雑記 > 無料ウイルス対策 > Java 例外サイト・リスト

PR 国内メーカー東芝の直販ショップ − かなりお安く何と4万円台から新品ノートPC! オンライン限定・送料無料

Java「セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション」の解除方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

オラクルが提供してるフリーソフトJava(Java Runtime Environment/JRE)…。

Oracle America, inc. Java公式サイト - ドライブバイ・ダウンロードによるウイルス感染攻撃で悪用されまくるウイルス感染経路
オラクルが運営してるJavaの公式サイト java.com

この旧バージョンはウイルス感染経路第1位として”最凶”の名を轟かし、仮にも最新版に更新せず放置してたらウイルス感染地獄(偽セキュリティソフト身代金型ウイルスネットバンキングウイルス)へ一直線となることで有名です。 (^^;

【混同注意】 名前が似ている JavaJavaScript はまったく無関係な別モノです!

そんなJavaが2014年1月リリースの「Version 7 Update 51」(1.7.0_51)よりセキュリティ強化策の一つとして、正規の署名が付いてないJavaアプレットを起動した場合は動作がブロックされるようになりました。

Javaアプレットとは? ⇒ IE、Firefox、Chromeなどブラウザ上で動作するJava製プログラムのこと

アプリケーションがブロックされました セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション 名前 場所 ご使用のセキュリティ設定により、信頼できないアプリケーションの実行がブロックされています [OK]

アプリケーションがブロックされました セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション
エラー。クリックして詳細を確認してください
アプリケーション・エラー アプリケーションがブロックされました。詳細を表示するにはクリックしてください ご使用のセキュリティ設定により、信頼できないアプリケーションの実行がブロックされています

この影響で、Javaが必要なサービスの例に挙げてる「お絵かき掲示板・チャット」「ライブカメラ配信ページ」「電子入札」から提供される署名の付いてないJavaアプレットがブロックされ動かなってしまう現象が…。

[2014年9月 追記]
Internet Explorer で Java の旧バージョンを確認した場合は『Java(TM) は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました。』で強制的にブロックする機能が提供されました。

例外サイト・リストにURLアドレスを登録して解除する方法

もしJavaアプレットの提供元が信頼のおけるサイトであると確信するなら、Javaの設定でURLアドレスを手動で登録することで、動作の許可を与えてブロックを解除できるようになってます。 (^^)b

Javaアプレットの起動を必要とする場面ではないなら安易に許可しないでください。

【1】 Windowsのコントロールパネルを開いて、Java のアイコンをクリックする
(Windows Vista/7/8 はコントロールパネル右上にある検索ボックスから素早く見つけることも可能)

Vid-DL 電子入札 セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション WindowsのコントロールパネルにあるJava

【2】 Javaコントロール・パネルが表示されるので、[セキュリティ]タブをクリックし、下部にある [サイト・リストの編集(S)...]ボタン を押す

Javaコントロール・パネル 次に示すサイトから起動されたアプリケーションは該当するセキュリティ・プロンプトの後に実行を許可されます

【3】 [追加(A)]ボタンを押して、入力ボックスにURLアドレス「http:// 〜」「https:// 〜」を打ち込む

※ キーボード操作 ⇒ 文字のコピー《Ctrl+C》、貼り付け《Ctrl+V》

Javaコントロール・パネルの例外サイト・リスト 場所 追加 削除 - URLアドレスを登録しセキュリティのブロックを解除

Javaアプレットの動作を解除するURLアドレス指定例
http://www.sample.com/applet.html 特定の単体ページだけ解除する
http://www.sample.com/hogehoge/ 特定のディレクトリ全体を解除する
http://www.sample.com/ サイト全体を解除する

Javaアプレット用ファイルが外部サイトに置かれてる場合はURLアドレスを2つ指定する必要アリ (↓別記)

【4】 例外サイト・リストウィンドウの[OK]ボタンを押す

指定したURLアドレスが「https:// 〜」ではなく「http:// 〜」の場合だと、『例外サイト・リストにHTTPロケーションを含めることは、セキュリティ・リスクと見なされます』という警告が出るけど続行させてOK!

Javaアプレット用ファイルが外部サイトに置かれてる場合

Javaが必要な某「ライブカメラ配信ページ」にて、配信ページそのもののURLアドレスを許可してみたものの、『エラー。クリックして詳細を確認してください』とのことで下のエラーになりました。

アプリケーションがブロックされました セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション htmlファイルのホスト・サイトは例外サイト・リストに含まれていますが、アプリケーションが複数のドメインのリソースを参照しているため、アプリケーションはブロックされました。

アプリケーション・エラー アプリケーションがブロックされました。詳細を表示するにはクリックしてください http://(URLアドレス)のhtmlファイルのホスト・サイトは例外サイト・リストに含まれていますが、アプリケーションが複数のドメインのリソースを参照しているため、アプリケーションはブロックされました。http://(URLアドレス)のjarファイルは別のドメインにあり、例外サイト・リストにも含まれてません。

このような場合は、上の画像でいうところの2番目のURLアドレスも許可してあげる必要があります。

PR 《Yahoo!ショッピング特集》 1ポイント1円相当の Tポイント が毎日抽選で当たる無料のポイントくじも!

関連ワード統計情報
[Java アプリケーションエラー] [電子入札 セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション] [セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション 解除方法] [Java アプリケーションがブロックされました] [Vid-DL セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション] [Java 例外サイトリスト] [Java 例外サイトリストを管理および構成する方法] [セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション Windows7] [セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション Windows8] …

= Windowsパソコンのウイルス&セキュリティ関連サービス =
オンラインスキャン | ウイルスファイルスキャン | スパイウェアスキャン | ウイルスサイトスキャン | 無料ファイアウォール

雑記 > 無料ウイルス対策 > Java 例外サイト・リスト


Copyright © 2014 Let's Emu!. All rights reserved.