Aura battler Drumlo



「アタマの部品構成はこうしよう」とゆーイメージだけで作り始めてしまった作品。

ズングリムックリの直立姿勢なので大して難しくもなかろーと考えてたら
むしろその逆だったコトが制作途中で判明するのでした。
胴体の幅や脚の付け位置、各部の曲面の連続性など、
実は微妙なバランスで成立してるんですね、ドラムロって。

もちろん特徴的な記号部分を押さえればそれらしくは見えるのですが、
全体として見た場合、やはり各部に違和感がつきまとうのは否めません。
ちょうどアタマ周辺とか腰周りとかですね。
デフォルメの難しさを改めて思い知らされました。
ナメてかかるとロクなことがないですねー、ホント。



BACK