DDRコントローラーを繋ぐためのケーブルには市販の物を使用する場合とケーブルを自作するという場合の二つの手段があります.ここでは主に後者について説明します.前者としてはsmart joy padなどを購入することにより可能です.これについてはこちらをどうぞ.

 DDRコントローラーを繋ぐためにはケーブルを作成する必要があります.まずATSUKI さんのHPへ行ってください.ここにはPS用コントローラーをPCで利用するためのケーブル作成方法が紹介されています.なお数種類のケーブルが紹介されていますがその1で紹介されている一番簡単な物でDDRコントローラーは使用可能です.(作り方の説明についてはここでの説明は省略します.)また,このケーブルを利用するためのドライバーをダウンする必要があります.DirectPadPro(DDP)のHPのdownloadからダウンロードしてください.

 なお,このDDPケーブルを代行製作されている方もいらっしゃいます.こちらからどうぞ.

 ダウンロードしたらインストールしましょう.まず適当なディレクトリに先ほどダウンロードしたddpのドライバを解凍してください.次にコントールパネル-ゲームコントローラ-追加-その他-ディスク使用と進み,ディレクトリに先ほどddpを解凍した場所を選びます.DirectPad Pro.infが選択されますので進めて完了させてください.するとゲームコントローラー追加の部分にDirectPadProControllerが表示されますのでこれを選択します.コントールパネル-ゲームコントローラ-プロパティーを選択してDDPの設定を行います.まず,configureタブのcontroller typeをPSX left analog(またはPSX rigth anaog.どっちでもいいです.)を選択します.

 なお,初期設定のままでは上下/左右同時押しはできません.そもそもジョイスティックというものは上下/左右同時押しなどという入力があり得ないですからこんな入力はサポートされていないのです.ですから方向キー入力をレバーとしてではなくボタン入力として認識させれば,上下/左右方向同時押しが可能になるというわけです.このためにcontroller typeをPSX left analog(またはPSX rigth anaog)としているのです.

 話がそれました.次にボタン入力をDDR'99が認識できる形であるキーボード入力に変化する必要があります.これにはJoyAdapterを用います.ここへ行って落としてください.このソフトはダブルクリックでインストールできますので任意の場所にインストールしてください.

 インストールしたら,そのフォルダを開いてJoyAdptr.exeを実行してください.

すると,タスクトレイ(画面右下端)にJoyAdapterのアイコンが表示されます.

このアイコンを右クリックして設定を選択してください.次のような画面が出ます.

この画面の中のジョイキーボードタブをクリックします.

この中で,

Diet Diet Revolution 及び Dazzle Dazzle Realization 2ndMIX 及び Delight Delight Reduplication(4 allow)の場合

Button 13 : up arrow  /  Button 14 : left arrow  /  Button 15 : down arrow  /  Button 16 : right arrow

Dazzle Dazzle Realization SOLO 及び Delight Delight Reduplication(6 allow)の場合

Button 3 : num 7 / Button 4 :  num 9
Button 13 : num 8  /  Button 14 : num 4  /  Button 15 : num 2  /  Button 16 : num 6

と,設定します.具体的にはマウスカーソルで選択して該当するキーボードのキーを押してください(num ?というのはテンキーのキー / ??? arrow というのはカーソルキーのキーです).なお,間違えた場合には右クリックから[None]で消去できます.

以上のように設定したら,保存のボタンを押してファイル名に適当な名前を付けて保存してください.これで設定は終わりです.OKを押して設定画面を抜けた後,プログラムを立ち上げて実際にプレイしてください.