西田スペシャル変遷編


だにいの悩みの記録

2年程前から四間飛車定跡の進歩によって左美濃,居飛穴の勝率が落ち始めた。当時居飛穴を対振り飛車で使っていた私は対四間飛車の新たな手段を模索し始めた。

私の分析では,四間飛車側から早いタイミングでの端攻め,玉頭攻めで居飛車側が形勢を損ねているという結論になった。そこで端攻め,玉頭攻めを緩和するために玉を8九に囲うことを考えた(イ図)。これが西田スペシャルの原形である。

                        
イ図                    
                        
  9 8 7 6 5
+----------------+ 
| 歩 歩 歩 歩 歩 |六 
| ・ 銀 桂 金 ・ |七 
| ・ ・ 金 ・ ・ |八 
| 香 玉 銀 ・ ・ |九 
+----------------+      

当初は囲いだけ考えていたので角の移動について意識が回らず,1号局(ロ図)では居飛穴模様から▲7七角−6八角−5七角とわざわざ3手掛けていた。指していてヤボったくは感じていたのだが・・・。


ロ図
後手:
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩v銀v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:
先手の持駒:なし
手数=24  ▽7二銀  まで

ロ図から手が進んでハ図。後手が△6五歩と仕掛けてきたのでイ図の形は実現しなかった。何局か指してみて8七銀型より8八銀型の方が堅いと思ったのでハ図の先手の陣形(8六歩は突かないことが多かった)が西田スペシャルの基本形となった。ハ図を私は西田スペシャル旧型と呼んでいる。


ハ図                            ニ図
後手:                          後手:
後手の持駒:なし                後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1      9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+   +---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一 |v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v金v金 ・v飛 ・ ・ ・|二 | ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
| ・v銀v桂 ・v歩 ・v角v歩v歩|三 | ・v歩v桂v金 ・ ・v角v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・v歩 ・ ・|四 |v歩 ・v歩v歩 ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五 | ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六 | 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ ・ 桂 金 角 歩 歩 ・ 歩|七 | ・ 歩 桂 金 角 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八 | ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 玉 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九 | 香 玉 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+   +---------------------------+
先手:                          先手:
先手の持駒:なし                先手の持駒:なし
手数=43  ▲7九銀右  まで      手数=42  ▽5五歩  まで

西田スペシャル旧型は早めに▲5七角型を作るため△4五歩から△5四歩−△5五歩とか△5四歩−△4四銀−△5五歩を狙われる。特に後者の場合ニ図から▲5五同歩△6五歩▲同歩△5五銀となると次の△6六歩が厳しいため,▲6七金型がマイナスになっている。 また終盤では金から先に剥がされる展開になりやすく,詰めろがかかりやすくなってしまうことが多かった。ニ図を前に悩める日々が続いた。

今年(1998年)の春,金を低く構える新型(ホ図先手側)を考えついた。この時期に▲8六歩の重要性も気づき,それからは早いタイミングで▲8六歩は突くようにしている(△8五桂が厳しいのでその防ぎ)。ここでもまだ▲5七角型を早く作っていたので相変わらず△5五歩からの攻めには苦しんだ。 へ図から▲5五同歩△同角▲3七桂で▲6六角のぶっつけを狙いとするのだが何局かやってみて少し苦しいと思った(実戦編に棋譜掲載予定)。 ところが今年の夏の終わりにとうとう△5五歩からの仕掛けへの対策を思いついた。わかってみれば何でもない,▲5七角型を作らずに▲6六角のまま待機すればよいのだ。定跡編でも解説したが△4五歩を突かせなければ△5五歩からの攻めもない。

創案から2年の月日を経て西田スペシャルは使えるメドが立った(と思う(^^;) きっとこれからも悩み続けるんだろうな。


ホ図                            ヘ図
後手:四間飛車                  後手:
後手の持駒:なし                後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1      9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+   +---------------------------+
|v玉v桂v金 ・ ・ ・ ・v桂v香|一 |v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
|v香v銀v金 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二 | ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩 ・v角v歩v歩|三 | ・v歩 ・v金 ・v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・ ・|四 |v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五 | ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六 | 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ ・ 桂 歩 角 歩 歩 ・ 歩|七 | ・ ・ 桂 歩 角 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八 | ・ 銀 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九 | 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+   +---------------------------+
先手:西田スペシャル            先手:
先手の持駒:なし                先手の持駒:なし
手数=39  ▲7九金寄  まで      手数=38  ▽5五歩  まで
西田スペシャルトップへもどる


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ