ふふふ

趣味でノベルげーシナリオを書いたりする日々。35 番目、勝利の笑い。


予定 読み読み 脳内 BGM 視聴・プレイ(カッコ内は 10 点満点)
義務:映画(今週:カサブランカ)
購買:ナジカサントラ
練習:Tablet で人体描き
Play:『君が望む永遠』age
Play:『未来にキスを』otherwise
Play:『歌月十夜』TYPE-MOON
積み:『ミントちゃん物語』
積み:『SnowGathering』
積み:『終着驛』
購買:『家族計画』D.O.
ハリウッドディレクティングマニュアル



(6)犬夜叉 Mon19:00NTV
(4)コナン Mon19:30NTV
(3)刃牙 Mon25:45TVT
(3)遊戯王 Tue19:30TVT
(5)一歩 Tue24:45NTV
(3)シュガー Tue26:20TBS
(3)スクライド Wed18:00TVT
(3)シャーマン Wed18:30TVT
(4)テニプリ Wed19:00TVT
(6)ヒカル碁 Wed19:28TVT
(3)ヘルシング Tue26:40FTV
(4)フルバ Tue18:00NTV
(3)図書館 Tue25:15TVT
(4)ナジカ Tue25:40TVK
(3)Guystars Sat07:30TVT
(3)カスミン Sat18:30NHK
(4)ギア Sun07:00TVA
(6)どれみ3 Sun08:30TVA
(1)テイマー Sun09:00FTV
(5)コメット Sun09:30TVT
(3)キャプ翼 Sun17:20TVT
(3)だぁ×3 Sun18:00NHK
(4)009 Sun18:30TVT
(5)ONE PEACE Sun19:30FTV

1999 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2000 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2001 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 Current

2001 年 11 月 28 日 (水)

01.技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ

 やじうまWatchから『技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ』。ありそでなかったの〜。

 ちなみに、似て非なるもの→『真・技術系メーリングリスト FAQ』。


2001 年 11 月 27 日 (火)

02.秋葉原はコンテンツ・ソリューションの街?

 PC Watch『■大河原克行の「秋葉原百景」■ - フィギュア専門店が変えるアキバ』。うんうん。

 えろげー屋と同人ソフト屋が拡大してるのも忘れちゃいけねえ。えろげーはもちろん、コンシューマーよりも同人ソフト屋の方が客がいっぱいいるのだよ、秋葉原という街は!(メッセサンオー比。同人ソフト屋は絶対数が少ないので集中してるだけだけど)。

 …ソリューションの方は、なんとも言えないねえ。成功してんのか?

01.『持つ喜び』をネットで提供できるか?

 ASCII24『JASRAC、デジタルミュージック講座第3回“ミュージック・ジャンクション”開催――「ユーザーは本当に音楽配信を望んでいるのだろうか? 」』(長え…)。

 前に書いた『仮想空間内でしか使用出来ないデータの売買』であちきが言いたかったのはこれへの可能性。この講演で吉田とかいう人の言った『新しいコンテンツ』はお門違いもいいとこだと思うにょ。


2001 年 11 月 26 日 (月)

04.積みげー

 金曜、知人がいたので秋葉原。(事前に調査して)ノベル系同人げー 3 本買っちゃったよ、わーい。ただでさえ積みげーあるのに、どうすんだよ? わーい。まだ買ってないけど、D.O.『家族計画』も心の積みげーなんだよ、わーい。

 …アニメ減らすか。そういえば、ナジカのサントラ出てたのに石丸電気行かなかったな…。35 番目、勝利の笑い(←ナジカ「リラ、そこはその笑い方じゃないと思うけど」)。

03.君が望む永遠

 1st、茜エンド。長え…。体験版やって、買う奴が続出したってのは当然なのだろうな。えろげーにおける『ファーストターニングポイント』の重要性をかなり考えさせられた。ターニングポイントそのものは稚拙と感じたが(ちうか実際稚拙。お前、これがやりたいだけなんとちゃうんか? と問い詰めそうになった)。

 構成は悪くないが、詰めが甘い。もう少し無駄を省くことも出来たはず。事件に頼ることが多い。

 キャラクターは各々典型的なキャラという感じがして個性が薄い。キャラごとの譲れない部分が普通で日本のテレビドラマっぽい。主人公がへたれ過ぎてて憧れを感じる部分が皆無。お前等みんな(慎二くん除く)共依存症かと。

 画面効果はいいとしても、テキスト部分の演出が次第にうざくなってくる。個人的には『…』『、』は実時間の『間』ではなく、視覚的『間』として演出したいのお。

 全体的には丁寧に作られてるし、完結してるので良作。主人公に同調できればはまるかもしれない(←まだ、1 つのエンドしか見てないのに言い切ってるな…)。

 そういえば、監督がプログラマーの人だった。どうりで演出とプログラム・システムにこだわりがあるはずだ。あと余談だけど、エンド後にカスミンを見たら、かすみの声が茜の声に似ていたっす…。

02.5,500 文字

 なんとなく、1日でどのくらいノベルげーシナリオが書けるか実験。5,500 文字(11 KB)でやんした。

 1 日捧げたわけでもない(実際に書いていたのは 5 時間くらい)し、特に勢いに乗って書いていたわけでもないので、あちきが物語文章書く仕事を始めたらこんなもんなのでしょう。でも、さすがにこれを毎日というのは辛そう…。それでも 200 日働くとすると、1,000,000 文字か…。やっぱ少ないなあ…。ちなみにこれは Kanon とか ToHeart を 1 人で書くくらいの分量。

 昔よりは明らかに速くなってるけど、この倍はいきたいなあ。今のやつは文節改行(24 文字なら 24 文字で単語の途中に改行がこないってやつ)してるので遅いって言い方もあるけど。

01.ひんっ

 また、一週間空けちまったよ…。しかも日付を間違えたままで…。


2001 年 11 月 19 日 (月)

03.BB Idol

 ZDNet『次世代ブロードバンド・アイドルの育て方――ホリプロ』。お前等本当に(以下略)。ところでホリプロ所属のバーチャルアイドル伊達なんとかは? 個人的には、エロゲーに出演して欲しかったな…。そんで、「あの伊達杏子もついに…」とかバーチャルな感覚を味わいたかった。

 マジな話、ネットが中心になっている以上、従来のやり方やノウハウでは失敗すると思う。アイドルは所詮コンテンツに過ぎないが、一方通行ではだめでしょう。しかし、台本に頼るわけにもいかないので、できるゴーストがいるか、頭のいい偽善者か、相当性格がいいか、修羅場くぐってないと無理な気がする。

 …やはり、中途半端に現実を見せるより、ギャルゲー的に完全に割り切る方がいいような。

02.MS-Windows XP、ギャルゲーに…

 ZDNet『Windows XP,ギャルゲーに敗れる……』。にはは。

01.刑事ジョン・ブック〜目撃者〜

 先週のレンタル。伏線の貼り方、シナリオの流れ方、前半のサスペンス、映像の使い方(シャレード)などがよかった。でも、キャラクターとクライマックス時の盛り上げの圧力がいまいち。キャラクターと関連しての構成が練り不足に思えた。


2001 年 11 月 16 日 (金)

01.速度とか

 みみょー。今、書いてる物語文章、1 日平均 1 千文字しか書けてねえじゃあん。…遅え、遅すぎるみみょー。…と思ったら、先月は風邪ひいて 10 日ほど書いてねえのか。でも、それでも遅いよなー。

 せめて、1 日 4 千文字は欲しいところ。そのくらいの速度があれば、短編(テレビアニメ程度の長さ)、4 日で書けるのに。

 …次の話は早く書くことに意識を置いてみるか。1 日平均 3 千文字を目標として。


2001 年 11 月 14 日 (水)

02.シナリオ厨、企画厨

 ううむ。『シナリオ厨』に『企画厨』か。これは、能力も経験もないのに何かすごいゲームが出来る気になって、「俺、シナリオ(企画)やるから、原画屋・CG屋・プログラマー・音楽屋きぼーん」っていうやつのことらしい。

 ある意味、身につまされる話だな…。これの類似の話として出てくるのは、「俺、ボーカルやるから、エレキ・ベース・ドラムきぼん」というやつ。確かに『バンドやろうぜ!』にはそんな募集がたくさんあったかもしれないねえ。

 上記の中で CG 以外の理論は学んでみたことある(ただし全部独学)けど、どれも難しいんだよなあ…。はっきりいって基本を身につける(それに適応した脳を作る)だけでも難しい。挫折しまくり。

 …いろんな意味で気を付けよう。

01.妹属性判定

 妹属性判定』をやる。結果、萌え度:405、末期度:492。普通に萌えてるレベルらしい。

 …我ながらつまらない結果だこと。でも、今だに装備できない『眼鏡属性』よりはマシか。


2001 年 11 月 13 日 (火)

02.陰謀のにおいがするです

 2ちゃん速報板+ から、asahi.com『「狂」牛病は牛の権利を侵害? 民主・鳩山代表 < http://www.asahi.com/politics/update/1112/003.html >』。くきゅ〜。これは陰謀ですね〜。仮にも政治家、しかも党首がこんな発言するわけないです。情報操作のにおいがするです。先週の『星のカービィ』でも、情報操作について放送してましたです。

01.キッズリターン

 ちうわけで初めて北野武の映画を見た。脚本中心ちうよりシーン中心って感じ。映画っぽいシーンは少ないけど(かといってテレビドラマとは全く違うが)。

 構成は思ったよりずっと標準的(もっと釈放的な作りだと思っていた)。セットアップ、ターニングポイント、ミッドポイント、セカンドターニングにクライマックスと押さえてある。サブプロット(サブキャラのストーリー)も完結しており、そこに作者のアウトロー好みのメッセージが含まれている。

 脚本中心でないせいか、伏線はいまいち。伏線が出てきた瞬間にその意図が読める。よってサスペンス感覚に欠けた。暴力を見せることによる興奮感覚と、成長を示すときの道具立てはうまいと感じた。


2001 年 11 月 12 日 (月)

03.未来にキスを

 椎奈エンド。システム循環からの逸脱っすか? くきゅくきゅ。システム主義のあちきに対するちょーせんとみましたですよ〜。…まあいいです。これに対して言いたいことはそれなりにあるので、いずれテーマにして物語書くです。

 で、他のシナリオもやろうとやり直してみたのだが、たるい。たる過ぎる。途中でやめちまったよ…。で、歌月十夜をやるも、こっちもたるかったのでした。

02.Bit-INN

 PC Watch『■大河原克行の「秋葉原百景」■ パソコン発祥の地がアキバから消えた』。泣ける。Project X 放送きぼんぬ。63 歳にして青春を知ることもあるってことか。死ぬときにはこういう濃密な時間を思い出しながら死にたいねえ。

 クールに考えれば、時代はハード→ソフトから、さらにコンテンツ(ここでは模型・マンガ)に向かっているということなのだろうな。ハードはもちろん、ソフトの意義すら薄れた今、こういう場所の意義もなくなりつつあると。逆に、マニアが必要としているのは、コンテンツを作成するこういった場所なのだと思う。

 あちき的には、『復刊リクエスト投票 チャレンジ!パソコンRPG&AVG1〜5』のコメント見たとき、似たような気分になったなあ。基本的にあちきは、過去を分析することはあっても振り返らないタイプなのだが。

01.めがねめがね

 夢…。夢を見ていました。

 …ではなくて、夢が叶った。土曜日、紫外線100%カットサングラス掛けてモニターに向かっていた。そんで、飲み物を取りに行った。帰ってきて、再びモニターの前に向かう。そこでふと気付く「あれ? サングラスはどこだろう?」。そして、しばらくサングラスを探した。結果、サングラスは掛けたままなのでした。

 あちきの視力は両眼とも 2.0 なのよねえ…。だから、眼鏡掛けつつ本気で眼鏡を探すというシチュエーションに憧れていたのだ。うむ、よかったよかった。


2001 年 11 月 9 日 (金)

01.Kanon TV アニメ化

 かなり古いが、フジテレビで東映で深夜って話ですわよ。知ったのは 2ch の leafkey 板(2 日前)。アニメ雑誌に載ってたらしい。

 とりあえず、つまらん内容になるに、50 万ペリカ! それで勝った 250 万ペリカをさらに全額賭けてもいい! まあ、つまらんくても許してやるけどな、寛容な精神で。

 しかし、どういう切り口を狙うのだろう? PS2 版のプロモーション? じゃ主題歌は堀江由衣で『食べたいたいたいたいたいやき、金ないやいやいやい今夜は』というのはどうか?


2001 年 11 月 7 日 (水)

01.ComicStudio 1.1 及び EX

 ASCII24『セルシス、あのマンガ制作ソフトの最新版を発売』。『あの』ってなんだよ…。しかし、相変わらず、写真の解説部がいかす…。

 使えるかどうかは不明だけど、EX の方の 3D 人体はいい発想だねえ。紙の向きが変えられるというのもよい。慣れてない(手首で線をひいている)と横線ってむずいからなあ。あとは、学校の素材がいいねえ。単体でこれだけ買うかなあ?


2001 年 11 月 6 日 (火)

02.未来にキスを

 くきゅくきゅプレイ。今のところ椎奈ルートっぽい。

 しかし、なぜエロシーン・選択肢・分岐のときだけキャラがパーツ化(人格以外で動いている感じ)するんだろう? なにか意図してるのか、表現が都合主義なだけか分からんのがやっかい。

 あと、たいくつなのは導入だけみたい。午後 10 時から始めて、午後 11 時で終わるつもりが、ついつい午前 1 時までやっちまったい。

01.晒し

 窓の杜『【ひぐちたかしのオンラインソフトよもやま話】第33回:オンラインソフト社会の構造改革(中編) 〜見直すべき現実と責任〜』。あれだけ方々で言われてて、これまで以上の論を展開するとは…。その勇気に拍手…。というより未来に乾杯!


2001 年 11 月 5 日 (月)

02.秋葉原

 久々に秋葉原。8 月の終わりに行ったのが最後だったっけ? とにかく、最近、物欲がなくての〜。ただでさえ、『欲がなさ過ぎ』とか言われてるのにねえ。

 とりあえず、全然えろげやってなかったので、『歌月十夜』『未来にキスを』『君が望む永遠』辺りを買っとく。『秋桜の空に』も買おうとしてたけどなかった。

 しかし、『未来にキスを』はああいう絵でああいうキャッチコピーが付いているとは思わなかった(一緒に行った知人に『Natural』と言われて納得。テキストブラウザでレビュー読んで買う気になったから、絵・ジャンル知らなかった)。何をするつもりだ元長柾木…。でも、小一時間やったくらいで飽きた。だるだる〜。個人的には、後の元長作品買うかどうかを見切るためのえろげなので、最後まではやるつもりっす。くきゅ〜。

 『君が望む永遠』もちまっとやる。画面効果が素晴らしい。ロジックの見当がつかない。ただ、使われ過ぎててうざい。導入は惹きつけられたが、テキストの雰囲気は嫌い。なんつーか『加奈』を彷彿させる。鼻に付く。

01.ルビ

 吉里吉里2つーか KAG3 のとりあえず実際的に不便なところはルビなんだよなあ。KAG3 ではルビを [ruby text="あ"]亜 って書くのだが、漢字 1 文字にしか指定できないのよねえ。『明日』みたいなのはどうすりゃいいんだろ? 個人的には [ruby text="あした" length=2]明日 みたいに出来るのきぼんなんだけど…。デフォルト length=1 なら互換性も保たれるし〜。

 ただ、TJS2 で KAG3 を拡張すれば自前で実装できそうなので、掲示板に書くのは迷うところ。書籍で使われるレベルのルビの仕様となると、説明が面倒だしねえ。

 あと、ソースコード上の GPL 部はなくなったみたいっす。


1999 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2000 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 2001 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 Current

source-uri: http://www.geocities.co.jp/Playtown/1199/fufufu.html
Motoyoshi SHIOKAWA
shiokawa@tkb.att.ne.jp