GETTER1



スーパーロボットらしく、外見上関節構造が破綻しないよう留意して作ってみました。
全体のプロポーションは一番作りやすそうな原作版の寸胴タイプを参考に制作。

お気に入りポイントは顔の造形と足の赤ライン。
顔はかなり単純な部品構成だけど、これを作ったことで
「レゴモデリングに必要なのは潔いデフォルメ」であることを学びました。

肩関節の可動軸の設定で良いアイディアが思いつかなかったので、
胴から肩にかけてのラインが変になってしまいましたね。

ちなみに下の画像は「ゲッタ〜〜トマホ〜〜〜クゥ!」のつもり。
上の画像のように素立ちでのバランスを優先してるので、
それほど思い切ったポーズはとれません。
まあ、元デザインがアレなんで仕方ないんですけどね。






BACK