2003年5月31日
フィギュアの保存

 
 ガシャブームの火付け役はバンダイのウルトラシリーズあたりだと思うのよ

「オトナも子供もハマりましたからね」

 片づけ捜索中、塗装が剥がれたのはまだ無かったけど、空気中の埃を変色したのが
いくつかあったのよ。

「クリアー系とか、経年劣化で濁りが出ますしね」

 買った状態のポリ袋に入った状態の物は結構長持ちすると
思うけど、部屋の中に出しっぱなしのものはそろそろ5.6年ぐらい
経過してる物があるから、そろそろ大事にしてる物はしまった方が良いかと
思うのよ。

「はっ!うちの、だよもんもパーツがポロポロ落ちてるような」

…それは成型的に元から…
ま、それはおいといて、ガシャのディスプレイケースはよく見かけるけど
そろそろガシャポン等のフィギュア保存の需要が必要になってくるのではいかと 君は!

「君は?」

 ぶっちゃけ黒のポリ袋な。
ウチではゴミ用に昔使ってのが発掘されたので使ってるんだけど
買った時のパーツ状態(個別に梱包されている)で黒袋に収納して
いるだけでもかなり持ちが良くなるのではと、考えられる。

「光の影響を、受けなくするためッスね」

 可塑剤が抜けたり、空気中の微細な埃やカビなどが
食いつかないようにして、冷暗所に入れておけば放置の倍は
長持ちするんでないかい?
 保存ケースと言いたい所だけど、いい加減に集めてるウチでさえ
200リットル分ぐらいの袋にギュウギュウに押し込んでいるので
ケース収容は数多くなりすぎて無理〜。
ポリ袋に個別にいれてシールで名前書いて貼るのがいちばんかな

「しかし、黒のポリ袋って、あんまり見ないんすよね」

 海洋堂のホビーロビー当たりで売ってくれんかな?
大中小別々で
別にゲーマーズでも、さくらやホビー館でも良いけど

「暗くて密封がポイントですか」

ういうい


2003年5月30日
オタク立国日本の設計図(4)

 地方の即売会を拡げましょう。どんどん持ってきてくどんどん盛り上がりましょう
と言っても所詮は、机上の空論。
 まあ、十中八九スカスカな状態が続いて、自然消滅する所が多数といった
とこだ。

「早速、自己否定してどないしますのん」

 で、ここで必要なのが米百俵の精神ソフト立国日本をしょって立つ
次世代を育てない限りは、今ある情報を食いつぶすのが関の山で
昔の方が作家の層が厚かったという事になる訳ですよ。

「学校毎で同人誌でも出して
 全国大会でもやりますか」

 あー、それも良いねぇ
私の考えているのは絵記憶教育。

「??」

 昨日何食った?

「焼き鯖定食です」

絵に描いてみ?

「(ぐにょぐにょ)うーーん、出来ません」

  それが当たり前で、普通絵で記憶する事というのは案外ないのよ。
根本的な絵心があれば、自分の持ってる技法に
修正を加えて、記憶に近いことを表現できる。
 私の学生時代は図画工作を教わる時にはお手本に近い順から高得点という
システムだったため、技術は学べても創造性を学ぶとは言い難かった。。
 絵記憶教育というのは、幼い頃からビジュアル的に物事を捕らえ
それを表現する資質を作り出すというやり方なのよ。

「絵の苦手な子は」

 そこは、文章でも、音でだって良い。
覚えたことを表現できるようにすることが大切なわけだ。
例えばさっき飯くって来たわけだが私は絵には描けない。でも
  中野にあるふらんす亭。中野駅北口のサンロードを入り右手2階にある
 店だ。昔は少なかったが今ではよく見かける。

  注文したガーリックソースのハンバーグは数分という思いもかけない
 早さで出てきた。朝から何も食べずに夕方まで働いた人間にはありがたい。
 ジュー−ジューと鉄板の上に、肉汁たっぷりのハンバーグが乗っている。
 その上には香ばしいガーリックチップが乗っている。
 思ったより小さい印象であったが、一口分の味の濃厚さが充分な満足感を与えてくれる
 中まで火が通り、表面が鉄板で引き締められたハンバーグ。これは美味い。
  皿に盛られたライスと一緒にぺろりと平らげる。大盛りが無料なのもふらんす亭の特色だ。

  付け合わせのもやしは、すぐに食べない。
 私はアレコレと食べ散らかすのは好きではないからだ。一つの種類を黙々と食べる。
 最期の順番がもやしという訳だ。安い総菜ではあるが、味付けもやしもまた美味い。
  あとちょっとの物足りなさを、もやしがまとめてくれる。ジャガイモならちょっと
 もたれる所なので、こういった気配りが、いつも通ってしまう要因といえるだろう。


 と言う風に記憶を文章で表現できる能力があるから、レポート物などの
仕事がこなせたりするわけで、
 空腹の食事を音楽で表せたら、立派な作曲家になれる。
想像とは記憶の組み合わせであり、
記憶したことを表現させることにより
教わっていないことを自分で組み立てる基礎教育
を行うことが
将来的な、この国の人材を育てると言うことになるわけだ。

「お手本のない教育というのが、できる環境なんすかね」

 知らん。
だが、先々を見越して、今のうちに出来ることをダイナミックに行う。
一朝一夕では結果は出ないけど、全体の方針としては必ず良い結果
を生み出す物だと信じてるよ。
 創造性のある人間を増やせば、その受け皿が必要となるわけで
即売会主体で考えてるのはそういう意味な。
 



PSX

…ソニー全部入り?
ゲームやりたければPS2買うし、
HDD+DVDレコーダーなら、これが出る頃には安価なのが
普及してるだろうし、
うーん、なにか思い出すな〜

 はっ!AV機器にゲーム機!
レーザーアクティブだ!

メモリースティックに映像の移動が出来て
なおかつ、小型ハードで観られるならOK


2003年5月29日
オタク立国日本の設計図(3)

 
 一般的な考えとして、
今の若手の中に、きっと未知の才能が埋まっているから
コンテストをやって、そういった才能を掘り起こそう
という発想が
あるけど、実際にコンテストやったり、応募したりしたことのある私としては
実はたいした効果がないと、薄々勘づいた訳ですよ。

「何故ゆえ?」

 仕掛ける方としては、多くの才能があっても
その段階での技量で選ばざるを得ない


 これが商業マンガの新人賞なら、将来的な資質を
見抜いて仕事を与えて育てていくことが出来るのだけど、
公的なスタンスで行われるコンテストには「育てる」という要素が欠落
してる訳ですよ。
 誰もが納得できる上位を選んでそれで終わり。
今回部屋ひっくり返してたのは、昔の新人賞マンガを掘り起こす作業も
あって、おおむね大賞を取る人間は、そこで技術が完結していて、
そこから先に延びた例があまり多くないのがわかった。
 メジャーになっていたのは技術はヘタクソでも個性が際だった人間に
人並みの技術を教えていったという例が多く

才能を育てるにはサポーターが必要なのよ。

「いればいいですねぇ」

 だけど、現状ではどうかというと、マンガで担当の掛け持ちは当たり前
アニメだと仕事で忙殺、好きなことやっても良いと言ってくれるプロデューサーは数少ない。
 音楽もしかり。ゲームもしかり。
新人を育てる育てるの大号令はあっても、
実際一人一人にアドバイスして
一人前に育てていくことなんか無理ぢゃ!

 結局の所突出した才能をみんなで食いつぶしてるのが、現状だと思わない?

「育てる側の人材もいないようですが」

 だからこそ、私は
即売会という、日本文化を支える
底辺が必要
だと力説してるのですよ。

 特定の個人がサポートしてくれなくたって、面白ければ、良ければ
自分の作品を判断して買ってくれる。
良ければ褒めてくれる、悪ければクソミソに書かれたりする。
 これを、かってあったクリエイターとパトロン。漫画家と編集者、
ミュージシャンとマネージャー等々の関係の、別形態と仮定すれば

 作家を育てるのは市場(マーケット)であり、
自分から想像の世界に飛び込んで、サポーターを獲得するのが
21世紀のクリエイタースタイルではないか
と、激しく!激しく主張
するとこなのですよ。

「才能を育てるのなら、専門的な学校の設立でも
 代替できるのではないですか?」

 それは一点をひっぱってつまみ上げてるにしか過ぎないと思う。
国民的なレベルで創造性の高みを目指すには余暇を全部想像に使うぐらいの
勢いのある人間を広く持たねばならない。
 学校の良い所は時間と機材を与えられる所。
しかし即売会文化はもっと、市場に根ざしたぎらぎらした物を育てるに
適すると思う、文化的なすばらしさも結構、ミヤザキアニメはイイアニメ
 しかし我々のオタクの世界はもっと下卑た、弾力のある力強さがあり、
これこそが先々を支える才能の苗床になると思うわけですよ。
思い出せ!タテマエにおもねった「にょ」のつまらなさを!

「ひとこと、よけいです」

(まだつづく)


2003年5月28日
片づけ者の日々(最終回)

 片づけ終了!というより戦略的撤退!

「なんじゃそりゃ」

 余裕スケジュール全部使い切ったので仕事が逼迫
近々、東北に出張予定なので、その準備もあるし〜
 しかし、当初の目標は達しているのですべて良し。
とりあえずフラットになった我が家を、序盤で働いた
メイドのお嬢さんに見せてあげたい。

「脳内から、漏れてる漏れてる」

処分品ワンポイント講座

 ガシャは必ずフルセットでまとめる。

単品で売れるのは出来の良い美少女キャラのみ。
半端なキャラしかないなら、潔く捨ててしまえ

 チョコQ(エッグ)は解説書も忘れるべからず
個別解説書がつくのは必ずワンセットで、バラ単体では売れません。

 帯を捨ててはいけない
つい捨ててしまいがちな、単行本の帯ですが、
後で役立つこともあるので、捨てずにとっておこう。
 
 ACアダプターを外す時は、必ず名前を書く
書き込めるテープをコードに巻いて、機種名を書く
でないと、捨てて良いアダプターの区別が付かなくなる。

 昼寝もまた良し
どれを捨てて、どれを残すかは意外と集中力が必要
一人で働きづめだと、注意力が散漫になるので、適度に休憩が必要。

 残りの人生で二度と読まないモノはみんな捨てろ!
某先生の本は片っ端から全部捨てたから、もうすっきり!
ウチの基準では発明ソン太と坂口尚氏の短編集以外は全部捨てて可
 名作ほど再販の可能性が高いので無理に持つ必要なし。

 片づけとは、捨てるのではなく、価値あるモノを手元に残す作業なり
ちなみに古本屋ですが、メジャーではない本は
大型店だと一冊5円〜10円ぐらい。
 通常相場は定価の1割〜2割程度で、現在ドラマ化などされている物は
定価の半額と言うこともあります。
 基本的に買い取り不可の物も多いので、期待は禁物です。



 

2003年5月27日
片づけ者の日々(6)

本日の発掘
SIPって知ってるかい?

「なんかの秘密組織ですか?」

 ソフトウェアインストールプログラム
今を去ること10年ぐらい前は、PC98の全盛時代。
そのころEPSONが98互換機を出したのはいいのだけど
NECも互換機に使用されないようにしたガードを挿入。
 それに対抗したEPSONのガードキャンセラーがSIPなのだ。

「権利的にどうなんだろう」

 権利関係が整備される前の過渡期ならではと、言えますわな。
ちなみにこのへんの注意書きはワザワザ下敷きみたいな
プラスチック板に印刷してあるので、ちょっとごまかしたじゃなくて
堂々とやってるとこがミソです。

 次なる発掘はこれだ!
無責任艦長タイラーシップモデルチョコ

 あの西崎氏も次回ヤマトはこの人たちにと言ったとかの
伝説のある、メカ物風アニメなのだけど、メカ系の関連商品はほとんど出ず
なぜか食玩で戦艦プラモが出た、かなり貴重な珍品。

その中身

「駆逐艦そよかぜ」と「空母ほうおう」           「戦艦肥前」と「巡洋艦ドローメ」

 以上全4点セットをまとめて、一名様にプレゼントします。
ただし数ヶ月以内に彩色組み立てしてフォトを送ってくれる人限定で
我もと思う方はこちらまで応募プリーズ。

ネット上でのフォロー記事


2003年5月26日
片づけ者の日々(5)
まだ終わってなっかりして

「よーするに体動かしてる間は頭脳が止まるヒトなんですね」

 片づけの終盤はテトリスみたいなものだから、脳内で
あっちに収容こっちに収容のシミュレート繰り返すので大変なのよー。
ちなみに今日の出来事をまとめると
第1話「4年物の冷蔵庫はやばいぜ!」
     ついこの間片づけたばかりと思っていた冷蔵庫。しかし時間が過ぎるのは早く
     もう人外魔境寸前だった!(連続するエピソード 24日「びっくりするパンパンモモ缶爆弾)
第2話「時をこえたメッセージ」
     亡くなられた師匠からの手紙発見。17年前の諸行に対する大説教で再しょんぼり。
第3話「捨てか!キープか!横山デザインのサソリ型ゾイドデスピオン大発掘!」
     再販は決定してるらしいけど、いろいろすったもんだがあるらしい
第4話「奇跡の復活!ウルトラマンティガ」
     何故か別々の場所で見つかったガシャパーツが見事に合体。
     いくら探しても見つからないパーツも必ずどこかにある。世の中に不思議な事など何もないのだ。
第5話「危険にゃ過去への旅」
     若い頃の自分のダメダメ加減は、想像以上!  
      過去をプロファイルされないために即抹殺!初仕事の原稿料は1000円でした。

「そーいうネタは、こまめに考えてるのか」

 今回は結束器使っててこれがすごい便利。
オタクの片づけというと、本の括りは必ずあるからね
 しかし15`ぐらいまでしか耐えられないので、グラビアの多い
雑誌とかには不向き。

「ニュータイプとかには使えないわけですな」

重量オーバーだと、バチーンと盛大にはじけ飛ぶので、
重い物にはつかえません。

 ところでビデオテープとかのメディア専門の回収業が
そろそろ現れないかな。
 ビデオとかフロッピーとかをその場で電磁石使って
データぶっ壊して
回収いたしますと言う職業。

「フロッピーやMO、R等はシュレッダー聞かないですからね」

 データクラッシュ率100%の我が社へどうぞー
みたいな感じで、やってくれないかな?

「電磁石って指向性あるのかな?
 強力すぎると何か障害起きるかも」

 血行改善はないかもね。


2003年5月25日
片づけ者の日々(4)


「タイトル変わってるし…」

 本の中見ながら、処分本決めてるので若干スローペースになっていたりして。

「ありがちな罠ですね」

そんな中で面白い本を発見した!
アニメージュ付録のAVトレンディ特別編LD活用大百科1993年12月号付録

「10年前だ」

LDの一般普及し始めたのは1980年代前半ぐらいからなので
一番ノリの良かった時代の(たぶん高年齢化した20代読者向け)
記事じゃないかな。ページトップは
LDっていったいなあに?
1、高画質&高音質ソフト
2、取り扱いに便利な光学式
3.多彩な再生・検索機能
4.たくさんの仲間たち(CD/CDV/20aLD/30aLD)

「ん?よくみるとDVDと大差ないですね」

 円盤がでっかいだけで、基本のシステムは何もかわってないからね。
録画できる超LDは21世紀を待たないといけない
というのは、なかなか的を得ていて感心。ホントに超されてしまいましたが。
 ハイビジョン対応LDの可能性とか見ると
パイオニアが勝利した架空オタク戦記というジャンルも充分行けそうやね。

「ビデオはやっぱりベータが勝利ですか」

サラウンドじゃなくて4チャンネル対応とかになってるとか

「ジ・アニメがまだ残ってるとか」

西崎義典氏が逮捕拘留されていないので
ヤマト10がいよいよ公開とか

「音楽ではDATが主流とか」

 …あんまり歴史が変わってる気はしないなぁ。
 オチは
 LDのソフトの重さで底が抜けた家続出。


銀河の歴史がまた1ページ

 amazonカスタマーでここまで評された物は始めてかも。


2003年5月24日
まだまだ閑話休題


 片づけおわらん…

「本筋にいつまで経っても戻りませんなー」

 もうそろそろ終わると思うのだけど…
 続、片づけの話だが、基本は搬出なわけだ。捨てるなりなんなりで。
 最近は宅配用キットを送ってくれるので、本をギューギュー詰めて
 送るだけで良いというサービスもあんのよ。

「そうやって、悪の新古書店の肩を持つか」

 流通中の本売るのは作家の打撃だけど、時間が経過した只の
 雑本(ざっぽん)をバシバシ送りつけて処分するのは、問題なしな

「自分にお優しい人で…」

 他にもおもちゃ系は中古業者に引き取りに来て貰ったりとか
 搬出メインでやってるから、かなり捗(はかど)ってるので大助かり。
 自腹だけど宅急便買い取りとかもあるので、部屋がとっちらかってる人は
 利用するといいかも。

「こういうのって無料引き取りみたいな物ですが、やっていけるんすかね」

 古紙原料になる物なら基本的に損はしないんじゃないの?

 今回はDVD−レコーディング生活になって初の総改装なのだけど(ツッコミ無用)
 ホームセンター等で売ってる、タッパー式の収容ケースがえらい便利で重宝してるのよ
 38枚ぐらいで1ケースなので半年分くらいのRとRAMがサクッと収まるところが美しい。
 VHSの時代は、心の中で完全に終わった感じ。

「今度はそのケースが異常増殖していくわけですが」

 ここで オタクのための生活情報〜
 同人誌を捨てる時は、段ボール箱にまとめて入れて
 上からサラダオイル等をぶちまけると、中身を暴かれずにすむうえに
 どっかで売られる心配もなくなります。

「自作のエッチ系本とかね。
 オイルは原料として溶かす時に邪魔にならないすか?」

 植物性ならあまり問題ないはずー
 別にインクでもいいよ。
 墨汁を薄めてジャブジャブかけても可。

「本を拾う人にとっては、悪魔のようっす」


2003年5月23日
まだ閑話休題


 世の中には、部屋を片づけるのが、面倒くさい人間が沢山いると思う。

「汚宅訪問が番組になるぐらいですからね」

そこで思いついた、画期的な部屋片づけ法!

「収納使ったり、どんどん捨てるのは基本的整理法ですよ」。

違うぞ、題して「メイドさんイメージクリーニング」だ。

「…」。

 まず脳内で、可愛いメイドさんをイメージする、
そのメイドさんと一緒に部屋を片づける気分で掃除する。

 となりから「キャー」とか声が聞こえたりして
『あっはっは、ミイラになったヤツじゃないか、生腐りは困るけど
 干からびた物は怖くないよ』
“ご主人様、頼もしいです〜“とか

「……」。

“旦那様、ここにこんな本が“
『ああ、これは私が昔仕事した本だよ』
“ええー!こんな仕事もされていたなんて、旦那様すてきー”

 とかなんとか妄想しながら、やってるとなかなかはかどるよ。

「………」。

エッチな本を見つけて、顔まっ赤にして片づけてる所想像したり

「危ない人が、脳内メイドさんに嫌がらせしてるようにか思えませんが」

あほー、想像力というのは、苦境を楽しむ時にも使うんじゃい!

「妄想セリフを口に出したら人間失格っす」

リアルだと、派遣会社で伝説になりそうやん…。



2003年5月22日
閑話休題

 いやぁ、片づけは面白いなぁ

「年末でも無いのに」

そろそろの身の回りを整理しようと思ってね

「ほほう!結婚でもしますか」

いや、いいかげんISDN止めようと思うので
工事の人がマトモに入れるくらい片づけておこうと

「隊長ハウスは魔窟ですからな」

 いや、さすがに数年ほっといただけあって面白い面白い
下の地層から「GAKKENのルッカー」とか「ソノラマのグリフォン」とか
発掘されたり、ガンドレスのDVDのチラシというのも今となっては
貴重だよ。もっとも自虐的な宣伝素材として

 しかし、右から左に動かすくらいでは片づかないでしょう。

「原則として、重い物は残す、軽い物は捨てる」

 トイ系も超合金魂とかは残して、ソフビフィギュアはバンスカ捨てるか売っぱらう。
どうも接着剤で留めてある物は、パーツがボロボロ落ち始めてるので
粗製されたものはとっとと手放さないと、ガラクタを後生大事に持つことになりかねんのでなー

「可塑剤が揮発して収縮始めるんでしたっけ?」

 ソフビっつかー、フィギュアブームが1996年くらいピークだから
そろそろ危険なフィギュアも増えてきてるかも。
 あと香川造型は全部残して、後は処分対象。

「近年物は、今売ってもお金になりそうにないっすね」

 それでもいいからどんどん処分して、平行の床をまっすぐ歩きたい!

「そりゃ、工事の人も入れませんわ」


エヴァンゲリオン実写化(英語)
 アカデミー賞受賞の「ロードオブザリング」の視覚効果チームが
関わってると言う所がミソですか。

 ここはやはり、装甲が剥げて巨大ママンがポロリの路線で…

エリアル?」


新作サンダーバード(トレーラー内)


2003年5月21日
オタク立国日本の設計図(2)


 んで、なぜ地方で即売会という事を言ってるかというと、
まず一つはゼニな訳だ。カネですよキャッシュですよ。
売れるものを作れば金が儲かる。
収入がある限り、無職ではないという、かなりインチキだけど
新規雇用開拓
であるという点な。

「売れなくても良い作品を作るヒトはどーすんですか ブツブツ」

 自分の作品はすばらしいと本当に思ってるなら、売り上げ云々は些末な事
小なりとも、世に出したことで完結してるわけやん。
 例え貧しても、世に残る限り功績は失せはしない。
誰もが死して後、評価を掴んだゴッホになり得るのだ

「うさんくさ!」

 もう一つは(こっちの方が重要なんだけど)
創作動機を得ること
 すなわち新しい技法や、才能に触れると自分でもやってみよう!という気になる。
コミケとか観察しても分かるけど、誰か一人画期的な技法に気がついたら、
それを追随することによって、総合的な技術力が上がっていくわけだ。
 関西のイベントでは、いしいひさいち氏風のギャグマンガが異常発達して
関西はギャグ、関東はストーリー!とかな

「鹿児島はヤオイ!とか(司馬遼太郎氏の著述参照)」

 誰でもミニマムなクリエイターになれる「即売会文化」というのは
文化的人材の底辺を拡げることになりうるものである。
 同人誌即売会等を主に考えてるけど、自作の陶器でも
デザイングッズでも何でもありな訳だ。
 身近な所で刺激を受けることによって、
自分でも創作活動を始めようと思わせること

 これはいつ始めても、いつ止めてもいい。
 個人に関係なく同一線上で評価対象になる場所は、全国標準的に
必要であり、パロディとか、エッチ物はこれまで通り民間主催でサポートしていく。

「デザインフェスタとコミティアの合体した物の分散化ですか」

 もっと違うものになるような気もするけどね。
このプランの利点は、地方にある施設の有効利用になること
あと、卓代もしくは入場料で収益を上げられることになる。

「えーと、隊長が言うことは
 県庁毎に××県文化即売会課というのが新設されて、そこで事務業務を一切引き受けて
 エントリーもそこでやって、告知は市や県の広報を使うというものですか」

おおむね、そんな感じ〜。
理由を付けて手を動かすことが、国民の文化の発展に重要なのよ
(まだつづく)


2003年5月20日
その先のなにか

21世紀日本はオタク立国たるべきというのが持論な。

「そりゃーミミタコで聞いてますが」

イメージとしては、国力としてはそう大きくないけど、デザイン大国というと
真っ先に思い出されるスウェーデンみたいな感じ。
 ソフトや発想に関する情報が蓄積されていて、それを国民が誇りとして
自国の文化として継承発展させていく国
で、
 知に関する欲求を主軸とした経済体系で、大きく儲からないが、無いと困るような
世界の要石(かなめいし)のポジションにある姿。

「生産拠点が海外に移行している現在、そうならざるを得ないといった感じですが」

で、未来の日本をデザインするに当たって、若手の育成というのが重要課題なのだが
 それに関する実際的な教育はまだまだ行われていないと考えられる

 同人誌等の即売物を、手を動かすことのスタートラインとして認めて
 全国レベルで同人誌の即売会などが行えるよう、公民館、展示会会場などを積極的に
 国が解放する。
  加えて同人誌の印刷所などを税制面で優遇する。
 その代わり同人誌などの印刷時に税金が発生するようにする。


「逆に圧力かけてるのでは」

 仮に10%としよう。
 10万円出して500部の本を印刷したら、デザイン税とかいって1万円取られる。

「ぷんすかぷんぷんぷん」

 本の単価は220円になるわけだが、頒価じゃなくて原価に課税されてるのがミソな。

「で、販売したらその分の税金も巻き上げられるのでは、2重取りやんすか」

 その代わり、国は最低限のとりっぱぐれが無くなるので、法案等は通しやすくなるぞ。
 こちら側としては、印刷と、販売所得に対する2重の税金を支払うというリスクの代わりに
 即売会場という、物を売るチャンスを受け取れるようにするわけだ。

「はい、質問!自主的なオンリーに任せていたら時勢に偏ると思いますが」

 そこで、地方自治体主催の即売会を積極に行うようにする。
文化カテゴリーのマンガとか小説とかな。

「そういうお客の来なさそうなイベントに人が集まるかどうか」

 継続は力なり、最初の数年はしょぼくても、他人に認められたいという欲求があるなら
関東とかの大規模即売会に打って出ればいいし、地方でしか手に入らないミニコミ誌が
あるなら国内移動の、動機にもなるわけだから、オタク磁力の強い物を育てると言うことは
経済的波及効果も付いてくると言う事やね

「地方自治体も、地場作家を育てる事に力を入れるべきですな」

出世してプロ作家になって、関東に拠点を移されたら損だけど
地場に居着く可能性もあるわけだから、将来的には大幅税収アップする

「どっか、こういう話真面目に聞いてくれそうな政治家はおらんですかねー」

 まだまだ つづく
 


2003年5月19日
HDD+DVDレコーダー


 RD−X3買いましたとさ。

「結局無難なとこに収まるのね」

ネット機能が使えないので、今のところ削除の早いX1ぐらいの印象しか無いや。

「開発者も泣きますよ」

  ハイスペック家電は誰でもその恩恵にあずかれるわけでは無いのさ。
 相変わらず一括編集の時にタイトルが出ないとか、根本的な使い勝手の悪さは
 変わってないので、あえて型落ちしたX1を買うというのも悪くないよ〜。

「2台並べると、X1の方が格上に見えるデザインというのも何ですが」

 160Gなのは頼もしいけど、高レートで記録すると、結局圧迫するのは一緒だし。

 8センチDVD−RAMはすでに使えるわけだから、8センチRAM専用プレイヤー
 かなり切実に欲しい。一台でオールインワン。
・電池寿命は充電で4時間〜5時間くらい(新幹線での長距離移動時間を基準とする)
・画面サイズは、ニュース字幕が読める程度。
 エアチェック映画の日本語版音声視聴を念頭に置くので、細かい字幕は考えない
・カートリッジでも、ディスクそのままでも両方に対応
・日常用を考えてイヤホンは巻き取り式

 等々
 価格は4万〜5万ぐらいで。

 で、ハード側もモバイルウォッチ対応モードで録画できるようにして
 1.4Gディスクに2時間強の番組を収めるようにする

「HDDに4.6で録画して、トレイに入れてある8センチディスクに液晶低モード
 で同時に書き込めると便利ですね」

 HDDから録画後自動書き込みぐらいは出来るだろう

 コレさえあれば、イベントで長時間並ばされてももう安心!
 7月とか11月に売り出せば絶対売れると思う。
 オタク者業界にはHD、DVDレコは爆発的に普及してるから、
 今手持ちの物でも一応使えるので買い足すだけだしね。

「市販のDVDも8センチプレイヤー用に焼き込めるといいですね」

 コンビニかなんかで8センチRAM用に番組ダウンロードサービスあるといいよな

「各社で規格統一して、番組ダウンロードと一緒に充電も出来るとか」

 家電業界がニッチ(隙間)を求めて彷徨してるなら、目指すべきは
 ここだと思うんだけどなぁ
  VHSには出来なくてディスクに出来ることを考えたらコレしかないのでは。
 


 2003年5月18日
文句の多い人達


「90年代にヒットしたアニメの、最新PC版のゲームを買うたんですよ!」

ふーん、面白かった?

「怒りにブチ震えている所です!
 デンプシーロールからチョムチョムな感じで鉄拳喰らわしたい!

デンプシーはともかくチョムチョム(舞々)は若い子は知るまい
 あしたのジョーに出てくる、ロープ際に追いつめ、パンチで浮き上がらせる金龍飛選手の決め技

「… は自社商品も管理できんのか! オノレ等は雪印以下か!
 なんで、クリエイターを気取ってる会社が自社ブランドでこんなゴミのような物を
 作って平気なんですか」

げらげら

「スルーしたとは言え、余裕ぶっこきですな」

 ニセモノ作った所が今アレしてるらしいので、それがヤマだね。
そいつが駄目なら、なんかイロイロ言うけど、まだ先がある物を
今とやかく言ってもしゃーないよん。


モバイルウオッチャー

これなんかよさげでないですか?」

 電池寿命短すぎるな、実用性に乏しいかも

「多機能で良さそうなんですけどねー」

 前から思ってるんだけど、モノクロ液晶でもいいんでないか?

「今時っすかー」

  カラーとモノクロの電力消費量差が余り無いなら一緒だけど
 要は絵が動いて見られれば良いだけだから、あえて画質にこだわらず
 電池寿命優先とかいう考え方はないかね。
  データもカラー情報取っ払えばかなり軽くなるんでないか?

「消費者がショボく思う物は、商品磁力に欠けると思いますが」

  私なら、モノクロで長時間の方を迷わずえらぶけどねー
 あと、携帯電話用TVウオッチユニットってのはどないだね?

「携帯液晶でみるの?」

 そうそう。HDDレコーダーからカード経由で録画番組を簡単ウオッチ
 データ受信は考えて無くて、電波を発しないから、電車内で観ても安心。

「カードユニット別パーツで、そっちの電池で観られるなら
 結構いけるかもしれませんねー」

 HDDレコーダーはデジタル情報ステーションになるべし!


2003年5月17日
アートなアレ

 「隊長!コレになんか一言言ってやってください!」

 高値更新と言うことは、まぐれじゃないことを証明したわけだ。
日本のアート業界に異端と言われながら一石を投じたことは
いずれ評価されることでしょうな。

「…。」

皮肉じゃなくて本気で。

「小知恵を付けた人間がオタク業界自体の功績をかすめ取ってスター気取りとか
 そういうボロクソの発言が今、求められてるような」

あーそうーだねー、過去の類似性とか指摘して、いかにこれが  であるかを
明確に書いて断罪すれば、さぞやすっきり、食いつきも良くてヒット数も増えてウハウハやね

「うわ シニカルな態度」

ジブリ美術館に行って来てな

「話がとんでますよ」

ミュージアムショップでこんなん見つけて

「おお、これはかなり良い感じの…」

 こういった、日本のアニメ絵的なもので、世界に通用しそうな才能は
まだまだあるわけだから、その突破口を開いた事をちゃんと見据えて
どんどん先に進もう
 というのが今大事なこったよ。
 しょーもない罵り合いに時間を使う暇があったら、手を動かす事の方が
重要なのさ〜。


2003年5月16日
個人的アニメランキング

1位 攻殻機動隊SAC
2位 アストロボーイ鉄腕アトム
3位 LASTEXILE
4位 カレイドスター
5位 キノの旅 


ってなのが現在放送中のアニメの上位ランキングな

「キノの旅は意外のような気が」

やるせない渋い話というのが個人的に好きなので上位入り
原作通りらしいので、原作スキーの人などは物足りないらしいけど
まあ、ええんでないかと。
 それに引き替え多額の予算をつぎ込んで当てるべくして当てようと思った
のが全然な出来で、何でもかんでもアニメにすれば当てられると思ってる
浅はかさよのう

「ス…」(モゴモゴモゴモゴ)

 あと個人的にポイント高いのが宇宙のステルビアな

「随分、まったりもったりですが」

高見作監の回の絵が良かったな
突っ立ってるだけの絵なんだけどキャラの個性とかよく出てる
立ち絵で、さりげなーく巧さが出てるのが良いのよ。
その他モロモロ詳しくはフィギュア王5月24日号参照〜(宣伝)

LASTEXILEのアルちんの萌え動きも巷で評判ですぜ」

 私も巧い!と思ったけどまとめて観てるのですっかり出遅れてしまったなー

「フィギュアの出来はアレですが、ここは支援のためにDVDを買うべきと申し上げたい!」

見える…未来が見える 夏コミはアル萌え萌え本でいっぱいだぁ
村田 蓮爾さんとこに行列が出来るのだけど放送中で、弾が無いからみんながっかりして
トボトボ帰っていくんだ。

「やな予言すな」

海洋堂が香川雅彦氏を焚きつけてくれないかと切に願う

「それだ!」


2003年5月15日
エンタープライズ

 エンタープライズ号のモデルが出るそうじゃん

「んなものとっくに出てますがな!」

ちゃうねんこっちじゃ

「あり?昔に出て無かったでしたっけ」

スタトレ関係のトイは何故か出たりでなかったりなのよ
契約の関係もあるけど、宇宙艦が売れなくなったのが原因らしい。

「そう言えばヤマトのガンプラに駆逐されて売れなくなったような…
 アメリカもパワーレンジャーに市場が推されて…」

外因論で言えば、その通りだけど、CGによる軽い表現も原因だと思うのよ。

「軽いと言われてもな〜
 ポリゴン数とテクスチャー増やすのにも限度があるでしょう」

ん〜、違うんや〜3フレーム描いて1フレーム止まるような感じっちゅーか
そういう、当然動いてるのではなく、無理矢理動かしてるような感じで
ボコスカ艦隊戦やってくれんかなぁ

「一因でもあるような、全く無関係でもあるような…」


2003年5月14日
HDD+DVDレコーダー

 これからの必需品はカードスロットだと思うのよ

「もうついてるのもありますが」

これからはモバイルメディアセンターとして機能するべきでは
ないかと思うのよ。
 カード型HDDも大容量化してきたし
ヘッドマウントディスプレイとの併用とかもアリだよな。
別にパーム風のディスプレイでも良いけど。

「8センチDVD−RAMってあまり普及してませんね」

8センチプレイヤーあると便利っぽいな。

「しかし、何でまた突然」

打ち合わせで移動してる時間がもったいなくてな。
電車で立ってる1時間でアニメが約3本見られるかと思うとな

オトナになったらアニメって普通みないやん

「えー、まあ 我々のような人間以外は」

例えば通勤途中に、録画した巨人の星をちょっとづつ見るのってのも
アリだよな。

「なにげに出版業界に喧嘩うってますよ」

 なにも週刊誌や新聞を駆逐しようと考えてるんじゃなくて
 TVの前にいる時間は作れないだけで、TVを見たい層は
もっと幅広いと思うのよ。
 モバイルウオッチが定着すると、今まで番組見なかった世代も
好きな番組を好みの時間で見られるので、
撮りっぱなしHDDレコーダーの、利用性が大きいと思わない?

「高速転送が前提となると、DVD−RAMビデオウオークマン…」

それだ!はよ出てくれ〜!


漫画家訃報リスト
お恥ずかしながら、今日始めて知った方もいました。
草野球にちょいと混ざってた頃の知り合いもいてショック…


2003年5月13日
未来の法律

 FIRESTORMとか見てると、相変わらず、悪い宇宙人は皆殺しなのな。

「そりゃ侵略行為ですからな」

 よく、こういう所で宇宙法がナンタラとかとか言って一定のルールが出てくるやん

「メジャーどころで、スタートレック
 今やってる学園戦記ムリョウも侵略を客観的に描いた作品っすよね」

 これを、作家や、脚本家やその世界で決めるのではなく
法律家が集まって、「人類が将来必要となるであろう」法律を決める
プロジェクトを起こす
とかないかね?

「そうはいっても、ケースバイケースでしょ。
 チキュー人からの攻撃は禁止されても、やっちゃうかも知れないし
 犬猫に法を説く無用、というのは昔から論議されてるし」

 そりゃー当たり前や、その時のたたき台になるようなルールを作っとけ
後で困らない というプロジェクトな訳だ。

 異文明と接触したら、地球内の国際法では、個人レベルの接触は禁止するとか
通報の義務がある。とかから始まって
 仮に交戦状態になった場合でも、汚染兵器は永久的にその使用を禁ずる
外惑星にチキュー人が侵攻を始めたら、いかなる理由も問わずそれを停止させる
責任があるとかなんとか。

「応用の利く法律は無いのも、同じと言われますが 
 まあ、使うことなさそうですしね」

侵略SF見ても「宇宙人だから皆殺し」じゃなくて「不可侵の原則を犯した以上は
通常兵器を用いた、ありとあらゆる反撃が、宇宙法で認められている」
といった方が子供の教育に良いと思わんかね。

「アクション物でも国際法持ち出して、危機を作ったりしますしね」

空想の世界でも、本気のルールがあってほしいのさ


2003年5月12日
オタクアミューズメントビル


 おや、中野ブロードウェーが取り上げられてるな。

「これからこういうの流行りますかね?」

出展店舗料が安いから、アイデアだけでお店が開けるので、採算取れなさそうな
コアな商売でも始められる、その新陳代謝によって結果的にマニアショップが
続いていると言った感じかな。

「これをビジネスモデルにしたオタクビルってのはアリですか?」

 オタク相手だと、重要な三つのキーワードは新情報 新製品 補完 な。
新情報、
例えば、友達とかマニアな店長とかいるので、そこに行けば新しい情報が
手にはいるとかの噂話の巣になる所。
新製品、
 他には入荷していない系統の製品や
 最新の新製品は割引で買えるなど、そこで買うメリットが発生しているもの。
補完
 ネットや口コミで評判になった物が手に入り物質的充足が満たされること。

これらをまとめて新規オタクビルを私がプロデュースするなら。
仮に5階建ての郊外型ビルとして、
5階フロアは、イベントスペース。同人即売会でも、新製品発表会でもなんでもアリ。
         催し物で館内最奥に引っ張り込むシャワー効果は当然。
4階フロアは、新情報担当と言うことで、超マニア店長のいるコアなお店フロア
         中野ブロードウェー方式で、小間を細かく区切ることで、一店舗当たりの
         リスクを減らす。2坪店長募集とか大々的にやるとかな。
3階フロアは、補完担当で、中古ショップ、コレクター向けレンタルショーケースでも可。
         話題になってるモノの現物が見れたり、掘り出し物があったりするとこ。
1.2階フロアは、新製品フロアで書籍、DVDなどの販売。DVDなど高額商品は
           1割引ぐらい常時付けて、ここで買うと得だという誘導を仕掛ける。
           無難にツタヤとか誘致するのがええと思うけどな。

で、このビルを郊外で、徒歩から車まで、比較的交通の便のいい所に仕掛ける。
開店時間はマニア系は昼1時ぐらいから夜の9時−10時までと遅めにして
仕事帰りのサラリーマン、OLがメインターゲット。

「確かにあると便利ですねー」

さ ら に!商品在庫のネットワーク管理を行い、ショップの在庫状況は
ホストコンピューターに、毎日手打ちでも良いからあげるようにして
そこのホームページで検索可能にする。
 ディープストライカーが西国分寺店に在庫あり!とか分かったら車飛ばして行
きたくなるやん。

 ものすごくマニアックなモノは集客磁場が強いと言うことを利用すれば
うまくいくのではないかと思う次第。


英国でも花粉症


2003年5月11日
ガンダムSEED
かなりネタバレ
 いやー正月以来見るのすっかり忘れてたわ
ついさっきようやく最新話まで一気に見た。

「超絶、忘れん坊なひと…
 で、どないやす?」

 ああ、良くできていて面白いなぁ

「…」

何故黙る?

「…いや、これまた世間の評価と一致しないご意見でしたので
 業界の全容を暴かんとする者として、世間ずれするのはいかがな物かと」

 そうかい?相対論的に言えば、キャラがテンパりまくった過去のガンダム物に比べて
登場人物が理性を保とうとする所が好感持てるし(数名除く)
 過去の作品からちょびっとづつ引用してるトコもおもしろいじゃーん

「ここで、あえて、あなた原えりすんに聞きましょう!
 あのグデグデの虎編見てもそう思うのですかい!」

ありゃー ビビ×ン ヘタすぎ

「ぎゃー、有る意味一番激しい核心的発言!」

 そりゃな、敵から示唆的発言を受けて、そいつをぶっ殺すだの
中途半端に戦闘放棄するアホ軍人だの、訳のわからん指揮作戦系統だの
話題性だけでタレント入れて話し台無しすんなとかイロイロあるよ

「…よくわかってるじゃん」

 しかしねー、チミは、見方が低いのよ
ガンダムSEEDっちうのはいわばマウスゲームだと思いねぇ。
ネズミを迷路に入れて、抜け出す時間を競技する、ロボットとかでもやるヤツな。
登場人物を無茶苦茶な環境に置いてアチコチゴツゴツぶつかりながらも
前に進んでますよー というのがこのお話のミソなんじゃん。
紆余曲折、禍福は糾える縄のごとしと言うやん。

「わかった!まとめてみてるせいで客観視の眼でみてるせいだ!」

 ひょっひょっひょ まとめてみて設定のボロが出まくるアニメもあれば
 まとめてみた方が面白い作品もあるのだよ。
 アニメの視聴スタイルを自分で選ぶことも大事だよ。

「なんか納得いかんなー」


2003年5月10日
リピート

その時!思いもかけなかった事態が!

「なになに?なんですのん?」

いやメイヴ雪風@バンダイをパチパチ組み立てながら、スクープなんたらという特番
流してたら「その時!思いもかけなかった事態が!」を、場面毎に繰り返し繰り返し
言ってるんだよ。
このナレーション担当のライターは   かいなと!

「悪口王…」

同じフレーズを無神経に何度も使ってるのに段々腹立ってきてな。

「きっと映像見てれば、さほど気にならなかったんでしょうね」

 ところが、さすがに4回目くらいから、次もやっぱり言うのか期待するようになってな

「おいおい」

あと5回ぐらい繰り返してたら伝説になってたかと思うと、安易に怒ってはいかんなぁと
思った次第よ。

「…で、メイヴ雪風はどうなのよ?」

 翼の両面にモールド有るので翼張り合わせなくてラクチンでいいよ。
バンダイの小ロットのシリーズなので、塗装などで技量ある人向けな。


2003年5月9日
アドバンスドギャルゲー

 そいえばネットでダウンロードタイプのギャルゲーも出てきてるみたいやね

てんしのかけら
 
「我々の考察してるものとは違うようですが、
 Flash形式とか新しい試みではありますね」

 製品版がフル音声とかなるとそっちの方が良さげだけど
 オンライン版が1000円という値段は値頃感あっていいな

「一応無料体験版もあるんすね。
 ダウンロード版ってどうやってプロテクトかけるんだろう?」

 うーむ…、
 とりあえず注目っちゅーこって。


デルのオンラインでPC買うと
以下のようなチェックシートが出てくるらしいです。

核応用技術、ミサイル技術、化学・生物兵器などの
大量破壊目的の兵器に関連した本製品の使用


チェックしたら、どっかすっ飛んでくるのか?


2003年5月8日
ボキャブラリー


世の中、金で解決できることは
金で解決するんじゃぁ!

「うわ、いきなり拝金主義的発言」

 知恵と言うモノは時間と労力をかけて獲得するモものである
しかし、ゼニの力でお手軽に獲得できればそれに越したことはない!

「その通りですが
 なんか、引っかかる言い方ですな」

 世の中お手軽に知識を得られる方法というのも確かにあるのさ!
これだ!講談社刊 類語大辞典
 ライターのレベルさえも問われるボキャブラリーの壁!
これがこの類語辞典をひもとけば、あっという間に超絶プロ並みの
豊富な表現の持ち主に早変わり!

「そーいう安易さは慎むべきだと思いますが」

君は深閑(しんかん)と緘黙(かんもく)していなさい!

「はぅあ!なんだかわかりません!」

物音一つせずにひっそりと静まりかえり押し黙っていなさいということだ。

「分かり辛くなっただけのような気が…」

 ライター含め、文筆業モロモロ!類語辞典は必ず必携であると
声を大にして言っておきたい。

「必ず必携…」


2003年5月7日
いつかまた

 次のハレー彗星は出現アバウト2052年か、長命してれば
観られそうかな。(2061年?

「プロジェクトX観たんだな…」

 ピンシャンした爺いになって迎えたいものよのう…
といいつつ思い出した!
2042年8月27日にお茶の水駅 午後3時だ!

「なんですかそれ?」

 OUTという雑誌の読者が60年後にまた会おうと言う企画
オタク関係の未来企画では今のところ最大のネタかもしんない

「自分も行ってもいいですかね?」

古本屋で買って追跡読者になればいーんでない?
個人的には80年代前期が記事的にもすごく面白くて
80年末期から休刊までは買ってないのでよう知らん。
レア物おもちゃ特集は先駆的だったね。
 個人的にはアニメックに復刊して欲しいが
毎回豊富な設定とインタビュー載せて、ギャル絵特集とか
メカ特集とか脚本家特集とかやる全然おしゃれでないアニメ雑誌


2003年5月6日
秋葉原名物


「メイド喫茶の次はメイドマンガ喫茶ですか…。」

 知ってる?マンガってのは文字と絵で右脳と左脳同時に処理するから
外界への反応が極端に減る
んだよ。
メイドのねーちゃんだろうがバイトのにーちゃんだろうが、
お構いなしの場所なのになぁ

「いや、まったくです。私などフリードリンクでも、ほとんど忘れてますから」

マンガ喫茶なんてのはマンガ出版不況の現況の一つとも言われてるんだから
メイドさん(風のウェイトレス)を悪の手先に使うとはなにごとぢゃい!

「これからまた増えますかね メイドラーメン屋とか」

 どっかのマンガのコスプレか?
普通にメイドアニメイトメイドゲーマーズだろ。
なんで、こんな単純なことに気が付かないのかねぇ

「隊長!それはメイドさんに萌え萌えな本のレジ売って貰うのが恥ずかしいからです!

むう!そんなオチか!

おっ!閃いた!
メイドマッサージ屋ってのはどうだ?

「風俗?」

あほー!ちゃんとした整体じゃ!
全身は無理なので肩から腕とか頭グリグリをやってもらう
ミニマッサージな。
 マッサージは相場は10分千円だから、かなり儲かるぞ!

「でも、おねーちゃんの腕力では難しいのとちゃうですか?」

 ツボを刺激しながら優しく肩揉んでくれるだけでもOK。
まあ、コってるヒトの場合は眼にタオルを載せて目隠しして
パワーマッサージャーに働いてもらう。

「なんかサギっぽい」

 マッサージだから問題ないよーん。
女の子とふれ合い+PC作業で肩こりまくりの秋葉メーンにまさにぴったり
どっかそういうの作って!というよりオーナーやらせて!

「金ないヒトは駄目です」

ちぇ


2003年5月5日
攻殻機動隊SAC

 すっかり忘れてたので3ヶ月分連続視聴 合計2400円ガチョーン
新しくて(個人的にだけど)面白いものを毎回見せてくれる良質のTVシリーズ。
 12話から16話までタチコマ(原作ではフチコマ)編がちょうど続いた状態。
特に今月放送の15話「機械たちの時間」ではまれに見る濃密メカ話で(バトルシーンは無い)
原作にもあった人工知能によるディスカッションの脚色が、びっくりするほど巧い。

 非人間声優として大谷育江さんかないみかさん、こおろぎさとみさんに加えて
玉川紗己子さん@タチコマとして業界に燦然と名をとどろかすべきであると
力説いたします。脚本と音響監督のうまさもあるけど
15話の「ワ”レ”ワ”レ”ハ”」と16話の「ドナドナドーナー♪」のシーンは
すごい気に入りましたですよ。
 あと16話のボクシングシーンも、エフェクト使いの巧い「はじめの一歩」とは違う
演出(カッティング)と音響で魅せる名格闘シーンで、今月分は注目です。

ついでにメイドロボ


2003年5月4日
X−MEN2

 初日に見に行ってきました。新宿4時の回で6割ぐらい。
感想 個人的にすっごく面白い!
客観的な評価としては、オチがイマイチ納得できないとかイロイロあるので
点数辛目。
しかし!
ウルヴァリン=寅さん説
を唱える私としては、今回も惚れっぽくて
失恋してしまうウルビーに男惚れ。
 そうそう!ウルヴァリンは孤独でロンリーで、それでいて弱い者が無視できない
ヒーローでなくてはいかんので、ばっちりOK。
 あと全裸ミュータント ミスティークの出番も増えてウハウハですよウハウハ
しかも、ミュータントの危機に、共に立ち上がる、かっての宿敵マグニートー!(バレバレ)
もうツボつきまくりですがな。
ヘッポコ部分もありますが、娯楽映画としての完成度は前作よりも
上がってると思いますので見に行く人は安心して良いと思います。


2003年5月3日
慣れという名の落とし穴


「札幌の同人イベントが日付間違えたそうで
 数日前の発表で偉いことになってるそうです」

むぅ…笑えんなぁ  同じような事やったこと有るし

「ええ”〜」

 つっても、知り合いのお助けで会場確保したヤツで、直で絡んでいるのとちゃうよ
そのケースは半年前に気が付いたんだけど、さすがに真っ青になったね
(そもそも会場側が優先権間違えて…ブツブツブツ)

「半年前っすか」

 他人も絡んでることなので、早いウチに確認をと思って発覚したってケースな。
ナニゴトも慣例化すると、前回うまくいったので今度も大丈夫と思ってしまうのだけど
トラブルは想像を絶する所からやってくるので、油断がならないのだよ。
 ついこの間も散々シミュレーションしてトラブルを最小限に押さえ込む布陣で
やってたら、私の知らない情報源でトラブルが発生してな。
 驚愕するのに5秒落胆するのに15秒、状況把握に3分と、数分後には回避に
動き始めたけど、その数分間にも問題は進行中じゃけんね。

 あり得ないトラブルが発生したらとブツブツ言う人間は大変うざったいけど
イザという時には、対処法の積み重ねが功を奏するので、人の言うことは
よく聴く物だとマジで思います。

「旦那は、一番聴いていない人のようにみえますが…」


2003年5月2日
オールディーズアニメ


はっ!「ろぼっ子ビートン」ってDVD化されてたっけ?

「はて、LDも無かったような記憶がありますが」

 うららちゃんの美少女っぷりが、私に萌え因子を植え込んだと言っても
過言ではないのよー!!。ネンネンが登場してからはイマイチやったね。
 考えてみれば、最近売れそうにもないDVDが随分商品化されてると
思わない?

「あー、そういえばアパッチ野球軍とか、普通出しませんよね」

今再評価されてるのって1970年代のアニメが多い。
インパクトが強い物が多いので、ネタとして取り上げやすいのもあるけど
LDよりもDVDの方がコンパクトで、しかもボックスで数万円とあまり高額でないところが
コレクション意識をくすぐると思うのよ。
サラリーマンが小遣いで買えそうな額なので、70年代物はドンピシャな訳やね。

「気になる一本見たいためにバラで買うよりボックスで
 一気に買ったれという気になりますよね。

1シリーズまとめて買える安心感ってのも大きいと思うのよ

「しかし大量にリリースされている分、速攻で買わないと次々
 廃盤になっていきますから怖い状況でもありますな」

 実はメチャメチャセット数少ないのもあるからな〜。
昔の作品でTVスペシャル系というのが、作品的に結構大穴。

 二死満塁(ツーダンフルベース)というアニメがあってな
今を去ること22年前の5月5日に(たぶん一回だけ)放送されたTVスペシャルで
監督はアニメ映画の名匠芝山努監督。実質制作は亜細亜堂なので
びっくりするぐらいスタッフも豪華なのよ。
コアなマニアにも忘れられている作品で、当時撮ったビデオがあっても
経年劣化で、たぶん今みゅわんみゅわんしてマトモに見られない。
 こういう物はどんどんDVD化してツタヤとか大型レンタルショップの
ドラえもんコーナーの横とかに置いてほしいねー


2003年5月1日
企画屋番長


 今回はコミケで200部売れる同人誌企画〜!

「少な!」

 あほー、昔は200部売れれば大ヒットだったんじゃい
まあ、初心者向けと思ってくれ。
 まずは表紙が一番肝心!

「基本ですな」

 中身で勝負と行っても手にとって貰えなければ全くの無意味
コミック系なら最高の画力を持って挑まねばならない。
売れてる同人誌の表紙絵がしょぼくても、惑わされてはいけない。

 しかし!売れる画力が最初から有るわけでもない場合はデザインに凝る。
ラフでも良いから最低5パターンは作って、一度考え直し
あらためて別の5パターン作ってそのうちから一つ決める。
 面倒くさそうだが、プロの仕事もそんなもん。
努力を惜しまない
っちゅーことやね。

「中身はどうでしょう?ケースバイケースですが」

文字が多い本ならできるだけイラストを増やす。
漫画なら限界を超える勢いでかく
エチぃ漫画なら照れずにエロエロ魔王になって描く


「それが出来れば苦労はしないのですが」

 出来れば巻末ぐらいに、ギャグ4コマとかを入れておくと良いよ。
別に笑わせなくても身辺雑記でも可。
最低でも1ネタ読ませる。
これが買わせる動機になります。
 あと、巻末の雑記も結構重要。
こういう事象に対しこういう風に思った。
というのは読者と作者の接点を増やすので、忘れずに入れておくと良い。

「ゲスト入れたりとか即戦的なことは無しですか」

他人は当てにするな!
だれだって好意を強要されたら嫌なことを忘れるな!


「それで良く人間関係ぶち壊しになりますなぁ」

 実際問題として、よっぽど余裕があり充実した即売会でないかぎり
本を手にとって貰えること自体が難しく、お買いあげ頂くのはもっと難しい。
 買わなかったからと言って、その作者の才能を認めてないのではなく
認めさせるこっち側の努力が足りない と自覚して欲しいのさ。

「自由な分、安易な発想に陥りがちでもありますからなぁ」

コミケや昨日のレヴォでも全部のサークルはほぼ見て回った人間の
感想と思ってちょーだい。

「見落とし多いけどね」

行列待ちしてたら終わらんわい!