[更新録] [人物評] [解 説] [メール] [冒頭へ] 
---偽黒武堂の三国志探訪---

人物評


お好きな人物評へどうぞ 

後漢

曹魏

東呉

蜀漢

西晋

黄巾賊乱

曹操の血脈

孫氏の英血

劉二牧

司馬懿の派閥

董卓政権の崩壊

諸夏候・曹

孫堅軍閥

劉備の血族

簒奪と禅譲と

呂布軍団

天子奉戴

江東制覇戦

放浪の時代

大陸統一

袁術の無道

華北への道

赤壁の勝利

仁義無き戦い

-

袁紹の覇道

銅雀台の秋

荊州を保持して

逐鹿の夢と蹉跌

-

荊州牧・劉表

帝位禅譲劇

傾国の予兆

諸葛丞相

-

西涼の雄閥

蜀漢併呑

為す術もなく

降伏劇

-

他の軍閥

帰属者達

破れた者達

協力者達

反乱者達

三国志年表はじめました 
はじめに

この項目は陳寿の正史・三国志、裴松之の注を基にし、その中触れられる人物の評価です。
評価は幾つかの基準に従っています。
一つは人物の能力に関することで、これは政事、対外、軍事、その他の三つに分けA〜E(但しランキング1位はS)で評価しました。評価は相対評価ですので、評価する時代によって同じ人物でも評価が多少揺れることがあります。人物によっては努力の結果高い能力を獲得する者もいる(例えば呉の呂蒙)ので極端に能力が違う場合がありますが、それは三国志に詳しい方なら納得頂けると思います。
もう一つは人物の特性に関することで、その人物の思想と趣味(才能)、そしてその人物のその当時の人生目標を推測・評価しました。


評価項目

評価は下記の形式で行い、それに若干の解説を付け加える形になっています。

人物名(字)
その人物に関する略歴、説明。

政事

戦略策定  

政策立案  

 

組織運営  

 

輔弼力   

政策実行  

 

事務処理  

対外

戦略策定  

対外政策  

謀略画策  

 

 

影響力   

 

謀略実行  

対外交渉  

軍事

戦略策定  

作戦立案  

計略建策  

戦術指揮  

 

実現力   

作戦采配  

計略実行  

個人武勇  

魅 力   

野 心   

名 声   

人材推挙  

主義思想

メイン思想とサブ思想(およびその比率)     

スペシャル

通常二つまで。人によっては三つ保有する。     

目標

 

上記表の評価をした理由とか解説とかあれこれ。

[Top] 


各項目の説明

表の評価項目について説明します。

政事
戦略策定と輔弼性:
  ここで国家戦略を定める能力とある戦略をどの程度実現できるかを評価しました。
政策立案・実行:
  ここで国家を運営する政策の立案能力、与えられた(あるは立案した)政策をどの
  程度実行出来るかを評価しました。
組織運営・事務処理:
  これは文官としてどれだけ優秀かの目安です。組織運営は中間管理職としての、事
  務処理能力は下っ端文官としての、能力です。
対外
戦略策定・影響力:
  ここで国家戦略を実現するために対外勢力に対してどうスタンスをとるかと言う対 
  外戦略の策定能力とそれを実際に影響力のあるものとして具現出来たかどうかを評 
  価しました。
謀略画策・謀略実行:
  諜報に関する計画(暗殺・調略・諜報・内部分裂誘発など)の立案能力、その計画
  をどれだけ実行出来るかを評価したものです。
対外政策・対外交渉:
  外交政策の立案能力と与えられた外交課題をどれだけ実現できるかを評価したもの
  です。この二つの項目がずれているのは立案能力と交渉能力は殆ど関係しないこと
  を意味します。
軍事
戦略策定・実現力:
  国家戦略を実現するような軍事戦略を定める能力とその戦略が現実性のあるものか
  どうかを評価したものです。
作戦立案・采配:
  策定された軍事戦略に沿って戦略を実現するための作戦立案能力と与えられた作戦
  をどれだけ融通を効かせながら実行できるかを評価したものです。
計略建策・実行:
  現実性の低い作戦を成功させるために建てる計略能力とそれをどれだけ上手く成功
  させるかを評価したものです。
戦術指揮・個人武勇:
  実際の戦闘で、どれだけ際立った部隊指揮が出来るかと、個人的な戦闘能力の高さ
  を評価したものです。
魅 力 :
  人を惹き付ける才能です。
  この値が高い程、逆境でも組織がまとまり、内部崩壊を起こしません。
野 心 :
  目標を達成しようとする意気込み、意志力、欲望などです。
  この値が高い程、君主は積極的に行動し(必ずしもこれは軍事行動を起こすことで
  はありません)、部下はより仕事に取り組む傾向にあります。(但し、隠遁などが
  目標の場合、逆に建策しなくなります)。
  また、逆境時など、場合によっては魅力を補うこともあります。
名 声 :
  世間・人脈・派閥内外でのものです。
  この値が高い人物にはそれなりの地位が必要です。そうでない場合、彼を配下にし
  ている君主の名声が低下し、魅力にマイナス修正がつきます。また、配下に忠誠度
  を低下させる者が出てくる場合が結構あります。
人材推挙:
  人材推挙能力を示します。しばしばこれは本人の人物鑑識能力、人脈、名声を反映
  したものになっています(例:荀いく)。
主義思想 :
特性の一つです。正史内の記述から、その人物の考え方の傾向を表現しています。
法家・儒家・兵家・縦横家・道家・名家の六つの思想の内(一部特殊思想あり)、どの傾向を持つかを評価しました。(このサイトでの各思想の位置づけは→こちら
ただ、人間なんて一面的なものではないので、一応メインとサブの二つの考え方を持つとし、その思考傾向の比率で個性を出してみました。
スペシャル:
特性の一つです。まぁ、特殊能力と考えて下さい。その人の記述、業績から通常二つまでの能力を持ちます。中には三つの人物もいますが、それは優れた人物の優秀さ(あるいは特殊さ)を出すためで、例外と考えて下さい。(スペシャルの一覧はココです。(構築中))
目 標  :
特性の一つです。その時のその人物の人生目標です。まぁ、大体は栄達とか名声の獲得だとか平穏に生きるとかですが、中には帝位登極だとか、政権奪取、恐怖政治とかが目標になっている人物もいます。

[Top] 


[更新録] [人物評] [解 説] [メール] [冒頭へ] [上段へ]