犯罪者の印象に残ったセリフ集


「体や首を持って逃げるわけにはいかないので。一番思い出の多いところを切り取って
いったのです」
阿部定

「私はあの人が好きでたまらず自分で独占したいと思い、
殺してしまえば外の女が指一本触れなくなりますから殺してしまった。
今度私がやった程度の事を思う女は、世間にあるに違いないのです。
ただ、しないだけだと思います」
阿部定



「弱いものなら誰でも良かった」

「人の痛みのみが、ボクの痛みを和らげる事ができるのである。」

「ボクには一人の人間を二度殺す能力が備わっている」

「僕は殺しが愉快でたまらない 」

面会に来た母親に対して、「帰れ!ブタヤロー」

酒鬼薔薇聖斗(通称)須磨区児童殺傷事件


「ネズミ人間がヌ〜ッとあらわれて・・・」
「死刑になることはないんだよ。だって私はやさしい」
宮崎勤 連続幼女誘拐殺人事件


「お前たちの行くところは天神じゃない。地獄だ!」
「自分の中に別の自分がいる。そいつが人を殺せと言っている」
ネオ麦茶(通称)西鉄バスジャック事件


「戦争のときに、わしよりむごいことをした連中を知ってますが、
平和のときに、わしほどひどいことをしたものはないと思います」
小平義雄 伝説の強姦魔


「おれは精神異常やない。道徳と善悪をわきまえんだけや」
「お前たちに”ソドムの市”を見せてやる」
梅川昭美 三菱銀行立てこもり強盗殺人事件


「僕は、真人間になりたかったんです」
勝田清孝 連続強盗殺人犯


「人間の死は、生まれた時から決まっていると思っている奴もいるが、違う。
 それはこの関根元が決めるんだ。俺が今日死ぬと言えば、そいつは死ぬ。
 明日だといえば、明日死ぬ。間違いなく そうなる。
 何しろ、俺は神の伝令を受けて動いているんだ」
関根元 埼玉愛犬家殺人事件 

「お前もやってみろよ。冷んやりして気持ちいいぞ。」
「気に入らない奴は全部透明にしちまえばいいんだ」
関根元 埼玉愛犬家殺人事件


「バカに4人も殺せるか。この辺で人生を終わらせたかったのだ」
川俣軍司 深川通り魔殺人事件


「詐欺というのはしんどいね。やっぱり殺すのが一番面倒がなくていいよ」
西口彰 強盗殺人犯


「愚者は喋り、賢者は聞くという。言わぬが花だ」
古谷惣吉 大量殺人鬼


「須藤君の分まで長生きしたいです」
荻原克彦 栃木リンチ殺人事件 


「彼は善悪の区別のない怪物である」
戸田実兄一家皆殺し事件 


「『悪い』と思って行なわれる『犯罪』は存在しないのです」
永山則夫 連続ピストル射殺事件


「俺たちは爆弾をつくるときには丹精こめ、そして、できた爆弾を愛した。
それが一瞬にして粉微塵になるものであっても」
大道寺将司 三菱重工爆破事件


「人は死ぬ、絶対死ぬ、必ず死ぬ。この世の命は幻に過ぎない」
麻原彰晃


「殺したかったわけではない。食べたかっただけだ」」
「いま実現しなければ、あとで後悔するという、その後悔がおそろしかった」
佐川一政  オランダ人の女子大生を銃で射殺、死体を切断し食べたことで有名な作家


「これまで全部うまくいっていたのに。これで終わりだ」
佐藤宣行 新潟少女監禁事件


「私によって責任を取るということは死刑の判決に服することではない」
永田洋子 連合赤軍事件


「殺人は息をするのと同じことだった」
ヘンリー・リー・ルーカス
(アメリカの大量殺人鬼。生涯に殺した人の人数は100人とも600人とも言われている)


「バラバラになった彼らこそが、本当の仲間のように感じられた」
ジェフリー・ダーマー
(全米を震撼させた連続殺人鬼。別名は"ミルウォーキーの食人鬼"。)


「走るんだ。いまから、捕まるまでずっと走るんだ」
ボニー&クライド
(1930年代前半にアメリカ中西部で、銀行強盗や殺人を繰り返した有名な犯罪者カップル。)


「どうやって相手を苦しめるか、次から次へとアイデアが湧いてきて、実行するのが追いつかないほどだった」
アンドレ・チカチーロ  ソ連時代に52人を殺害し、94年に銃殺刑に処された実在のロシアの殺人鬼


「無性に人を殺したくなって自分より弱そうな老人を狙った」
藤井智洋 東京都板橋、北両区における連続老人殺害事件 


「殺人には理由が必要なのか?」
 アーサー・ショークロス  連続殺人犯。売春婦が中心だが男性も含まれ11人を殺害。


「あと40年生きるのか?10年か?長すぎる。
 それよりは俺が俺であるだけで愛してくれるヤツと1週間過ごしたほうがましだ」
 チャールズ・スタークウェザー  連続殺人犯
(映画「理由なき反抗」のジェームズ・ディーンを崇拝・模倣していた)


「俺には死刑こそが最もふさわしい。俺や俺みたいなヤツから社会を守るには、それが当たり前の事だ」
 テッド・バンディ
(映画「レッドドラゴン」等多くの作品のモデルとなったアメリカで有名な殺人鬼のひとり)


「これ以上私を生かし、税金を使って裁判を長引かせるのは無意味」
 アイリーン・ウォノス 連続殺人鬼
(映画「テルマ&ルイーズ」のモデル)


「うまかったよ」 
 アルバート・フィッシュ
(殺害した死体をシチューにして食べた事について) 


「殺害は恨みを晴らして勝利した快感だった。ガッツポーズでもしたくなるような感じですね」
 朝倉幸治郎(練馬一家5人殺害事件) 


「危ない、危ない」
福田和子(強盗殺人事件)


「人を殺す経験がしたかった」
豊川体験殺人の犯人の少年。


「後悔はしていないが償いはする」
山口ニ矢  浅沼社会党委員長刺殺事件


「幼稚園ならもっと殺せた」
宅間守  大阪池田小乱入事件


「この顔が、面白いんですよね」
女子高生コンクリート詰め殺人で、苦痛に歪む被害者の顔を見た時の少年の言葉


「人間なんて、簡単に殺せるもんやな」
上田宜範(39) 大阪愛犬家連続失踪事件 


『くりか江す 刑札にはなすな。気んじょの人にもはなすな。子供死出死まう。』
狭山事件真犯人 脅迫状 


「テレビと違って、すげー力がいるんだぜ。3分はくたばらねーよ...」(絞殺について)
リチャード・スペック  看護婦大量殺害事件


「アイツらは何の意味もないガラクタだ」
ジョン・ウェイン・ゲーシー  少年連続殺人魔”死のピエロ”


「あ、そうそう.....。死体をドラム缶に入れて硫酸を注ぐ前に、喫茶店で紅茶を飲んだね」
ジョン・ヘイグ   連続殺人犯。死体を硫酸で溶かしていた。


「殺人鬼を育ててるんだ。お楽しみに」
デヴィッド・バーコウィッツ  連続快楽通り魔殺人鬼 


「大きくなったら看護婦になりたいわ。人に注射針が刺せるから」
メアリ・ベル  少女の連続殺人犯。10歳で最初の殺人を起こす。


「誰も悲惨な目になんて遭っちゃいない。 お楽しみが悲劇に変わっただけなのさ。」 
フレデリック・ウェスト  妻と共に自宅に下宿人を連続して監禁、拷問の末殺害。


「これだけ人を殺したのに、 自分の頭を吹っ飛ばす勇気はないんだから」
マイケル・ライアン  英の銃乱射大量殺人犯 30人殺害


「長い間、10人の女を殺すまでは自分の仕事は終わらないと考えていた」
ジョン・クリスティ  連続レイプ殺人犯


「『売春婦を殺せ』という神の声を聞いた」
ピーター・サトクリフ  ヨークシャー切り裂き魔 


「金を出せ、出さねば火を付ける」
武富士放火犯 小林光弘容疑者 


「うつべきをうたず、うたいでもよいものをうった」
津山三十人殺し 都井睦雄 


「殺しは大好きだ。人が死ぬのを見ているのがいい」
「ディズニーランドで会おうぜ!」
リチャード・ラミレス  「ナイト・ストーカー」と呼ばれた連続殺人犯

* ディズニーランドには「規則が甘く囚人にとって楽な刑務所の意味がある」


「俺には、電波が、引っ付いてるんだ!」
川俣軍事  「東京深川通り魔殺人事件1981年6月17日正午」 


「警察に捕まったら俺に言え。警察や検事を騙すテクニックを知っている」 
神作譲  コンクリート詰め殺人犯


「私のような方法で愛した子供達に、どうして私が苦痛を与えたいと思えるだろうか。」
ウェスレー・ドッド(アメリカの小児性愛者。3名の男児を殺害した) 


「自分を見て嘲笑う女性たちが憎かった」
広域事件女性連続殺人犯・混血少年A 


取調官の「自分の親が同じような目に遭ったらどうする?」という問いかけに対して。 
「そんなものは運命だ」
金沢老夫婦殺害犯の少年


「赤報隊の生き残りや。おまえら殺してやるからな。まずはアレフや」
建国義勇軍=刀剣友の会


「歯のホーロー質を傷めないように、
一気に飲んでください。」
名張毒ブドウ酒事件 


「死刑だけはかんにんしてね」
ホテル日本閣殺人事件 小林カウ 


「毒入り危険 食べたら死ぬで」
かい人21面相(グリコ・森永事件)


「あんなおっさん、早よ死んだらええんや」
「昨日、おやじとケンカして殴られたんや。ほんま腹立つ。あんなおやじいらん。早よ死んだらええのに」
「アタシは、カスをつかんで結婚してしもた。仕事も続けんと、競輪でスッてばっかりしくさって、早よ死にさらせ」
林真須美 


「おれは悪い人間なんだ。人間の血は捨てたんだ。だから人間ではない」
「俺は権力に反抗しているんだ。だから自白はしない。
あんたらに恨みはないが、俺がそう決めてるんだから諦めてくれ」
大久保 清(連続女性誘拐殺人事件)

「ボクちゃんは何をやっても上手だけど、
 人が良いのがタマに傷だね〜」
大久保 清の母 


「頭が切り離されたあと、一瞬でも首からほとばしる血の音が聞こえるでしょうか?
それが全ての快楽を締め括る、最後の悦楽になるでしょうから。」
"デュッセドルフの吸血鬼"ペ−ター・キュルテン


「ミニにタコができる」
田代まさし