俺的GENESISそふつ
CADASHぱっけーじ
メガドライブ版?

これがメガドライブ版ぱっけーじなのだ

タイトーがアーケードでこのゲームを発表した際には様々いわれたものですが、アーケードでありながらARPGというスタイルを真正面からとりくんで、見事成功した記念碑的作品のメガドライブ移植版です。上のパッケージ写真を見てGENESISソフトの紹介でなぜメガドライブが?と思われた方も多いと思いますが、実はこのカダッシュ、ちゃんとGENESIS版パッケージのモデルも存在しますが、初期出荷分はこのパッケージで発売されていました。実際に輸入販売されていた頃、メガドライブ版という形で販売されていたお店もありました。一応、欧州版メガドライブの発売かな、とも考えましたが、メガドライブのMDロゴが全く違うのでチョイと調べてみましたが欧州版の発売を確認することができませんでした。ってことで、日本での発売予定が合ったことを示唆していたと勝手な推測(笑。これの後PCエンジンで純粋な移植版が発売されたときには悔し涙を流したモンでした(笑

実はこのカダッシュ、カートリッジにもいわくがありまして、下記写真のとおりカートリッジ形状もまんまメガドライブ。ちゃんと初代メガドライブ、ワンダーメガ1対応のカートリッジの切れ込みも入っています。しかも裏面の注意書きは日本語で書かれているという(というより、当時日本で発売されていたメガドライブのものそのまんま(笑)、ここまできて日本での発売予定は無かったとはいわせないというくらいの代物です。もちろん取説もご丁寧にメガドライブロゴ入り。ちなみに私はこれをずっと探し求めて約3年間かかってようやくGetしました(^^; そんなわけでこのレビューでは「メガドライブ版」ということで統一して行きます。

おもてうら

カートリッジの表と裏面

裏面の日本語表記に注目

さてようやくゲーム内容についてですが、当たり前ですがメッセージが英語表記なため、さっぱりわからずゲームを進めるだけでも一苦労なのである程度しかご説明できそうにありませんが、ちょっとだけ触れていきましょう。まずはじめていきなり気が付く違いは元のアーケード版は戦士、僧侶、魔法使い、忍者の4人の中から1人選択して開始でしたが、メガドライブ版では戦士、魔法使いの2人しか選択できないという点です。これははじめて知ったときちょっとショックでした。私はずっとアーケードでは忍者使っていたので、かなり大きな痛手です(笑 なお、ちゃんと2人同時プレイは健在ですのでご安心を。

タイトルと寂しいキャラ選択画面

なんとおねーちゃんと忍者がいない!

これだけでも評価はがた落ち・・・

タイトル画面2人しかいない・・・

基本的な移植度はそれほどおちてはいないと思います。BGMは私が余り覚えていないせいで詳しくはわかりませんが、画面的には見劣りしないレベルです。操作性も個人的にしっくりこなかった(と言うよりはパッドのせいなんだけど)PC-E版よりもいいと思います。ただ、前半からややバランスはきつめに作られている感じを受けます。すんなり倒せたはずのスライムボスもなかなか苦労しました。また、英語表記故の中盤以降のほとんど覚えていない部分での進行がちょっと辛いです(^^; 元のソースは非常に面白いゲームだけに、ここの部分だけはやはり日本語で楽しみたかったのが本音ッスね。

敵の出現パターンや展開はちょっと違うように感じましたが、概ね素直な移植と考えていいでしょう。タイトーの同系列(じゃないとは思うけど(笑)の移植であるラスタンサーガ2のほぼ忠実な移植度を思えばおわかりいただけるかと思います(よけいわからないって(笑(そもそもラスタンは移植するチョイスそのものを間違えているような気がする(^^;)

プレイ画面

画面の移植度は非常に高い。

グラフィックもかなりがんばってます。

やはりひととおりプレイしてみて思うのは、なぜ日本国内のメガドライブで出さなかったのかという疑問です。PC-E版がタイトーの切り札的なものでもあったのでしょうか?いずれにしてもほとんどはずれに近かった当時のメガドライブのタイトーのラインナップにたいして、これはかなり高いレベルでの移植ですし、より家庭用ゲームっぽい作品なのにどうしてなんでしょうか。プレイ中話しかけるたびに出る英語表記を見るたびに「やっぱり日本語で進むものが欲しいなぁ」って思います。パッケージがあそこまでできあがっているのだから、版権かそれとも外的な権力か何かで発売が中止になってしまったとすると非常に残念です。

さて現状このメガドライブパッケージ版のカダッシュ、GENESISパッケージ版カダッシュ共に入手は非常に困難といえます。なにしろ海外の中古のサイトにいってもなかなかタイトルにお目にかかれません。ましてやはりメガドライバーなら手に入れておきたいメガドライブパッケージ版は逆に日本国内の方が入手できる可能性が高いです。ちなみに私が手に入れたときは¥6980でした。現在はもうちょっとあがっていると考えられます。万人にお勧めできるわけではありませんし、よほど思い入れが無いとせっかくかってもほとんど楽しむことできないと思いますので、本気でカダッシュが好きな方、メガドライバーを自負する方にはお勧めしたい1本です。


レビュー募集

プレイした事のあるGENESIS、海外メガドライブソフトのレビューを募集しています。レビュースタイルは自由ですので熱いコメントお待ちしております(^^)


E-Mailはこちら