"); awin.document.write(t); awin.document.write("

"); awin.document.write("
"); awin.document.close(); return false; } //-->

電網遊戯人のトップページへ
*** Spadesのルール ***
 Spades(スペード)は パートナーシップ* の4人用トリックテイキングゲームです。 アメリカでは非常にポピュラーなゲームなのですが、日本では今まであまり紹介されることはありませんでした。 多くの ハウスルール* が存在していますが、ここでは国内で唯一オンラインでスペードの遊べるYahoo!Gamesのルールの説明をします。

 以下、トリックテイキングゲームの基本を知っていることを前提に解説を行いますので、まずトリックテイキングゲームのルールを読んでしっかり理解してください。
(*印のついた用語をクリックすると小窓で簡単な説明を行います)

 Yahoo!Gamesでゲームをしたことのない方はまずYahoo!ゲームの歩き方に目を通されることをお勧めします。
【トリックテイキングゲーム】
【人数】 【使用カード】 【ビッド】 【プレイ】
【得点】 【サンドバッグ】 【ゲームの終了】
【オプションルール】 【オンラインゲームサイト】


 人数
 4人。
 向かい合った2人がペアとなって2対2のチーム戦を行います。
 4人揃わないとゲームを開始することが出来ません。
 使用カード
 ジョーカーを除く52枚のカードを使用します。
 カードの強さは強い順に「A , K , Q , J , 10 , 9 , 8 , 7 , 6 , 5 , 4 , 3 , 2」です。
切り札* は常にスペード(スペード)です。
 カードは4人のプレイヤーに13枚ずつ全て配りきります。
(カードが配られたら最初は[カードを見せる]のボタンを押すと憶えてください。 (補足*)
 ビッド
 プレイに先立って、全てのプレイヤーは自分が取れると思う トリック数* を1〜13の範囲でビッド(宣言)します。
 各チームでペアのビッドを合計がそのチームのビッドとなります。 これはパートナーと2人であわせて何トリック以上取るかという宣言になります。 (補足*) (ヒント*)

 ビッドには取るトリック数を宣言する通常のビッドの他に、宣言したプレイヤーが1トリックも取らないことを宣言するnil(ニル)というビッドもあります。 ニルはパートナーとは無関係に宣言したプレイヤーが1トリックも取らなければ成功、1トリックでも取ってしまうと失敗です。 (補足*) (ヒント*)

 さらに自分の手札を見ないでニルを宣言するDouble Nil(ダブル・ニル)というビッドもあります。 (補足*) (ヒント*)
 プレイ
 プレイは リード* された スーツ*フォロー* する義務のある通常のトリックテイキングで行われます。 フォローできないときには何を出してもかまいません。 切り札で切ることも不要なカードを捨てることも自由です。

 ゲームの最初のリードはビッドを開始した人と同じ人(ディーラー)が行います。

 切り札のスペードは ブレーク* するまではリードすることができません。
 得点
 ビッドした数と同じかそれ以上のトリックを取った場合、次の点数が得られます。

(ビッド数)×10 +(ビッド数を越えたトリック数)

例えばチームのビッドの合計が6で、8トリックを取った場合は、6×10+2 = 62点を得点します。
 逆にビッドした数のトリックを取ることができなかった場合( ビッドの達成が出来なかった場合* )には、次の点数を失います。

(ビッド数)×10

 ビッドした数に何トリック足りなかったかは関係ありません。
 例えばチームのビッドの合計が7で、5トリックしか取れなかった場合は、7×10 = 70点のマイナス点となります。
 ビッドの成功、失敗は個人のビッドとトリック数ではなくチームの合計であることに注意してください。 (ニルの場合を除く)

 ニルのビッドが成功したときは100点を得点します。 失敗したときには−100点となります。
 ニルのビッドがあった場合も、パートナーのもう1人が行ったビッドに対する得失点は普通に計算します。

 ダブル・ニルの成功は200点、失敗は−200点です。
 バッグ
 ビッドしたトリック数より沢山取った場合、余分に取ったトリック1つにつき1ポイントが バッグ* にたくわえられます。
 このバッグのポイントが10溜まるごとに、そのチームに−100点のペナルティが与えられます。
 ゲームの終了
 親を時計周りに交代しながら 何ディール* か行い、どちらかのチームの累計点が500点以上になった時点でゲーム終了となります。
 点数の下限は−200点で、−200点を下回ることなくゲームは続行します。 また、スーサイド* オプションを設定している時にはこの−200点が下限という制限はなくなり、得点差が500点を超えた時点でゲームセットとなります。

 ゲーム終了時点での累計点の多いチームの勝利です。
 オプションルール
その他のルール
 オンラインゲームサイト
 オンラインでスペードを遊ぶことの出来る無料のゲームサイトをいくつか紹介します。
 海外のサイトを覗いてみるとスペードの圧倒的な人気に驚かれることでしょう。

Yahoo! Games Japan 国内で最初にスペードが遊べるようになった(そしておそらく現在国内唯一の)ゲームサイト。
Yahoo! Games (英語) 本家のYahooのゲームサイト。
MSN Gaming Zone (英語) マイクロソフトの運営する自称世界最大規模のオンラインゲームサイト。 プレイヤー数はかなりの数である。 人数が揃わないときにはコンピュータが相手をしてくれるので一人で練習も出来る。
Play Site (英語) オンラインゲームは会員登録が必要なことが多いが、ここはゲストでもプレイできる。

その他のゲームサイトへのリンク

最後に
 このルールを読んで「難しい」と思ったあなた。 諦めないでください。 ルールを読んだだけで全てを理解できる人なんてそうそういるものではありません。
 まず観戦してみてください。そして一度プレイしてみてください。 「初めてです」と一言断ればみんなが親切に教えてくれるでしょう。
 そしてその後でまたこのルールを読みなおしてみてください。 最初はよくわからなかったことも理解できるようになっている筈です。

 こちらにプレイのちょっとしたコツを書いておきます。 (まだ殴り書きでまとまっていませんが)  参考にしてみてください。

戦略サイト【ACE OF THE SPADE
もっと対人ゲーム! ゲームストア・バネスト Hit!Graph 目次