Micro AT



マイクロMSで調子に乗っていろいろ乱発したのに引き続き、
ほぼ同じフォーマットでこんなの作ってみました。

このサイズでAT作るメリットとしては、
「量産が可能」
「バリエーション展開が可能」
「何より作るのが楽」
だと思ってたのですが、これがぜーんぜん違う。

これらに不可欠な小部品って実は同一色であまり揃えられない。
ATバリエーションは武装追加かひたすらマイナー化になりがち。
小さいから雰囲気出すのに却ってシンドイ思いをする。

何だか途中からホントにツラクなってしまいました。

とは言いつつも。
同サイズでいくつも並べられるってーのはやっぱ楽しいですね。
とゆー訳で以下、ご覧くださりませ。


スコープドッグ。
ザクとほぼ同じ構造。
レンズ周りはかつてのブルタコと同じ。
安易にもホドがあるけど雰囲気は良いかと。

緑があるなら当然赤も。
画像ではちと分かりづらいですが、踵には
ホイールもあります。一応。

ちなみにこのサイズ、丁度フィグと合うかも。
ベルゼルガ。
ここから少しフォーマット外れてます。
胴幅と股関節丸見えのせいですね。
おかげでかなり脆い構造になってますが
飾っておく分には問題ないです。
割とお気に入り。
スナッピングタートル。
何故かデフォルメ感が際立って強いです。
この胴体は肩を動かしにくいデザインですね。
おかげで直立しちゃってます。
ツヴァーグ。
これも変な作り方になってます。
肩周りをもー少し面白い組み方にしたかった
ところでしょうか。
ファッティー。
レンズがデカ過ぎちゃって元のイメージから
かなり逸脱してる気も。
さすがに強引か?という感じの作品。
とは言いつつもバリエーション。
やってみたかったんですよ、タンカラーで。
無骨、とゆーより只のおデブちゃんですね。

背面もきちんと作ったのですが(予備弾倉とか)
あまり面白くないので画像は省略です。
ファニーデビル。
デブ感出すためにファッティーより1ポッチ胴幅
広げたのですが、おかげで手間かかりました。
胴横の半ポッチはみ出しが何かとネックなんで
すね。
でも省略不可なポイントなので頑張りました。
他にいっぱい省略しちゃったけど。
ウォリアー1。
悪そうで好きです。
ホントなら追加武装のお店広げるべきなんで
しょうが、メンドくさいので単体で。

きちんとしたサイズで作ったら、もっとギッチリ
作りこめて面白いでしょうね。
テスタロッサ。
これは前出の作品よりもデカイです。
つーても全高15センチほどですが。

さすがに各部ラインやボリュームまでは再現
しきれなかったので、まー雰囲気だけでも、と
ゆーことで。
これはせっかくなので背面も。
別にどーということはないんですけどね。





BACK