ドラゴンクエストII(FC版) エニックス 1987


DQ2で語呂合わせをやってみよう

ドラゴンクエストII 復活の呪文生成・変更プログラム
Windows版

語呂合わせ復活の呪文
作成機能について

本プログラムはDQ2の復活の呪文の文字列に,ある程度意味のある単
語をつなげること(語呂合わせ)ができるような機能が搭載されています。



はじめに

ドラゴンクエストII(DQ2)で語呂合わせになった復活の呪文といえば,もょもとが登場する「ゆうて いみや おうきむ こうほ りいゆ うじとり・・・」をまず思い浮かべるのではないでしょうか?おそらくDQ2で昔から知られているのはこの復活の呪文くらいでしたからね。

そこで,他にもDQ2で語呂合わせの呪文を作る方法があるのではと考察していった結果,この「もょもと」以外にも語呂合わせの復活の呪文が作成可能であることを確認し,プログラム化を行いました。以下に「DQ2復活の呪文生成・変更プログラム」を使用して語呂合わせの復活の呪文を作成する方法と例を示します。


確定文字と未確定文字について

語呂合わせについて説明する前にまず「確定文字」と「未確定文字」という用語について説明します。
右にある復活の呪文は1行目の「やたら いるぞ みけねこ」と2行目前半の「・・・ ・」と2行目後半の「ねこ ねこ」の3つに分かれています。ここでひらがなの文字「やたら いるぞ みけねこ ねこ ねこ」を確定文字,中点「」のことを未確定文字と示すことにします。確定文字はその文字が復活の呪文に使用する文字として決定したことを意味し,未確定文字はその文字が今後何という文字に置き換わるか分からない,工事中の文字であることを意味します。
やたら いるぞ みけねこ
・・・ ・ねこ ねこ





本プログラムでは未確定文字をある程度意味の通った確定文字に置き換えながら(ひらがな文字を埋めながら)チェックを繰り返していき,最終的に語呂合わせの復活の呪文が完成するという流れになります。


タブ 2(語呂合わせ)

語呂合わせの復活の呪文を作成するための画面です。パーティの人数とアイテムの所持数,呪文の文字数を決めたあと,復活の呪文入力ウィンドウに語呂合わせになるように文字を埋めていきます。


復活の呪文入力
ウィンドウ(左上)
復活の呪文を入力するウィンドウです(テキストファイル間でのコピー・ペースト可能)。語呂合わせを行うための全角ひらがなの確定文字「あ〜わ」「が〜ぞ」「ば〜ぼ」「ぱ〜ぽ」,または未確定文字である「・」を入力します。文字数は確定・未確定合わせて18〜52文字にする必要があります。
ステータス
ウィンドウ(右上)
復活の呪文入力ウィンドウにある復活の呪文の状態を表示するウィンドウです。「OK」「NG」「文字数が不足しています」といった警告メッセージや「あい−−おか−−」といった使用できる文字列一覧などが表示されます。
概略チェック 復活の呪文入力ウィンドウにある未確定文字を含んだ復活の呪文が実際のゲームでパスするかどうかをチェックするボタンです。ステータスウィンドウに「OK」が表示されれば現在の復活の呪文はゲームでパスする可能性があるので,このまま文字を埋めていくことができます。「NG」の場合は残りの未確定文字をいかなる文字に置き換えても必ず不正な復活の呪文となるため,前に戻って確定文字やパーティ人数,アイテム数のいずれかを見直す必要があります。
詳細チェック 上記の「概略チェック」を繰り返しながら未確定文字が3文字になった場合にクリックすると,ステータスウィンドウにゲームでパスするために必要な文字列のリストが表示されます。気に入った文字列が出ることを期待しましょう。「該当する文字はありません」と表示される場合は確定文字を別の文字に変更して再度チェックすることになります。
○文字目
1文字チェック
現在のパーティ人数・アイテム数の条件で「概略チェック」を「OK」で通すため,1〜52番目のいずれかの文字が置き換え可能な確定文字一覧をステータスウィンドウに表示します。上の画面では「15文字目」となっているので,最初から15文字目(「ゆかに みえる〜」の「え」)に使用できる「え と や ず」が表示されています。表示されていない文字にすると「概略チェック」で「NG」と表示されるので注意してください。
ローレシアの王子
存在フラグ
アイテム数
ローレシアの王子(パーティの1番目のキャラクター)の存在フラグとアイテムの所持数を設定します。ローレシアの王子はパーティに必須のため存在フラグをOFFにすることはできません。またアイテム数が増えると必要な復活の呪文の文字数(確定・未確定の合計)も多くなります。
サマルトリアの王子
存在フラグ
アイテム数
サマルトリアの王子(パーティの2番目のキャラクター)の存在フラグとアイテムの所持数を設定します。存在フラグをOFFにするとアイテム数の設定は無意味になります。ローレシアの王子と同様にアイテム数が増えると必要な文字数も多くなります。
ムーンブルクの王女
存在フラグ
アイテム数
ムーンブルクの王女(パーティの3番目のキャラクター)の存在フラグとアイテムの所持数を設定します。ムーンブルクの王女の存在フラグをONにするためにはサマルトリアの王子の存在フラグをONにする必要があります。他の2人と同様に存在フラグOFFでアイテム数の設定は無意味になり,アイテム数が増えると必要な文字数も多くなります。
名前の最初の文字
が空白を許可
(デフォルト:OFF)
名前の最初の文字を空白文字にするとゲームでキャラクターの名前が表示されるときに画面が変になったりフリーズしたりします。チェックボックスをONにすると「概略チェック」のときにこの名前を許可することができます。
危ない水着の
所持を許可
(デフォルト:OFF)
MSX,MSX2版DQ2にはムーンブルクの王女専用装備のアイテムとして「あぶないみずぎ」が存在します。チェックボックスをONにすると「概略チェック」のときにこのアイテムの所持を許可することができます。ファミコン版では不正なアイテムとして処理されるのでできればOFFのままがいいと思います。
詳細チェック
3文字に対応
(デフォルト:OFF)
「詳細チェック」の実行には未確定文字2文字で2〜5秒以上,未確定文字3文字で2〜5分以上かかります。「詳細チェック」の実行中はプログラムが応答しないので,本チェックボックスで制限をはずすことができます。チェックボックスをONにすると3文字以内の未確定文字について「詳細チェック」を実行することができ,OFFにすると2文字以内でないと「詳細チェック」が実行できないように制限がかかります。
エンカウント率0
の条件付
(デフォルト:OFF)
このチェックボックスをONにすると「詳細チェック」で敵が出現しない状態になる復活の呪文のみを表示するように制限します。最初の文字を「ろ」または「わ」,11〜12文字目を「あい」「くけ」「ぞば」のようにあいうえお順で連続している文字にすることが絶対条件です。
初期化 このボタンをクリックすると復活の呪文入力ウィンドウ,ステータスウィンドウ,チェックボックス,キャラクターの存在フラグ,アイテム数を初期化します。


語呂合わせ復活の呪文の作成例

今年(2002年)の夏に話題になった「多摩川のアザラシ」というテーマで語呂合わせを作る例を示します。

STEP 1 文字数とパーティ人数・アイテム数の決定

■ コメント追加(2002年10月26日)

語呂合わせ機能で最初の文字が未確定文字であっても「概略チェック」と「1文字チェック」ができるように改良しました。よって,下の例では最初の文字を「あ」「お」などにあらかじめ決めておく必要がなくなりました。説明文も一部変更しました。

最初に文字数を何文字にするかを決定します。今回は比較的作成しやすく見栄えがいいという理由から40文字とすることにしました。右図のように未確定文字「・」で埋めて40文字とし「概略チェック」をクリックします。ステータスに「OK」と表示されることを確認します。
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・

この文字数のとき,何人パーティでアイテムを何個まで持てるかを確認します。いろいろな組み合わせがありますが,今回は右図のように3人で均等にアイテムを分割することにします。「概略チェック」を行い,「NG」と表示されるようであればアイテム数,パーティの人数を減らす必要があります。
人数 3(存在フラグ全てONにする)
ローレシアの王子 アイテム 5個
サマルトリアの王子 アイテム 4個
ムーンブルクの王女 アイテム 5個

STEP 2 文字の入力とチェック

未確定だった文字を意味の通った文字列に置き換える作業を開始します。まず最後の4文字を「あざらし」としてみました。この状態で「概略チェック」をクリックしてこのまま続行できるかを確認します。この状態では「OK」と表示されましたが,「NG」と表示される場合は別の文字列をお試しください。
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ あざらし

ここで参考までに最初の文字にどの文字が使用可能であるかを確認します。「○文字目/1文字チェック」ボタンの「○」を「1」に合わせて,クリックして調べてみます。すると右図のように「お」「か」「き」「く」「す」などが使用できることが分かりました。「お」「い」「う」「え」「け」などは最初の文字として使うことができないことが分かります(最後の「あざらし」を別の文字列に変更すると結果は変わると思います)。
−−−−おかきく
−−−−すせそた
−−−−なにぬね
−−−−へほまみ
−−−−ゆよらり
−−−−がぎぐげ
−−−−ぜぞばび
−−−−ぴぷぺぽ

アザラシの種類にちなんで「あざらし」の直前にある3文字を「ごまふ」と入力してみました。「概略チェック」をクリックすると「OK」と表示されました。ただし「1文字目/1文字チェック」では最初の文字が「き」「く」「そ」「た」などに限られるようになっています。
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ・・・ ・・・・
・・・ ごまふ あざらし

「概略チェック」と「1文字チェック」を繰り返しながら右図のように文字を埋めていきます。最初の文字は1文字チェックにより「多摩川」の「た」で問題ないことから最初から6文字目までを「たまが わから」という文字列にしました。15文字目を「1文字チェック」にかけると「く」「ね」「り」「び」の4通りしか選択肢がないので,ここでは動詞の語尾につくことが多い「く」を選択し,その前を文章としてつながるように「な がれて いく」としました。
・・・ ・・・ ・・・
・・・ ・・あ ざらしみ
つけて そのご ちがうと
ころに ごまふ あざらし

だいぶん語呂合わせらしくなってきました。未確定文字が3つ以下になったら仕上げ(STEP 3)に入ります。
たまが わから ・・・な
がれて いくあ ざらしみ
つけて そのご ちがうと
ころに ごまふ あざらし

STEP 3 仕上げ

「詳細チェック」機能による最終チェックを行います。まず,ウィンドウ下部にある「詳細チェック3文字に対応」のチェックボックスをONにします。そしてこの状態で「詳細チェック」ボタンをクリックして計算が終わるのを待ちます。ここで表示される文字列を未確定文字に埋めると正しい復活の呪文となります。今回の計算結果は以下の通りでした。

詳細チェックでヒットした文字列一覧
あばむ
いゆほ
いゆろ
えうひ
えすせ
かがぜ
ききぎ
こおつ
こぬざ
こぞら
さやけ
さじぬ
しきび
しよき
しびお
すえが
すすあ
すずし
せあぱ
せいご
せみご
せげれ
せざた
そつて
たたな
たぽず
ちぎぴ
つこみ
てとぐ
とねち
とりげ
ながめ
なずも
なぷけ
にたか
にてら
にむね
ぬあぱ
ぬえへ
ぬとぱ
ぬじさ
ねらあ
ねらし
のひき
のぱつ
はたな
はれな
はぽず
ひにの
ひぬお
ひぬび
ふさば
ふぜぜ
へぺふ
へぺご
まそり
みゆざ
みざや
むのわ
めすほ
めぺふ
めぺご
やゆむ
やろひ
よおい
よそり
よぎぬ
らかし
らゆむ
るそり
るれめ
わほき
わげよ
わぽき
ぎねれ
ぎひさ
ぐふざ
ぐわて
ごとぺ
ざねむ
ざじひ
ずまぷ
ぞくえ
ぞねゆ
ぞぼら
ばひさ
びけし
びせぼ
びりぼ
びぐし
びぷは
ぶにね
ぶやつ
べくぬ
べてば
べるり
べざな
ぼぴき
ぼぴざ
ぱがぜ
ぷすせ
ぷばむ
ぺぬい
ぺがぜ
ぽさら
ぽぴき
ぽぴざ


「すずし」「せいご」のように比較的意味のある文字列や「ききぎ」のように同じ文字が並んでいるものがヒットしましたが,「ながめ」という動詞が文章としてつながりがいいと考えられるのでこれを選ぶことにしました。気に入った文字列がなかった場合は,STEP 2に戻って確定文字の一部変更&概略チェックを行い,再度この「詳細チェック」を実行してください。

完成した復活の呪文
たまが わから ながめな
がれて いくあ ざらしみ
つけて そのご ちがうと
ころに ごまふ あざらし
復活の呪文の完成後,実際にゲームを開始するとどうなるかを確認してみます。「入力画面」タブをクリックし,テキストボックスに先ほどと同じ復活の呪文が表示されていことを確認し,「入力」ボタンをクリックします。「正常なステータスです」と表示されることが前提ですが,ローレシア大陸に戻れないような復活の呪文も冒険を進められないのであまり好ましくないです。目安として以下のような状態のいずれであればOKです。

1.ローレシア,サマルトリア,ムーンペタのいずれかからスタートするもの
2.ロンダルキア以外からのスタートで,船を持っているもの
3.3人そろっていてムーンブルクの王女がレベル23以上であるもの

上記の復活の呪文は,船を持たずにベラヌールからのスタートとなっていますが,ムーンブルクの王女のレベルが34なのでアバカムを使ってローレシアに戻ることができるので問題ないでしょう。


一つ前へ戻る
一つ前へ戻る
シルゴンハーゲンのホームページ・DQ2編へ
DQ2編 トップへ戻る
シルゴンハーゲンのホームページ・メインへ
ホームページ トップへ戻る