■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■
タグヘルプ<リンク>
■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■
リンクをはりたい
リンクの下線を消したい
リンクの文字の色を変えたい
リンクがうまく作動しない
リンク先をページの途中にしたい
■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■


リンクをはりたい
自分のHPの別なページへリンクをはりたい場合
<A HREF="(ファイル名)">他のページへ</A>
他の人のHPへリンクをはりたい場合
<A HREF="(URL)">他のHPへ</A>

リンクをはりたい場所に、以下のタグを書きます
<A HREF=”(URL)”>(文字)</A>
””の間には、リンク先のURLを書き入れます

自分のHPの中の別なページにリンクしたい場合の例
<A HREF=”INDEX.HTML”>トップページへ</A>
このように(URL)の場所に「ファイル名」を書きます

自分のHPの中の別なサブディレクトリの
フォルダの中のページにリンクしたい場合の例
<A HREF=”PET/INDEX.HTML”>ペットのページへ</A>
このように(URL)の場所に「フォルダ名/ファイル名」を書きます

自分のHPの外にリンクしたい場合
<AHREF=”HTTP://WWW5.OCN.NE.JP/〜COCO2/”>
別館へ</A>
このように(URL)の場所に「HTTP://で始まるURL」を書きます
リンクの下線を消したい
BORDER="0"

BORDERで線の太さの指定ができるので
太さの指定を0にすると線が消せます
<A HREF=”(URL)” BORDER=”0”>(文字)</A>
リンクの文字の色を変えたい
<BODY LINK="#(色番号)">

TEXTで文字色を指定
LINKでリンク指定している文字の文字色を指定
VLINKで訪問済みリンクの文字色を指定できます

<BODY>タグの後ろに以下のタグを書き足してください
<BODY TEXT=”#(色番号)”
 LINK=”#(色番号)” VLINK=”#(色番号)”>
””の間には希望の色の番号を書きます
リンクがうまく作動しない
<A HREF=”(URL)”>(文字)</A>のタグを見直しましょう
・半角英語でスペルミスなしに書かれているか
・「””」や</>は忘れずに書かれているか
・(URL)のスペルは間違えていないか
・サブディレクトリの指定を間違えていないか
・リンク先に指定しているURLは本当に存在するのか
リンク先をページの途中にしたい
<A HREF="(URL)#(移動先の名前)">下へ</A>

<A HREF="(URL)#(移動先の名前)">10番へ</A>
#指定で、同じページの下の方に瞬間移動が出来ます

移動先にはタグを書き込んでおきます
<A NAME="(半角英語の好きな名前)">10番</A>
という風に 自分で名前を付けます。長い文章のページに便利



タグヘルプもくじ トップページ