4.新ツノ銀中飛車


ツノ銀中飛車は現代に蘇るか??

玉が薄いから勝ち難いと最近は,すっかり見かけなくなったツノ銀中飛車。何を隠そう私はこの戦法が好きなのだ。将棋を覚えてすぐのなかなか勝てない時期に苦楽を共にしたのがこの戦法なのだ。玉が堅い方が勝ちやすいという現代将棋に逆行するようだが,玉の堅さを犠牲にして主導権を握る藤井システムの考え方を取り入れ,ある限定された局面では,かなりやれそうだという手応えをつかんだので公開する。構想の基礎自体は,ホームページ開設時からあったのだが居飛穴対策に手を焼いたため,ここまで掛かってしまった。ここでいうある限定された局面とは,(1)中飛車が先手番 または(2)玉側の端歩を突き合っている(第1図)である。玉側の端歩の突き合いがある場合は居飛穴に対してもおもしろく戦える手順を発見したのだ。


第1図
後手:中飛車
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛 ・v銀v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:居飛車
先手の持駒:なし
手数=10  ▽5二飛  まで

  1. 中飛車辞典99.12.12 New!!
  2. 定跡編(対急戦)99.07.05
  3. 定跡編(対持久戦)99.07.14
  4. 消極的居飛穴対策99.08.22
  5. 消極的居飛穴対策(失敗例)99.09.27
  6. 銀冠穴熊対策99.11.13
  7. 中飛車▲3六歩戦法99.09.12

ホームへもどる


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ