バトルコップ
   「闇狩人」で著名な坂口いく氏の漫画「GEKI戦記」のオープニングは、主人公が
学校の帰り道を「ロボコップ3が始まっちゃうよ〜」と急ぐところから始まりますが、その
ロボコップをまるまるパクった初期東映Vシネマの異色作が「女バトルコップ」です。
超合金のメタルスーツをまとい、太腿から銃を取り出し、腕には小型ミサイルを内蔵した
女バトルコップが復讐のため、巨大犯罪組織カルテルに挑む・・・という物語。
現在はヤクザものやギャンブルもの、はたまたHなものばかりになってしまった東映V
シネマですが、はたした役割は大きく、初期アクション物の中には傑作も多いです。
そして、テレビよりかは多い予算を使って、特撮ヒーロー(この場合はヒロインか)物を
世に送り出したのです。それが「女バトルコップ」。なんて直接的で素晴らしいタイトルな
んだろう?いきなり、「女」ですよ。それがロボコップならぬバトルコップ・・・
主演は、現在は結婚してスッパリと女優を引退しちゃった中村あずさ氏。共演に、ジェー
ムス三木氏のジュニア、山下規介氏やマッチョ俳優松田勝氏、それに佐野史郎氏。
監督は「機動刑事ジバン」などの岡本明久氏。脚本は、最近では「忍風戦隊ハリケン
ジャー第1話を担当した宮下隼一氏。アクション監督はJACの金田治氏、特撮監督は
やっぱりの矢島信男氏。キャラデザインは雨宮慶太氏です。
主題歌その他を歌うはポプラ・・・って誰?
まあ、キャストはほとんど、東映特撮物で見たことのある方ばかりだし、スタッフから
察することができるように完全に東映メタルヒーロー風です。BGMなどの雰囲気も
まるっきりそうだし・・・ただ、ミニチュアの破壊シーン(特に科学研究所の爆発シーン)
は、テレビよりも迫力あってリアルな出来です。銃撃戦は、日本特有の泥臭さというか
なんというか・・・「ゴジラ対ビオランテ」よりかはマシって感じですか?


   sometime、somewhere・・・と、いきなりかっちょよく始まる本作のストーリーとは
・・・
  対犯罪用ロボットを研究中の小泉と、その婚約者でトップテニスプレイヤーの御子
柴かおる、それに親友の刑事・西条。彼らはともに幼い頃に肉親を犯罪者に奪われた
過去を持っていた。小泉とかおるの結婚も近い頃、日本に上陸した巨大犯罪組織カル
テル。カルテルは邪魔な暴力団をチームファントムという傭兵集団を使って黙らせ、
更に警察をも傘下に納めてゆく。
ロボットの開発を知ったカルテル日本支部長ヘンリー大場は、早速ファントムと、それに
超能力者の人間兵器アマデウスに科学研究所の破壊と関係者の抹殺を命ずる。
運悪く、ファントムの襲撃にでくわした小泉とかおる。瀕死の重傷を負った二人はなんと
か逃げ延びるが、先がないことを悟ったかおるは、自分をドナーにして研究を完成させ
るよう小泉に頼む。そして半年後。
警察は完全にカルテルに操られ、西条はひとり事件を追っていた。だが、ついにファント
ムに狙われる。絶体絶命の西条を救ったのは謎のバトルコップであった・・・!

  とまあ、このあとは色んなピンチをなんとか凌いで、ファントムの連中を血祭りにあげ、
更には強敵アマデウス(このひと、まともな台詞なくて、いつもウガーって唸っている)をも
ポロポロになりながらも倒すんですな。結局、西条は死んじゃうんだけど、悪い刑事も
ぶっ倒して、いよいよヘンリー大場との最終決戦!と思いきや、作戦を妨害されたヘンリー
は責任をとらされて既に組織によって処刑されていた・・・ってなんじゃそりゃ(苦笑)
チームファントムの面々が使う英語が下手なのと、ロボットっていう設定なのにシャワー
シーン(多分ボディダブル使用)がある女バトルコップ・・・(サイボーグなのかもしれないけ
ど、メタルスーツ脱ぐと生身にしか見えんよ)が、ちょっとな〜って感じですけど、アクション
とかは割とかっちょよくてGOO!ですな。バトルコップがのっけから弱すぎるきらいもある
けど(というかアマデウスが強すぎ。「バオー」かと思っちゃったよ)・・・
全体的に安っぽい雰囲気が漂っているのはアレですけど、雨宮デザインのバトルコップ
は、ロボコップ+メタルヒーロー+バブルガムクライシスって感じの良いとこどりでナイス
なんではなかろうか?ハイヒール風の踵にギミックがあったり、イヤリングが武器になった
り、女性型ということを巧みに処理してあると思いました。
ファントムが使用する中性子レーザー砲などの小道具もそれっぽいし、そのレーザー砲
によって消し飛ぶアマデウスもアニメの「北斗の拳」みたいで豪快です。腹に穴開いちゃう
アマデウスの元ネタは「コマンドー」で穴開いちゃう元マッドマックス2の暴走族ですか?
佐野史郎氏は椅子に座ったまんまの出番しかないので楽そうでした(苦笑)。

そういえば、何故かセガが製作に参加しているけど、ゲーム化する気だったのかな?
それともゲーム存在したりするのか?知らんけど(苦笑)。
僕はレンタルで借りて、そのあとの深夜放送でもわざわざ観て、更に今回1000円で売って
いたビデオを保護したわけなんですけど・・・結局、この作品が好きなんでしょうね。
中村あずささんは現在、この作品に主演したことをどう思っていらっしゃるのでしょうか・・・
もどる