★ニセ超人、アストロ関係者、ヒロイン

人物 説明

初代 上野球二
初代 上野球二
(改名前:球太)

右投右打

アストロ球団創設時代の捕手。 貧乏寺の坊主の息子で、大金欲しさのためにアストロ球団に入団。
ホームラン性の打球を、バットで本塁に打ち返す能力(球九郎と同じ能力)が、シュウロの目に止まり、 超人である証のアザ(ニセモノ)を見せ、入団する。
アザは、右手のひらにイレズミをしていた。
だが、対ブラック戦、無七志の殺人L字ボールに手を出し、頭部に直撃。 バックネットに突き刺さる。
その後、ニセ超人であることを告白し、球一の渾身の投球を捕球後、 雷に打たれて死亡。
ニセ超人ではあるが、実力は、二代目球二より遥かに上。

必殺技
三回転打法(打)


J・シュウロ
J・シュウロ

アストロ球団の総監督。フィリピン人。
第二次世界大戦中、沢村栄治と出会い、野球を教わる。
沢村のレイテ玉砕前夜の意思で、アストロ超人を集め、アストロ球団を設立する。
フィリピンの真珠王で、資産運用は凄まじく、球団旅客機には、燃費の悪い 「コンコルド」を使用し、真珠入り入場券をジェット機でバラまく。
更に都心には、15万人収容できる、開閉式のアストロ球場を建設。
しかし、除幕式に球界の影の功労者(球四郎の祖父)に野球思想を批判され、 球一に指揮権を与え旅に出る。
アストロ超人からは、「シュウロの大将」と呼ばれている。

発案
三段ドロップ→宇野球一、ビリヤード打法→伊集院球三郎


女医さん
女医さん

アストロホスピタル専属のドクター兼救急車のドライバー。 アストロ球団では、数少ない女性キャラで、ヒロインと見間違う。
対ビクトリー戦では、負傷者の手術に忙しく、負傷者の多さにうんざりする。
球七に対する治療は荒く、球七に「アンネ」呼ばわりされる。
服装は、体にフィットしたミニスカートで、妙に色っぽい。


盲目の美少女
盲目の美少女

アストロ球団には、ヒロインは確立されていないが、 強いて挙げるとこの女の子。
目の手術の前に、アストロ×ロッテ戦を観戦。
球三郎に群がる女性ファンの中に割り込りこんで、 倒れそうになったとき、球三郎に支えられ、造花のバラを渡す。
その時に渡したバラが、「モンスター・ジョー」を廃人にするきっかけになるとは、 知る由もなかった。
手術後、アストロ×ビクトリー戦で、球三郎と再会。
球三郎に、包帯を取る勇気をお願いするが、球三郎に「甘えてはいけない」と、一喝される。



アストロトップに戻る