ブラッド対策

固有技についてはこちら
トップに戻る

目次

‘端谿榮阿辰堂燭覆痢
◆**総合***
ブラッドの狙い


*注意:移行技は6P、KP、4KP、6Kなどをメインに説明しており、その他の技については特に書いていません。

移行後の硬化差は主にスリッピングのときのもので、ダッキングの場合はブラッドが1F遅れます。つまり全部のFに−1。

特殊移動に移行できる技を単に移行技、ガードをG、ノーマルヒットをH、カウンターをCと省略しました。
スリッピングライトはR、スリッピングレフトはL、ダッキングはDと省略し、スリッピングライト中PはRPと省略しました。




‘端谿榮阿辰堂燭覆痢


・たとえば4PKなど、技後に特殊移動へ移行するとその後の硬化差はどうなるのか。

「シュッ!」とか言いながら特殊移動(RやLやD)に移行すれば、ガードされれば当然不利になる4PKなどの技々が五分近くになるのだ。
ガードされても五分。ガードされても移行すりゃ五分…「ってすげぇじゃん!!」

ちなみに移行技がヒットなんてして移行されたら、ブラッドは3F〜7Fも有利に…。
その後にまた発生の早い特殊移動に移行できる技を出されたりしたら…。ハメ技か!?

・移行後に出せる技

すげぇけど、さすがに発生12Fの攻撃はない。
最速はRP(スリッピングライト中P)の13F
上段だし13Fだから下Pには負けるけど、肘には勝つ場合がある。
だからガードしたからって肘を簡単に出しちゃあいけない

移行後の決定的な弱点は、ほとんどの技が回転してないこと。全回転もあるけど、避けを読んで当ててもダメージは低い。
腹に避けれる半回転はノーマルヒットで+8。これは要注意だけどね。

結局は、特殊移動に移行できる技を、ガードしたら下P、ヒットしたら(腹)避け。これだけで、普通のブラッド使いには困らないはず。

ブラッドの移行技関係に何があるのか全く分かってない人で、より詳しくを知りたい人はこちらを先にどうぞ。



◆**総合***


*まず何から体に覚えさせるべきか。具体例を載せたので、参考にしてください。

機孱苅丕砲硲僑砲鬟ードしたら下P」


まずは移行技を意識して対戦しよう。特に4PKや6Kは頻度が多そうだ。まずは移行技をガードしたら下P。
スキの少ない技が多いので、膝で割り込みにくいことは覚えておこう。


供孱苅丕砲硲僑縫劵奪噺紊枠鬚院


ガード後は下Pでいいが、ヒット後はしっかり避けよう。ガードしてもいいが、とにかく防御的な行動をとれるようにしよう。
あと、6PやKPも移行技なので、これらにも同じ対処をしよう。

掘屮劵奪噺紊料寛鹽勝半回転に注意」


RKは半回転なので、常に腹側に避けよう。
しかし、移行技ヒット後に全回転という選択肢を持つ人には、避け1択だとまずい。立ちガードも必要になる。


検崛患擦旅轍什垢魑憶」


移行後の技の性質・硬化差を覚えよう。
全回転をガードしにいって他の技をガードしてしまったなんて場合もあるだろうし。
そして、移行しない技の硬化差についても覚えよう。普通の技は結構単純。



ブラッドの狙い

・たいていは4PKや6Kなどからの特殊移動をメインとするだろうが、一応狙っているコンボは知っておこう。

 単純に考えると下Pヒットからは2_3Pと投げ、下Pカウンターからは6K(66K)と投げ。
やっかいなのは6K後で、技術次第で低リスク高リターンの膝へと変わる。

ガードされればRPで肘を潰しにいくか、そのままガード(避け)かをすればいい。
ノーマルやカウンターならとりあえずDPを入力。
ノーマルならそのままDPから攻撃を続けれるしカウンターならDPP始動コンボへ

6Kカウンターヒット後のDPP始動コンボはダメージ約75
ちなみに軽量級には6K→DK→6P+K→46K+Gでダメージ約80。
こんなに減る割に、ガードしても下Pくらいしか打てない6Kっていったい…

6K後の行動はしっかり読もう。ヒット確認不能野郎なのかとにかくDPなのか…。
こっちもたくさん体力奪わないと損をするので、下P1択はやめましょう。
6Kをガードしたのに相手がDPを打った場合、発生15Fまでの技と発生16Fで威力が17以上の技で勝てる。
6Kガード後のRPを読んだら、しゃがんでよけてスタナーとか投げだね。