雑記 > 無料ウイルス対策

PR セカンドマシンやネット閲覧に... 5万円を切る格安ノートパソコンも

サイト閲覧でウイルス被害 感染経路3つと無料対策で最強セキュリティ♪

[最終更新日 2018年7月18日]

ウイルス対策できてますか?

セキュリティソフトを導入してるにも関わらず、ココで紹介するウイルス対策をやっていないことが原因で ファイルを暗号化して身代金を要求するランサムウェアネットバンキング不正送金ウイルス の餌食に!!!

このような対策ソフトWindows パソコン に導入してウイルス定義データも最新の状態に維持してるのに、怪しい危険なサイトやエッチなアダルトサイトを見たワケでもないのに…。

「ネットサーフィンによるサイト閲覧」 という普通の行為だけでウイルス感染被害に巻き込まれるユーザーさんいます。 (/_;)<ウワーン

サイトを見ただけでウイルス感染! 原因は更新放置

そんなウイルス感染被害の原因は大きく2つあって…

  1. ウイルスメールの攻撃手口やファイルの拡張子に無知なところに不正なファイルを開く
  2. PCに導入されてるソフトウェアを 最新バージョンに更新せず旧バージョンのまま放置 する

こうして、悪意のある攻撃者が準備した不正なプログラム(マルウェア)をユーザーに対して何ら確認する場面もなく問答無用で強制的にインストールさせることが実現されます。 (@_@)ノ

要は、旧バージョンにあるソフトウェアの欠陥を悪用すると 「サイトを見ただけでウイルス感染」 が起こるのでヤバい!

この欠陥のことをセキュリティ用語では 脆弱性(読み方 ぜいじゃくせい、×きじゃくせい) と呼んでいて、時々ニュースで 『○○○ に危険な脆弱性が見つかった!』 として騒がせることもあります。

ウイルス感染経路として狙われる3ソフト

サイト見るだけでウイルス強制感染の原因として、特に悪用される 定番中の定番ソフト3つ あります。

【無料ウイルス対策】ウイルス感染経路でFlash Player、Java/JRE、Adobe PDF Readerの脆弱性がランサムウェアやネットバンキング不正送金被害の原因に
古いまま放置でサイト見ただけでウイルス感染へ

Adobe Flash Player ブラウザ上で動画やゲームを処理する無料ソフト

公式サイト https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

バージョン 30.0.0.*

Windowsパソコンを狙い Flash Player の旧バージョンの脆弱性を悪用するウイルス感染攻撃が2014〜2018年にかけて依然として活発 なので、ブラウザからアクセスするだけの 無料バージョン確認ページ で最新版に更新済みかチェックです! (^O^)v

※ ブラウザに Flash Player を内蔵する {Google Chrome} はブラウザ本体の更新で、{Windows 8/10 向け Internet Explorer 11 & Microsoft Edge} は Windows Update 経由で Flash Player は最新版に維持されます。

Java / JRE Java製プログラムを動かす無料ソフト (名前が似てる JavaScript は無関係)

公式サイト https://www.java.com/ja/

バージョン 8 Update 181
1.8.0_181 〜)

Java の旧バージョンは2014年あたりまで Windows パソコンのウイルス感染被害に直結する最凶の危険物だったので、Java を使用する機会が少ないなら Internet Explorer ブラウザの Java は無効化する ことをオススメします。

そもそも Java が不必要なユーザーも結構いるはずで、パソコンから Java を削除(アンインストール)する のもウイルス対策として有効です。

Adobe Reader PDF形式の文書を表示する無料ソフト

公式サイト https://get.adobe.com/jp/reader/

バージョン DC
18.011.*

不正なPDFファイルを読み込むのを前提に、ウイルス感染に悪用されるリスクを0(ゼロ)にするため Adobe Reader の設定を変更してセキュリティを向上できる無料ウイルス対策 を強くオススメします!

これらソフトウェアの 『名前を聞いたことがない』 『導入した覚えがない』 と思う Windows ユーザーさんいるかもしれないけど、この3つは Windowsパソコンを購入 した時点で最初からインストールされてる場合もあります。 (TдT)<利用者が多いのも狙われる理由

危険な欠陥が修正されてる安全な最新バージョンは 無料 で公開されてるので、絶対必須のウイルス対策として 最新版に更新されてるかパソコン所有者自ら確認 することが大事です。 (^^)b

PR 《Yahoo!ショッピング特集》 Tポイントが抽選で当たる無料ポイントくじも!

ウイルス強制感染する原因経路の現状は?

ただ、こういうセキュリティソフトたち はソフトウェアの更新作業を必ずしもユーザーに代わって実施しないので、ウイルス感染経路が開きっぱなしが原因で 「サイト見るだけのウイルス感染」 が実現される Windows パソコンを毎日平然と使ってる? (×ω×)

次のグラフはネットサーフィン中のサイト閲覧でウイルス強制感染の引き金となった脆弱性の割合を示してます。

〜 ウイルス強制感染被害の経路になったソフト 〜

Windowsパソコンのウイルス感染経路になった危険ソフトの割合は Adobe Flash Player、Java(JRE)、Internet Explorer、Adobe Reader が占める状況
Adobe Flash PlayerJava / JRE の脆弱性が群を抜いてる
(出典 IBM 2016年下半期 Tokyo SOC 情報分析レポート

Windows パソコンのウイルス感染というと、マイクロソフトが批判の矢面に立たされることがあります。

ところが、大きな原因になってるのがマイクロソフト製ではないサードパーティ製ソフトウェアであるところがポイントで、その事実を知らないユーザーさんはソフトウェアの更新作業を怠り、ウイルス攻撃者はそこをつけ入ります。

ソフトウェアを更新しないで放置してるというのは 壁に穴が開いてる家 に住んでるようなもので、玄関や窓に鍵を付けていても泥棒(=ウイルス)は壁の穴から侵入できます。玄関の前に警備員(=セキュリティソフト)を立たせてるのに泥棒が押し入る展開が待ってます。

ということで、仮にも 「セキュリティソフトの導入」 と 「Windows Update の実施」 の2点だけでセキュリティはバッチリと思っていたら地獄へ落ちる可能性 があります。 ⇒ 根強く信じられてる 『怪しいサイトに行かない♪』 ほど役に立たないウイルス対策もない!

感染するウイルスの種類は?

ちなみに、インターネットのサイトを見ていただけのウイルス感染で具体的に何の被害が日本で多いかというと、2016年では 身代金ウイルス(ランサムウェア)の感染 が約85%に及び、ネットバンキング不正送金ウイルスは約2%だとか。

サイト見ただけでウイルス感染 マルウェアの種類はランサムウェア(85%)、ネットバンキング不正送金ウイルス感染(2%)、その他(13%) Let's Emu!
ランサムウェアの強制感染が多い 2016年10〜12月
(出典 トレンドマイクロ調査の記事 を元にグラフ作成)

クレジットカード会社の情報盗む Panda Banker

2018年3月には、ネットバンキング不正送金の脅威として以前から海外で確認されてる 「Panda Banker」「Zeus Panda」 というマルウェアが、日本国内ユーザーからクレジットカードの情報を盗む目的として初めて投入されたそうです。

このウイルス感染経路は 「マルバタイジング」 と呼ばれる手口で、ネットサーフィン中に正規の広告配信サーバーを介して Internet Explorer や Adobe Flash Player の脆弱性を悪用することで強制感染させる攻撃でした。

PR 《Yahoo!ショッピング特集》 Tポイントが抽選で当たる無料ポイントくじも!

最強セキュリティ実現♪ バージョン確認と更新方法

「サイトを見るだけでウイルス感染」 の被害をほぼ100%回避する対策方法をまとめると次の通りです。 (*´_`)b<無料♪

  1. Adobe Flash Player を最新版に更新します
  2. 今月分の Windows Update を実施します … Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Silverlight の更新
  3. Java を最新版に更新します → 不要なら Java を削除してもOK
  4. Adobe Reader を最新版に更新します → 不要なら Adobe Reader を削除してもOK

バージョン確認するのがメンドイなら最新版か一括チェックしてくれるWindows向け 無料バージョン確認ツール をどーぞ!

〜 お金のかからないセキュリティ向上方法 〜

MyJVNバージョンチェッカでウイルス感染悪用経路のバージョン確認! これが最強の無料ウイルス対策っ!
壁に穴が開いてない ”最新のバージョンです” でセキュリティ対策キッチリ (*^q^)v

ハッキリ言って、セキュリティソフトの有無は二の次のお話でどうでもよく、サイトを見るだけでウイルス感染の対策のためだけにセキュリティソフトを乗り換える必要性はありません。

ウイルスメールの流行に注意!

2015年あたりから日本のメールアドレス宛てに 添付ファイル付きの迷惑メールや誘導リンク がバラ撒かれていて、ウイルス感染経路の大きな比重はウイルスメールの方がより大きいです。 ( ^ー^)ノ<ソフトウェアの更新放置だけがウイルス感染原因ではない

  1. ファイルの拡張子を表示する? Windows 7/8/10ウイルスメール対策に設定変更
  2. js/jse/vbs/wsf拡張子でウイルス感染 無料対策でメール添付ファイル被害防ぐ
  3. doc/docm/xls拡張子でウイルス感染 無料対策でメール添付ファイル被害防ぐ

PR 東芝の直販ショップ − 安い4万円台からノートPCがっ! ウェブ限定・送料無料

アクセス関連キーワード統計情報
[パソコン 無料ウイルス対策] [ウイルス対策 比較] [ウイルス対策 無料 おすすめ] [コンピューターウイルス対策] [ノートパソコン ウイルス対策] [ウイルス対策 必要] [XP 無料 ウイルス対策] [Win7 無料 ウイルス対策] [Win8 無料 ウイルス対策] [Win10 ウイルス対策] [セキュリティ対策 無料] [セキュリティ対策 初心者] [Windows 7 セキュリティ対策] [Windows 8 セキュリティ対策] [セキュリティ対策 比較] [最強ウイルス対策] [フリー ウイルス対策] [脆弱性対策] [Internet Explorer 脆弱性] [ドライブバイダウンロード攻撃 対策] [ウイルス 感染経路] [マルウェア 感染原因] [ランサムウェア 感染原因] [スパイウェア 感染原因] [ネットバンキング 被害] [ネットバンキング 危険] [ネット銀行 偽画面] [サイト閲覧 ウイルス] [サイト閲覧 感染] [サイト閲覧だけで感染] …

雑記 > 無料ウイルス対策


Copyright © Let's Emu!. All rights reserved.