薪焚きへの誘い...

自宅の新築にあわせて、薪ストーブを導入しました。薪ストーブと言う以上、燃料は当然「薪」です。

えっ、今時薪なんか売ってないんじゃないかって!?

いえいえ、今でもちゃんと薪(たきぎ)屋さんは存在します。ただ、身近にはないので実際は買うのは困難ですし、価格も石油やガスなどと比べ物にならないほど高いです。

じゃあ、何でわざわざ薪ストーブなんかにしたかって!?

私も薪ストーブという物を最初に聞いた時は、「今時、薪なんて...」と思っていましたし、金持ちが別荘かなんかで雰囲気を楽しむために使う、趣味的な代物という感覚しか持っていませんでした。しかし、以前行った某スキー場の施設で偶然薪ストーブに出会い、優しくて身体の芯まで伝わる暖かさや、心が癒される炎の揺らめき、そしてその存在感などに触れてから一発で薪ストーブの魅力にとりつかれ、「家を建てるときは、絶対薪ストーブだ!!」と決めたわけです。

ただ、問題なのはやはり燃料である薪の確保。買うと高いので、大半の薪焚き人達は自分で薪にする木を切って、割って、乾かすといった"きつ〜い重労働"がついて廻ります。

"きつ〜い重労働"をしてまで薪ストーブを使うなんて...

フフフ...私も薪ストーブに出会う前まではそう思っていました。でも薪ストーブは、そんな気持ちを包み込んでしまうほどの魅力を秘めているんですよ。

一見つらそうな薪作りですが、これほど努力の成果が目に見えるものはありません。そう、努力の成果は山のように積まれた薪、これを見れば疲れも一気に吹っ飛びます。そして、自分が苦労して集めた薪で暖をとり、優しく語り掛けてくるような柔らかい暖かさと、炎の揺らめきに包まれて寛ぐひと時は、まさに最高の贅沢だと思います。

初めてのシーズンを体験した初心者として、導入を決めてから現在までのいろんなエピソードを思いつくままこのページに書きました。

今でも点火に苦労する事、燃料である薪の確保に奔走したり、薪割りに大汗を流すことや、数々のハプニングあり、と大変な手間がかかるのも事実ですが、この辺も薪焚きの面白さ!!包み隠さず書くつもりです。

導入を検討されていらっしゃる方、薪ストーブをご存知無い方でも、今より少しでも身近に感じて頂ければ良いのですが...

わが家の薪ストーブ "JOTUL F-500"

これ1台でみんな寒さ知らず(^^)

 

 

薪焚き生活 '01〜'02

薪焚き生活 '02〜'03

その 1

薪はどうする その 1 新薪棚を作る
その 2 素晴らしきMLの力 その 2 薪ストーブで料理!
その 3 初めての薪集め その 3 (仮称)関東薪狩り組合発足
その 4 オフ会に参加した

薪焚き生活'03〜'04

その 5 薪割りツールを買った その 1 2シーズン目に突入
その 6 我が家の薪ストーブ その 2 薪釜ピザをやってみた
その 7 薪棚作り    
その 8 薪の容積と重量について    
その 9 炉台作りに着手!!    
その 10 炉台作りのつづき    
その 11 炉台作り完了!!    
その 12 薪ストーブがやってきた!!    
その 13