ゲームストーリー

 フロド・バギンズは、中つ国はホビット村の、袋小路屋敷に住むホビットだ。ホビットというのは、我々人間よりも小さく、笑ったり食べたり飲んだりするのが好きな種族だが、概して保守的で、人間と交わることもホビット庄の外へ出ることもほとんどないものと決まっていた。

 だがフロドの養父ビルボ・バギンズは違っていた。こともあろうにドワーフとともにドラゴンの洞窟へ出かけて、途中一つの指輪を拾って帰ってきたのだ。この指輪が曲者だった。 ビルボからフロドへと託された指輪は、実は冥王サウロンが古代に作った魔法の指輪だった。その昔、人間とエルフの連合軍はかろうじてサウロンの軍勢を破ったものの、恐るべき力を持つ指輪はそのまま行方不明になっていたのだ。今まさに復活しようとしているサウロンがこの指輪を手に入れるとその力は完全なものとなり、中つ国のすべてが支配されてしまうだろう。

 サウロンの力は日に日に強大なものとなっている。このままではいつか必ず指輪を見つけ出し、その手に取り戻すことだろう。破滅を避けるたった一つの方法は、指輪を消滅させること。だが指輪を破壊する力を持つのは、それが作られた火の山オロドルインの滅びの亀裂だけ。そしてその山は、サウロンの棲むモルドールの国にあるのだ。

 あなたはフロドとその仲間のホビットたち――庭師のサムことサムワイズ・ギャムジー、ピピンことペレグリン・トゥック、メリーことメリアドク・ブランディバック、そして「でぶちゃん」ことフレデガー・ボルジャーとなって、この絶望的な旅へと踏み出さねばならない……。

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、
七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、
九つは、死すべき運命(さだめ)の人の子に、
一つは、暗き御座(みくら)の冥王のため、
影横たわるモルドールの国に。
一つの指輪は、すべてを統べ、
一つの指輪は、すべてを見つけ、
一つの指輪は、すべてを捕えて、
くらやみのなかにつなぎとめる。
影横たわるモルドールの国に。

戻る