自作物 (画像はクリックすると大きいのが見れます)

   このページは自作マンの異名をとるワシが作ったいろんな自作物を載せて行きます。

   うちは貧乏って訳じゃないんだけど、おかんが厳しい人で小さい時から今の子供らとは違って

   簡単に買い与えたりはしてくれなかった、そのせいか自作で代用したりとか

   市販で無い物で欲しい物を作ってしまおうと言う事が自然と身についてしまった、

   まぁ・・・貧乏性と言うものなのかもね(^^;

   でもねぇ、自分で作ったものが思惑通りに出来あがると達成感って言うのかな?凄く嬉しいものですね。

   まぁくだらない物から、連れとかに好評を得るものまでさまざまですが、そんな物を披露していきます、

   見てから「アレはここをこうした方がもっと良いよ」とかあったらぜひ掲示板やメールで教えてください。

   逆に「アレのここはどうなってるの?」とかの質問も受け付けますよ。(無いだろうけどさ)


 

      

掃除機アダプター

   いちいち掃除機引っ張り出すのがめんどくさいちょっとした掃除の為に近所で特価品だった

   充電式ハンディ掃除機(¥800)を買ってきたのだけど、付属のノズルだけだと

   どうも具合が悪いので、普通の掃除機のノズル類が使えるようにしようと思って作りました。

   素材は見てのとおりに紙、それもレトルト類の箱とトイレットペーパーの芯でゴミの再利用ってとこですな。

   成功したらプラ板で作ろうと思っての試作品だったのですがこのままでそれほど不都合無いので

   しばらくこのままで使っていきます、なおこいつは改良型の2号です。

 

      

      

フィルムアダプター (上段は紙製試作、下段は光源ユニットを使用した物です)

   こいつは普通の銀塩機で撮ったフィルムを取り込めないかと思って以前から考えていたのですが、

   まぁ良いか、と諦めていたのですが、最近の機種についてるフィルムアダプターを見て、

   再度挑戦しようと思って即興で作ったものです、コレでも使えますがまだ未完成で

   あとこれに光源ユニットを付ける予定です。

   またもや素材は紙、こいつもレトルトの再利用(^^;

   まぁ構造は単純な物で単にフィルムをピンと張らせておくようなパーツとそれを固定するボックスです、

   スリーブって言うのかな?フィルムを張るパーツはちょっと具合が悪いのでプラ板等で作りなおします。

   あとはワシのCP700では最大ズーム&接写でも35ミリフィルムを撮るには足りないので

   接写用のレンズも作りました、100円ショップで買った双眼鏡をぶった切って、

   固定用の輪ゴムを引っ掛ける爪を付けただけです。

   まぁ、安っぽいプラレンズだし見る人によっては画質的には汚い画像かもしれませんが、

   自分的にはコレで十分です、問題はネガから普通のカラーへの色変換だ・・・

   誰か良いソフトあったら教えてください。

   (追加)

   ちょっと前に光源ユニットが入手出来ました、ジャンク品だけど富士のそれ用のユニットです、

   スリーブを自作してあとはカメラとの固定方法を考えればバッチリです。

   完成したら画像を更新します。

   と言う事でスリーブを自作したので更新です、スリーブは今回は時間の関係で1穴で、

   厚み調整もしていない、とりあえず実用できると言うレベルですがね、

   完成型は3穴になる予定です、材料はタミヤ1.2ミリプラ板です。

   それにしても光源ユニットがこれになったおかげで自作度は一気に落ちたね、

   結局スリーブと接写用レンズだけだもんなぁ・・・

   なお問題だったカラー変換はフリーのHpとデジカメ付属のHotShotsの併用で

   まぁ不満の無い状態に変換できる様になった。

 

      

液晶ファインダーもどき化ユニット

   ワシのデジカメはエプソンCP700なんだけど、こいつは良くあるタイプのレンジファインダーなので

   いわゆるパララックス(レンズとファインダーのズレによる撮影のズレ)が起こるので

   普通のカメラで1眼に慣れてる自分にはどうも不満でしょうがなかった。

   だったら液晶で撮れば?、と思うけどモニター撮影だと手だけで支える事になるので

   どうも安定性の点で不安だし、なれない体勢で自分自身でも撮りにくい・・・

   それで1眼式のカメラも欲しいけどそんなに簡単に新しいのも買えないし・・・

   で富士のオプションの液晶ファインダーが良いなと思ってその内買おうと思っていたんだけど、

   どうせ液晶モニターで見えるのと一緒だしそれなら液晶モニターをうまく利用出来ないものか?

   と思って作ったのがコレです。

   コレをモニターの所に当てて撮るとパララックスの心配も無いし、3点支持できるので安定するし、

   と言う訳で各段に撮影しやすくなりました、見た目は悪いけどね・・・

   実用性の前ではそんなん全然おっけいさ(^^)

   まぁ、まだ試作2号と言う事でその内もっと見栄えも良くします。

   液晶じゃピント合わせとかちゃんと出来ないじゃんと言う見方もあるけど、どうせこのカメラは

   AFオンリーだし、多少4隅とか見えにくいけど、要はフレーミングさえちゃんと出来れば良いのでね、

   そういう点はコレで十分問題無いです。

   あと利点はカメラを買い換えてもちょっとした改造で他の機種にも流用できる事ですね。

   材料は発泡スチロールと近所のハードオフで買ったジャンクのビデオ用(と思われる)ワイドレンズ、

   費用は総額で\1000いってない、十分割には合う。

   装着状態はワシは1台しか持って無いので鏡を2枚利用した撮影なので手ブレしちゃってます、

   こんな風にカメラの後ろに箱がついた状態になる訳ですね、固定(?)は輪ゴムでしています、

   チープですがコレでも十分です、完成版の際には3脚用ねじ穴を利用して止めたいと思います。

   似たような事はやっぱ他の人も考える様で、今月号(10月号)のCAPA(デジCAPAか?)に

   同じような作例が載っていましたね、向こうは単に液晶を見やすくする為にシェードの役目と言う事でしたが。

   (追加)

   どこぞのメーカーから同様のユニットが発売されましたねぇ・・・当然ながら市販品は出来が良いねぇ。

 

 

TOP