バンゲリング日記



日記。ただしバンゲリングベイをプレイした日のみ書き込み。

日記インデックスに戻る



2002.5.5

 こどもの日、ということで、童心に返ってプレイしてみました。
 「わーい、SPECIALだぁ!」

 「やった!クリアだね!」

 ……
 
ばしこーん(ヘリ墜落)
 「負けないもんね!」

 ばしこーん(ヘリ墜落)

 ……

 「戦闘機鬱陶しいんじゃボケ!!」


 …もうあの頃には戻れない…(遠い目で)。

本日の成績
415,550PTS(6面+4/6)

 特にコメントなし。

2002.5.12

 なかなかの好記録でした。
 本日は記録だけ掲載。

本日の成績
511,650PTS(8面+2/6)

 平凡な毎日だから。

2002.5.19

 バンゲリング夢十夜・・・第三夜

 その日、私はとある山を登っていた。
 ある男に会いに行くために。

 山道は険しい。一応草の生えていない道らしきものはあるのだが、一つ間違うと、獣道に踏み込んでしまいそうな頼りないものだ。

 その頂上付近に、男は住んでいた。
 名は、柳大介。
 ロッキーと死闘を繰り広げた超一流のバンゲリンガーであった。

 「良く来たな、まあ、入れ。」

 彼はかつてと変わらぬ笑顔で私を家に招いてくれた。

本日の成績
486,350PTS(7面+4/6)

 次週に続く。

2002.5.26

 「さて、始めるか。」
 彼は早速私を縁側に誘った。

 座禅である。無論、バンゲに臨むためだ。
 生半可な精神力ではバンゲは極められない。

 続いて、水をかぶる。「バンゲリングベイ」を3度唱えなければならない。

 一つは、ウィル・ライトのため。
 一つは、ブローダーバンドのため。
 一つは、ハドソンソフトのため。

 これで前準備は整った。床の間に2台用意されたオールドファミコンの前に座る。
 よく手入れされているらしく、黄ばみや汚れは全くない。マイクも正常だ。
 当然、テレビも2台ある。

 バンゲリングベイ無制限1本勝負である。

 「今日こそ、勝ってみせる。」
 言ってみたものの、私には勝てる気が全くしなかった。
 それほどに、彼は強い。
 己に勝てない私が、彼に勝てるはずもない。

 1時間後…。

 勝負はついた。
 10面で私のシーアパッチは全て失われた。

 「また、勝てなかったか…。」
 しかし、構わない。大介という「壁」を認識するためにここに来たのだから。
 これでまた奢ることなくバンゲに集中できる。

 「そうだ、お前に大事な話をしておかなければならないな。」
 おもむろに大介が立ち上がった。
 「何だ?」
 「あの対決の日、のことさ。」
 外の木々が、ざわ、と音を立てた。

本日の成績
245,200PTS(4面+3/6)

 燃えてる、何てこった、燃えてる!(空母が)
 アヒャ。

月間成績
年月日 得点
2002.5.05 415,550PTS(6面+4/6)
2002.5.12 511,650PTS(8面+2/6)
2002.5.19 486,350PTS(7面+4/6)
2002.5.26 245,200PTS(4面+3/6)

月間ハイスコア511,650PTS(8面+2/6)(先月比-283,850PTS)





4月の日記へ戻る TOPに戻る 6月の日記へ進む