉めるである也.

[二]趫の音は去驕反.