STRIKE DOG



「ガンダム→ジム」に引き続きやってしまいました。
「キャラクターロボットなんだからバリエーション展開はアリだよね」シリーズ第2弾。

という訳で、既作のブルタコを応用して制作。
基本構造は同じですが、それだけではツマラナイので、ストライクらしさをいくつか盛り込んでます。
ターレットレンズ、脇腹のライトは勿論のこと、コクピットハッチの出っ張りや
腰装甲の白アクセント、肩装甲、スネ降着ジョイントの盛り上がり、などなど。

作り始めて困ったのが、頭部バイザー(?)部分の表現。
ブルタコの時は赤X白の色分けで表現できたけど、
その部品構成をそのままこっちに流用すると何かおかしい。
青一色なので、ノッペリして頭とバイザーが区別できない訳です。
結局、大幅に部品構成を変更したのに、見た目ではサイドにポッチが一つ増えただけ。
気になる方はブルタコの画像と見比べて、その効果のホドを確認して下さい。

今回のお気に入りはバックパック。
なかなか面倒なデザインなんだけど、テキトーにデッチ上げる訳にもいかないので、
試行錯誤の上このようにまとめてみました。割とそれっぽいと思うんですが?



コクピットハッチは勿論可動、相変わらずミニフィグは乗れません。
むむぅ〜、課題がまたひとつ増えた気がする。



正確に言えば、これはH級、ブルタコはM級なので一回り大きく作るべきなんでしょうが、
そこはそれ、レゴ作品と言うことで大目に見てください。



余談:
ストライクドッグはアンテナ2本なので、ブルタコ同様1X4タイルを使って表現しましたが、
これを見てたら、ふと「アオイウサギ」という言葉が浮かんでしまい、
もうずぅ〜っと頭から離れなくなってしまいました。
やっぱ2本使うのは無理があるか?




BACK