大変だー!!!! 
大きすぎてレイアウトが進まない!!!???
2002年9月22日に更新しました。
何と10月23日に再度更新しました。
更新と言うより追加ですね。
2002年9月21日開設です。
人目のお客様です。
あなたは
有名?なことわざに、「50歳になる前にレイアウトの製作に着手しなければ完成しない」とあります。何とか50歳前に着手しましたが、なかなか完成しません。もっともレイアウトに完成なしと言いますが、常に改良、修正を加えると言う意味ではその通りですが、あるべきものがまだない未完成なのです。

元々線路が好きで、できるだけ線路を敷いて、保有する全車両をレイアウト上に乗せるのが目的でした。線路の施設はほとんど終わりました。これからはシ−ナリー、ストラクチャーとなります。現状では固定式の組立式レイアウトです。でも線路好きにとってはこれ以上線路が敷けなくなって停滞気味です。

今回なれないホームページを立ち上げたのも、何とかして自分を鼓舞したいとの思いからです。とりあえずここでも挫折しないために、まず2ページのみのホームページを立ち上げます。これならば更新は楽だと思います。(?)
まずはレイアウトツアーへご案内します。
上の写真は始発駅です。完全な終端式駅です。まだ設置していませんが、中ほどに島式ホーム、右側に対向式ホームができる予定です。左側は電気機関車用の機関区です。右奥にターンテーブルがあり扇形庫ができる予定です。真中に留置線が4本あります。

では、早速出発しましょう。今日はロイヤルエンジン、EF5861の牽く25系ブルートレインの15両編成です。ホームがないので乗客が乗り込めません。空で出発です。
機関区を右手に見て
機関区を右手に見て本線へ進みます。本線は複線ですが、旧本線は単線でここから急勾配になっています。その後複線化されるときに、勾配緩和のために新線はループ線が採用されました。我々は本来の左側通行ではなく、勾配の緩い新線に入るため、クロスを通り右側の新線に入って行きます。右端にループ線の一部がが見えます。
ループを約1周して、先程の機関区を左に見て、さらにループを登って行きます。右下にちょっと見える線路は、先程の駅から貨物駅に通じるループ線の一部です。
1周半ループを登り更に進みます。列車で隠れて見えませんが(機関車の先に少し見えます)、ここで旧線と合流します。手前に分岐している線は、リバースカーブになっており、終端駅に行かずに折り返すためのものです。この線を使用して巨大なエンドレスが完成します。
ループ線です。10周して高度を稼ぎます。
次ページへ