ファミコンウォーズ攻略記録

マガタマジマ



初期状態
レッド軍ブルー軍中立
都市0 0 12
空港0 0 0
港湾0 0 0
初期費用4,0004,000
難易度★★(ソラマメジマに毛が生えた程度)


 ここは基本的にソラマメジマと同じだ。マップ中央にある都市群の取り合いになる。
 違うのは、都市が異常な少なさだということだ。
 見てのとおり、12しかない。よって、戦闘車両の価値が非常に高い。つまり、自走砲で戦車を撃つと大吉ということだ。
 あと、中央都市群への道を山が遮っていたり、東側に山に隔てられた都市があるなど、少しだけブルー軍が優位な地形になっている。
 まあ、どうでもいいことを言ってみたが、ソラマメジマとやはり大差はない。

 5日目までは3日目に装甲輸送車を造る以外はずっと歩兵を生産し続けた。進軍、進軍。山越えルートと道なりに行くルートの2つに部隊を振り分けた。敵は5日目までに既に3部隊の装甲輸送車を用意している。
 しかし、このマップは狭い。積んで降ろすだけ時間の無駄だ。しかも、敵は輸送中には攻撃を仕掛けてこないことが多い。せいぜい占領に無駄な時間を使ってろ。
 6日目、そろそろ輸送車がうるさくなる頃なので、戦車Bを生産。敵はまた装甲輸送車を生産した。
 7日目、激しい中盤の競り合いになった。相変わらず歩兵を生産しつづける。無限に補給される歩兵で圧倒するのだ。(いつもこればっかりのような気もするが)
 8日目、敵は戦車Bの生産に切り替えてきた。
 9日目、やっと自走砲Aを生産できる金が貯まった。
 10日目、敵は戦車Bばかり造っているので金が足りなかったらしく、自走砲Bを生産した。あれは、使えんぞ。
 12日目、自走砲Aをまた生産。中盤はかなり我が軍が押している。もう一息だ。
 13日目、敵は貯金した金でやっと戦車Aを生産した。しかしその一方で敵は自走砲の射程を恐れて戦線を後退させた。これで中央の都市群は陥落した。
 14日目、こちらも戦車Aを生産。相変わらず人海作戦は好調だ。勾玉の真ん中を支える都市が遂に落ちた。あとは押せ押せだ。2ターンに1つ戦車Aを造り、前線に送る。
 敵はその後、自走砲Aを生産したり、と抵抗を見せたが、もうとにかく資金がない。1ターンおきの生産ではこちらの攻撃にはとても対抗できなかった。
 23日目、敵全滅でクリア。

結果
レッド軍ブルー軍
将軍ヒップ大佐 30歳 ラスタ将軍 51歳
残存勢力370
使用軍事費191,020134,308
都市120
空港00
港湾00





ファミコンウォーズ攻略記録に戻る


戻る