Sherlockian Engine SIDE-B
FOR NET-GAMERS

Little Manners

 麻雀自体のマナーについていろいろ目にすることは多いと思うんですが、意外にネット麻雀におけるマナーなんてものを解説していることは少ないようです。そこでネット麻雀を楽しむ方たちに向けてのちょっとした心遣いを促すためにページを割こうと思います。ただし、ここで解説しようというのは、『卓についたら挨拶くらいしろ!』とか『いちいち「おめでとう」なんて言うんじゃねえ!』とか、そういった類のものではありません。

基本的に気をつけることは大まかにいって下記の2点です。
1.通信速度の問題(回線まわりのチェック)
2.OS安定稼働の問題(当たり前ですけど・・・)
通信絡みはゲーム自体、OS絡みは言わずもがなです。大抵の人はやっていることなので読んで「あったりめ〜だろ」と思った人には余計なお節介だと思いますので読まなかったことにして下さいませ。

※免責事項
ここで取り上げた各種の事柄についてはおそらく問題はないと思われますが、万が一不具合を生じた場合何ら保証できません。これについて同意頂けない場合は読むだけにしておいてくださいませ。実行する方はあくまでもご自分の責任でお願いいたします。


1.通信速度の問題

ゲーム中のダウンロードには速度制限を!
Figure.1 速度制限設定画面(ReGet)
Figure.1 速度制限設定画面(ReGet)

 混み合う時間帯じゃないし、ゲームサーバに示される接続人数は限界までかなり余裕がある。なのにゲームが始まると妙に重い人がいる。そんな経験はないでしょうか? もちろん様々な原因が考えられますよ。でも・・・ゲーム中にファイルをダウンロードしているから重いなんて人がいるんですよ!
 ダイヤルアップ接続している人が余裕かましてゲーム中にダウンロード(DL)し始めると細い回線がDLに占領される分、ネットゲームが重くなりますので大変迷惑です。大学や会社からの専用線接続でも、回線をフルに使ってDLしてしまえば同じこと。その間はDLしている人が原因でゲームの進行が遅れるのは必至。ネット麻雀に限らずネットゲーム中にダウンロードするのは本来御法度だと思います。
 どうしてもダウンロードしながらゲームをしたい、またはゲーム中にダウンロードしなければならないとか、そういう人はDL専用ソフト(Windows だと GetRight や ReGet や Iria とかが有名。Mac については知りません。ごめんなさい。ソフトの入手は Vector 窓の杜でどうぞ)を使ってせめてDL速度を制限しましょう。これらのソフトにはダウンロード速度を制限する機能(Figure.1)があるので、自分の環境にあわせてセッティングしていただきたいです。あ、DLの際に制限を有効にするのもお忘れなく!
 無制限でDL開始してしまうと 回線許容量をフルに使ってDLすることになります。そこでDLに制限をかけ、ネット麻雀のために必要な回線をあらかじめ確保しておく、といった細かいことが可能になります(専用線でも、ISDNでも56Kモデムでも33.6Kモデムでも考え方は同じです)。ちょっとした気遣いで快適にゲームが楽しめるんですから。あ、無制限でも相手側のサーバからの転送速度自体が遅い場合もあります。そういう場合は別に問題は起こらないと思いますけど、転ばぬ先のなんとやら。普段からの心がけでゲーム中は制限かけた方が無難です(制限速度以下ならもともと問題はないわけだし)。もっともゲームしながらDLしてたらゲームもDL両方とも快適とはいかないからどちらか一方にした方が良いですが・・・

通信のセッティングを変えてみる!
Figure.2 IP パケットサイズ変更画面(Windows98)
Figure.2 IP パケットサイズ変更画面(Windows98)

 別に変更しなくても問題ない人にとってはどうでもいいことですが、パケットサイズを変更することでスムーズさを感じることのできる人がいるかもしれません。
 お使いのOSがWindows98 だったら[コントロールパネル]→[ネットワーク]→[ネットワークの設定]→[ダイヤルアップアダプタ]→[詳細設定]→[IP パケットサイズ]の値を自動から中または小に変更することで通信のもたつきを解消できる可能性があります。(Figure.2)
 Windows95 だとソフトを使わないと変更できないようなので(レジストリをいじればできるんでしょうけど)専用のソフトをお使い下さい。MTU-SPEED や iSPEED 、Dial-Up Accelerator などのソフトで実現できるようです。(その昔288モデム+MTU-SPEEDを使っていたことがあります。あ、東風荘のためではありませんよ(笑))
 もちろんダイヤルアップ接続してる人にしか効果はないようですし、LANも利用する方が変更したりすると、ダイヤルアップ接続時は快適でもLAN内の通信速度は遅くなる、なーんてことがあったりします。またISDN だとあまり効果がなかったりとも聞きます。使用する際には十分注意してくださいね。(尚 Mac については分かりません。ごめんなさい)

メールチェックにもご注意!
 別にメールくらいって思いますけどね、アカウントをたくさん(40とか50とか)持っていたり、大きい添付ファイルを頻繁にやり取りする人はいませんか? そういう方がメールソフトのチェック機能を自動にしてたりするのを忘れているとゲーム中にドカン!とデカイファイルをDLしてしまうと困りもの。該当する方は設定を見直してみましょう。きっと良い方法があるはずです。ゲーム中はメールソフトを起動しなきゃいいという話もありますが(笑)

オンラインアップデートは空いてる時間に!
 最近のソフトはオンラインでバージョンアップできることが普通になってたりしますよね。だけどそういうのは手が開いている時間にするのがベストです。なるべくならゲーム中に当たらないようにセッティングしましょう。

2.OSの安定稼働

不要なソフトは終了させましょう!
 これは何もゲーム云々ということだけじゃないんですけど、不要なソフトが動いているとそれだけメモリを消費していることになります。「俺は必要なものしか起動してないけどもともとメモリ少ないし・・・」なんて人はメモリ管理ソフトを上手く使いましょう。決定版を紹介するほど詳しくないですがフリー/シェアを問わずいろいろと出回ってますので探してみると良いかも知れません。・・・ですがソフトに支払う代金とメモリ購入代金に差がなければ、迷うことなくメモリを増設した方が精神衛生上よろしいと思われます。

ブラウザには気をつけましょう!
 ゲームと同時にウェブ見てる人って結構いるでしょう? 別に悪いことじゃないんですけど・・・そのウェブ探索には欠かせないブラウザに Micro$oft の Internet Explorer(IE) ってあるじゃないですか。アレはけっこう曲者です(笑)別に個人の好みなので使うのをやめろとかいうんじゃなくて、ゲーム中にIEがエラーで落ちるとOSそのものへダイレクトに影響しますから・・・言ってること分かりますよね?(笑) ええ、そういうことです。
 またIEに限らず、パカパカと新規ブラウザを開きまくるとメモリ消費が激しいので要注意です。海外のアレ系のWebサイトは小さいのやら大きいのやらたくさん広告バナーが出てきますから要注意です(爆)

Windows9x にも気をつけましょう!
 Windows9x ってヤツはがんばって気を使っていても安定しなかったりします(これを言っちゃあお終いだが)ので、ソフトの挙動がおかしくなったら我慢しないでリブート(再起動)しちゃいましょう。その方がスッキリします。ゲーム終了させてからね(笑)


最後に

 他にもいろいろとあると思います。ゲーム中はIRCとかICQのチャットに気を取られすぎないようにしようとか、本を読みながらやるのはやめろとか(あ、これは俺か(笑))、居眠りに気をつけようとか、まあいろいろ。そんな中でネット麻雀を扱っているサイトで書いていない類のことにマトを絞って書いたつもりです。少しはお役にたったでしょうか?

 間違っている点や他にも気をつけた方がよいことなどありましたらお気軽にお知らせください。

[ 00/03/06 ]


[ HOME ]