傀儡龍(くぐつりゅう)さんのサイト。
ブルース・リーを始めとする肉体が圧倒的な説得力を持って迫る、造形求道者。しかし単なる体育会系造形人と思っていると足元をすくわれる。CG劇場「どん底の詩」を見るべし。もはやキャラクターは一人歩きを始めている。
ichiさんのロボダッチ系とっても綺麗な新サイト

ロボダッチってばガンダムとかの極北にあって
ムーミンなんかの世界観に近い気がするんだけどな。
安蔵 さんのサイト
スケール系とは無縁の駄物系SFプラモの数々。
一つでも多く完成させることをモットーとしている。
あなたの心の琴線に触れるモデルがあるはず。
死國のイブシさんのサイト
SFプラモの動力走行化の数々。すげー
以前からオークションに作品を出品していてオモロイ人やなぁと思っとりました。
おもしろーい。
リック オーシェさんのサイト
サンダーバード・ファンでおもちゃ好きのリックオーシェさんは基地マニア(?)。子供の頃のユメを形にする。やばだば堂もTBもろかぶりの世代なので共感、とゆーか身につまされること多し。
YASUさんのサイト
小沢さとるさんのファンサイトです。作品について語り合うだけでなく、小沢先生の「現在」がここにある。
”ラブドール”ってご存知だろうか。この世界もガレキと同じく進化し続けているのでアル。とってもリアルな等身大シリコンドール(一応18禁ね)。実はやばだば堂の友人のサイト。
小勝負さんのサイト
昔は模型工作と電子工作てのは兄弟みたいなもんだった。やばだば堂は”電気”のことはそこそこ解るが”電子”のことはからっきしなのである。いにしえのシングル、リード式のRCメカが見れて貴重。小松崎さんの「機械化」もあるよ。
謎の円盤UFOの画像やムービーファイルが見れるので有名なサイト。レプリカモデルも数多く紹介されている。6月にはDVD・BOXも出るのでここで学習してモチベーションを高めておきたい。
Subs on Display (オランダ)
海外の模型潜水艦サイトではSubcomiteeが有名だけど自分はここをキーにしている。実艦と模型の二本立てで、リンクが充実している。バラストシステムの図解もあるよ。
Flyng Aces Rubber Scale Model Plans これも同様なF/F機のサイトだが、比較的最近の図面。ピーナツ・スケールやピスタチオが多い。PDFファイルなのでアクロバットリーダーが必要。
The Plan Page 主に1930年代から40年代の模型飛行機の図面がDLできる。仏様のようなサイト。ゴム動力F/F機やスケール機が多い。戦前のモデルエアプレーンニュース、エアトレール、ポピュラーエビエーション誌などの雑誌記事。このジャンルの製作法は60年以上前から既に確立されていたとも言える。毎月少しづつ追加されている。
宮前さんのサイト
自分的には物凄く面白かったのだけれど、興味無い人には何の役にもたたないかも。エアモデラーの重箱隅的サイト。紫雲のフロート引き込み法とか、A-10のキャノピーの開き方とかね。イラスト達者。
神風の合理と日本の不合理 大村 京佑 さんのサイト
これも一方的リンク、文学サイトです。”カミカゼ”とは一体何であったのか、その矛盾をさらけだし、答えを出すのが苦手な日本人を見つめなおす。戯曲形式で綴った読み応えある実験的作品。目から鱗。
YUASAさんのサイト
やばだばも大好きなミニスケールの飛行機プラモのプロファイリングをなさってます。データベースとしてもとっても充実してます。近頃はサーキットの狼シリーズにもご執心。
おかさかなさんのサイト
ガンダムのサイトは数あれど、「1/144のガンプラをラジコンにして揃えたい!」という一味変わったアプローチで頑張っておられます。ジオン軍と連邦軍の軍隊構成からこだわったオリジナル・サイドストーリーとの二本柱。
MOGさんのサイト。
「丹精込める」というのはこういう事ではないかと思える。フィギュアの方法論にとらわれず、自身のトライの過程を公開しているので非常に参考になるはず。キャラクター性に寄りかからない創作世界を展開なさっています。
shikemokuさんのサイト。
実写版でも、アニメ版でもない独自の作風で懐かしキャラを造形し続けておられます。最近は貴重な資料の発掘・展示にもご熱心。粋人。