TOP HISTORY ZAVAS LOGO
SHADER
PC-98
MUSIUM WALLPAPER TOPIC BBS LINK
Home > アーケードゲームの歴史 > 1980年代

アーケードゲームの歴史 1980年代〜

「クレイジーバルーン」

上下左右に配置されたボタンを操作し、機雷(アスタリスク)に接触する事無くゴール地点までバルーン(自機)を操作するゲーム。
このタイトルも立ってプレイするタイプのゲームでした。
自機の風船の部分が左右にゆらゆらと動く為、機雷に接触せずにゴール地点まで運ぶのは、なかなか神経を使います。
しかし、制限時間の減り具合が割とゆっくりなので、慎重に操作する事さえ出来ればクリアするのは不可能では無いです。
1面目は、慎重に操作さえ出来ればクリア出来るのですが、2面目は機雷が左右に移動するのとコースが極端に狭いのでクリアするのは、かなり難しいです。
ちなみに、私は2面目で挫折しました(苦笑)
個人的に好きなタイトルです。

「クレイジークライマー」

この作品は、ファミコンにも移植されたタイトルなので御存知の方も多いでしょう。
2本のレバー(ジョイスティック)を操りビルを登っていく、と言った内容です。
ただ、登るだけなら難しい事では無いのですが、窓が閉まっていると登れない事と、開いた窓から登るのを邪魔するかのように住人が物を落としてきます。
また、ある程度上ると「シラケ鳥」が糞を落としてきたり、「キングコング」ばりのゴリラキャラが行く手を阻むように君臨しているので、プレイヤーはこれを回避しなければなりませんでした。
レバーの操作も独特で、右のレバーがプレイヤーの右手に相当し、逆に左のレバーは左手になっています。
基本的に上下にレバーを交互に動かす事で登る事が出来ます。左右への移動は移動したい方向へ2本のレバーを倒す事によって移動します。
そうやって数々の障害物を交わしつつ、ビルの最上階にいるヘリコプターにつかまる事でクリア、となる作品でした。
1面目は何回か繰り返し遊ぶ内にノーミスクリアも可能ですが、2面目は有効移動範囲も狭くなり、また回避しにくい障害物(鉄アレイ、鉄筋)が落ちて来る為、かなり難しい内容になってます。
それでもクリアする強者がいたのですから、すごいですね。
ちなみに私にはそんな芸当はとてもじゃないけど、出来ません(苦笑)

「ムーンクレスタ」

基本的にはオーソドックスなシューティングゲームですが、敵の動きが不規則な動きをしてくる為、なかなか難しい内容でした。
このタイトルの面白い所が、自機のドッキングシーンで、ボーナスステージでは1〜3号機に分けられた自機を合体させる事によってパワーアップさせる事が出来る所です。
このボーナスステージの操作がなかなか難しかったですね。
また、自機がやられてしまった時の敵の動きが個性的でした。(画面中央に小さくなりつつ集まっていく) このゲームのサウンドが個人的には気に入っています^^

「キングアンドバルーン」

これもインベーダータイプのシューティングですが、他のタイトルと決定的に違う点があります。
それは何かと言うと自機がやられてしまってもミスとはならない点です。
そもそも自機の残機数が設定されておらず、自機の下にいる王様が敵機に連れ去られてしまうと、そこで初めてミスとなります。
連れ去られる時のSE音が特徴的でした。(ヘルプ!ヘルプ!サンキュー等)←わからない人ゴメンナサイ^^;
小さい頃、近所の玩具屋に置いてあったゲームコーナーで良く遊んでました。

「ルパン三世」

名前こそ「ルパン三世」ですが、それらしいキャラは一切出てきません^^;
内容が「ルパン」なのです。
マップに配置されたお金を、警官や銭形警部らに捕まらないように回収し、目的地まで運ぶ事が目的です。
お金を持てば持つほど動きが遅くなるので、一つ取っては目的地まで運び、また一つ取っては…と言う作業を繰り返す方が結果とクリアは早い気がします。
ちなみに次元や五右衛門などは出てきません^^;
このタイトルは、テーブル型筐体に入っていたバージョンを、某デパートの屋上にあったゲームコーナーで遊んでました。

「ミサイルコマンド」

迫り来る敵のミサイルを、トラックボールと3つのボタンで照準を決め、爆風に巻き込む事で攻撃されないようにするちょっと変わったタイプのシューティングでした。
この3つのボタンは、左、真ん中、右に配置されたミサイルを発射する為のボタンです。
横一直線上に連続でミサイルを打ち込む「バリア」と言う戦法が有効な作品でもありました。
このゲームの筐体は「ミッドナイトランディング」や「トップランディング」のような大型の専用筐体に乗り込んで遊ぶタイプで、それほど上手でないプレイヤーでも気軽に遊ぶ事の出来るタイトルでした。
ちなみにこのタイトルも某デパートにあった専用筐体で遊んでました。

「サスケ vs コマンダー」

このタイトルは、他のタイトルのような、いわゆる「SF」物では無く、忍者を題材にした和風シューティングゲームです。
内容的には、「インベーダー」と似ており、斜め下方向に飛んでくる敵を左右に避けながら撃っていく、と言った内容でした。
また、各面にはボスキャラが存在しており、忍法を使ってくるのも個性的でした。
倒した敵が自機に向かって落ちてくるのですが、この落ちてくる敵に当たってもミスとなる為、注意が必要でした。
このタイトルも同様に某デパートで遊んでました。そこに置いてあった筐体はギャラクシアンの物と同様の物を使っていたと記憶しています。
このタイトルは結構有名ですね^^

「タンクバタリアン」

ファミコンに「バトルシティー」と言う名前で移植されたので、知っておられる方も多いと思います。
次々と現れる敵戦車を倒していく訳ですが、画面中央下の旗が取られてもミスとなる所が、このタイトルの最大の特徴でもありました。
画面右下に青い戦車のグラフィックがありますが、ザコキャラを倒す度に減っていき、これが全て無くなると動きの速いボス戦車が現れます。
これを倒せば晴れてクリアとなります。
ザコキャラ、ボスキャラに関わらず敵車の撃つ弾に当たってもミスとなる為、先の面へ進むのは容易ではありませんでした^^;

「ラリーX」

広大なマップに置かれたフラッグ(旗)を画面右のレーダーを便りに、敵車にぶつかる事無く全て回収すればクリアとなるアクションゲーム。
基本的に、敵車の方がスピードが速い為、何も考えずに移動しているとすぐにやられてしまいます。
また、FUEL(燃料)が制限時間の役割も果たしており、これが無くなるまでに全てのフラッグを回収しなければなりません。
敵車にぶつかりそうになったら、自機の燃料を多少消費する事で、一定時間敵の動きを止めるオイル(ガソリン?) を撒く事が出来、これを使いこなす事がクリアへの近道だったりもします。
「ラリーX」と言えば、あの有名なテーマ曲を思い出しがちですが、あれは後述する「ニューラリーX」の方です。
具体的に何が違うのかは、「ニューラリーX」の所で書きたいと思います。