MAC'S CAR (JOE90)





映像作品はひとつも見たことないのに(何せ生まれる前なので)、
何故か強烈にメカフェチ魂を惹きつけてやまないITCメカ群。
その中でも特に好きな「JOE90」のマックスカーを制作しました。

資料は数点の写真と図面のみ。
おまけに作品自体知らないので確固たるイメージもない。
「まあいいや、とりあえず作っちゃえ〜」と感覚だけで制作するも
出来上がってみたらおよそマックスカーとは思えない代物に。
どっちかっつーとノーチラス号(古いね、どうも)なんですな。
これではイカンと、図面から寸法を割り出しポッチ換算、
大幅に作り直した結果、このようになりました。

ちなみに色はグリーンが正解のようですが、
レゴ的には非常にキビシイのでグレーで制作。

制作にあたり問題となったのは、後輪とボディを接続してる脚部。
下方斜めに下がりーの、外側にも斜めに広がりーの、というラインは
全くレゴ的ではなく、オマケに重量がかかる箇所なので二重に厄介。
テクニック部品等も使用してあれこれ試行錯誤を繰り返し、
一番コンパクトにまとまる手法としてSWヒンジ&蝶番を採用。
強度的にはギリギリといった感じでしょうか。

エンジンは適当な部品が見あたらず、円筒で「らしく」デッチ上げ。
風防も、ちょうど良い形の部品が手持ちで無かったので、
上下逆の形の部品をひっくり返して接続してます。
この程度ならポッチの向きはどうにかなるもんですね。




飛行形態(らしいです、資料によれば)。
強度的な問題があるので、前輪のみ差し替えにしてます。
(ってゆーか、どうやって収納してるのかよく分からん)
翼を収納・展開出来るようにしたので、
側面がスカスカした印象になってしいましたね。

前述の後輪のせいでここまで巨大化してしまったのですが、
偶然にもそのおかげでミニフィグを搭乗させることが出来ました。
資料によると、普段このマックスカーを操縦するのは
イアン・マクレイン教授という天才科学者だそうですが、
私にはその教授がジーサンなのかオッサンなのかも分からん。
という訳で、主人公のジョー少年を乗せることに決定、
手近にあったアナキン少年をそのまま乗せてみました。
だって、ジョー少年もどんなチビッコなのか知らないんですもーん。



BACK